« 「日本語の論理ー言語と思考」を読む その3 レ点を付けて英語を読む??? | トップページ | 「日本語の論理 - 外国語の学習と思考」を読む その1 言葉と数学 »

2013年7月 6日 (土)

日本語の論理ー言語と思考」を読む その4 高尚な漢学vs実学英語

「にほんごの論理」外山滋比古著 中公文庫 から「言語と思考」を読んでいます。

p150
高い文化的関心をもつ語学はラングからパロールへ向かうのでは
なく、逆にメタ・ラングへと昇華していく。 メタ・ラングには
本国人よりも外国人の方が近道をとることができる。
語学の学問的研究などにおいても、外国人の方が有利であることが
少なくない。

p151
むしろ、実用を放棄して、思考の手段としてのみ考えた外国語
の意義が注目されてよいのではあるまいか。

===>> パロールというのは母国語を話す人たちのレベルの
ひとつひとつの単語に地元の概念が滲み込んだニュアンスのある
言葉ってことですね。 外国語を学ぶ場合は それがないから
ラングというレベルから勉強する。 さらにそれを超越して
外国語を数学のように記号化して論理思考をするところまで
のぼったところがメタ・ラングってことでしょうか。

だから、英語を勉強する時に、アメリカ人みたいにとか、
イギリス人みたいにとか、そういうパロールのレベルの英語を
めざす必要はないでしょ、ってことですね。

それよりも、せっかく外国語を学ぶんなら、よりレベルの高い
高尚な文化的な、形而上学的な外国語をめざしたらど~~お
ってことですね。

p151
言葉そのものがおもしろく感じられるのもこの形而上化された
言語である。 文学の言葉などもこの中に含まれる。

語学が真に文化の創造に参与できるのは、実学から脱出した
いわば虚学としての語学へ達した段階においてである。

p152
漢学はそれ自体すぐれた多くの学問的業績を生んだばかりで
なく、日本文化の原動力として、日本人の精神構造に深遠な
影響を及ぼした。

西欧の諸国においても、ギリシャ語やラテン語による、ほぼ
似たような古典学の伝統がある。

先進国では会話や通信という実用のためだけに教育の中で
外国語が課されるということはすくなくなっている。

哲学としての語学は当然、読書が中心になる。

いたずらに、実用の語学のみに世人の関心が集まって
いるのは、理解に苦しむところである。

p154
日本人の国民性がどのようなものに展開していくかは、
語学がどのような学問になって行くのかに左右されるところが
大きいと思われる。

===>> はい、言っていることは一応理解はできるんですけど。
じゃあ、具体的にどんな英学なのかってところがイメージできないんですよねえ・・・・

もし漢詩漢文を勉強したときのようなものがそれだよ、って
言われれば、私が小学校の高学年から高校時代までにやっていた
ような、ひとつひとつの語句の意味を確かめながら
高尚な漢詩漢文の意味や、その作者の人生などを教えて
もらったことなどがイメージされるわけですね。
そういう英語って、教える先生が相当な知識がないと無理ですね。

そうだとするならば、確かにいままで私が実学として
学んできた英語は まったくそれとは違いますね。
会計英語であり、半導体英語であり、ビジネス文書英語ですもんね。

もしこの解釈が的外れでないとすれば、著者が言いたいところは
なんとなく分かるような気がします。

でも、哲学の英語とか、古典文学の英語って、そりゃあもう
大変なんすから・・・・・
それがアカデミックって呼ばれるのかな??

次回からは「外国語の学習と思考」に移ります

 

 

 

 

 

|

« 「日本語の論理ー言語と思考」を読む その3 レ点を付けて英語を読む??? | トップページ | 「日本語の論理 - 外国語の学習と思考」を読む その1 言葉と数学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/57731745

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語の論理ー言語と思考」を読む その4 高尚な漢学vs実学英語:

« 「日本語の論理ー言語と思考」を読む その3 レ点を付けて英語を読む??? | トップページ | 「日本語の論理 - 外国語の学習と思考」を読む その1 言葉と数学 »