« ブレイブ・ストーリーっていう日本のアニメが理解できない・・・ | トップページ | フィリピン・ルソン島北部・サガダ洞窟で 日本人英語留学生13名が救助される »

2013年8月 6日 (火)

「日本語の論理 - 外国語の学習と思考」を読む その3 形式が内容を決める

「にほんごの論理」外山滋比古著 中公文庫 から「外国語の学習と思考」を
読んでいます。

p164
心の中にあることを一定の形式をとって表現する過程に思考が働く
・・・いかなる言語形態にもその背後に固有の発想形式を内包して
いるものである。

<I have a book>が「(私は)本をもっている」意味になるという
ことなど、発想の問題から言えば、どうでもよいのである。
重要なのは、こういう同じような意味を表現するのに、英語と
日本語がこういうちがった形式をとるという現象そのものである。

p165
何十年外国語をやり、実用的にはどんなに役に立っていても、
ものを考えるときの役にはすこしも立っていない。

p166
あるイギリス人が、日本語を使っているときは、どうも金銭のことが
率直に話せない、と述懐している。 発想形式が内容を規定している
例として興味ぶかい。

ソ連がスプートニックをあげて、アメリカが人工衛星競争に一歩
遅れをとったあと、アメリカは外国語教育に熱を入れ出した。
実用のための語学ではなくて、外国語の与える知的刺激が創造性
を高めるらしい
ことに気付いたためであったと言われる。

==>> 面白いですねえ。 確かに、日本語で話している時と
英語で話している時は 人格が変わったような感覚がありますよね。

まあ、私ぐらいの英語力だと、ただ単に、英語があまり使えないから
少ない単語で「エイヤッ!!」と、あまりニュアンスなど分からない
ままに思い切って言わざるを得ないから、日本語を使う時よりも
歯切れが良くなるってこともあるんでしょうが。

日本語だと敬語の使い方にいちいち気を使わなくちゃいけないし、
面倒ですけど、英語は知らない分だけ思い切って間違った使い方
をしているんでしょうね。

でもそのお蔭で、英語の方が自分の考えていることをストレートに
言えているような気もします。

実は10年以上も前に、日本語の教授法を勉強していたころ、
森田良行著の「日本語文法の発想」って本を買ったんです。
いずれ読もうと思いながら、積んだままになっているんですけどね。
時間を作って読んでみようかなという気持ちになりました。

p168
方言尊重を持ち出したのは、幼児の外国語教育と思考に言及して
おきたかったからである。 幼児には まず三つ児の魂をつくるのが
最重要である。 これはなるべく私的な言語がよい。 標準語より
方言がよい。 
方言より母親の愛語がよい。 ここで外国語が混入
するのはもっともまずい
ことと思われる。
(ろくにものの言えない子供に代数を教える親はなかろう。
母国語のたどたどしい幼児に外国語を教えるのは、それに近い
乱暴なことである。)

==>> ここはいろいろと議論のあるところなんでしょうね。
しかし著者は 「家族連れで外国生活をしてきた家庭の子供に
しばしば思考力の不安定なものが見受けられる
・・・」という
ことを述べています。

文の形式、つまり、思考の形式が内容を制約、規定するものだと
するならば、確かに形式の異なる外国語を幼い時期に学ばせる
ことは 発想方法、思考形式を混乱させることになるかもしれません。

「外国語の学習と思考」はこれで終わります。
次回からは次の章に入ります。

 

 

 

 

 

|

« ブレイブ・ストーリーっていう日本のアニメが理解できない・・・ | トップページ | フィリピン・ルソン島北部・サガダ洞窟で 日本人英語留学生13名が救助される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/57935991

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本語の論理 - 外国語の学習と思考」を読む その3 形式が内容を決める:

« ブレイブ・ストーリーっていう日本のアニメが理解できない・・・ | トップページ | フィリピン・ルソン島北部・サガダ洞窟で 日本人英語留学生13名が救助される »