« 「日本の領土問題」を読む- 7 -「武力衝突の危険をはらむ尖閣諸島問題」 C | トップページ | 百田尚樹 著 「永遠のゼロ」 読み始めました・・・ »

2013年11月24日 (日)

さだまさし著 「かすてぃら」・・・・我が父への50年の疑念

私は、長崎県の和菓子屋に生れた.
茶道のお茶会などで出されるような和菓子もつくっていたし、四季折々の行事、例えば、雛祭り、端午の節句、お盆、お彼岸など、それに冠婚葬祭用の引き出物、
そして、年の暮には、餅つきなどもやっていた.
さらには、当時国鉄だった鉄道の駅の売店にも、土産物のお菓子も作って出していた.

そして、このカステラもあった.

002

wikipediaのサイトによれば、
ポルトガルから伝わった南蛮菓子を元に日本で独自に発展した和菓子である
と書いてある.

和菓子で間違いないらしい・・・・

店は家内工業であった.
つまりは、父ちゃん母ちゃん企業・・零細企業である.
私がまだ小学校にあがるか上がらないかぐらいの時には、それでも、2~3人の
職人が住み込みだったと記憶している.

この さだまさし著の 「かすてぃら」 と言う言葉には、今も忘れない些細な思い出がある.  

我が家は、住宅街にあって、戦争中には焼夷弾が屋根を貫通し、二階建ての途中で
ひっかかり不発弾として留まったという古い家で、およそ和菓子屋らしい表づらも
ないような店構えであった.

そんな家の、当時汲み取り式だったトイレの汲み取り口へ入るボロい木の扉の
上に、小さい看板が掛かっていて、「和菓子、まるぼーろ、カスティラ」などという
言葉が並んでいた.

私は、その「カスティラ」という言葉づかいに疑念を抱いたのである.

「これは カステラ だろう・・・ カステラじゃないのか!?」

と、自分の親父が書いたであろう名称に不満だったのである.

普通は 「長崎カステラ」 、「カステラ」 と呼ばれるお菓子であるものだと
思い込んでいた.
・・・・今まで ず~~っと、そうだったのだ. 50年の疑念である.

それが、この本のタイトルは、なんと 「かすてぃら」 じゃないか・・・・

wikipediaによれば、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A9
カステラ、かすていら、カステーラ、カステイラ などと呼ぶ.
「名前の由来は一般的には、スペイの地方名カスティーリャのポルトガル発音である
カステーラと言われている.」

なんと些細な・・・
しかし、おそらくこれは、私の親父に対する疑念だったのだろう.

「おやじ、こんな普通じゃない変な用語を使って、大丈夫か?」

という気持ちだったのだと思う.
それが、このタイトルを見て、今頃湧き上がってきたのだ.

・・・しかし、今考えてみれば、アイデア・マンであった親父は、なにかちょっと
違う言葉を使いたかったのであろう.

それは、日本を10年ほど離れフィリピンに住む今の自分だから、
日本語を教え、言葉は一定ではないということが理解できた自分だから、
同じ英語でも 世界中に様々な発音のバリエーションがあることを経験した自分だから、やっとそのことが腑に落ちたのだ.

さだまさしの この本は、さらさらと 軽妙に、あの「今夜も生でさだまさし」のように
読める本である. 
つまり、ほとんど、落語を聞くような、何も考えなくていい、気楽な、何も残らない
本である・
・・・難しいことは・・・

しかし、しっかり心に残ることがある.

それは、さだまさしの父親の描写、エピソードである.

戦争中に戦場にあったその父は、戦後の命は もうけものという気持ちだったんじゃ
ないかと感じた.

ヤクザの恫喝に対して、逆にヤクザの親分をひれ伏させるようなことをやっている.

それに、怒らせると手におえない父だったらしく、
商売で騙された時の報復が物凄い.
物凄いというのは、暴力的という意味ではなく、知恵者という意味である.

この父親、この人だったからこそ出来る技である.

これを真似ようと思っても常人にはできない・・
・・だから、この本を読んでも「何も残らない」と上に書いた.

その父親の、酒も飲まない父親の、好物が 「かすてぃら」 だったのだ.

さだまさしは、その父親のお蔭で、立派な 「かすてぃら」を ちょくちょく食べた
らしい・・・

私は、「かすてぃら」を作っていた和菓子屋の息子であった.
しかし、かすてぃら は高級品であったのだ.
和菓子屋の息子は、真ん中を食べることは ほとんどなかった.
大きな、ずっしりとして、見るからにお菓子の王様のような その「かすてぃら」の
切れ端を ずいぶん食べたものである.

さだまさし著の この本には、その切れ端が美味しかったと書いてある.
私は、和菓子屋の息子だった責任において、これに同意する・・・・笑

・・・しかし、ひとつだけ、さだまさしさんに聞きたいことがある.

なぜ、タイトルは 「かすてぃら」 なのに、本文の中では 全部 「カステラ」 と
書いてあるの??

003

なな、なんと、これをほぼ書き終わった今、
「今夜も生でさだまさし」 のテレビ放送が 始まった・・・・・

もちろん、見ます.

 

 

 

|

« 「日本の領土問題」を読む- 7 -「武力衝突の危険をはらむ尖閣諸島問題」 C | トップページ | 百田尚樹 著 「永遠のゼロ」 読み始めました・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/58631918

この記事へのトラックバック一覧です: さだまさし著 「かすてぃら」・・・・我が父への50年の疑念:

« 「日本の領土問題」を読む- 7 -「武力衝突の危険をはらむ尖閣諸島問題」 C | トップページ | 百田尚樹 著 「永遠のゼロ」 読み始めました・・・ »