« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

2013年6月14日 (金)

対馬の仏像 盗難事件は どうなったの? 日韓の外交で解決か? 災い転じて福となせ  

一応 長崎県人なんで、やっぱり対馬から盗まれた仏像の事件には いささか興味があるんです。

元々 どういういきさつだったのかをインターネットで調べてみました。

「長崎県対馬市の観音寺から盗まれた「観世音菩薩坐像」(高さ50・5センチ)が、韓国で発見されながら韓国の裁判所が返還差し止めの仮処分を決めた問題で、・・・」

「仏像は何百年も島民が守ってきた。島民の気持ちを伝えるのが私の使命だ」

「菩薩坐像は14世紀前半に浮石寺で作られたとみられるが、14世紀末に成立した李氏朝鮮が儒教を国教としたことにより各地で仏像破壊が頻発し、浮石寺も一時廃寺になった。菩薩坐像にも傷があり、この時期に惨状を見かねた人の手により、対馬に持ち込まれたとみられている。」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130613-00000068-san-l42

・・・で、その後、韓国側が返さないって話になっているみたいです。 なんでかって言うと、次のような理由なんですね。

「韓国文化遺産政策研究所のファン・ピョンウ所長は「盗難犯は法に基づいて厳正に処理するものの、仏像の過去の流出経路が明らかになるまで日本に返還してはならない」とし「韓日両国の共同調査を通じて仏像の伝来過程を明らかにし、調査期間中はユネスコの仲裁を経て第3国に遺物を預ける案などを検討してみる必要がある」と述べた。」

http://japanese.joins.com/article/623/167623.html

・・・要するに、韓国から元々どういう経過で日本へ渡ったのかを精査して、結論を得るまではちょっと保留しておこう、って話みたいです。

・・・で、日本の総務大臣もこんなことを言っているんですね。

「対馬の仏像盗難、外交での解決めざす」新藤総務相

http://www.asahi.com/politics/update/0525/TKY201305250237.html

・・・こういうのは総務大臣なんですね。 外務じゃないんだ・・・・

・・・で、ここにきて、なんと韓国側で 「偽物説」なんかが出て来て・・・

「「偽物説」を唱えているのは京畿道の無形文化財に指定されている鋳物職人。仏像の写真約300枚を分析した結果として(1)表面に化学薬品で着色した痕跡がある(2)伝統的な鋳造法で作られた仏像にあるはずの穴がない―などと指摘。20世紀に作られたとの見方を示している。」

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/369255

・・・・まあ、面白い展開・・・なんて言ったら、当事者の皆さんには叱られるでしょうけどね。

もしかして、これって、いわゆる外交的な日韓の水面下での交渉の結果なんでしょうかね?

元々、日本から盗まれて韓国に持ち込まれようとした時に、これは偽物だから持ち込んでもいいよ、ってなことだったらしいんですね。

「仏像は韓国に持ち込まれた際、釜山港の鑑定官が「模造品」と判断し税関を通過した経緯がある。韓国への違法な搬入をしたとして文化財保護法違反罪で起訴され公判中の一部被告も、模造品と思っていたとして犯意を否認している。」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130613/kor13061313020003-n1.htm

(盗まれた仏像の写真が上のサイトにあります。)

どういう専門家が真偽の判断をしたのかは分りませんけど、税関の鑑定官っていうんだから、多分韓国の国の機関なんでしょうね。

だとすると、偽物だから外交問題にするほどのことでもなかろうって話・・・?

・・・ところで、上の記事の中に、韓国で仏教が弾圧された時代があった、ってところに興味をひかれるんです。

李氏朝鮮時代に入ると、一転して儒教が国教となったため、仏教は徹底的に弾圧された。初期には王族の保護を受けたが、士林派の集権で弾圧が強化された。僧は都の漢陽に入ることを禁止された上、賎民階級に身分を落とされた。また、全国に1万以上もあった寺院は、国家的に保護を受けるべきものが242寺に限定され、その他の寺院は所有地と奴卑を没収され、また多くが破壊された。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E3%81%AE%E4%BB%8F%E6%95%99

・・・つまり、この廃仏の時期に 誰かが仏様を守ろうとして 対馬に持ってきたってことですよね。 本物だとすれば、ですよ。

一方で倭寇による強奪説もあるみたいですけど。

http://japanese.joins.com/article/615/167615.html

「観音寺にあった金銅観音菩薩座像(高さ60センチ)は制作年代と場所が分かっている。仏像を作る際に内部に入れておいた発願文に、高麗末の1330年に瑞山浮石寺で制作されたことが明記されているからだ。この仏像は長崎県指定の有形文化財に登録されている。 」

「これら仏像が韓国から日本に伝来したのか、それとも略奪または取引で搬出されたのか、正確な経路は確認されていない。」

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130324/dms1303241541009-n1.htm

「対馬では怒りが渦巻いている。地元経済界は毎夏、韓国から舞踏団などを招き李氏朝鮮の外交使節団「朝鮮通信使」のパレードを実施してきたが、主催者の「厳原港まつり対馬アリラン祭振興会」の山本博己会長(50)は「まったくバカにしている。パレードはもうやめたほうがいい」。」

まあ、ここまで話がこじれてしまうと 双方のお寺さんも譲れないんでしょうけど、

せっかくなんだから、この事件を 

「災い転じて福となす」 ってわけにはいきませんかねえ~。

せっかく対馬と韓国の間には 草の根のお付き合いが昔からあるんだし、

これを契機に もっと お寺の間で 強いつながりを持つようにしてはどうかと・・・

例えば、

今回盗まれた仏像とそっくりそのままのレプリカを造って、

本物(偽物?) と そのレプリカを 一年おきに 韓国の元々のお寺さんと

何百年も大切に守ってきた日本のお寺さんが シェアするってのはどうですか?

仏教が迫害された時代に、心ある人が その仏像を守ろうとして日本に

避難させたっていうのであれば、その心ある人の志を 日韓両国で

引き継いでみたらどうなんでしょうね。

仏像が 本物であろうが、偽物であろうが、レプリカであろうが、

その心こそが一番大切なんじゃないんでしょうか・・・

どう思います? 皆さん。

仏教のお坊さん達の 粋な計らいを 期待しています。

・・・・

その後の展開。

仏像盗難問題、対馬市長が返還求め訪韓へ

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130616-OYT1T00584.htm?from=main1

「7月に訪韓して韓国文化財庁に仏像の早期返還を求める意向」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

Hotmail が Outlook に移行して アドレス帳Peopleが動かないトラブル

もう2週間ぐらいですかねえ・・・

HOTMAILのアドレス帳が機能しなくて、メールを送信するのが難儀な状態なんです。

002_2

元々 HOTMAIL なんですが、最近強制的に OUTLOOK に移行しちゃったんで、OUTLOOK と表示されています。

その移行以来 なんだかいろいろとトラブっているみたいなんです。

003

アドレス帳の使い方も変わっちゃって、 一番上の写真の左上にある

Outlook と書いてある右側をクリックすると この PEOPLE っていう画面が

出てくるんですね。

このPEOPLEをクリックすると・・・・・

005

ここからトラブルが姿を現すんですけど・・・

画面が真っ白の状態がしばらく続きます。

画面の真ん中で いくつかの点々が ぐるぐる回っています。

そして、イライラしながら 3~4分間待っていると・・・・

007

ここでやっと トラブルの内容が表示されます。

・・・でも、英語です。 (日本語での表示に対応していないと書いてあります。)

「 PEOPLE(アドレス帳)のトラブルが発生しています。

連絡先を表示できないという問題がでています。

これは People、Outlook、Skydrive、WebIM に共通のトラブルです。

今、一所懸命トラブル解決の為に仕事をしています。」

・・・ってなことを書いてあります。

そして、 その下にある

「この問題の状態を追跡します」

をクリックしますと。

009

こういう画面が出て来ます。

下の方に、青い文字で

「履歴ページにアクセス」

ってあるので これをクリックしてみると・・・・・

011

このような履歴が表示されます。

2013年6月ってところに トラブルの履歴が書かれているんですけど、

????

日付が 7月7日とか 7月11日とか なっているんですけど・・・

今日は 2013年6月11日なんですけどね。

ここでも トラブルがあるんですか ? 単なる書き間違い ??

013

7月4日の履歴(正しくは 6月4日のことか??)のところに、

PEOPLEアドレス帳の連絡先の更新ができなくなっている、と書いてあります。

・・・・・

ってことでして、HOTMAIL・OUTLOOK の利用者は、

受信したメールにそのまま「返信」する場合には 送信が出来るんですけど、

新規に送信先のアドレスをアドレス帳から宛先欄に入れることができないので、

いちいち宛先欄に アドレスをタイプして書き入れるしかない状態なんですねえ。

それで、いろいろ試していたところ・・・・・

016

これは Google Crome を使って Hotmail・Outlook を試してみたところです。

なんと、Google Crome だったら ちゃんと動いているじゃないですか。

・・・・ってことはですね。

Internet Explorer がトラブっているってことになりますかね??

同じトラブルを抱えている皆さん、

Internet Explorer から Google Crome に切り替えて

お試しください。

・・・

言っておきますが、私は Google の回し者では ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

internet explorer,  google crome,  hotmail, outlook, people, address book, update, trouble shooting, solution, ホットメールのトラブル、アドレス帳が動かない、解決策

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 9日 (日)

フィリピン・イロコス地方 世界遺産ビガンを守った高橋大尉 映画 Iliw

先日6月7日の夕方 バギオ・シネマテックで 「Iliw」 という映画を観たんです。

004a

この映画が どういう映画かといいますと、第二次世界大戦中のフィリピン戦で、ビガンの街を米軍の砲撃から守った日本軍の高橋大尉と 地元の女性フィデラとの恋愛物語です。

映画の詳しい内容はこちらで読んでいただきましょう:

http://plaza.rakuten.co.jp/freemen/diary/200901200005/

それで、問題は この映画のストーリーっていうのが どの程度まで史実を語っているのかなんですが、それについては、こちらの wikipedia ぐらいしかなさそうです:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%82%AC%E3%83%B3%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E9%83%BD%E5%B8%82

「アメリカ軍は旧日本軍の侵攻に対抗して、ビガン(Vigan)を砲撃しようとしていた。しかしながら、「もうこの街周辺には日本軍兵士はいないから…」とクレカンフ司教(Fr. Joseph Klecamf, The Parish Priest of Vigan)が、米軍に確約をしたため、この砲撃は取りやめになった。クレカンフ司教は、二人の日本人将校「高橋フジロウナリオカ・サカエ」から、「現地で結婚した私たち日本兵士達は愛する家族を残して敗走するので、戦争によってこの美しい街が爆撃・破壊・略奪されることのないようお願いします。」と懇願された。」

・・とされています。

さて、私が観た映画なんですけど・・・・

映像は 1939年の平和なビガンの様子から始まります。

009

そして、主人公の父親が郵便局に勤めるバギオ市でも、穏やかな時が流れ、日本人、日系人の人たちも幸せな生活を送っていたのです。

012

しかし、ビガンの空に 日本の戦闘機が現れます。

014

そして、バギオにいた主人公フィデラは、戦闘機に手を振りますが、それがアメリカ軍ではなく、日本軍のものであることに気付きます。

何か不穏なことが始まったと・・・・・

016

そして、この場面は、バギオ市の名所のひとつともなっている「お化け屋敷」として有名な建物。

元々 修道院として建てられたものですが、その後 Diplomat ホテルとなり、さらに廃墟となりました。

http://www.adaphobic.com/philippines/baguio/the-diplomat-hotel/

さて、映画ですが、ビガンの街に、憲兵隊の高橋大尉が配属されてくるんですね。

018_2

この人が 日本人の俳優 高嶋宏行さんです。

映画の中では、日本人は日本語を話し、フィリピン人はフィリピン語や英語を話すというやり方になっていて、やや違和感がありましたが、まあ制作上難しかったのか、実際の戦時中に憲兵隊の大尉というのは 英語などを話さなかったのか・・・・

おそらく、1941年12月に戦争がはじまり、1945年の終戦までは日本の占領下にあった訳ですから、鬼畜米英の英語なんかは使わなかったのでしょうね。

005

この映画は 自主制作映画ということでして、一般の営業ベースでの上映はされていないようです。

イロカンディアというのは フィリピン・ルソン島西北部のイロコス地方のことを言っていまして、そこに世界遺産のビガンの街があるわけです。

006

「戦争が1945年に終わった時、日本軍が占拠していた町々は、日本軍と米軍の戦闘や爆撃で 完全に破壊された。」

・・・とあります。

しかし、そうであったのだけれども、この歴史的遺産が残る美しい街ビガンだけは、この憲兵隊の高橋大尉のお蔭で 救われたのだ・・・・ というストーリーになっています。

020

・・・そして、世界遺産として 1999年に ユネスコに認められたのだ、と。

さて、映画自体への感想ですけどねえ・・・・

う~~ん、はっきり言えば 「甘い」 ですね。

これには三つの意味があって、

1. 恋愛劇なのか、歴史ものなのか、メリハリが今一つ。

   私自身は歴史的なものとして期待が大きかったんですけどねえ・・・

2. 恋愛劇としても、ストーリーの仕立て方が 納得できない。

   戦時下で何故お互いが恋に落ちたのか・・・

   シナリオが甘いのかなあ~~。

3. これは某フィリピン人の映画好きが言っていたんですが、

   「大尉である高橋以下の憲兵隊、日本軍が甘すぎる。」

   憲兵隊があんなにフィリピン人に対してお辞儀をしたのか・・・疑問。

・・・まあ、私も、戦時下のフィリピンですから、もっと日本軍の悪行などが出てくるんだろうと、期待??していたんですが、それはほとんどなくて、映画としてもメリハリがないな、という感じでした。

実際にビガンでは そんなに日本軍の地元への締め付けが甘かったのかどうか・・・

そういう意味でも興味が湧くところですね。

しかし、それはともあれ、

このように戦争中の物語でありながら、いわば好意的に描いてくれて

フィリピン人の寛容な心には 感謝したい気持ちです。

おそらく 酷い目にあったフィリピン人の人たちは、

この映画を批判するのではないかと思うくらいでした。

こちらはNHKの世界遺産紹介のサイトなんですが、ここでは、

「なぜビガンだけが生き残ったのか、その理由を示す戦争秘話を紹介しています。1943年、日本軍に占領されたビガンに一組の家族がやってきました。日本軍の司令官とその家族でした。司令官は町の人々と分け隔てなく接しました。司令官の妻はフィリピン人で、彼はフィリピンの人と街並みを心から愛したのです。しかし・・・・」

http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cards097.html

ここでは 「一組の家族がやってきた」 と書いてありますね。

映画では、ビガンで出会ったことになっています。

ところで、タイトルの Iliw なんですけど・・・・

辞書を引くと、タガログ語では 「トビウオ」 って出てくるんですよねえ。

どういう意味だろう・・・・

おお、internetは 便利だなあ、ありましたよ。

http://www.gmanetwork.com/news/story/300315/lifestyle/reviews/movie-review-love-war-and-things-best-forgotten-in-iliw

Set in Vigan and Baguio during the Japanese occupation of the Philippines, “Iliw, nos.tal.gi.a” (a Visayan word that means to be grieved and, incidentally, also refers to a snake)

つまり、 Iliwという言葉は ビサイヤ語で 「悲嘆に暮れる」 という意味だそうです。

映画のストーリーに沿って解釈すれば、妻フィデラの悲しみということになるのでしょうか。

・・・しかし、しかし、

なんで ビサイヤ語なのか・・・・

この映画は ビガンがあるイロコス地方で作られた映画なのに・・・

はい、イロカノ語であることがわかりました。

映画通の地元の方に尋ねたところ、以下のような返事が来ました。

they are so wrong.. its not supposed to be in Visayan because it was filmed in Vigan right?.. Iliw means "to miss something or someone" in Ilokano.. "Mailiw ak kenka" means I miss you.. "Mailiw ak ti Vigan" means i miss Vigan...

では、最後に 映画の予告編を どうぞご覧ください。

http://www.youtube.com/watch?v=Z8ztyhtgQjA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おお~~、フィリピン人って ほんと~~に スィートだよなあ。授業中だよ! 

今日は、日系人の人たちの日本語と日本文化・生活の研修が終わったんです。

058

この人たちは、近々日本に渡って、各地の職場で働く人たちなんですけどね。

先日、授業の中で、形容詞の勉強をしましょう、ってことで、

文型としては  「私は XXが 好きです。」 っていう「な形容詞」と、

「XXは 美味しいです。」 って言う「い形容詞」の 簡単な口頭表現の練習をしたんです。

私が 「XXさんは 誰が 好きですか?」 という質問をして、

わざわざ・・・・XXさんのところには、

映画俳優とか、テレビ・タレントとか、歌手とか、アイドルなんかを入れるといいかな?

って前置きしておいたのに・・・・

「私は XXさんが 好きです。」

の XXのところに、嫁さんの名前や 亭主の名前を 使うんですよ・・・・

13人の中のほとんどが 夫婦でこの研修に参加していたんですけどね。

3人だけですよ、映画俳優なんかの名前を入れて練習したのは・・・

・・・・いいんですけどね、意味が分かっているってことだから。

このノリってのは さすがにフィリピン人だなあ~~、って思ったんです。

私もこの返事が出てくるとは思っていたんですけど、

それがほとんどってところが 予想以上でして。

夫婦の名前を入れた口頭表現を聞くたびに、私は 自分の顔をなでまくって

恥ずかしい~~~って感じの反応をやってみたんです。

もう、みんな大笑いだったんですけどね。

日本じゃあ考えられないんじゃないかって思ったんです。

一応 勉強っていうか、仕事をしに日本へ行くための研修ですからね。

そういう研修会場である教室で、日本人はそういう答えは出さないだろうなあ~~って 思ったんです。

フィリピン人は 嫉妬深いってのは有名な話だし、

FACEBOOKなんかでも そんなプライバシーをこんなところで 赤裸々にだしていいのか? って写真なんかもたくさん見ているんですけど・・・

でも、そういうのが フィリピン人の 優しさかなあとも思ったんです。

まっ、羨ましいっていうのかなあ~~。

ご馳走様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月2日 - 2013年6月8日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »