« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »

2013年7月26日 (金)

バギオ「日比友好の日」式典が ABS・CBNテレビ TVパトロールで放映されました

7月21日のバギオ市での「日比友好の日」の様子が ABS/CBNテレビの

北部ルソン島地域で7月23日に放映されました。

007

TVP Baguio July 23 の動画ニュースとしても掲載され 以下のような内容で放映されました。

(ビデオ動画の一番最後 41:00分のあたりから始まっています。)

http://www.abs-cbnnews.com/tvpatrol/northernluzon

040

(下記はタガログ語放送から英語への翻訳をバギオ・シネマテックのZARATE氏にお願いしました。)

It is already marked in the history of the Filipinos of the bitter
experience from the Japanese during world war 2. But in recent years,
the japanese have been the allies of the filipinos.

013

第二次世界大戦中 日本からの苦い経験を フィリピン人はその歴史に刻まれています。

しかし、近年 日本人はフィリピン人の同盟国となっています。

The Japanese Mr Toyota chosed to live here...
Toyota :  Filipino people are very hospitable.
Everytime i go to their house, they treat me some meals and
say hello..  even i m a foreiner. I like them.

017

日本人の豊田氏は ここバギオ市に住むことを選びました。

豊田氏: フィリピンの人たちは本当に親切です。

     私が家に行きますと ご馳走してくれたり 挨拶をしてくれます。

     私は外国人なのに・・・  だからフィリピン人が好きです。

year 2005 was the declaration of presidential proclamation 905, this
is the celebration of the Philippine-Japan Friendship Day.
The People of Baguio joined the celebration..

Now is the time to become closer with each other...

024

2005年に 大統領声明905が宣言されました。

これは フィリピンー日本の友好の日 のお祭りです。

バギオ市の人々もこのお祝いに参加しました。

022

山岳民族の衣装の男性: 今や、お互いにさらに仲良くなる時代です。

Girl with Kimono: It is very beautiful to learn their (Japanese)
different Culture.

023

浴衣の女性:  日本の異なる文化を学んでいます。 

          とても美しいと思います。

There are almost 100 Japanese People in Baguio.

There will also be a Japanese Film Festival here in Baguio and Benguet.
Photo Exhibits and Workshops.
The purpose of the program is to improve the cooperation between the
japanese and the filipino.

026

バギオ市にはおよそ100人の日本人がいるそうです。

バギオ市とベンゲット州で、日本映画祭も開かれ、写真展やワークショップも行われます。

これらの目的は 両国の協力関係を推進するものです。

Escano : The Important thing is the Diplomatic Relations of
the Philippines and Japan. Thats the important thing that should return.

028

エスカニオ氏: 重要なのはフィリピンと日本の外交的関係です。    

          良い関係に戻ることが大切なんです。

Oguni : Yes.  the relation between Japan and the Philippines is
getting stronger and stronger every year.

029

小国氏:  はい、日本とフィリピンの関係は 年々 より強いものになっていると思います。

In Benguet, the Japanese International Cooperation Agency funded
different Projects.

032a

ベンゲット州では、 国際協力機構(JICA)が様々な事業を助成しています。

 

106

148

207

もっと詳しくは 北ルソン日本人会のサイトでどうぞ:

http://janl.exblog.jp/18144418/

 

 

 

 

 

philippines-japan friendship day celebration 2013  july 21 baguio city national high school  abs cbn tv patrol  july 23 news  filipino japanese foundation of northern luzon   japanese association in northern luzon   baguio national correspondents club

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月25日 (木)

福岡の がんセンターでの 想い出・・・・・・

フェース・ブックを使っているんですけど、そこでお友達になっていただいた あるお医者様の作品が YOUTUBEにアップされていまして。

「心の伝わる旅立ち-あなたらしく人生を終える」

https://www.youtube.com/watch?v=zBwh7Q7yR30&feature=player_embedded

これを見ていて、想い出したんです。

私がまだ二十代の時でした。

長崎県に居た親父から手紙が来ました。

「母さんの顔を見に行きなさい。」

当時東京で仕事をしていた私は、福岡のガン・センターへ母の見舞いに行きました。

「父さんに言われたとね・・?」

「うん・・・」

「・・・・・情けなか~~」

母は 本当に悔しそうに 声を出しました。

抗がん剤治療を長くやっていた母は 

痛みに耐えに耐え

髪の毛も抜け落ち

やせ細っていました。

私は 母が話す声を聞きながら

病室の窓から 外を眺めることしか 出来ませんでした・・・・

あの時 この動画にあるように

せめて 手を握ってあげれば よかった・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月24日 (水)

ややこしい日本語-6 「が」にしないと誤解される「の」

「町長の家にはゴメスという名前の美しい娘がいた。」

こういう文がある本に書いてあったんです。

あなたはどう理解しましたか?

例えば、こういう文だったらどうでしょうか。

「町長の家にはエリザベスという名前の美しい娘がいた。」

まあ、名前から受ける印象はいろいろあるのでしょうが、
私には「ゴメス」よりも「エリザベス」の方が「美し」く聞こえるわけで。

つまり、
「美しい」のは 「名前」なのか「本人の容姿」なのかってことなんですけどね。

「ゴメス」という名前から「美しい」という印象は受けないから、
当然のように、

「町長の家には、ゴメスという名前の、美しい娘がいた。」

と読むのが順当なんでしょうけど、

「町長の家には、ゴメスという、名前の美しい娘がいた。」

っていう理解だってあるわけですよね。

「エリザベス」だったら、その確率も高くなる??

だから、この文章だけだと、どっちなのかと決めつけるわけには
いかない。

この文章の後に こんな感じの文章があったとすると どうでしょう。

A「ゴメスは 村の男たちに いつもちやほやされて・・・・」

B「エリザベスは その名に似合わぬことで 卑屈になっていた・・・」

Aがあったら、もちろん美人だってことであり、
Bだったら、名前負けしている容姿ってことになりますよね。

だから、ひとつの文章だけで 誤解のないようにするということに
なると、

「町長の家にはエリザベスという名前が美しい娘がいた。」

・・・ってしなくちゃいけない・・・・??

これと同じ意味にするためには、

「町長の家にはゴメスという名前が美しい娘がいた。」

と書かないとはっきりしないだろう・・・ってことかな??

結論、

「の」だったら「美人」、
「が」だったら「名前負け」
・・・ってことかなあ~~。(笑)

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月23日 (火)

「日本語の論理 - 外国語の学習と思考」を読む その1 言葉と数学

7月に入ってから、日比友好月間のイベントの準備でいろいろと
忙しくなり、さっぱり読書から遠ざかっております。
久々の読書です。

「にほんごの論理」外山滋比古著 中公文庫 から「外国語の学習と思考」を読んでいます。

p155
日本人の下手な英語は やたらに< I think ....> が飛び出すと
いって笑われるが、われわれがそれほど思索的民族であるわけではない。

思考とは何か、その概念が案外はっきりしていない。

・・・感覚、感じによってものごとをとらえ、判断し、結論づけて
いるときの思考で、かりに、これを「思う」思考とする。(Aタイプ)

p156
・・・これに対して、もう一方の思考はより純粋な思考プローセス
を経るものである。そしてこの思考には、知的、観念的、超生活的、
超経験的というような修飾をつけることができる。
この「考える」思考・・・・(Bタイプ)

Aタイプは文学的、言語的思考ど言うことができ、
Bタイプは幾何学的思考だと言うことができよう。

===>> 私の場合は 多分 ほとんど Aタイプなんだろうなあ。
まず超経験的ということが なかなか無いんじゃないかと思うんです。
学校時代は、代数はさっぱりダメで、幾何と物理は好きだったん
ですけどね。
経験によらずに物事を理解することが、一体全体出来るんだろうかって
思うんですけど、実際に数学が好きな人たちはそれをやっている
んでしょうね。

ちなみに、思う、考える、っていう言葉を辞書で調べてみると・・

明鏡国語辞典より:

おもう(思う・想う)
認識、判断、情緒的な思考や想像などについて心を働かせる意。
ー 物事を知覚、認識する。
ー 物事について、何らかの感覚、感情を持つ。
ー 物事について、ある判断(特に、直感的な判断)を下す。

かんがえる(考える)
ー ある物事や事柄についてあれこれと頭を働かせる。
  思考する。 特に、筋道を立てて問題や疑問を解決しようとする。
ー そのことを心に置いて、あれこれと思考や想像をめぐらす。
ー 思索や推論の結果として、物事に判断を下す。
  理性によって判断する。

・・・まあ、上記以外にもいろいろと説明が書いてあるんですが、
概ね「思う」は情緒的な思考で、「考える」は理性的な思考だと
いうイメージはそのままですね。

では、和英辞書でチェックしてみるとどうなんでしょうか。

「思う」
decide that,  trow(信じる、思う),  deem,  imagine(想像する),
think, believe, reckon, incline(心が傾く), take a notion, 
spare a thought for,suppose(想像、推量する), feel(感じる),
などなど色々とありますね。

「考える」
call into account,  decide that, have a think, look at,
put thought into, use one's head, use one's loaf,
deem, think, believe, reckon, regard, view, などなど

・・・ここで違いを見るのはなかなか難しいですね。

こちらのサイトで「考える」の英訳をみてみると:
http://ejje.weblio.jp/content/%E8%80%83%E3%81%88%E3%82%8B
思考する、考慮する、考えにいれる、考慮する、意図する、
想像する、予期する、判断する、などの
ほとんどが「考える」系の表現が出て来るのに対して、

「思う」という語を入れて英訳をみると:
http://ejje.weblio.jp/content/%E6%80%9D%E3%81%86
考える、信じる、判断する、感じる、 みなす、 予期する、
想像する、 誤認する、つもりである、願う、希望する、
懸念する、いぶかる、怪しむ、気に掛ける、 記憶する、
回想する、好きである、などなどの様々な翻訳語が列挙されています。
つまり、考えるを含め、幅広い意味に渡るようです。

p156

思考には「言葉」が必要である。

思考の言葉は、普通の言葉だけではない。
・・・およそ体系をもっている記号はすべて言葉と考えるのである。

p157

・・<term>には・・・言語と数学が思考の媒体として共通性を
もっていることも暗示されている。

たいていの人は自分の母国語で考えている。
言語教育は情操を豊かにするだけでなく、知的世界を充実することに
なり、思考を正確にする。

言語が他方では実用的伝達の手段でもあるために、言語による
Bタイプ思考はつねに純粋さがおびやかされるのも事実である。

・・・Bタイプ思考のとって、言語は限界があるのである。

===>> これには全く同意します。
一人ひとりが持っている言葉の概念には その個人の経験的
ニュアンスというようなものがこびりついていますもんねえ。

そこが人と人の間のコミュニケーションの難しさってもんでしょう。

p158
人間の行動の意味などを考えるに当たっては、数学は無力であって
言語の方が適している。

===>> 確かにそうなんですけど、
「この数字にはどういう意味があるのか?」なんてことを
言う場合も多々ありますよねえ・・・・

それは言葉によるしかないってことかな??

その2に続く

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月30日 - 2013年7月6日 | トップページ | 2013年7月28日 - 2013年8月3日 »