« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

2013年9月13日 (金)

日本占領下のフィリピン・バギオ市 - フィリピン大学バギオ校公開講座

2013年9月9日、フィリピン・バギオ市にあるフィリピン大学バギオ校で「日本占領下のバギオ市」という講演会が開催されました。

002

レクチャーは、リカルド・T・ホセ博士によるものでした。 同博士は、東京大学で博士号を取得された方で、日本語は堪能。

007

社会学部のAVRルームには、学生や教授がいっぱい。 フィリピン大学ディリマン校の大学院で研究中の日本人や、PMA(日本の防衛大学に相当)の学生の姿もありました。

011a

ホセ博士。

012

第二次大戦がフィリピンで始まった時、1941年12月8日に、フィリピン・バギオの米軍基地キャンプ・ジョンヘイに最初の爆撃をした日本軍の同型機。

この時の死亡数は11名で、軍人ではなくバンドマンなどだったとか。

014

バギオの日本軍・軍政部。 メソニック・テンプルに在ったとの話でしたが、場所が分りません。

017

日本軍兵士による 宣撫活動の様子とあります。

018_3

米軍による「絨毯爆撃」。

バギオ大聖堂の多くの住民が避難し、建物の中に入れない人たちが大聖堂の前に設営された避難テントに入っていたところ、爆撃で多くの人々が犠牲になったとのこと。

バギオ大聖堂周辺にはおよそ5,000人が避難し、そのうち数百人が犠牲になったとのこと。

021

絨毯爆撃を行った米軍の同型機。

022

激戦となったバギオ市墓地での 日・米比軍の戦闘の様子。

この戦闘の話は、山崎豊子著の小説「二つの祖国」にも出てきます。

024

バギオ陥落・解放後、セッション・ロードを進む米軍。

033

バーンハム公園での「バギオ解放」の祝賀式典。

034

1945年9月3日、バギオ市キャンプ・ジョンヘイ内の 現在の米国大使館別邸で開かれた正式の降伏文書への署名。 手前右端が山下奉文大将。

ホセ博士によれば、この席には、フィリピン人は一人も出席しなかったとのこと。

036

講演後、ホセ博士を取り囲み質問を浴びせる学生たち。

この直前まで、質疑応答が長く続き、なかなか終わらなかったのですが・・・

例によって「山下財宝」の質問も出ましたけどね。(笑)

037

非常に貴重な講演会でした。

なお、この講演会は、バギオ市制104周年記念事業の一環として実施されたものです。

ホセ博士は、フィリピン大学ディリマン校の教授です。

レクチャーの中で聞き取った内容の一部:

ー 戦前のバギオの人口は、およそ24,000人。

   フィリピン人 22,000人、中国人 800人、日本人 500人、だったとか。

ー 真珠湾攻撃の情報がどのようにバギオに伝わったか:

   4:30AM 米人ハルセマ市長に連絡があった

   6:30AM マニラからの電話

   8:30AM ケソン大統領へ連絡

ー 何故バギオに爆撃があったのか・・・

   マッカーサーがバギオを訪問する予定だったとの情報があった。

ー 12月27日 日本軍がバギオへ入った 800人

ー 欧米人は パインズ・ホテルー>キャンプ・ジョンヘイに収容された

ー 長崎司令官と呼ばれた人は、クリスチャンであって、地元民に優しく接した。

ー CASA VALLEJO(現在はホテル)の建物は、日本海軍の

   コミュニケーション・センターとされた。

ー シティー・マーケット前の広場で、日本軍による公開処刑があった

   5名がみせしめとされた。(4名=山岳民族、1名=イロカノ族)

ー 日系人の中には日本軍への反感もあった。

ー インフレで、日本の軍票は紙切れとなり、金貨がつくられるようになり、

   その後 その金貨を溶かしてインゴットが作られるようになった。

ー 1944年12月ごろ: 日本人 2,500人、日本軍 10,000人

ー バギオ市の HILL SIDE に 800メートルの防空壕が造られ、

   一時期 山下大将はそこに居たとされる。

ー 1945年1月6日 米軍の爆撃が始まった。

ー DOMINICAN の防空壕は 中が素晴らしく豪華なものであった。

(上記のメモは、レクチャーの聞き取りですので、間違いがあるかもしれません、

 その点、ご留意、ご容赦ください。)

<参加していた方で、間違いにお気づきの方は、お知らせくださいね。。。>

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「日本語の論理ー不同調の美学」を読む : その2 日本語は芸術には向いているが 政治・外交には・・・

「にほんごの論理」外山滋比古著 中公文庫 から
最後の章「不同調の美学」を読んでいます。

p272
映画やテレビが背景に音楽を流しているのは、写実のもつ浅さを
さけるために、いわば余分な音を導入して受け手の感覚を刺激する
効果をねらっていると見るべきであろう。

世阿弥が「花鏡」の中で「先聞後見」ということを言っているのが
おもしろい。 これは、舞台では、まず、言葉をきかせて、しかる
後に所作を見せよと教えたものである。

p274
「聞」と「見」をシンクロナイズさせないで不同調にしておく
という点にあるように思われる。

・・・はじめから同調されている表現は音と像が相殺し合う
ことになりかねない。

・・・間とか呼吸ということが重視されるのも、・・・
その背後に働いているのが不同調の美学である。

p276
新聞の見出しと記事本文との間にも不同調のおもしろさの
例がみられる。

===>> 音と映像がずれているというのを見たことは
ないように思いますが、一度見てみたいですね。
音の無い映画を観たことがありますが、「これはなんなんだ?」
と様々に想像を膨らませるような映像だったと記憶しています。

そこに音声などが入って来ると、「な~るほど」ということに
なって、印象が強くなるってことなのでしょうか。

p276
言葉は、対象をあるがままに表現することのできない媒体で
あるから、写実ということが尊重される。

p277
絵画は写真の出せないような美しさを追求することになる。

写真があまりにも写真的であることに不満を覚えるように
なると、ことさらに鮮明さをさけて、いくらかピントをあまく
する技法を使ってみたくなるのである。

p278
言語表現においても軟焦点描写のようなことは可能であり、
案外なことに、ごく古い時代から日常でたえず行われて
いるのである。

p279
日本語には相手のことになるべく直接的に言及しないで
意味を伝えようとする表現法が発達している。

日本語の特色である主語のはっきりしないセンテンス
軟焦点的表現であり、敬語法などは焦点転移の表現が
文法的に定着したものと
考えられる。

===>> ほお~~~、ここでついに、「日本語の論理」に
辿り着きますか・・・・
ここまで話を広げないと 説明できないのが「日本語」ですか。
困りますねえ(笑)。

深読みしすぎって感じもしますけど。

p279
「日本にくらべてアメリカのテレビ・コマーシャルは
実につまらない。 センスがない」という感想をもらした。
・・・アメリカのCMはあまりにも正直すぎて、うんざり
させられる、・・・

・・・機械的リアリズムの表現が多くなればなるほど・・・・
あいまいな表現法が重要なものになってくる。
そして、こういう表現法は結局、受け手の主体的解釈の幅を
拡大するものであり、ひいては受け手の尊重になるのである。

p280
こういう表現デモクラシーの中に美を生む原理がひそんでいる
ことは、とくに注意すべきであろう。

===>> う~~ん、「受け手の主体的解釈の幅を拡大する」
ってのは美学としてはいいのかもしれませんが、
人間生活の上でのコミュニケーションの中では、誤解が誤解を
うんで紛争のタネになるってことじゃないですかねえ・・・

問題をうやむやにして、解決を先送りにするという
日本の有り様は、このあたりに根本的な原因があるってこと??
まいっちゃうね。

p280
エイゼンシュタインが連句の展開からモンタージュ理論のヒント
を得たことを改めて考えてみたい。

世界に類を見ない短詩型である俳句は、・・・
切れ字などによって切断した語と語を並べて互いに衝突させる。

p281
「古池や」とそれにつづく「蛙飛び込む」とは自然の静寂と
小動物の活動とで対照的である。
・・・そのあとに、「水の音」という音響の表現がつづいて、
ふたたび異次元間の対立、融合、調和というプローセスが
展開される。

p282
連句は一人の作者ではなく複数の人間が協同でつくるのが
特色であって、一貫性ははじめから眼中にない

p283
幸いに、わが国では昔からそのような美学が発達している
のであるから・・・・

===>> 著者の言いたいことはなんとか分かりました。
・・・が、これはゆゆしきことですね。
今の日本の外交、お隣の国との外交が 日本語の特質によって
「一貫性ははじめから眼中にない」ってこと、「受け手の主体的
解釈の幅を拡大する」というような、すれ違い外交にならない
ことを切に望みたいところです。

「日本語の論理」ってものが、こんな政治・外交の話につながろう
とは、思ってもいませんでしたよ。

これも、私の単なる 尊重された個人的な解釈ってことになりますか。(笑)

== 完 ==

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月1日 - 2013年9月7日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »