« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »

2013年2月 1日 (金)

「あなたがいなくなるから」なのか、「私は寂しい」なのか

miss」っていう英語の単語がありますね。

名詞だったら、「ミス、失敗、間違い、見逃し」などの意味があります。

英語では、よく、「 I miss you.」なんて言うんですよね。

「あなたがいないのを寂しくおもう、恋しい」などと訳すんですけど。

フィリピン人の知人が、最近日本語を自分で勉強しているらしくて、
この「I miss you.」を日本語でどう言うのかって聞かれたんです。

それで考え込んでしまったんです。

日本人の、日本語の発想とは、かなり違うなあって思ったんです。

つまり、missという単語、動詞そのものには、
「なくなっている、見当たらない、行方不明である、不足している」
という自動詞の訳文があるんですけど、

他動詞の訳文としては、
「~がなくて不自由する、物足りない気持ちがする、~がいない
のを寂しく思う」などがあるんですね。

英語のそのままの「miss」の意味をそのまんま訳すとすれば、
私は あなたを なくす。」が直訳かなと思うんです。

これに対して、日本語では、こういう状況だったら、
私が今感じている感情を直接に表現して、
寂しいです。」
などと表現するわけですよね。

英語は今の感情の原因というか理由を表現していて、
日本語は その結果としての今の感情をそのまま表現している
ってことになりませんか。

質問にうまく答えられなくて、時間稼ぎに、
「フィリピン語では英語みたいな言い方があるの?」
って逆質問してみたところ、
「いや、フィリピン語にも英語みたいな表現はない。」
っていう答えでした。

そういうことなら分かってもらえるかなと思って、
次のように説明したんです。

英語は動詞文で、自分の感情の原因を表現しているみたいだけど、
日本語は「い形容詞文」で今の感情そのものを表現しているんじゃ
ないか。

もし、日本語で完全な文を作るとすれば、

あなたがここに居ないので、私は寂しく思います。」

この文の前半が理由で、後半が結果なんだけど、
日本人の発想としては通常は後半しか言わない

逆に、英語だったらどうなんですかね。

例えば、今まで一緒になにかをしていた友達が、海外などに
離れていくような場面で、

I miss you. などと言う代わりに、日本語的発想で、  、
I feel lonely.(寂しいです)などと言うことがあるんでしょうか。

これをちょっと突き放して考えると、
英語は 客観的状況をそのまま表現しているのに対して、
日本語は 実に主観的な心情をあらわす言葉になっているような
気がします。

どう思いますか?

 

 

 

 

 

 

フィリピン バギオ 日本語教育 日本語教師 英語の翻訳 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月31日 (木)

男の車掌は忙しい? 仕事の仕方は国それぞれ・・・Victory Liner Bus

どうも、フィリピンの、っていうか、ビクトリー・ライナー・バスの
切符販売の仕組みが分からない。

先日、マニラのEDSA通りにあるCUBAOのバス・ターミナルから
ターラックのルイシタまでビクトリー・ライナーのバスを使ったんです。

・・で、クバオの切符売り場に並んで、ルイシタまで一人、って
言ったら、・・・切符は売ってくれなくて 番号を書いた紙切れ
をくれるんです。

初めての経験。

クバオからバギオまで行ったことはあるんです。
その時は、ちゃんと切符売り場で売ってくれたんです。

「なんだ、この紙切れは??」

「アラミノス行に乗ってください。向こうですよ」

っていうから、隣のバス会社にルイシタ経由のアラミノス行きが
あるのかと思って、隣のバス・ターミナルで 

「ここからルイシタ行きが出てるの?」ってきいたら、

「あっちだよ!」

って、お兄ちゃんが教えてくれて・・・・

結局、ビクトリーに戻ってみたら、アラミノス行きがありまして、
その紙切れの番号は バスの番号だってことが分かり・・・

う~~ん、なんで ??

なんで、同じ会社のバスなのに、切符売り場で切符を売らないの?

・・で、バスに乗ったんですけどね。

車掌はお兄ちゃんでした。

ここでも、戸惑いが・・・・

出発してから、うとうとしていた頃に、車掌さんが改札に来て、

「ターラックのルイシタまで、ください。」

「はい、どうぞ・・・」

って、切符をくれたんです。

例の、昔の日本のバスの車掌さん。 女性でしたけどね。

カチャ、カチャ、カチャ、・・・  パチン、パチン、パチン・・・

って切符に穴をあけるじゃないですか。

あれって、小さいころに故郷でバスにのっていたころは

かっこいいなあ~~、って思ったもんですよ。

女性の車掌が かっこよかった。

・・ところが、

切符をくれたんで、お金を即渡そうとすると、

「後で・・・」

って言うじゃないですか・・・

どういうこと??

普通、現金と切符は 交換じゃないっすか??

・・・・

どうも、様子をみていると、ひととおりお客さんに切符を
渡して、その後に 集金してまわっているみたいなんです。

まあ、考えてみると、いちいち一人一人、切符を切って、
お金をもらって、おつりを渡す、ってことをやるよりも、

まとめて、後でお金の清算をした方が いいような気も
しますけどね。

・・・結構、記憶力に自信がないと、できないっしょ。

でもね、このバスの男の車掌さんは 忙しいですよ。

ひとりひとりのお客がどこで降りるのかってことも
覚えておかなくちゃいけないし・・・・

フィリピンの普通バスは、お客が「止めてくれ」って言う
ところで 降ろしますからね。

そして、バスの床下に入れてある荷物も、その度に
出してあげなくちゃいけないし・・・ 忙しい。

これに比べて、デラックス・バス (最近はファースト・クラス
って呼んでいるみたいですけど)、あの車掌はどうよ?

デラックスだから 車掌のことを スチュワーデス って
呼ぶんです。 女性です。

・・・でもね、めっちゃ暇そうですよ。

普通バスのお兄ちゃんみたいに、切符は切りません。
ちゃんと切符売り場で売りますから。

途中で降りるお客はいない、マニラーバギオの直行急行ですから。
どこで どの客が 降りるかを記憶する必要もない。

ただ、車内にトイレがありますからね、その掃除は一度くらい
やるみたいです。

それに、ボトルに入った水と袋入りのスナックをお客に配る。

それだけです。

この前に乗ったデラックスのスチュワーデスなんて、
ず~~~~~っと 運転中の運転手と世間話していましたよ。

確か、「運転中の運転手に話しかけるな」っていうルールが
車内に貼ってあるのを以前みたような記憶があるんですけど・・・

まあ、いないと困るってことはあるでしょうね。
トイレが汚くなっちゃったら デラックスの意味が
なくなっちゃうから・・・

・・・・

いずれにせよ、切符売り場でうっている切符と、
車内でお兄ちゃんが売っている切符。
なんでそういうことになっているのか・・・・分からない。

まあ、途中で乗ってきたり、降りていったりするお客がいるから、
車掌が切符を切らなくちゃいけない、ってのは分かるんですけどね。

なんで、切符売り場で売る切符と 売らない切符があるの???

017

Luisita, Tarlac, Philippines

 

 

 

 

 

 

 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

マニラ-クバオ- ターラック・ルイシタ 居酒屋 Manila to Tarlac Luisita Japanese Rest

マニラ・ケソン市のフィリピン大学ディリマン校から ビクトリー・ライナーのクバオ・ターミナルまで移動。

004

フィリピン大学Diliman校のキャンパスの中にある Universityホテルから Cubaoにある Victory Liner バスのターミナルまで タクシーで移動中。

007

ご覧のとおり、5~6車線もある立派な道路。

ケソン市というのはマニラ首都圏にあって、昔のフィリピンの首都だったそうで、流石です。

011

・・でも、渋滞が始まった辺りで、こんな乗り物が・・・・

012

家族と見える6~7人が抱き合って乗っています。

いかにもフィリピン。

でも、バイクにリアカーのサイドカーみたいで、良く見かけるトライシクルとはちょっと形が違います。

なんと呼ぶんでしょう・・・

014

ここから 有名なEDSA通りに入って、左方向へ。

CUBAOのビクトリー・ライナーのバス・ターミナルまで ホテルから30分ほどでした。

・・・

そして、いきなりですが、ターラック州のルイシタへ・・・

016

ルイシタのモールの前でバスを降りると、なぜか蒸気機関車が飾ってありまして・・・

昔はこの辺りを鉄道が走っていた記念でしょうか。

018

スターバックスでちょっと一休み。

022

スターバックスからモールの奥の方に歩いていくと、こんな日本料理店・居酒屋が・・・

夜の部は5pmからと書いてありました。

この裏の辺りに サンヨー電機の半導体の会社があるそうです。

http://www.bestjobsph.com/bt-empd-ssmphrgs09.htm

http://www.onsemi.jp/PowerSolutions/content.do?id=16825

だから、こういう町で 日本料理店が長続きできているんでしょうね。

でも、お店の人に聞いたら、フィリピン人の経営だとの話でした。

024

さて、夜の部の場所を確認したところで、ホテルへ向かうんですが、 歩いても15分くらいの場所ではあるんですが、なにせ荷物もあるし、ひきずって歩くには暑すぎるし・・・

で、何年振りかでトライシクルに乗りました。

028

狭いし頭がちょっとつかえる感じで、窮屈じゃああるんですけど、結構おもしろいですよ。

地元の人たちは、これに3~4人は一緒に乗るんですよねえ。

一度やってみたいですけどね。(笑)

015

・・で、ホテルへの道すがら、こんなお店があって・・・

014_2

元大統領と現大統領の地元ですからね・・・・ アキノ博物館もあります。

006

そして、ここが今日の宿泊場所。

バギオにもありますけど、マイクロテル・インです。

021

夜は、予定通りの飲み会。

バギオから降りてきた日本人会の皆さんです。

お一人だけ、日本からのビジターでしたけど、アジア各国の話で盛り上がりました。

居酒屋さんの食べ物はまあまあでしたよ。

でも、お茶漬けはなかったなあ・・・・

022_2

この日は、建物の中の「冷房あり」よりも、外の方がちょっと風もあって過ごしやすかったみたいです。

日本の寒波が、ちょっとここにも涼しい風をもってきてくれたのかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

philippine manila up diliman university hotel  cubao victory liner tarlac luisita robinson mall starbucks coffee japanese restaurant  izakaya cowan  sanyo semiconductor acquino famiy tricycle  microtel inn hotel acquino museum japanese association in northern luzon

フィリピン マニラ ケソン市 フィリピン大学ディリマン校 ユニバーシティ ホテル ビクトリーライナー クバオ ターラック ルイシタ ロビンソン スターバックス 日本料理 居酒屋 こわん サンヨー 半導体 アキノ大統領 バギオ 北ルソン日本人会

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

フィリピンだって 早食いもあるんです

マニラのフィリピン大学ディリマン校のキャンパスの一角にある University Hotel.

ここで2泊したんですが、フィリピンで初めてみるような光景に出会ったんです。

018

このレストランだったんですけど、私がその光景をみたのは朝でした。

私の他にはだれもお客はいなかったんですけどね、

20人分くらいの朝食の用意がしてあるテーブルがあったんです。

それをぼんやりと眺めていたら、なんと誰も団体のお客が来ていないのに、温かいスープが全員分すでにお皿に入れられていて、湯気が立ちのぼっているんです。

お皿やスプーンなんかが並べられているのは普通ですけど、スープがもう全員分準備してあるって ありですか?

しば~らくして、多分スープはかなり冷えていたと思うんですけど、どやどやとその団体さんたちがレストランに入って来たんです。

私に背を向けるかたちで、一人だけ、多分そのグループの責任者なんでしょう、他のひとたちとは別に離れて テーブルについているんです。

日本だったら、団体のテーブルに入りますよね。 いくら上司だと言っても。

そこはそれ、職位によって結構階層の違いっていうのか、ランクの違いっていうのか、そういうのを机の配置で気にするフィリピンの人たちなんでしょう。

私は アメリカン・ブレックファストを既に食べていたんです。

アメリカン・ブレックファストなんて、ちょっとしかないですもんね。

パン、ハム、玉子、コーヒー、ジュース くらいのもんですよね。

それに、私は結構早食いなんです。

普通だったら、少なくともフィリピンの中では、一番速いくらい。

日本じゃあ猛者がいくらでもいますけどね・・・

フィリピンの人たちはゆ~~っくり食べますもん。

・・・ところが、その集団は あれよあれよと言う間に食べて、さっさといなくなったんです。

これにはびっくり。

こんなフィリピン人たちもいるんだ・・・・といささか唖然。

多分、なにかのセミナーとか研修なんでしょうけど、こんなにさっさと朝食を済ませるフィリピン人グループを見たのは初めてでした。

はやてのよ~に現れて、疾風のよ~に~去ってゆく~~

フィリピンをなめんなよ~~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

大学が運営しているホテル・・・って日本にもありますか? マニラ

先日、フィリピン大学ディリマン校のアジア・センターでシンポジウムがあったんで、会場の近くに安いお宿がないかと思っていたら、「大学ホテル」ってのを教えてもらったんです。

013

結構立派な構えでした。 キャンパスの中にあるので、周囲は静かで、歩いて10分くらいのところに大学の校舎などがあります。

016

玄関を入ると、すぐ右側にフロントがあって、一番向こうがテラスになっているレストラン。

015

玄関先にこんな立て看板があったんで、夕食の時に行ってみました・・

017

ちょっとお客さんが少なくて、ほとんど聞いている人もいないみたいで・・・

弾いているお兄ちゃんも いまいち気合が入らない様子。

026

さて、部屋なんですけど、一番安いシングルで 1300ペソくらいです。

https://sites.google.com/site/updilimanhotel/

WiFiがしっかり使えます。

でも、半地下の窓の無い部屋だったんで、携帯の電波は届かず・・・

022

冷蔵庫とテレビとエアコンはある。

023_3

テレビをつけたら、日本のNHKのような映像だった・・・・が、

途中から「なんだかおかしいな・・・」になって、気づいたらローカルのチャンネルだった・・・

別にNHKのBSが英語でありましたけどね。

025

トイレとシャワーもばっちり。

シャワーは 電気温水器でしたけど、お湯の温度も湯量も満足でした。

020

半地下のフロアーには、こんな案内が・・・

マッサージが なんと 55ペソ !!

普通なら200ペソ以上するのにと 喜んで フロントに聞いてみたら・・・

「55ペソというのは 10分間だけですよ。」

だって・・・  あらら やっぱり・・・

でも、私が信奉する フィリピンのヒロット(HILOT)という伝統的な助産婦さんのマッサージが1時間380ペソだというので、やってもらいました。

「ヒロット お願いしま~~す」

「1時間380ペソです」

「いいですよ。」

「今は男のヒロットしかいないんですけど、いいですか?」

「問題ないよ!」

こういう質問が受け付けの人から出るってことは、女の担当じゃないと嫌だっていう男がいるってことですかね?

若い男の子でした。

・・・さて、ここまでは いいんです。

設備の点では、一番安い料金から言っても 文句のつけようがないんです。

・・・ところがね、

019

予約の時のインターネットでのやり方なんですけど、普通は今時はオンライン予約で その場で同時に 予約を受け付けました・・・なんてやっていますよね。

それが、メールを飛ばして、翌日あたりに メールが来て「予約受け取りました」ってやり方なんです。

ちょっと遅れているかな~~って感じ。

もっとも、日系のマニラにあるホテルで、同じような予約の方法をやっても、返事が来ないところがありますけどね。しょうがないんで、ホテルに電話しましたよ。 なんのためのインターネットだか・・・

まあ、予約はそれでも いいとして・・・

フロントの女の子が、パンを食べながらパソコンやってるし・・・

レストランでの朝食の伝票が 遅いチェックアウトにもかかわらず、フロントに届いていなくて、フロントのおっさんがレストランに走るわ・・・・

伝票を持ってきたかと思うと、手書きで、電卓たたいているわ・・・

女の子が、内線電話でルーム係か誰かに電話して、冷蔵庫の中身チェックをやろうとしていたみたいなんだけど、結局 

「何かお飲みになりましたか?」

と私に聞くだけだし・・・・

施設、設備は一応申し分ないのに、

ソフトが・・・・

「このホテルは、フィリピン大学の経営なんですか? それとも独立してるの?」

「マネジメントは フィリピン大学なんです。

でも、財務的には独立採算なんですよ。」

・・・なるほど、そうか。

University Hotel なんだけど、ホテルマンの教育は 今一みたいですね。

014

それとも、もしかして、ここで働いている人たちって トレーニング中の大学生ですかね??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

university hotel  university of the philippines diliman wifi hot shower tv refregirator restaurant  massage room reasonable price

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月28日 (月)

日本語は生きている・・・・・ 「あこぎ」 VS 「アコギ」

私は一応 日本語教師をやっているんです。

フィリピンに来て ほぼ8年間が過ぎようとしています。

昨日、バギオに英語を学ぶために来ている若い男性たちと飲む機会がありまして。

018

なんかの拍子に、「あこぎをやっているんです・・・」 という言葉が出たんです。

あれって思ったんです。

日本語の使い方が なにか変だな、って思ったんです。

どうも私が知っている意味とはちがう「あこぎ」らしい・・・

「あこぎ、って何 ?」

「ああ、アコスティック・ギターのことです。」

「へえ~~、アコギ っていうの?」

「ええ、日本語はなんでも短くしてしまうじゃないですか、 スマート・ホン を スマホ っていったり・・・・」

「あこぎって 他の意味があるのは 知っている?」

「えっ、他に何か意味があるんですか?」

023

「あいつはあこぎ(阿漕)なことをしているんだよ、とか、 あいつは阿漕な人間だ、とか言うんだけど・・・」

「へえ~、初めて聞きました。 どういう意味なんですか。」

「悪い奴、あくどい奴、無慈悲な奴、金に汚いとか、ずうずうしとか、・・・ まあ、いやらしい悪さかなあ・・・」

「いやあ~、今まで聞いたことありませんでした。」

・・・・・

たった8年ばかり日本から離れていただけで、こんなことになっているなんて・・・・

言葉って、日本語って、本当に なまもの、いきもの、生物、生き物、ですね。

今後は、「あこぎ」 と 「アコギ」 を使い分けなくちゃいけね~~なあ~~~。

ちなみに、「あこぎ(阿漕」」の意味・由来は:

http://gogen-allguide.com/a/akogi.html

一方 「アコギ」 は 「俗語辞典」に載っていました:

http://zokugo-dict.com/01a/acogi.htm

若い日本人男性が 普通の国語辞典に載っている「あこぎ」の意味をしらず、 「俗語辞典」の方の意味しか知らないというところに、時代の流れを感じますねえ。

025

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリピンじゃあ・・・・・やっぱり・・・無理? 自動販売機

フィリピン・ターラック州にある このホテル・・・

005

フィリピンには珍しく、ホテルの周りが広々として、なんだかアメリカのテキサス州あたりを思い出させるような雰囲気なんです。

001

施設は新しいし、ベッドやシャワールームも余裕があって、値段も納得の いい感じ。

032

WiFiも快適だし、テレビは今時めずらしく旧型なんですけど・・・

002

なんと、NHKのBS1とBS2が見られる・・・・

ほとんど ケチのつけようがない ホテルなんです・・・・ が・・・

001_2

これが・・・笑っちゃいました。

まあ、普通の自動販売機なんですけどね、

なんか、使い方が分らないんです・・・・・

そもそも、買いたいものの棚に「番号」が書いてない !!

003

よくよく見てみると・・・・

本来は:

1. コインを入れる。

2. 食べたい物の番号を入力する。

3. おつりのボタンを押す。

・・って書いてあるんですけど、

その下に貼り紙が・・・・

「フロントにお尋ねください。」

・・・・って、どういうこと ?

1.の コインを入れるっていっても、コインが入りそうな穴はなくて、

紙幣なら入りそうな横長のスリットはあるんですけど・・・

まあ、フロントに行け と書いてあるんで、フロントの方を見ると、

自販機の前でもたもたしている私に気付いたらしく、

お兄ちゃんが 「鍵をもって」 やってきました。

あれっ・・・と思っていると、その自販機のドアを開けまして、

「どれにしますか?」

ジュースを取り出して、お金をあげようとすると、

「フロントで・・・」

・・・・・???

どうなってんの??

・・・・・

ふと考えてみると、

フィリピンで 自動販売機が 日本のように動いている姿を見たことがないんですね。

昔働いていた会社の建物の中であっても、

自動販売機でコーヒーを買おうとしたら、

「これをお使いください」 って、

自販機の横にいた女性が コインを出すんです。

要するにですね、普通の人が持っているお札なんかは クシャクシャで

自販機が受け付けないんで、この女性がお札をコインに換えて

くれるってわけです。

自販機をサポートしている人間がついているんですね。

・・・・

しかし、今回は 「コイン」を入れろって書いてあるんですよね。

しかし、コインが入りそうな入り口はなくて、紙幣なら入りそうな

スリットがある・・・・

う~~~ん、分らない・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月20日 - 2013年1月26日 | トップページ | 2013年2月3日 - 2013年2月9日 »