« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »

2013年2月28日 (木)

バギオ・フラワーフェスティバル2013:セッション通り in Bloom 面白い物を発見

バギオのフラワーフェスティバルPANAGBENGAは、2月1日にスタートして、最終週の土曜日・日曜日にパレード、そして、その後1週間は 目抜き通りである Session Road が露店の歩行者天国になります。

038

シンボル・マークは これなんです。

034

セッション通りが「花盛り」を見て歩きます。

004_2

ISUZUさんも見守ってくれています。

008

セッション通りをここから下って、反対側を上ってくると、ざっと見て回っておよそ1時間です。

012

花と鼻・・・??

017

有名ホテルのレストラン以外にも、大学のホテル・レストラン経営学部の学生たちもレストランを出店。

これはバギオ大学ですね。

087

こちらは コーディリエラ大学のレストラン。

020

フィリピン・ルソン島北部山岳地帯の 民芸品も面白いですよ。

025

素敵なインテリア用品も並んでいます。

027

皮製品があるのも 涼しいバギオならではですね。

フィリピンの人たちにとっては、ちょっとしたステータスなんだそうです。

ビクトリー・ライナー・バスの あの冷凍庫のようなエアコンに打ち勝つためには、こういうもので武装しなくてはいけません・・・?

030

電気製品?  そんなものが山岳地帯でまともに仕事をするなんて、甘い甘い。

原子力に依存しない、安全な国フィリピン・・・・かな??

039

さて、BALUT という看板のお店にお客さんが行列です。

バルートをご存じですか?

美味しい + α(アルファ) な食べ物です。

040_3

・・・まあ、なんてこともない この卵・・・ なぜ行列ができるのか・・・

お試しください。

075

山羊さんのお家もありますし・・・・

081

セブ島の レチョン もありましたよ。

079

イロコス州の食べ物ってやつにも お客が並んでいましたね・・・・

024

JAPANESE って書いてあるのは、ここだけだったような気がします・・・

消えかかっていますけど、 TAKOYAKIですかね?

普通は TAKYAKI って書いている店がほとんどなので、この店はいけるかも・・・

045

・・・でも、若い女性は ここですかねえ~~。

054

お腹がいっぱいになったら、花でも眺めて・・・・

カントリー・ミュージックでも聴いて・・・

064

074

073

お腹いっぱい、踊りや音楽、花をめでて、買い物をして、

・・・・あとは~~、ビールかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バギオ フラワーフェスティバル 2013 panagbenga 2013 philippine baguio city session road in bloom dancing parade  float parade

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月25日 (月)

バギオ・フラワーフェスティバル2013 コスプレ・グループに潜入

フィリピン・バギオのフラワーフェスティバル。 最大のパレードは フラワー・フロート(花の山車)のパレードなんですが、2月の最終日曜日に実施されるんです。

すでに「狂想曲」に書きましたけど、パレードに参加するってのは、これまた大変なことでして。

本当はあまり参加する気もなかったんですがね・・・・

Photo_by_kawabe

(photo by :  Mr. Kawabe)

なんてったって、朝の3時からセッション通りはこんな具合だって言うんです。

こんな気力はありませんから・・・

でも、血が騒ぐって言うんでしょうかねえ・・・・

007_3

facebookの若い友達から、コスプレ・グループがパレードの一番最後に出ますよ、って連絡があったんです。

お誘いがあれば 写真撮影くらいは行かねばなるめえ~~、ってもんですよ。

022_4

こういう可愛い女子大生たちが集まるとなれば、日本の文化を広めるためにも、行かずばなるめえ~~ってことですよ。

032_4

「可愛い家族」ってのは バギオ大学公認のサークルでしてね、時々助けていただいているわけなんです。

でも、ただ単に写真撮影だけに一緒に歩くってのが難しいんです。

グループの一員だ、って顔をしていないといけないわけ。

係の人にパレードから追い出されてしまうんでね。

・・・で、ピカチュー、ドラえもんの着ぐるみを着て出てくれるボランティアを急募したわけなんです。 私はスティッチっていうキャラクターを着ることにして、潜入。

035_5

参加を決めたはいいんですがね、朝5時に起きて、7時の集合時間までにたどり着かなくちゃいけないって問題があるわけです。

日本人3人で示し合わせて、5AMに目覚ましをセットしておいたんですが、乾電池切れでなんとアラームが鳴らず・・・

6AMに電話をもらってやっと起き上がり・・・・

6:30AMに家を出たのはいいんですけど、タクシーなどはつかまらず。

047_6

日頃は乗らないジプニーに決死の思いでのりまして・・・・どこまで行ってくれるのかなあ~~、とハラハラしながら。 町の中心部がどのていど渋滞しているのか、交通規制は何時からなのか・・・

059

幸いなことに、集合地点まで歩いて15分ほどのところまでジプニーが入ってくれて、フィリピン大学バギオ校の前で、ジプニー下車。

079_4

私自身は 7:10AMくらいに到着したんですけど、なんと既に到着しているはずの相方2名がいない・・・

「セッション通りが物凄い混雑で歩けません・・・・集合場所はどこですかあ~~」

という悲鳴が携帯に入り・・・

087

8AMにSMバギオの下をパレードの先頭は出発した・・はず。

我々は、VICTORY LINER バスのターミナルの付近で 行列が動き出すのを待つのみ。

100

行列の最後なんで、肝心の花車は観ることもできず・・・・ コスプレ連中を撮りまくり。

105

たまたま、近くにセブン・イレブンがあったんで、飲み物も買えるし、トイレにも行けましたけどね。 場所が悪かったら待機中にアウトですよ。

前日のダンシング・パレードに参加した小学生、ハイスクール生、大学生たちは どうやり過ごしたんだろう、って不思議です。

109

私は漫画はほとんど読まないですけどね・・・

こういうコスプレを見ると、漫画を読みたいって・・・・思いませんか?(笑)

127

天気晴朗・・・・もっと曇っていればいいのに。

さて、みんなが並んで、やっと集合場所からの出発です。 9AMぐらいかな。

・・・と言っても、ここはまだ正式のスタート地点じゃあないんですよ。

それでも、見物の人の波が もうぎっしり。

歩道なんて歩けませんから。

132

私なんかは、もう7時から9時の2時間で、待っている間に かなり疲れています。

一応着ぐるみ着ていますんでね。

すでに汗を拭き拭きです。

135

出発地点に近づくにつれて、若い連中は気勢があがってます。

145

さあ、やっと 公式のスタート地点に到着。 

10AMごろだったかな?

Photo_by_jeido_ri

(photo by Jeido Ri)

両側はすっかり人で埋め尽くされています。

歩くなんて出来っこありません。

160_3

これが セッション通りの一番下です。

コスプレ・グループの後に 中国の獅子舞隊が しんがりを務めていまして、そのうしろは既に人の波で混乱状態になっています。

171_2

最終地点のアスレティック・ボウルに到着したのは 正午を廻っていました。

172_2

しかし、コスプレと侮ってはいけませんねえ。

こういうのをしっかり自分たちで工夫して作っているんですもんね。

右のは ゴムのシートを加工して作ったそうです。

立派なもんです。

173

この初音ミクの伴奏のキャラクターをコスプレしている女の子が リーダー格の一人みたいです。

以前、テレビ出演のお誘いがあった時にも 出てくれたんですけどね。

069

この左のお姉さんは、陸上競技場でも かなり目立っていたみたいです。

182

最終地点で 花車の写真をゆっくり撮れるかな、なんて甘い甘い・・・

それに、もう、着ぐるみの中で 蒸し風呂状態で、今にも熱中症になりそうな感じで、さっさと家に帰って アイスでも食べて、シャワーで大汗を流したかったんですけど・・・

まあ、老い先短いし、「フラワーフェスティバルで最初の犠牲者、それも日本人」、なんて記事も面白いかもしれないっすけどね。(笑)

さて、ここで解散して、家まで帰る・・・これが難題なんです。

数十万人が集まっているんですから・・・・

ジプニー、タクシーなんて乗れません。

とりあえず、1pmごろから3pmごろまでは 近くのレストランで 半分眠りこけながら昼食をしたんです。

3pmに そろそろいいかな、と思ってレストランを出たはいいんですが、 タクシーなどは さらされ捕まらず。

187

バギオ総合病院の前ならタクシーがつかまるかと待ってみたものの オバちゃんに にやっと笑いを浮かべられて先を越され・・・

道路脇で座り込んで、タクシーとジプニーの流れを眺めるのみ。

タクシーはもとより、ジプニーも人が鈴なり状態。

4pm過ぎでしたかね。

一台のジプニーが渋滞で私の目の前に止まったんです。

不思議なことに、どうも座席が空いているみたい・・・なぜ??

不思議に思いながらも、運ちゃんに、「乗ってもいいかな?」

と聞くと、「いいよ」との返事。

助手席には いちごの大きな箱がおいてあって、その横でオバちゃんが眠ってる。

客席は、旅行の荷物らしきものをそれぞれに自分の周りに置いた連中が新聞紙なんかを開いて 読んでいる。

・・・なんか違うな、このジプニーは。

私の下宿のある地区への定期便のジプニーなんだけど、

どうも、今日はこのグループの連中に チャーターされている雰囲気。

まあ、ラッキーにも そういうジプニーに飛び乗ることが出来て、

無事に帰宅。

最悪2時間ぐらい歩いて帰るしかないかと思い詰めていたところを

救われました。

まあ、これに懲りて、

来年は・・・・・・

Photo_by_a

(photo by : 愛 エキルコロヴェリーノ san)


ボランティア参戦、有難うございました。

ところで、こんなランキング記事がありました:

【ランキング】世界のコスプレが好きな人が多い国ランキング。

1位はフィリピン。日本はフランスと同順位の3位。

http://globature.com/jp/interest/ranking_20130206.html

今回パレードに参加したコスプレーヤーだけでも80人くらいいましたからね、

バギオだけでも 百数十人はいるんじゃないでしょうか。

でも、フィリピン全土では1万人と書いてありますから、バギオはまだまだかな?

密度で計算してみると:

1万人 / フィリピンの人口 9,500万人 = 0.01%

バギオが仮に150名だとすると、

150人 / 400,000人 = 0.04%

コスプレーヤー密度は高いみたいですね。(笑)

まあ、学生などの若者が多い都市ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィリピン・バギオ フラワー・フェスティバル狂想曲 ダンシング・パレード

バギオ市のフラワーフェスティバル PANAGBENGA は毎年恒例の一大イベントで、今ではフィリピンの祭りの中でも全国区のトップクラスの評判です。

041

なんと、テレビ放送を写真に撮ってのブログなんですが・・・

ブロガーにあるまじき行為と非難されても仕方がない・・・

弁解がましいことを 今から書きましょう。(笑)

047

バギオ市は公称で人口30万人、一説には40~50万人と言われているんですけど、このフラワーフェスティバルの2月には100万人を超える観光客が押し寄せると言われているんです。

055

当然のことながら、バギオのあらゆるホテル、宿泊施設は超満員になりますし、予約は前年の12月頃から主なホテルは押さえられてしまうらしい。 公園には家族がテントで寝泊まりする光景もみられるくらいです。

特に、2月最終週の土曜日に、このダンシング・パレード、

翌日の日曜日に最大イベントである フラワー・フロート・パレード(花車)が

あるんですけど、見物客の席取り合戦が もう大変なんです。

118

この上の写真は バギオの目抜き通り、セッション通りの一番上、SMバギオのすぐ下なんですが、ご覧のとおり人の波で身動きできなくなるんです

130

数年前にこの場所にある日本語学校で、前夜から泊まり込んだことがあるんですが、当日の午前5時には既に通りが騒がしくなり、セッションん通り沿いは歩けなくなるんです。

パレードはセッション通りを下って、マハリカ・ビルの前の交差点を通り、ハリソン通りを抜けて、バーンハム公園の横から アスレティック・ボウルと呼ばれる陸上競技場へ入ります。

最近はこの道筋はどこもかしこも見物人で溢れるようになってしまいました。

ちなみに、このダンシング・パレードの進行状況ですが、

朝8時にスタートの予定が少しだけ遅れて8:20amにSMの下から出発。

パレード自体は およそ2時間で終わるんですけど、ダンシング・グループの本当の素晴らしさ、実力を見たいのであれば、最終地点のアスレティック・ボウルで繰り広げられる ダンス・コンテストを見逃してはいけません。

198

このダンシング・グループは、主にハイスクールや大学の若い人たちなんですが、特に目立ったテーマは 地元山岳地帯の民族の間で語り継がれている昔話、伝説なんです。

174

素晴らしいマス・ゲームなんですが、その中に物語があって、なかなか面白いんです。

215


パレードだけではなく、 このダンス・コンテストを観戦するようになったら、あなたもかなりの通ってことになりますね。

ちなみに、このコンテストは 1:30pmごろまで続きました。

ところで・・・

マニラあたりからこのフェスティバルを見物にくる皆さんに

要注意事項なんですが、

マニラからバス(ビクトリー・ライナーなど)でバギオへ来る方は、事前にチケットを確保しておかないと 足止めを喰らいます。

前日にマニラからバギオ行きのバスに乗ろうとしたところ、十数時間もバス・ターミナルで順番を待つことになったのだそうです。

それに、バギオからマニラへの帰りのバスも、すぐにチケットを確保しておかないと、

ホテルからチェックアウトしてバス・ターミナルに行ったところ、当日にはバスに乗れずじまいで、ホテルに戻ることも出来ず立ち往生した人もいるそうです。

この時期だけは、しっかりと事前の予約をしておかないと路頭に迷うことになりかねません。

お気を付けください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月17日 - 2013年2月23日 | トップページ | 2013年3月3日 - 2013年3月9日 »