« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月25日 (土)

NHK TVドラマ 「足尾から来た女」 を見る小太郎・・・

小太郎が ドラマをじっと見ている・・・・

006_2

・・この前は、NHKで ペンギンの親子の番組に じっと視線を固定していたから、 動物番組が好きなんだろうと思っていたんですがね・・・・

003

・・今回は、なんと シリアスな 「足尾から来た女」 ですよ・・・

こっちの方が うとうとしているのに、小太郎は しっかり画面を見ている・・・・

001

・・小太郎は きっと天才猫に違いない・・・・

・・・そのうち、テーブルの上に置かれた 仏教の本や 司馬遼太郎の本なんかを 読みだすに違いない・・・・・

にゃんちゃって・・・!!!

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年1月24日 (金)

鶴瓶の家族に乾杯! 速水もこみち 長崎県佐世保市(後編) 我が故郷を行く

鶴瓶と速水もこみちの長崎県佐世保市での「家族に乾杯」、その後編.

今回は 我が故郷ながら、知らないことがたくさんありました・・・・

前編で お店が満員で食べそこなった「グリル門」の「レモン・ステーキ」

001

これですねえ~~、旨そうだ・・・

004

なんと、ここで「佐世保流」の ご飯の食べ方・・・

005

鶴瓶 「こんなことやったら 怒られちゃう・・・」

確かに普通は 「そんな汚いことやらないで・・!!」 とかなんとか言われそうですね.

しかし、考えてみると、欧米なんかでも、パンは こういうソースを付けて食べるというのが普通らしいですよね.

せっかくの美味しいソースをきっちり食べるということではもっともなマナーかな・・・

013

さて、お次は 海の幸・・・

日本一とは知りませんでした・・・いいね!!

014

・・いろんな製品もあるんですね・・・美味しそう・・・

016

「いりこは丸ごと食べる」

はい、私も小さいころに 丸ごとたくさん、おやつ代わりに食べていました・・・

それで、一応歯が元気なのかもしれないですね・・・

でも、これって全国的に フツー じゃないんですか???

味噌汁の出汁を取った後のいりこは さすがに味がないから、猫ちゃんにあげていましたけどね・・・

019

そして、これは「世知原茶」・・・

022

世知原茶だったどうかは知りませんが、小さい頃はよく緑茶を飲んでいたもんです・・・

最近は・・・ほとんど珈琲・・・・というか・・麦汁かなあ・・・・

026

この緑茶をうがいに使う・・・・って・・・・ それ「佐世保流」 ??

これは知らなかったなあ・・・・いつからやっているんでしょうね.

うちは貧乏だったから・・・これは無理だったと思うなあ・・・・

031

・・さあ、ここから、鶴瓶さんは浅子町、もこみちさんは三川内へ行くんです・・・・

私の生家は、佐世保駅から 駆け上がって10分くらいかな・・・・

坂がしんどいんで、今は走るなんてできないですけどね.

037

・・浅子町のカトリック教会・・・

038

浅子地区の市民はほとんどがカトリックなんだそうです.

http://www1.odn.ne.jp/tomas/asago.htm

私はここには行ったことがないんです・・・・灯台元暗し・・・ですね.

超真面目だったんで、家と学校の行き来しかしてないですもんね、高校まで・・・

102

これが浅子教会ですが、12月1日からは・・・・

103

・・・こうなるんだそうですよ・・・

私の生家からちょっと下ったところに三浦教会というのがあるんですけどね、こんな感じで、時々敷地内に侵入して 遊んでいたもんです・・・

http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/270/

「佐世保へ多くの信者が移住し、1897(明治30)年、佐世保天主公教会がはじまった。1931(昭和6)年、現在地に教会堂が建つ。」

私は三浦教会としか覚えていなかったんですけど、正しくは「三浦町教会堂」だったんですねえ・・・

戸口から、中を覗いたりして、讃美歌なんかを聞いたりしていました・・・

http://www.nagasaki-tabinet.com/junrei/building/inside.cfm

「軍港である佐世保港を一望できることから第二次世界大戦中は軍からの監視を受け、さらに空襲をさけるためとして白い外壁にコールタールを塗られ黒一色の姿になったが、1945年(昭和20年)6月28日佐世保大空襲では焼失を免れている。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B5%A6%E7%94%BA%E6%95%99%E4%BC%9A

へえ~~~、確かに教会からの見晴しはいいですもんねえ・・・

ところで、佐世保市のキリスト教の信者数ってどれくらいなんでしょうかね?

http://blogs.yahoo.co.jp/kmy22jp/37665124.html

このサイトに、建設当時は 1200人余り とありますが・・・・

「建設当時の信徒数は1200人余り、これら信者は明治中期以降の都市の急膨張と共に平戸、田平、長崎、外海等から移住してきた人達であった。」

日本のカトリック教会については、こちら:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AB%E3%81%8A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%82%AB%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E6%95%99%E4%BC%9A

さすがに、長崎は1県としては飛びぬけて多いですね・・・

私の家は 浄土真宗でしたけど、高校時代は英語の勉強の為に、一時期 英和対訳の聖書なんかを読んでいたことはあります.

友達の中にカトリックの人がいたという覚えはありません・・・

私の母は、独身時代に東京でカトリックの洗礼を受けたという話は聞いたことがありますが、結婚して浄土真宗になったみたいです・・・

それに、母方の叔父は、鹿児島の郷土史家として、キリスト教伝来や隠れキリシタンなどに詳しく、信者のグループの人たちに史跡の案内をしていたほどでした・・・・ ただ、本人はこれも浄土真宗でしたが・・・

・・・・さて、一方の 速水もこみち さんですが・・・・

034

・・・三川内(みかわち)焼の 窯元を訪問・・・

095

平戸松山窯(ひらど・しょうざん・がま)の 三川内焼なんですが・・・

こちらの公式サイトがありました・・・

http://www.hiradoshouzan.com/

三川内焼の歴史をちょっと読んでみましょうか・・・・

http://www.hiradoshouzan.com/tsuite1.html

「三川内焼は、十六世紀末 当時の平戸藩主 松浦鎮信公が、「朝鮮の役」の時 平戸に連れ帰った 陶工達に焼き物を作らせたのが始まりとされます。そのため三川内焼は別名平戸焼といわれます。 」

・・・要するに、朝鮮半島の専門家を 拉致して連れてきたってことでしょうか?

実は、たまたま2~3日前に読み終わったばかりの本がありまして、

これが 司馬遼太郎の 

 

「故郷忘じがたく候」

ー 異国の地で 四百年を生きた 陶工たちの望郷の詩 -

・・ってやつでして、

この本は、鹿児島県の苗代川に 同じような 「古朝鮮人」によって作られた陶工たちの村があることを 司馬遼太郎が探し求めていったことが書いてあるんです.

http://www.amazon.co.jp/%E6%95%85%E9%83%B7%E5%BF%98%E3%81%98%E3%81%8C%E3%81%9F%E3%81%8F%E5%80%99-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4167663147

その薩摩焼・苗代焼については、こちらのサイト:

http://fujimototougeikan.jimdo.com/%E9%B9%BF%E5%85%90%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E9%99%B6%E6%A5%AD%E5%8D%94%E5%90%8C%E7%B5%84%E5%90%88%E7%AA%AF%E5%85%83%E7%B4%B9%E4%BB%8B/%E3%81%AA-%E3%81%AF%E8%A1%8C-%E7%AA%AF%E5%85%83/%E8%8B%97%E4%BB%A3%E5%B7%9D%E7%84%BC%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%99%B6%E7%AA%AF/

・・・さて、話を三川内焼の 速水もこみちさんに 戻しますと・・・・

050

・・なんと、体験入学・・・初めてなんだそうですが・・・・

061

「ここに就職したらどう??」

と言われるほどの、「思い切りの良い筆運び」でした・・・

066

・・なかなかの出来栄え・・・

・才能のある人は いろんなことが出来るんだねえ ~~~素晴らしい

私は、すぐ近くの場所であったのに、この三川内には行ったことがないし、この焼き物を手に取ってみたこともないんです・・・

ただ、どこかで良く見かけた「唐子」は 覚えています・・・

http://www.hiradoshouzan.com/tsuite2.html

「絵柄は、伝統的に三川内焼きで描かれてきた『唐子絵』が中心です。その他、草花や生き物など様々なモチーフがあります。『唐子絵』は、江戸時代に『献上唐子図』と言われ藩の命により『七人唐子図』が献上品として描かれていました。」

070

・・そして、最後に、まったく知らなかったこのお寿司・・・・

平戸寿司

078

・・お寿司の中に 具をしっかりつめて・・・・

072

・・・押し寿司のように型を押して・・・・

080

・・・下から抜く・・・わけです・・・

075

・・・ってことで、「腹の中は見せない」 んですね・・・

・・つまり、逆にぎり寿司 OR 角おにぎり OR 平戸風押し寿司 ??

081

・・というお話でした・・・・

107

・・・いや~~、やっぱり ふるさとは いいねえ~~~

 

・・・・ と思いつつ、ふっと、伊之助のことを思い出しました・・・

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2014/01/post-ca1d.html

先日 こんなことを書いたんですけど、この伊之助は 100年前に フィリピンに来て、ちゃんと故郷に帰ったんだろうか・・・?

おそらく、当時は 農家の長男以外は 口減らしの運命にあったんじゃないかと思うんです・・・それで移民した・・・ そうせざるを得ない 日本の状況だった・・・

そして、今.

私が フィリピン・バギオに住んでいるわけですねえ・・・

日本に何代にも渡って地元に住み、その地場産業を支えて来た人たちは素晴らしいなあと、時々思うんです・・・

もちろん、都会に憧れて出て行った人は多いと思うんですが、本人の意思に反していたとしても、地元の産業を伝統的に支えて来た人たちがあってこその 日本の文化であり産業だと思うんです・・・

地方にそのような様々な人たちが居て、日本という国がある.

私の場合は、兄貴が和菓子屋を継ぎましたからね、私は家を出なければならんかったわけですよ・・・

でも、私が中学・高校の頃、その兄貴が「グレ」てましてね・・・笑

兄貴が家に戻らないんなら、俺が和菓子屋を継ぐしかないな・・・などと なんとなく覚悟を決めていたような思いもあったわけです・・・

しかし、そうはならず、兄貴が家に戻ったんですね・・・

あの時、歴史が変わった・・んですねえ・・・笑

そして、今、私はフィリピン・バギオに、まるで 伊之助のごとく フィリピンに居る.

そして、それはそれで、なんとなく幸せなこと・・・・

しかし、このブログのハンドル・ネームを 「させ たもつ」 としているところに、切ってもきれない、望郷の念があるんでしょう・・・・

「故郷忘じがたく候」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2014年1月22日 (水)

小太郎が バギオは寒いって泣くもんで、お家を作ってもらいました

フィリピン・バギオの冬は寒いんです・・・

フィリピンに「冬」なんてものがあるのか!?

・・それが、あるんです.

バギオは標高1300から1600メートルぐらいのところにあるもんで、寒いんです・・

1月、今現在は 昼間で 17度前後なんですが、夜ともなれば、10度以下、最低気温は 6~7度なんです・・・

そんなもの寒いとは言わないだろう~~??

「涼しい」のうちじゃないか・・・??

確かにね、日本に比べりゃ、そうなんですがね・・・・

私もバギオに移り住んだ当初は、皮ジャンやら、厚手のセーターやら、毛糸の帽子やらが、店頭に並んでいるのを見て、フィリピンでこんなものを着るやつがいるのか・・・と 鼻で笑っていたんです・・・

それから10年・・・私の身体は すっかり バギオ仕様になっちゃったんですね・・・

コタツが欲しいです・・・

001

 

 さて、本題に入りましょう・・・・

 小太郎は トラちゃんの息子でして・・・初めての越冬なんですな・・・

 左がトラちゃんで、右が小太郎・・・

 この小太郎が 1月になってから、ちょっと私の部屋に入れてあげたら・・・

 「世の中には こんなにあったかい、南国リゾートみたいな場所があったのか・・・」

 なんてことで、毛布を膝にかけて 司馬遼太郎を読んでいる、私の膝に乗っかっていたわけです・・・・・

 本を読んでいると、突然、小太郎がすっくと立ち上がり、

 なにかをジッと見つめているんですね・・・・

 その視線の先には・・・・

 NHKの番組で、 ペンギンの親子が 映っておりまして・・・

 ・・・ああ、それ以来、味をしめちゃったわけですな・・・

 こんなに南国みたいな場所で、ペンギンが見られる・・・

 私が 部屋に戻るたびに、するりとドアを抜けて、人様の部屋に潜り込むようになっちまって・・・・

002

 そして、寒い夜に 部屋から閉め出すと・・・

 ドアの外で 「入れてくれ~~~、入れろ~~、鬼~~~!!」

 などと叫ぶわけですな.

 私としては、近所の手前、「鬼」などと叫ばれるのは 心外ですからな・・・

 品格のある店子としては、大家さんに恥をかかせるわけにもいかず・・・

 これは対策をとらねば・・・ってことで、

 それに、部屋に入れると、いずれ 蚤地獄になりますんでね・・・・・

 大家さんに

 「小太郎の寝床をなんとか・・・・」

 とお願いに及んだわけですよ.

 それで、出来たのが、写真の右の方に置いてある

 段ボール箱なわけです・・・

 中には、足ふきに使っていた厚手の布も入れてありました・・・

 大家さん・・というか・・ヘルパーさんの心づかいが嬉しいねえ・・・

005

 さて、トラちゃんなんですが・・・・

 相変わらず 男である小太郎が 近づくと

 「う~~、う~~、 近づくんじゃないよ・・・・」

 と威嚇はするんですがね・・・

 食事の時は、一応仲良くやっているわけです・・・

 そこで、疑問が湧いて来たんですね.

 犬も この家では飼っているんですが、

 この犬の親子は、食事ともなると 仲良くなんてやってない・・・

 まさに、争奪戦・・ 親子といえども 仁義なき戦い になっちまうんですねええ・・

 なんで???

 

 それはともかく・・・・

 この小太郎ちゃん、

 オス猫は 普通 大人になると 放浪の旅に出るみたいなんですね・・・

 いつ頃 いなくなるのか・・・・

 それを考えると、今から ちょっと切ない・・・なあ・・・・

====

今、小太郎の家の前を通りかかったら、

 段ボール箱から顔を出して

 「みゃ~~」 と 私に向かって 声をかけた・・・・

 この「みゃ~~」 は、

 「うらめしや~~~」 なのか 「ラッキー」 なのか・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2014年1月20日 (月)

バギオ・ミッドランド新聞の NOMINATION 2013 ; 一年を振り返る

フィリピン・バギオ市を中心に週刊の新聞でありながら最大の部数を誇ると
言われているバギオ・ミッドランド新聞.

このバギオ周辺でもっとも信頼されている新聞社が毎年年末に行う
NOMINATION ノミネーション 2013 を読んでみましたところ、
日本あるいは、日本人関連で 以下のようなものが掲載されていました.

NOMINATIONS 2013
http://www.baguiomidlandcourier.com.ph/nominations2013.asp

ちなみに、2012年の年末はこちら:
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/01/post-3d55.html

Coffee planter of the year =  Mariko Sorimachi
http://cordillera.exblog.jp/21200569/
環境NGOのコーディリエラ・グリーン・ネットワークの活動で、
山岳民族に現金収入をもたらしながら、山々の木々を守っていこうとの
植林活動です.

Consistent but silent donor of the year - JICA
継続的に支援をしてくれる日本・・・
・・それも静かにやってくれている・・・控え目なJICAということでしょうか・・

Most enterprising foreigner of the year - Hiro Okuda
enterprisingという単語は 辞書によれば
「進取的な、積極的な、進取の気性に富んだ」ということで、
この「積極的な外国人」は素晴らし評価を受けているのかなと思いきや、
実は 強烈な皮肉 だと、地元の人から聞きました・・・
このバギオ・ミッドランド新聞を日頃から読んでいればわかるのだそうです.

Nagsusulputan of the year  - Japan Surplus stores
http://www.mybaguio.biz/component/option,com_classifieds/Itemid,61/catid,0/searchadv,baby/type,1/limit,11/limitstart,33/
nagsusulputanという言葉は、「次から次に・・・」という意味合いのタガログ語
なのだそうですが、インターネット翻訳には出てきませんでした・・・
japan surplus と言うのは、「残り物」とか「余ったもの」という意味ではあるのですが、
実際のその看板を掲げたお店に行ってみると、「日本で捨てられたもの」
日本の中古品」が店頭に並んでいます.
つまりこの意味合いは、最近 あちこちに開店した 「日本の中古品屋さん」が
どんどん増えてます・・・ということを言っているようです.
私が聞いた限りでも 4軒以上あるようです・・・

Non-performing asset of the year - La Trinidad’s black hole machine
http://www.sunstar.com.ph/baguio/local-news/2013/07/03/blackhole-inventor-faces-la-trinidad-council-290433
この 「全然働いていない資産」というのは、バギオ市の隣町 ラ・トリニダッド町に
導入されたごみ処理機、その名も 「ブラック・ホール」という怪しげな装置です.
名前からして怪しげだったんですが、実際導入されてから一度も動いていないとの
話です・・・・それが日本製だって言うんですから、困っちゃうなあ・・・・

Oriental medicine loss of the year - Dr. Charles Cheng
http://newsinfo.inquirer.net/499619/baguio-doc-leaves-behind-proofs-of-kindness

http://janl.exblog.jp/16943245/

この方、チャールズ・チェン医師は、漢方薬や針灸を施す中国系フィリピン人の先生なのですが、文化活動などの分野でも日本人に対して様々なご協力をいただいた方で、上記サイトの平和慰霊祭でのレクチャーもされました・・・.
お元気な方でしたが、突然他界され、残念に思っています・・・合掌

Papermaker of the year - Asao Shimura
http://cordillera.exblog.jp/19044195/
http://www.manila-shimbun.com/award/sp008/award209262.html
志村朝夫さんは、上のサイトでご覧のとおり、北部ルソン島の山の中で
手すき和紙を制作しているアーティストです.

2014年が 益々 日本人がフィリピンで活躍してくれる年になれば、嬉しいですね・・・・

 

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

長崎県佐世保市: 「鶴瓶の家族に乾杯」が行く - 速水もこみち

「ふるさとは 遠きにありて 思ふもの、そして かなしく うたふもの・・・」

・・ってことで、フィリピン・バギオから NHKのテレビ番組を見たのであります・・・

Casa_valliejo_012

 

ここは、弓張岳の展望台・・・

わたしが生まれた家からは、佐世保港をへだてて向こう側・・・

Casa_valliejo_021

「行ったことはないけど フランスのニースみたい・・・」

私も行ったことはないけど、もしかしたらそうかも・・・笑

Casa_valliejo_014

はい、特に日没の夕焼けの時は サイコ~~ です.

Casa_valliejo_031

もこみちさんは、軍師官兵衛に 槍の名手として出演だとか・・・

「黒田節」の元になった人物らしい・・・

「さ~~あけ~~は~~ の~め~の~め~ のむ~な~ら~~ば~~」

ですね・・・

Casa_valliejo_034

さて、佐世保のご案内です・・・・

Casa_valliejo_043

九十九島には 実際には 208の島がある・・・ 知らなんだ・・・笑

「九十九島せんべい」は うまいっすよ・・・小さい頃よく食べたもんです.

なに、「せんべい」じゃなくて 「せんぺい」だったのか・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E5%8D%81%E4%B9%9D%E5%B3%B6%E3%81%9B%E3%82%93%E3%81%BA%E3%81%84

フィリピンには 「ハンドレッド・アイランド」という名所があるんですけど、そこは観光や海水浴で賑わっています・・・

こっちは本当は島がいくつなのかな??

http://www.japph.com/kokunaikannkou%20/hanndorextudoair.html

 

 

さて、この「とんねる横丁」ですが・・・

Casa_valliejo_046

ここは、私の生家から 一番の繁華街である四ヶ町に行く途中の 戸尾市場ってところにありまして、生家からは歩いて15分くらいかな・・・・

よく買い物で歩いたもんです・・・

Casa_valliejo_047

「とんねる」っていうのは 戦争時代の「防空壕」だったんですね・・・

結構長いですよ・・・・

http://www.mapple.net/spots/G04201014704.htm

 

Casa_valliejo_078

その防空壕のひとつが このお店なんですね・・・

私も こんな店の奥までは 入ったことはありませんけど・・・ふむふむ・・・

佐世保市は 天然の良港だというんで、元々 軍港として作られた町ですしね・・・

その前は 寒村だったらしいです.

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E5%B8%82

だから、軍港と造船の町だったんです・・・

それで SSKと言われた佐世保重工業という造船会社は 主要産業だったんです

何度も造船不況で経営不振に陥りましたが・・・・

http://www.ssk-sasebo.co.jp/ssk/jp/home/index.html

今は、ハウステンボスなんかがあって、観光が主要産業になっているみたいですね.

http://www.huistenbosch.co.jp/

ここも何度も経営不振になりましたが・・・今は HISが入って イベントが盛んになって、大盛況のようです・・・嬉しですね・・・

 

 

Casa_valliejo_092

「四軒目食堂」・・・昔々・・姉に連れられて食べに行ったことがあります.

Casa_valliejo_096

ちゃんぽん、旨いです・・・多分 いなりずしもあったような気がします.

今でもいなりずしが好きなのは このお店の影響かも・・・・

まさに 庶民の食堂です.

Casa_valliejo_097

そして、この穴倉のお店の中に・・・・・

Casa_valliejo_100

窓を開けると、 防空壕の 手掘りの様子が 博物館のように・・・・・

 

Casa_valliejo_057

さてさて、次は 今や全国制覇? の「佐世保バーガー」.

私が大きくなってから、比較的最近 1~2度食べました・・・

Casa_valliejo_059

こんな 馬鹿でかいのは 見たことないですけどね・・・・

たしかに 普通のハンバーガーよりは 旨いです.

http://www.sasebo99.com/sight_sasebo/bgmap.shtml

このサイトを読んでみると・・・・

「佐世保にアメリカ文化「ハンバーガー」がやってきたのは、昭和25年頃のこと。  当時、アメリカ海軍から直接レシピを聞いて作り始めたのがはじまりで、外国人バー街を中心に、基地の外には、たくさんのハンバーガーショップが並んでいたそうです。」

・・とあります.

私が生まれた頃から あったんですね・・アメリカ・スタイルのハンバーガー.

うちの生家のすぐ前や隣近所に、米軍の将校家族族やら水兵が住んでいましたけど、コカ・コーラとポテト・チップスを初めて飲み食いしたのは、その米軍の家でした.

コカ・コーラを飲んだ時は、「なんだこの味は?  なんで子供に酒を飲ませるんだ?」 と思ったことを覚えています・・・

Casa_valliejo_060

この 「ステーキ・バーガー」 は まだ食べたことないな・・・・

次回 田舎に帰ったら 喰ってみよう!!

 

Casa_valliejo_086

ここは、佐世保で一番の繁華街 四ヶ町のアーケード街なんですけど・・・

Casa_valliejo_088

「グリル門」 ってお店へ・・・

Casa_valliejo_089

「レモン・ステーキ」 を目指して来たのが、満席で入れず・・・・・

しかし、この 「門」 にしても、「四軒目食堂」にしても、インターネット・アクセスが爆発して、お店には 観光客の列が 当分できるんじゃないですかねえ・・・

http://blogs.yahoo.co.jp/bonbontyutyu55/54041567.html

おいも並びたか~~~!!!

レモン・ステーキ 喰いたか~~!!!

私がまだ20歳ぐらいの時には、佐世保駅前に 喫茶 「門」 ってのがあったんですけどねえ・・・なくなっちゃったみたいですねえ・・・

もちろん、高校時代は 「喫茶店は不良の行くところ」 みたいな雰囲気がありましたからねえ・・・高校時代には行ったことはないですよ.

上京してから新宿の風月堂だったかな、喫茶店に行きました・・・

その当時は 店内は 煙モクモクでした・・・笑

こちらに その当時の風月堂のことが書いてありました:

「新宿の風月堂といえば、当時の三越南館裏の中央通りあって、戦後の新宿を代表する著名な喫茶店でした。「…新宿の中央口に『風月堂』つていう喫茶店があってさ。そこに入りびたってた。新宿でも有名な店で、変なのがいたよ。大学中退とか、卒業しても就職しないでブラブラしてるのとか、いわゆるドロップアウトしてる連中が多かった。」

http://www.tokyo-kurenaidan.com/takeshi-shinjyuku1.htm

こういう時代でした・・・

 

 

 

Casa_valliejo_065

いよいよ、佐世保の夜です・・・・・

山の上にあるホテルからだったら、夜景もなかなかいいですよ・・・

Casa_valliejo_068

私が佐世保を出たのは 高校を出てすぐでしたし、その当時は生真面目な高校生だったんで、ジャズを聴きに行くってこともなかったんです・・・だから、知りませんが・・

これも行ってみたいよなあ~~~.

Casa_valliejo_066

これも やっぱり、米軍の基地だからなんですね・・・

Casa_valliejo_070

大人はやっぱ ジャズ っすねえ~~~

Casa_valliejo_067

昭和30年ごろの佐世保・・・・

たしかに昔は 米海軍の水兵の姿をたくさん見ました.

http://www.city.sasebo.nagasaki.jp/rekisi/12/12_01.htm

こちらのサイトには 佐世保と フィリピン・スービックの関係にも触れています・・・

http://www.asyura2.com/0403/nihon13/msg/410.html

占領軍が写した「終戦直後の佐世保」

http://www.hokuseikai.jp/openspace/senryougun.shtml

 

連合国軍占領下の日本(れんごうこくぐんせんりょうかのにほん)は、第二次世界大戦終結からサンフランシスコ講和条約締結までの間、連合国軍の占領下に置かれた日本である。」

1951年(昭和26年)9月8日、日本政府はサンフランシスコ講和条約(正式名:日本国との平和条約)に調印した。同条約は1952年(昭和27年)4月28日に発効し、日本は正式に国家としての全権を回復した。」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%A3%E5%90%88%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E5%8D%A0%E9%A0%98%E4%B8%8B%E3%81%AE%E6%97%A5%E6%9C%AC

・・・つまり、私は 連合軍による日本占領時代に生まれていたわけか・・・

ところで、私は今 フィリピン・バギオ市におよそ10年間住んでいるんですが、なんとなくバギオ市という場所が 居心地がいいのは、佐世保に似て 坂が多く、山肌の夜景があり、アメリカの植民地であった時代に開発された バギオ市の アメリカンな雰囲気が 一種の懐かしさを感じさせるから なのかも しれません・・・

http://en.wikipedia.org/wiki/John_Hay_Air_Base

海は見えませんけど、1時間ちょっと行けばビーチにも行けるしね・・・

The arrival of the Americans in the early 1900s spurred development in the City. The American Governor Luke E. Wright commissioned Architect Daniel H. Burnham, a prominent Urban Planner to develop a plan for a health resort where the American soldiers and civilian employees could find respite from the sweltering lowland heat.

http://www.baguio.gov.ph/?q=content/about-baguio-city

ー おわり -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

まったく知らないフィリピン人女性とのチャット - フェイスブックのびっくり

基本的に私は FACEBOOKの友達リクエストを 明らかに怪しい場合以外は
OKすることにしているんですけど、 私の側の目的は、主に 自分のことと
言うよりは、日本とフィリピンの文化交流に役に立つような情報を知りたいと
いうことと、日本側の情報を フィリピンの人たちに紹介するってことを
考えてのことなんです・・・・・

今日は、友達リクエストが来て、承認した途端にこんなおしゃべりに
なっちゃいました:

相手はフィリピン人女性で、ま~~ったく知らない人・・・・・

こんにちは、お元気ですか?

はい、お蔭様で・・・

今はどこにいるんですか? 私はフィリピン人ですけど・・・

バギオです

バギオでビジネスをしているんですか?

退職者です・・

奥さんはバギオに居るんですか?

日本です・・・

(( あれれ、もう いきなり その質問ですか・・・・
   でも、一応 私が妻帯者だってことは 既に調べているわけね・・))

奥さんはフィリピン人? 日本人?

日本人・・・

日本で 今 あなたは何をやっているんですか?

日本で・・・?

ごめんなさい、バギオで 今・・・・

(( 多分この質問は 仕事のことを訊いているんだと思うんですが・・
   ちょっと とぼけて・・・ )))

テレビを見ています・・・あははは

友達か誰かと一緒に?
(( 全く見知らぬ人が、いきなりこんなことを訊くんですねえ・・・
   ちょっと 考えてから 答えました・・・))

猫と・・・
(( もちろん、これは嘘なんですけど・・・誰かと一緒かと
   訊かれて、ここで本当のことを言う人って いますかねえ??
   だれといようが てめ~~~には関係ね~~だろ~~~
   って感じでしょうか?  ))

家を持っているんですか?
(( これって、日本国内だったら 随分な質問じゃないですか?
   持家ですか、賃貸ですか・・・みたいな質問ですもんね?? ))

いいや、下宿屋です・・・

(( 期待に応えられずすんまへんなあ・・))

おおお、 バギオに どのくらい住んでいるんですか?
((ふむふむ、これは 一般的、常識的、無難な質問ですね・・・))

10年近いですね・・・

子供はどうですか?
(( おいおい、見ず知らずが 身元調査するつもりか?? ))

あははは、 これって就職の面接ですか?

いいえ、 済みません、 ただ質問しているだけです.
(( おい、やっと気づいたか・・・笑))

日本に 孫たちがいますよ.
時々 日本語を教えたり、翻訳をしたり・・・・

ああ、いいですね.
多分 来月 バギオに行くと思います.
(( ・・・だから、どうしたいわけ、いきなりに・・・??))

どうやって私のことを知ったんですか?
それと、なぜ私に興味を持ったんですか?

フェイスブックに 名前があったので 友達登録をしました.
怒っていますか?

(( まあ、かなり常識外れの質問の連続ですからねええ・・・・
   自己紹介もしないでいて、身元調査はね~だろう・・・とは
   思いますわね・・・  怒っちゃいないけど、変な感覚を
   持っている人なのかなあ~~とは思いますよね・・・))

いや、全然・・・・
あなたのお仕事は ?
(( まあ、全然ってこともないんですけどね・・・
   質問を受けるばかりじゃ フェアーじゃないしね・・・))

小さなインターネット・ショップをやっています.

それはいいですね・・・何のインターネット・ショップ ?

大学の近くなんで、学生さんたちの・・・
どうして?

文房具でも扱っているんですか?
(( お気づきかと思いますが、 オンライン・ショップのことかと
   おもったんです・・・・))

いやいや、コンピューターショップですよ.
コンピューターを貸しているお店.

(( 日本じゃあ どう使い分けているんでしょうね、名称ですけど・・
   インターネット・ショップ と コンピューター・ショップ と 
   インターネット・カフェと オンライン・ショップ ?? ))

それはよさそうですね.
どうも おしゃべり有難う・・じゃあ、さよなら.

ああ、じゃあ、バイバイ.

 

==============

・・・で、日本の皆さんに質問ですが・・・

日本国内で こういう感じの 質問攻めって ありですか?

FACEBOOKとか LINEなんかの話ですけど・・・・

・・・考えてみりゃあ、不思議な世界じゃありますね.

===============

 

英語の辞書でチェックしてみたんですけど:

internet shop という言葉はありませんね・・・
internet shopping は オンライン・ショッピングとありますが・・・

internet cafe は ちゃんと英語でもありました.
お茶を飲みながら、インターネットを使うことが出来る、カフェですね.

computer shop っていうと、これは パソコンなどを販売するお店とあります.

online shop は 電子取引専門店、サイバーショップと出てきます・・・

・・・ってことは、上の会話の中で、私が勘違いしたのも無理はない
ってことでいいですよね??

日本だと、インターネット・カフェと呼ぶんでしょうね・・
お茶を飲めるし・・・

しかし、お茶などを出さないお店だったら、どう呼んでますか?
パソコンを使えるだけのお店・・・・

インターネットショップですか???

==============================

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

WHAT IS 47 RONIN from a view point of a Japanese ? Is it Japanese story ???

Yesterday,   I went to Baguio SM Cinema 2 to watch the movie film
47 RONIN  because  I was very much curious.....

47_ronin_vautista_apartment_004_2

When I watched the Trailer,  my impression was
" WOW !    What is this !??   Is this really the 47 Ronin ?? "

Trailor 1  with Japanese subtitle
http://www.youtube.com/watch?v=p0bLFDIN9Ms

Trailor 2  in English
http://www.youtube.com/watch?v=KrWh2Y-8ZuQ

 

in Japan, "47 Ronin" is very much famous and everyone knows about
the story  as  "Akou Roushi"(Ronin of Akou)  or  "Shijuu Shichi Shi"
( 47 samurai)   or  "Chuushin Gura"(the Treasury of Loyal Retainers), etc.

for the true and original story in japan,  please check here :
http://en.wikipedia.org/wiki/Ch%C5%ABshingura

as you see in the above site,  there are so many versions in
movie films and  TV drams, almost every year, specially in December...

 

NOW !    Hollywood made it !!!
47 RONIN !!

it is really  amazing to see the title  "47 Ronin"  in Japanese .....

and,   now,    i watched the Hollywood film,   at last..............

my overall impression is :

HAH ??    WHAT  IS THIS ALL ABOUT !???

IS THIS JAPANESE STORY ???

of course  NOT !
this story is  Hollywood Original,   as mentioned in the below web site :
http://en.wikipedia.org/wiki/47_Ronin_(2013_film)

this film  is  a  FANTASY ACTION FILM !!

Quite different from the  Japanese original story......

aaaaannd............  there are  TWO MANY  UNCONFORTABLE FEELINGs
that were created during the show,   only because  i am Japanese...

the costumes of  Samurai  were  so different from Japanese style...

Wow !   is this  Chinese ?   Mongolian ?  Korean ?  or even  Cowboy'
Bang-Bang ??     hahahahaha

OK, OK, ......  THIS IS  FANTASY ACTION FILM !!

 

please check the costume of Samurai in Edo era here :
http://www.bb.em-net.ne.jp/~maccafushigi/mac/18.htm

also, you can check  Japanese style  armors here :
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%8E%A7%E5%85%9C&hl=ja&rlz=1T4PRFD_enPH560PH560&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=-rDPUvOwIMmJrQe3yICQDg&ved=0CEYQsAQ&biw=1366&bih=580

 

Specially,  what is that !!
the costumes  and  cosmetics , makeup of the female !!
i was almost burst into laughters  about the very funny and weird faces,
hair styles, and costumes of the female actors...

you can check  the Hair Style of Japanese Female in Edo era here :
https://www.google.co.jp/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E9%8E%A7%E5%85%9C&hl=ja&rlz=1T4PRFD_enPH560PH560&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=-rDPUvOwIMmJrQe3yICQDg&ved=0CEYQsAQ&biw=1366&bih=580#hl=ja&q=%E6%B1%9F%E6%88%B8%E6%99%82%E4%BB%A3+%E9%AB%AA%E5%9E%8B&tbm=isch

 

OK, OK, ......  THIS IS  FANTASY ACTION FILM !!

the background Landscape is  absolutely  NOT  Japanese ...
it looks like  Chinese Landscape  to me....
from the shape of the mountains, etc..

where was the location  of  this film shooting  done  ??


OK, OK, ......  THIS IS  FANTASY ACTION FILM !!

 

but,  do  you remember  "LAST  SAMURAI"  made by Hollywood ?

http://www.youtube.com/watch?v=JrxR24lUloY

this film was really good !
even from the view points of  Japanese people,  there was not so
many unconfortable feelings....

just for your reference,    pls compare with  these film or TV drama
made in Japan for  47 RONIN  :

TV drama  by   Toshiro Mifune
http://www.youtube.com/watch?v=g_mFwtIQ0UU

NHK TV drama - Akou Roushi
http://www.youtube.com/watch?v=PVw6cs4EzKY

Akou City  &  TV drama  by Koshirou Matsumoto
http://www.youtube.com/watch?v=kB7A7lMVJRs

Trailer of Nihon TV Year-End Samurai Drama series

http://www.youtube.com/watch?v=ISQ7qGAA4DM

 

I hope you recgnize and understand the differences between
Hollywood style    and    Japanese style  47 Ronin.

but,  anyway,   I enjoyed the Fantasy Action  Holywood 47 Ronin
very very much !!!

Just for your more entertainment,  pls watch this youtube ...hehehe

Drunk 47 Ronin Movie Review   

http://www.youtube.com/watch?v=-wfHYp3IEKU

quote :

I recently watched the surreal cinematic messterpiece known as 47 Ronin and my mind was blown by utterly bizarre it is. It's a mix of Lord of the Rings, Game of Thrones, Robin Hood Prince of Thieves and very little 47 Ronin actually.

unquote....

Arigatou !!

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

47 RONIN ハリウッド映画の眼には 日本はこんな風に見えているのか??

フィリピン・バギオ市で 「47 RONIN」 見ました・・・

SM BAGUIO CINEMA で 封切りの2日目に見たんです・・・・

まず、予告編でも 見てみましょうか・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=p0bLFDIN9Ms

予告編 2 英語版
http://www.youtube.com/watch?v=KrWh2Y-8ZuQ

47_ronin_vautista_apartment_004

まあ、予告編でも察しはつくように、ストーリーは、日本の赤穂浪士の
話とは ま~~~~ったくの別ものです・・・・

・・・が、土地名やら浪士の名前やらは そのまんま・・・

一言で ひっくるめて感想を言うとすれば、

「なんじゃ これは!?」

ですね・・・笑

次々に進んでいく画面のひとつひとつに 日本人の眼からすれば
突っ込みどころが多すぎて 仕舞には 突っ込むのも面倒な状態に
なっちまいます・・・

別ものですから・・・

どこでロケをやったのか分かりませんが、
こりゃあまず、どうみたって日本って風情とはほど遠いだろう・・・・

衣装・・・・・?  どこの国なんだ!?
中国か? モンゴルか? 韓国か? はたまた もしかしてアメリカ西部??

日本の武士の姿には とても見えないし・・・

徳川将軍って どこの人・・・?

お姫様やら奥の女官なんかは もう フィリピン人の観客が
笑ってるし・・・・  なに、あの化粧は・・??? 髪型は・・・???

なんちったって・・・別ものですから・・・・

しかしね、ハリウッド、アメリカから見ると、日本はこんな風に見えているんか??

日本も、中国も、モンゴルも、朝鮮半島も、ぜ~~んぶ同じ!!

 

しかしね、 これは どうだったですか?

http://www.youtube.com/watch?v=JrxR24lUloY

「ラスト・サムライ」 ですけど・・・・

これは、日本人が見ても、そんなに違和感はなかったですよね・・・・

 

そのハリウッドが これか? って感じでした・・・「47 ろーにん」

もう、違和感だらけ、オンパレード状態で、仕舞にゃあ もうこれは
目に鯨を感じるよりも 楽しむしかないっちゃ・・という
拘りをすてた、執着を捨てた、お釈迦さまのような気持ちになるんで
ありますよ・・・

そうすれば、もうエンターテインメントを純粋に楽しむ 涅槃の境地に
入るわけですわ.

でもね、・・・やっぱ 言いたくなるわけですよ・・・いろいろとね・・・・
だから、この映画は 5~6人で見に行って、帰りには
居酒屋で一杯やるしかないですな・・・
この映画は 絶対に 居酒屋で 盛り上がれる作品であるのです!!
まちがいなし!!

そういう意味では 天下一品の上物です・・・転化逸品・・・・
なにもかも 転化した 逸脱した シロモノって感じ?

私は あんぐりと口を開けてみていたんですけど、
フィリピン人の観客は結構笑ってましたよ・・・・

 

アニメ、漫画、コスプレやったりしている若いフィリピン人の連中がたくさん見に来て
いたんだと思うんですけど、それを考えると、こりゃマズイって思うわけです・・

こんなもんが日本だと思われたくはない・・ってね・・・

・・・・・・・・

 

ちょっと気になったところがあったんです・・・
それは 切腹のシーン.
こんなエンターテインメントの作品なんだから、さぞかし 血がドバ~~っと
飛んだりという映像になるんだろうなあ~~と思っていたら、
壮絶なシーンでは全くなくて、血の色も出さずに、さら~~っと
行っちゃったんです・・・
刀で指を切って 血判を押すシーンも同じ・・・・
日本の映画の方が その点は かなりリアルですね・・・・
なぜなんだろう・・・・

・・・・・・・・

 

と、ここまでさんざん思ったところで、振り返ったんです・・・

そういう我々日本人は 外国のことを分かっているんか? ってね・・・

それこそ、ステレオタイプの デフォルメされた見方になっているんじゃ
ないかってね・・・

ハリウッドが、中国も、モンゴルも、朝鮮半島も、日本も み~~んな
同じじゃないかって見方をしていると同じように、
欧米人は み~んな同じだとか、 東南アジア人は みーんな
一緒くただとか、アフリカ人に至っては さっぱり区別もつけられないとか・・・

・・・・・・・・・・・・・

 

でも、ちょっとだけなんだけど、
映画の最初に日本列島の映像が出てきたり、一番最後に
この「四十七士」は 今でも 12月14日に 日本の多くの人たちが
お墓にお参りに行く、なんてことをナレーションで入れたり・・・・
そこは、ちょっと嬉しかったなあ・・・

まあ、こういうエンターテインメントを入り口にして、日本のことを分かってくれる
海外の若者が増えてくれれば 嬉しいことですね・・・

最後に ひとこと、誤解のないように言っておきますが・・・

私はこの映画好きですよ・・・・

さんざん上に書いたんで、全否定していると思われるかもしれませんが、

この映画 楽しめます・・・・

出来ることなら、ノートを持って入って、もう一回みて、

突っ込みどころを 全部 記録したいくらいです・・・

それくらい 大好きな映画です・・・・

ホントですよ!!

要するに 楽しみ方次第だってことです・・・

 

あらすじは こちらで:
http://ja.wikipedia.org/wiki/47RONIN

 

 

 

 

47 ronin  sm baguio cinema  film showing  2014

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年1月 7日 (火)

フィリピンの銀行 バギオの場合  WE FIND WAYS って何??

フィリピンの銀行は、日本と違って 口座を開設すると 通帳にするか
ATMカードにするか
を 選ぶことになっているんです・・・

(これは、銀行によってまちまちだそうですが・・・・)

私は心配性なんで (そうでもないかな?)、ちゃんと一連の記録が残る
通帳にしているんです・・・

だから、お金の出し入れをやるときは、銀行の中のカウンターの前に
並ばないといけないわけ・・・

たまにしかペソの口座での出し入れはやらないもんで、細かいところは
分からないんですけどね、今日は3か月振りくらいで観察してきました・・

私が使っている銀行は BDOっていう銀行のバギオ市内の支店なんです
けど、 WE FIND WAYS ってのが銀行のモットーらしくて、
カウンターの向こうの壁に目立つように書いてあるんです・

https://www.bdo.com.ph/personal

( おお、なんと JCB やら ユニクロ とも提携しているんですねえ・・)

( 日本の銀行とも いろいろ提携しているみたいです・・・

  http://www.82bank.co.jp/hp/page000005500/hpg000005459.htm  )

 

WE FIND WAYS ですから、「私たちは 方法を 見つけます」、
「お金のことでいろんな相談にのりますよ」 というくらいの意味だと
思うんです・・・

このフレーズについては、この銀行を揶揄して いろんなバリエーションを
考えるお客さんが多いみたいですけどね.
つまり、銀行への不満をこのパターンで考えるわけ・・・

「もっと、金利を上げる方法でも見つけてくれよ」 とか、
「長い列に並ばないでもいいように さっさと仕事をする 方法を
見つけ出せよ」 とか言う具合です.

 

今日はその標語を見ながら、長い列に並んで観察してきたんです・・・

ー 時間はちょうどランチ・タイムの12時
ー カウンターの前には 20人ほどの長い列
ー カウンターの中には 5人の銀行員

この状況で 私の順番がくるまでに どれくらい時間が掛かるかなと
思って時間をチェック・・・・

ー 20人ほどの列の横には、5名くらいが座れる シニア用の列が
   あって、20人の列とは別に、優先的にカウンターに行ける
   ように、ガードマンが「はい、次どうぞ」とやってました.

日本だと 整理番号を取って、全員が椅子に座って待つように
なっているかと思うんですけど、フィリピンでは若い人が多いですからね、
・・・立って並んでも問題ないっすね・・
日本は 爺ちゃん婆ちゃんが多いから・・・・

ー シニアの椅子には、おなかの大きな女性も待っていました.

しばらく観察していたら、正面の5人の銀行員がはいっている
カウンターから、1人、2人と担当者が抜けていったんです・・・
あれれ・・・昼ごはん?
このクソ忙し時間帯に??
・・・って思うじゃないですか・・・
昼ごはんは1pm以降にしろよ・・・とかね.

・・と思っていたら・・・

ガードマンが・・・
「次の方、あちらの1番へどうぞ・・・」

なんだろなあ~、と思って見たら、
通常の現金出納のカウンターとは別のコーナーに 低いカウンターが
あって、10人くらいの銀行員が並んでいるんですけど、
そこの1番に行けって言っていたんですねえ・・・

通常は、そのカウンターは、いろんな相談カウンターだと思うんです.

口座を開設するとか、定期預金を作るとか、ローンの相談だとか・・・

そのカウンターの行員が、忙し時間帯だけサポートに入っている
みたいなんですねえ・・・

なかなか WE FIND WAYS をやっているじゃないですか・・・

BDOという銀行は SMモールにも入っている銀行で、
どこの支店に行っても なが~~い列なんで 嫌になっちゃうんですけど、
割と便利なこともあるんで利用してるんですけどね・・・

 

・・・・ところが、これはどうにか ならんのか?

ってことがひとつあるんです.

私は フィリピン退職庁(PRA)が出している SRRVビザってのを持っていまして、
このいわゆる退職者ビザは 一定のドル預金を保証金として預けることが
要件になっているわけです.

そのデポジットは、90日間のドルの定期預金になっていて、
期限がくれば金利がついて、次の90日間の定期預金として更新されて
いくんです・・・

日本だったら、一旦自動更新としておけば、それを解約する時までは
なんの手続きも必要ないと思うんですが
、この銀行はそうじゃないんですねえ.

90日ごとに、いろんな伝票に署名をしなくちゃいけないんです・・・
それも、ひとつやふたつの署名じゃなくて 20カ所くらいの署名を
求められるんです・・・・
なんじゃこりゃ・・って感じです・・・
多すぎていちいち伝票の内容は読んじゃいないんですけど、

定期預金に現金を入れました、期限が来てそのお金を受け取りました、
金利がついてそれを受け取りました、そのドルの金利をドル預金から
引出ました、その金利をペソ預金に振り替えました、等などなど・・・

毎回、90日の期間が終わるごとに、更新される度に、この伝票に
署名をしなくちゃいけない
ってことなんですねええ・・・・

でも、ちょっと不思議なんです・・・
これはフィリピンの銀行だから・・・ってことでもなさそうなんです・・

この銀行のこの支店は、元々は別の銀行で、それが吸収合併されて
今の銀行になったんですけど、以前の銀行だった時には、
こんなにいちいち署名をした覚えが全くないんですねえ・・・・

ここんところを WE FIND WAYS して欲しいよなあ~~~

 

さて、ところで、20人+シニア数名の列を 5~6名の銀行員が
応対して、どのくらいの時間が掛かったか・・ですけど、
私が正午に並んで、終わったのは30分後でした・・・

つまり、30分間 / 25人 = お客一人あたり 1.2分間

5人の行員でやっていたんで・・・

1行員あたりのお客一人あたりの所要時間は・・・・

1.2分間 x 5行員 = 6分間

・・・ってことになりますか?

日本とは比べる必要もないですけど、どうなんでしょうかね?

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 2日 (木)

日本人移民・伊之助の時代は どんな日本だったのか・・・1914年・大正時代

まあ、伊之助って言っても 「それって誰?」 で終わりなんですけど、
私の爺さん時代の親戚らしいんです・・・
2008年に 私はこんなことをブログに書いていたんです:
http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2008/09/post-0845.html

なんで急にこれを思い出したかっていうと、昨夜NHKのこの番組を
みたんですねえ~~

1914 幻の東京~よみがえるモダン都市~
http://www3.nhk.or.jp/d-station/program/1914/

19nhk_001

1914年と聞いて、ふと、そう言えば、確か伊之助爺さんがその頃に
マニラに渡航していたんだった・・・を思い出したんです.

NHKの番組の中の一部の動画がこちらにありました::::
http://goodjobwork7.seesaa.net/article/384138320.html

http://gyao.yahoo.co.jp/player/00397/v10041/v0991200000000546198/
(このサイトの動画は 日本国内だけでご覧になれます)

19nhk_024

東京駅の開業、日本初の流行歌、いずれも1914年に誕生した。浅草の活動写真、
銀座ファッション、都市の大衆文化が一斉に開花し、東京は新興のモダン都市へ
と生まれ変わっていく。しかし、その9年後には関東大震災が襲い、当時の街並み
は幻と化した。」

19nhk_034

番組の中では、一方で、東京には貧民窟もあったと紹介されていましたし、
その当時の一般大衆には選挙権もなく、男尊女卑は激しく、第一次世界大戦時
一時的な好景気以外は不況が日本を覆い、軍国主義日本へ向かって
動きだし、民衆の不満がそこにはけ口を求めるような状況にあったようです・・・

19nhk_035

 貧しい労働者の為の 「残飯屋」. 当時は貧富の差が激しかったらしい・・

 マニラのスラム街あたりには、今でもこういう飯屋があるそうなので、ご注意くださいね・・・

ちょっと大正時代という時代がどういう時代だったかをおさらい・・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E6%AD%A3

1912年(大正元年)は辛亥革命が終わって中華民国が成立した年で、・・・・。
この時期の世界は、第一次世界大戦が起こった時期でもあり、その結果として敗れた帝国が続々と解体されて、・・・・・。大正年間を通じて都市に享楽的な文化が生まれる反面、スラムの形成、民衆騒擾の発生、労働組合と小作人組合が結成されて、労働争議が激化するなど社会的な矛盾が深まっていった。」

「・・・平塚雷鳥や市川房枝らの婦人参政権運動も活発となった。1925年(大正14年)には、普通選挙法が成立したが、同時に治安維持法が制定された。」

19nhk_039a

1914年(大正3年)には第一次世界大戦が勃発した。・・・・日英同盟を理由に参戦した。
本土や植民地が被害を被る事こそなかったものの、連合国の要請を受けてヨーロッパにも派兵し多数の戦死者を出した結果、戦勝国の一員となった。
発生直後こそは世界的規模への拡大に対する混乱から一時恐慌寸前にまで陥ったが、やがて戦火に揺れたヨーロッパの列強各国に代わり日本と米国両新興国家が物資の生産拠点として貿易を加速させ、日本経済は空前の好景気となり、大きく経済を発展させた。
・・・
しかし、1918年(大正7年)に戦争が終結すると過剰な設備投資と在庫の滞留が原因となって反動不況が発生して景気が悪化した。」

 

・・・・・ってことは、伊之助爺さんは、1915年(大正4年)にマニラに渡っているわけなんで、第一次世界大戦が始まって、恐慌寸前という頃にフィリピンに入ったってことになりますかねえ・・

それに1912年ごろに スラムの形成、民衆騒動、労働争議・・・とありますしね・・・
佐賀県の農家ですから、おそらく食いぶちもなかなか難しい時代だったのでしょう.

 

 

ちなみに、このころのフィリピン・バギオ市はどんな感じだったのか・・・・

北部ルソン島・バギオ市における日本人の歴史を記録した
Japanese Pioneers in the Northern Philippine Highlands から探ってみます:

(写真 003)

Japanese_pioneers_003
まず、この写真は 1921年にJapanese Association of Baguioのメンバーで撮影されたものですが、バギオの 「マンション・ハウス」(大統領公邸)で、これが建設された1909年には、日本人の石工、大工そして庭師が関わったとあります.

(写真 005s)

Japanese_pioneers_005s
「バギオ・バザー」 1910年代にセッション・ロードにあったと書いてあります.

また、文章を読みますと、1920年代には、
アバナオ・ストリートに「マウンテン・ベーカリー」、
マーケット・プラザの近くに 「ゴールド・バザー」、
セッション通りに 「もんご屋」、
1930年代には 時計屋が繁盛したようです・・・・

(写真 006s)

Japanese_pioneers_006s
「山本グロッサリー」 は 戦前のバギオで最大のスーパーマーケットだった・・・
ジェネラル・ルナ通りと マグサイサイ通りのコーナーにあった.

右側の文章の下の方に、「もんご屋」のことが書いてあります.
1910-1920年代に、小さな投資のお店として 日本人が
「リフレッシュメント・パーラー」 をやっていたそうです.
かき氷、ミルク、甘い赤い豆、シロップを使った Mongo con hielo と呼ばれるもの.
それが 現在のハロハロに進化したのだ、と記述されています.

(写真 009 古い)

Japanese_pioneers_009_old
「ジャパニーズ・バザー」 1910年代の写真
戦前のセッション通りと言えば、この写真が使われるほどに有名なバギオで
最大といわれた百貨店.

(写真 009 新しい)

Japanese_pioneers_009_new
1929年に建てられた 「ジャパニーズ・バザー」 改築したようですね.
写真は1930年代に撮影.

・・・なるほど、我が伊之助爺さんは、日本が大不況の中、東京に行っても
貧民で溢れているような時代に フィリピンに渡ることを決めたってことですね.

参考までに、こちらのサイトもご覧ください:

「「図南遊記」 に見る100年前のフィリピン・バギオ市 」

http://janl.exblog.jp/18939480

 

 

ところで、NHKの番組の中で研究者が言っていました・・・
民衆の不満は、日本政府への不満、あるいは、ナショナリズムに向かうと・・・

最近の日本のマスコミは、中国や韓国の このような動きにコメントをする
わけなんですが、振り返って我が身を見れば、過去の歴史の中で
同じことがあったってことですね・・・

もしかしたら、今も そのような動きがあるのかもしれない・・・・
問題は、どちらかに不満のはけ口を求めることが不可避なことだとしたら、
どっちが自分にとって、自分の国にとって将来を作ることになるのか・・・ですね.

・・・あっ、そうだ・・・
伊之助の捜査は その後 どうなったのか、でした・・・

2008年に伊之助爺さんのことが分かって、2~3年後に、佐賀県の
従兄の家に行ったんです・・・
菩提寺の墓でもあれば 何かが記録されているのではないか、と思って.
しかし、その時は、戸籍の住所の家の菩提寺がどこにあるのかすら分からず・・・
未だに 保留なんですわ・・・

次回、どう攻めるかが課題なんです・・・・
伊之助さん、もうしばらく待っててな.

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまちゃんに喰われた?紅白歌合戦・・・1年後はもう初音ミクしかない???

2013年大晦日のNHK紅白歌合戦は 絶対見るぞと決めていたんです・・・

毎年見ても見なくてもいいやって、いい加減だったんですけどね・・・

それって言うのも「あまちゃん」スペシャルがあるってことだったんです.

私が、これは興味があるなって思ったものを拾い上げてみました:

011

「進撃の巨人」 Attack on Titan の 「紅蓮の弓矢」 Linked Horizen

 これは私がバギオに居なかったら、全く関心を持たなかった曲なんですねえ・・

何故かって言うと、アニメや漫画に興味を持たせてくれたのは、バギオの地元にいる大学生など、コスプレや漫画・アニメのオタクたちだったからなんです・・・

FACEBOOKなんかで 600人くらいの友達がいるんですけど、その7~8割はおそらくそういった地元の若い人たちだと思うんです・・・

バギオで日比友好イベント・七夕祭りなんかを通じて知り合った連中なんです.

それで 「進撃の巨人」って漫画があることをしったわけ・・・

この曲を知ったのもバギオの映画館で一度みた時だけでした・・・

http://www.youtube.com/watch?v=P31jLti0nPg

そして、次は・・・・

017

「あまちゃん」の連発でしたねえ・・

「暦の上ではDecember」 GMTが番組を飛び出して XXX48を凌ぐ勢い・・・

031

 そしてもちろん 「潮騒のメモリー」なんですけど、

http://www.youtube.com/watch?v=dcQbSxB6rjo

 これは凄かったですねえ・・・・これだけで3連発ですもんねえ・・・・

041

 キョンキョンが出てくるのは まあ、ほぼ、想定済みでしたけど・・・

http://www.youtube.com/watch?v=rbDRMMEAbwc

044

 薬師丸ひろ子 まで歌うとは 素晴らしい・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=MoS3CBeVgPs

 「セーラー服と機関銃」の時からの隠れファンでしたんで・・・

・・・・しかし、ひとつだけ不完全燃焼だったのは・・・

 天野春子の少女時代の女優さんが見られなかったことかなあ~~.

059

「地元に帰ろう」 って曲も 泣かせました・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=3DCtrMtV5M8

 いやあ~~、もう、「あまちゃん」スペシャルだけでDVDが欲しいなあ・・・・

 こんなサイト、楽屋裏の話のサイトがありましたよ・・・

http://d.hatena.ne.jp/otomojamjam/touch/20140102

 

 

74

 3つ目は 美輪明宏の 「ふるさとの空の下に」

 前回の紅白の時の あの「ヨイトマケの歌」 ほどの衝撃はありませんでしたが・・

http://www.youtube.com/watch?v=KYJgKHfA5IE

 

 私自身が長崎県出身ということもあるのだと思いますが・・・・

076

 

http://newslounge.net/archives/109208

やっぱり、じわ~~っと聴かせる歌は 流石です・・・・

089

 そして最後は 一応 AKB48 ですかね・・・・

http://www.youtube.com/watch?v=lkHlnWFnA0c

 特にファンと言うわけでもないんですが、こういうグループがバギオに出来て、BGO48 とか言って バギオの地元アイドル・グループなんかになったら 凄いだろうなあ~~、なんて夢想するわけです・・・・

 バギオのコスプレ・グループの大学生たちが やってくんないかなあ~~~

======

 ところで・・・・このブログのタイトルは なんじゃ? ってことなんですが・・・・

 要するにですね、こんだけ「あまちゃん」に席巻されてしまって、例年にない盛り上がりをしてしまったら、あとはどうすんだ? っていう懸念なんですわ・・・

 まあ、余計なお世話なんですけどね・・・

 一年後の紅白を 私自身が 絶対見たい! って思うほどのものが出来るんだろうかっていう話です・・・・

 新しい、革命的な傾向って言うことだったら、 「きゃりーぱみゅぱみゅ 」とか・・・・

 http://www.youtube.com/watch?v=yzC4hFK5P3g

 

 あるいは 「パフューム」 あたりかなあ~~ と思うんですけど・・・・ 

http://www.youtube.com/watch?v=ihNaFCEd0Ms

 好きか嫌いかって聞かれたら、嫌いな方ですけど、・・・・

 まあ、私は アナログ人間ですからね・・・仕方ない・・・

 しかし、今後の紅白の行きつく先は どうなっちゃうのかって話で言えば、上の二つのグループの 映像と渾然一体となるようなテクを使うようなものの 行きつく先は 結局 「初音ミク」 なんじゃないかって 思っちゃうわけですよ・・・・

 立体映像でステージショーをやる あの「初音ミク」 バーチャル・アイドルですね・・

 http://kaigai.publog.jp/archives/32658314.html

 まあ、それは冗談だとしても・・・

 今後の紅白歌合戦が どこへ行くのか・・・楽しみです・・・・

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月 1日 (水)

フィリピン・バギオ 大晦日の花火はどうなる!? 

フィリピンの大晦日の風物詩と言えば、なんと言っても 爆竹や花火での大騒動なんですが、2014年元旦早々の新聞によれば、フィリピン全土で合計599名の負傷者が出たとのこと.

In a press briefing Wednesday morning, officials of the Department of Health (DOH) said the number is 43% higher compared to the same period last year but the injuries were "milder." The department gathered the data from 50 hospitals nationwide. http://www.rappler.com/nation/46982-2014-injuries-new-year-revelry

バギオ市でも市議会でいろいろと揉めたそうで、結局は、爆竹や花火を販売してはいけないが、既に手元に持っている人は使っても良いということになったらしんです・・・

115

・・で、毎年派手に打ち上げている我が大家さんちは  どうなんだろうと心配していたんですが・・・・写真の通りでして・・・

109

 いつ買ったんだか知りませんが、既にかなり打ち上げた後でも、こんだけありました・・・

103

 まあ、こういう場所で こんな具合に打ち上げるんでありますね・・・

119

 周りにはこんな感じで 大家さんの一族郎党が 耳をふさいで見守っているんであります・・・

120

 大晦日も24時直前ともなりますと、周り中に煙が立ち込めまして・・・・

155

  まあ、こんな具合で なんも見えなくなるんでありますね・・・・

124

  ああだ、こうだ、と言っても、結局 大興奮なんでありますよ・・・

162

 しかし、一瞬 緊張するってこともたまにはあるわけでして・・・

 火を付けたはずの花火が不発で・・・・

 再度 恐る恐る こんな風に燃やしちゃったりするんでありますねえ・・・

 怖いですねえ・・・怖いですねえ・・・

167

  しかし、喉元過ぎれば 怖さ? 熱さ? を忘れる・・・ってやつでして・・・・

144

 空から落ちてくる 燃えカスもなんのその・・・・・

114

 タ~~マヤ~~ ってなもんで御座います.

146

  ・・・そして、年越しの瞬間には 万歳と ハッピー・ニュー・イヤー!! で みんなでハグなどをするわけです・・・・・

まあ、夜食を食べて、これをやるっていうのが フィリピンの慣習ですからねえ・

これがなくなったら どういうことになっちゃうんでしょうね・・・・

165

 ・・・まあ、こんなデカいやつが水平にでも飛んできたひには そりゃあ少しじゃ済まないってことは想像がつきます・・・・

 ドッカ~~~~ン !!!

 まあ、日本じゃあ・・・こんなの無理ですよねえ・・・・・

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »