« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 00  イントロです・・・ | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 02 アダムとイヴか、進化論か »

2014年2月11日 (火)

フィリピンの歴史教科書から学ぶ 01 なぜ先史時代の研究が進まないのか

 

HISTORY OF THE REPUBLIC OF THE PHILIPPINES

WRITTEN BY GREGORIO F. ZAIDE

フィリピンで極一般的に使われている歴史教科書を 元大学教授で

歴史の教鞭をとっていたRolando氏に教えていただきながら、雑談をして

いきます・・

ここでは、まだ、私が読んだ範囲だけで書いていますが、

Rolando教授との歴史談義でどんな話が飛び出すのか、楽しみです.

028

 

 2 ORIGIN OF THE FILIPINOS 第二章 フィリピン人の起源

P25 

 

― 先史時代の歴史は、特に若い人たちには退屈なものだが、

  先住民族のダンスや骨とう品などを見る際には意識される.

 

― 最近は、新しい考古学者や民族学者が新しい発見をしている.

 

― フィリピンは古代の遺物の宝庫である.

  それは4つの文化遺産で、アジア、ヨーロッパ、ラテン、アメリカの

  ものがある・・・

 

― スペイン時代以前の古代の遺物は、

  古代人の定住や、良く出来た海外貿易のシステムがあったことを

  示している.

 

― 古代の遺物は、例えば、 Butuanや Agusan del Norteで発見

  されている.

  少なくとも9隻の Balanghai(バランガイ)ボートが1976年に

  発掘された.

 

― 上記のバランガイ舟は、東京の学習院大学によって、

  西暦320年であるとされた.

  これは、ヨーロッパのバイキングに先んじる遺物である.

 

― 中国の磁器の素晴らしさは、他の国には見られないものである.

  宋王朝(960-1278)時代の磁器が、1960年代に

  サンタ・アナ墓地で発見されたが、驚くべき審美眼と

  裕福さが先祖にあったことを示している.

 

p26

― 少数先住民族は、先祖からの慣習や口承の伝統を守り、

  独自のアイデンティティを保っている.

 

― 1970年代に、先史時代の遺物が カガヤン峡谷に発見された.

 

― フィリピンの沿岸には、沈没したガレオン船がある.

  今後の研究が待たれる.

 

―「なぜ過去の知識に乏しいのか」

 

  1) スペイン人は、キリスト教の布教に熱心で、因習打破の為に

     多くの古代からの遺物を破壊した.

  2) 文字で残っているものが少ない.

 Calatagan, Batangas, Butuanで発見された土器の碑文は

     まだ解読されていない.

  3) 財政援助がなく、研究が遅れている.

     フィリピンの歴史的遺物が海外に流出しており、

     研究するには海外の博物館などに出向かなくてはならない.

  4) 戦争、火災、その他の災害により、貴重な遺物の

     多くが失われた.

 

「過去のことを見ない者は、行く先を知ることはできない」

 

 

=== フィリピンの古代史研究は、なかなか前途多難と

    思えますね.  研究すべき対象も、財政的支援も、

    発掘したものを検証するための設備も不足している

    ようです.

    学術的な研究が人材の海外流出もあって、非常に困難

    であることは、産業界にも言えることなのでしょう.

    歴史教科書の最初の部分が かなり悲観的であることが

    いささか心配になってきました・・・

    若い人たちに その窮状を訴えているのでしょうか?

 

 

== シリーズ 02 へ続く ==

 

 

 

|

« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 00  イントロです・・・ | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 02 アダムとイヴか、進化論か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 00  イントロです・・・ | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 02 アダムとイヴか、進化論か »