« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 27  なんでそんな日付が大事なの? | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ- 16-21  7回目の授業 フィリピンの汚職の構造 »

2014年3月27日 (木)

フィリピンの歴史教科書から学ぶ- 13-16 6回目の授業 葬式はカジノか??

 

HISTORY OF THE REPUBLIC OF THE PHILIPPINES

WRITTEN BY GREGORIO F. ZAIDE

フィリピンで極一般的に使われている歴史教科書を 元大学教授で

歴史の教鞭をとっていたRolando氏に教えていただきながら、雑談をして

います・・・

 

 

教授への質問に答えてもらった内容など・・・

 

シリーズ13の部分

 

p56

 

― Cheng Ho「鄭和」(ていわ)の航海について

  そもそもこの遠征の目的は何か. 中国のSupremacy(支配)とは

  どういうものだったのか?

 

目的は不明である. 支配という言葉は不適当であると思われる.

62隻の船と27,800人の乗員というのも誇大な数字であるように

思われる.  他国を侵略したという事実もなく、交易が目的にしては

多すぎる.  もしかして、集団移住??

 

=== こちらに鄭和記念博物館のサイトがありましたので

    ご参考まで・・・・これを見ても今一つはっきりしません.

http://melakajp.com/best/b21.html

 

http://sekaikenbunlog.com/malaysia-0119

 

 

こちらのサイトに、その目的・理由が書かれていますが、結局のところ

定説はないようですね・・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%84%AD%E5%92%8C

 

 

 

ちなみに、日本と明の間はどうだったかと言えば:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%B2%BF%E6%98%93%E5%8F%B2

「この間に中国では元に替わって明が中国を統一し、対日政策として

倭寇対策や朝貢を室町幕府に求めるなどした。足利義満はこれに応じ

日本国王に封じられ勘合符を使用して独占的に貿易を行うようになる。

応仁の乱後は日明貿易の日本における主導権は大内氏や細川氏、堺や

博多の商人に移っていった。」

という時代なんですね・・・

 

 

― 鄭和はイスラム教徒であったと書いてあるが、

  その当時、中国にイスラム教徒が多かったのか?

 

当時の中国には、様々な宗教の者たちが混在していたと思われる.

 

 

=== 上のリンクサイトには、鄭和の「父および先祖は、チンギス・

ハーンの中央アジア遠征のときモンゴルに帰順し、元の世祖クビライ

のとき雲南の開発に尽力した、色目人の政治家サイイド・アジャッル

(賽典赤)につながる。」

とありますね・・・・

 

 

― 1405年にフィリピンに来たとあるが、マニラなどで

  何をしたのか?

 

不明である.

そもそもその当時に「フィリピン」という国はないし、

その当時の王国にも記録は残っていない.

 

 

― folkloreという英語は、folktaleとどう違うのか?

 

Folklore(民間伝承)は広義の言葉であり、folktale(民間説話)を含む.

「年寄が話す物語」というような意味合いである.

 

 

― Tribute Embassy(朝貢使節)という言葉は強制的な意味合いが

  あるのか?

 

言葉の上では強制的な意味合いがあるが、現実にはgoodwill(親善)と

いうほどのものであった.

名目上の支配と書いてある通りである.

 

 

― 明の支配を認め、フィリピン、ボルネオ、・・・その他の

  東南アジア諸国の支配者は・・・朝貢使節を送り・・・

  とあるが、フィリピン側には記録はあるのか?

 

フィリピンの当時の王国にはそのような記録はない.

その他の国々にも、そのような記録はないと聞いている.

 

 

― ルソン録、ca-mi-lig録、スールー録などという名称が出てきて

  いるが、このような文献の写しを見たことはあるか?

 

実際に見たことはない.

フィリピンは北京に朝貢使節を送ったとあるが、これも王国の

名前であるべきものだ.

 

 

― 教科書から離れて、日本人研究者の文献に

  「フィリピン史の教科書ではあるが、・・・・海洋史のような

   海を仲立ちとして周辺諸国や国内での各地域のつながりに

   ついては、やはり書かれていない・・・」

  という記述があるのだが、それをどう思うか?

http://www.nira.or.jp/pdf/0702report.pdf

このサイトの中の、第八節の2 

フィリピンで使われている教科書に見る「海」」の部分

 

 

古代のフィリピンにおいては、セブとミンダナオの王国の間でも

あまり交易などはなかった. かなり孤立的であった.

マニラには記録があるが、他の王国にはない.

 

 

 

― 最近(3月25日)のニュースで、マレーシアのサバ州から

 

  26,000人のフィリピン人が違法就労ということで追い出され

  たとあるが、これはそもそもどういう問題なのか?

http://www.philstar.com/headlines/2014/03/25/1304789/over-26000-illegal-pinoys-return-sabah

 

“It is a well-known fact that a lot of people in Tawi-Tawi and Sulu go to

Sabah to seek employment via the backdoor, without passing through

the right and legal channels of the POEA and its licensed recruitment

agencies,” Baldoz said.

 

この新聞記事は、先の授業の中で、教授が言っていた「裏口」

Backdoorからマレーシアへ流入したフィリピン人労働者の話の

ようです.

 

教授曰く:

元々、サバ州の土地は、ミンダナオの王族の土地であって、

賃貸料をマレーシアから払ってもらっていたが、

1945年からその王族が、土地を返せという訴訟を国連に

訴えていたが、なかなか拉致があかないので、2013年に

私兵を送り込んで実力行使にでた.

それに対する一種の報復だと思われる.

フィリピン大統領がなにもしないので、ミンダナオのイスラム

教徒の人たちは怒っているという背景もある.

 

 

 

 

シリーズ14の部分

 

p57 中国のフィリピン王

 

― フィリピン(ミンダナオ)から1417-1424年に

  第五回目の使節が中国に渡ったことになっているが、フィリピン側

  には資料はあるのか?

 

フィリピン側には資料は無い.

 

 

p58

 

― 中国の影響のところにある「ギャンブル」の内容は?

 

Juweteng(フエテン)というのは中国からではなく、スペイン時代の

ものである. 

このゲームは、番号を使うゲームで、1から37までの数字を小石に

書いて、袋に入れ、その袋からランダムに取り出す2個の石にある

数字がなんであるかを当てるもの.

 

Kuwaho は、カードゲームだが、麻雀みたいなものである.

葬式の時には、違法ではあるが許されている.

 

Pangginggiは、フエテンに似ているが、ビンゴみたいなゲーム.

 

 

フィリピンで合法的なギャンブルは以下の3つである:

― 闘鶏

― 鳩のレース(巣に戻る速さを競う)

― ビンゴ・ゲーム

いずれも許可が必要

 

 

田舎や貧しい地区などでは、本来違法であるギャンブルが

 

葬式の費用を捻出するためという名目で黙認されている.

この場合には、警察やバランガイ・キャプテン(地区長)

が胴元(tong)になって実施される.

売上の6割は胴元、4割が死者の家族にいく.

事実上のビジネスである.

 

 

― tahuriというのはどんな食品か?

 

黒い豆で塩がきついもので、調味料として塩のように使う.

しかし、詳しいことは分からない.

 

― バゴオンも中国からの影響なのか?

 

Bagoong Alamangはパンガシナン州の特産品である.

バゴオンは、4~5cmのdilisという小魚を塩漬けにし水も入れて

潰したもので、アラマンはさらに小さな魚(アミ?)を塩漬けに

したものである.

 

バゴオンの写真

https://www.google.co.jp/search?q=alamang+philippines&hl=ja&rlz=1T4PRFD_enPH560PH560&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=hvIyU7GiGdDboASYx4D4AQ&ved=0CCkQsAQ&biw=1366&bih=580#hl=ja&q=bagoong+philippines&tbm=isch

 

アラマンの写真

https://www.google.co.jp/search?q=alamang+philippines&hl=ja&rlz=1T4PRFD_enPH560PH560&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=hvIyU7GiGdDboASYx4D4AQ&ved=0CCkQsAQ&biw=1366&bih=580

 

この食品に関しては、教授はあまり詳しくはなさそうですね.

こちらのサイトにはこんな風に解説がありますから・・・

http://remit2homeblog.wordpress.com/2013/08/29/ginisang-bagoong-alamang-sauteed-shrimp-paste/

“Bagoong Alamang” refers to Filipino shrimp paste made from minute

shrimp or krill called “alamang”.

「バゴオン・アラマン」は小さなエビまたは「アラマン」と呼ばれる

オキアミから作られるフィリピンのエビ・ペーストである.

 

「アラマン」=「オキアミ」みたいですね.

じゃあ、バゴオンってのは何かっていうと・・・・

http://en.wikipedia.org/wiki/Bagoong

Bagoong (Tagalog pronunciation: [bɐɡuˈoŋ]) is a Philippine condiment made

of partially or completely fermented fish or shrimp and salt.[1] The fermen

tation process also results in fish sauce (known as patis).

つまり、「バゴオン」は、魚またはエビと塩から作られるもので、

 

発酵調味料だということですね.

 

 

 

シリーズ15の部分

 

― 日本との初期の関係

  倭寇についてはどのように思われているのか?

 

 

教授自身が子供のころに、学校で人の物を取ったりすると、

「あっ、ワコーだ、ワコーだ!」 などと呼ばれた・・・・

 

 

― リンガエン湾沿いのアゴオの町が「プエルト・デ・ジャポン」

  呼ばれたとあるが、何か遺跡みたいなものはあるのか?

 

アゴオの町ではなく、リンガエン市の辺りのことである.

遺跡などはないが、教授自身の曾祖母はスペイン系の血が混ざって

いて、教授が小さい頃にスペイン語を話していたが、その時代に

曾祖母が「プエルト・デ・ジャポン」と呼んでいたのは

リンガエン市のことであったのは間違いない.

 

 

― 教科書には、日本人が、いろいろ教えたと書いてあるが、

  この記録はあるのか?

 

そのような記録は見たことがない.

 

 

=== いろいろと先史時代の話を聞いてきたのですが、

    歴史家ではなく、著述家であるZAIDE氏が書いたこの

    教科書は、出典が明らかではなく、フィリピン側での

    記録などの根拠も怪しいというのが教授の考えで

    あるようです.

 

    中国側にはいろいろありそうですが、

    その英語訳の文献などはないのでしょうか?

    あるいは、東南アジア諸国の文献で、フィリピン関連の

    資料が英語に翻訳されてないのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

|

« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 27  なんでそんな日付が大事なの? | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ- 16-21  7回目の授業 フィリピンの汚職の構造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 27  なんでそんな日付が大事なの? | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ- 16-21  7回目の授業 フィリピンの汚職の構造 »