« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 33 そうか、条約よりもそっちが大事か? | トップページ | 廃車復活!  フィリピン・バギオで大活躍の「廃車 in Japan」 »

2014年6月 7日 (土)

フィリピンの歴史教科書から学ぶ 34 マニラにはイスラム王国があった

HISTORY OF THE REPUBLIC OF THE PHILIPPINES

WRITTEN BY GREGORIO F. ZAIDE

フィリピンで極一般的に使われている歴史教科書を 元大学教授で

歴史の教鞭をとっていたRolando氏に教えていただきながら、雑談をして

います・・

5 WESTERN DISCOVERY AND CONQUEST  第五章 西欧による発見と征服

 

p89

― 「パナイ島の征服」

セブ島で食糧が不足したため、レガスピは1569年にパナイ島へ

移動した.  パナイ川の川岸で、レガスピは、フィリピンにおける

第二のスペイン入植地を見出した.

この入植地は、現在のカピス州のパナイの町である.

当初はパナイのフィリピン人は敵対的であった.

しかし、Juan de Alba神父の使徒や他のアウグスティノ修道会の

宣教師のお蔭で、彼らは静められ、レガスピに対して友好的となった.

 

― 「その他の島々の征服」

セブ島とパナイ島を基地として、征服者と宣教師は、お互いに協力

しながら、その他の島々へとスペインのルールとキリスト教を

拡大することに成功した. ・・・・・・・・・

1570年1月に、レガスピは闘志満々の孫 Juan de Salcedo

(1567年にメキシコからセブ島に到着)をミンドロ島に送った.

パナイ島の村々を餌食にしていたモロ民族の海賊を罰するためであった.

30人のスペイン人と数百人のビサヤ人の連合軍で、Salcedo

イリン島とルバング島(ミンドロ島近郊の小島)のモロ民族の砦を

攻略し、マンブラオ(ミンドロ島)を占領した.

ミンドロ島の征服によって、スペイン人はマニラ湾の入り口へ

ほぼ辿り着いたことになる.

 

― 「初めてのマニラ征服(1570年)」

1570年5月8日、スペインのマニラへの遠征は、Martin de Goiti

司令官の指揮の下(Salcedo船長は副官)、パナイ島を出発した. 

戦意旺盛な120人のスペイン人と600人のビサヤ人の軍であった.

・・・・

当時、マニラはSulayman王の下でイスラム王国であった.

イスラムの文明化された開拓地であった.

Sulaymanはスペインに隷属することを拒み、スペインの侵略から

王国を防衛した.  1570年5月24日、Goitiとその部下は、

激しい戦闘の末にMayniladを占拠した. 

Sulaymanとその戦士たちは河を渡って退却し、炎に包まれた

王国を去った.

Goitiが奪った戦利品の中に、パンパンガ人の大砲製造者である

Panday PiraSulaymanの為に造ったものがあった.

 

=== ほほ~~~、1570年にパンパンガ州に大砲をつくる

    工場があったと言うことなんですかね?

    1570年と言えば、日本では、信長が比叡山延暦寺、

    石山本願寺などと戦っている頃なんですね・・・

    種子島への鉄砲伝来が1543年になっています・・

    日本では、この鉄砲の伝来から一年ぐらいで国産の

    鉄砲ができたとあります・・・

    1584年にイスパニア船がマニラから長崎県の平戸に

    来航して、南蛮貿易が始まったと、受験用の本に書いて

    あります.

    フィリピンのパンパンガ州の大砲はどこから来たん

    でしょうね・・

=== それはともあれ、現在まで続いているモロ・イスラムと

    キリスト教との紛争は、この時代から始まったと

    いうことになるんでしょうか?

 

p90

― 「二回目のマニラ征服(1571年)」

勝利の後、GoitiMayniladを去ってパナイ島に戻った.

彼はレガスピに対し、マニラ湾の海岸付近にMayniladと呼ばれる

イスラムの王国が存在することを報告した.

その王国は、中国、ボルネオ、シャム(タイ)及びその他の外国の

商人との交易で潤っていた.

Goitiの話に魅力を感じたレガスピは、Mayniladを植民地化することを

決めた. 翌年、レガスピは、27隻の船、280人のスペイン人、

及び600人のビサヤ人の連合軍からなるより強力な遠征を組織した.

彼はパナイ島を出航し、1571年5月中旬にマニラ湾に到着した.

二回目のマニラ征服は無血の出来事となった.  トンドの最後の王

Lakan DulaSulaymanの伯父は、強大なスペイン軍に抵抗するのは

無駄だと悟ったのだった. 彼はマニラ湾にボートを漕ぎ出し、

レガスピを歓迎した. 彼は、果敢な甥Sulayman王とMatanda

Sulaymanの伯父)を説得し、レガスピに平和的に従わせた.

このようにして、レガスピは戦うことなくマニラに上陸した.

1571年5月19日、レガスピはスペインの国王フィリップ二世の

君主の名において、マニラを占有した.

 === イスラム教とスペインの植民地化との歴史はこちらで・・

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%8A%E3%82%AA%E5%B3%B6

 1380年ミンダナオ島にもイスラム教が伝わり、後にフィリピン諸島

各地に広がった。特に1457年にスールー諸島に成立したイスラム教国

・スールー王国は最盛期にはミンダナオ島・パラワン島・ボルネオ島

北部(サバ州)を統治した。フィリピン諸島におけるほとんどの領土

をスペインに奪われたものの、ボルネオ北部をイギリスに獲得される

19世紀末まで存続していた。」

 

これを読むと、イスラム教とキリスト教の確執は

フィリピンでも根が深いですね・・・

 

 

=== その35に続く ====

 

 

|

« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 33 そうか、条約よりもそっちが大事か? | トップページ | 廃車復活!  フィリピン・バギオで大活躍の「廃車 in Japan」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フィリピンの歴史教科書から学ぶ 33 そうか、条約よりもそっちが大事か? | トップページ | 廃車復活!  フィリピン・バギオで大活躍の「廃車 in Japan」 »