« バギオの歯医者 日本語もOK 平日は5pm、土曜日は1pmから、日曜日は予約のみ | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 37  教科書の..年号の間違い めっけ!!  »

2014年6月22日 (日)

フィリピンの歴史教科書から学ぶ 36 フィリピン植民地は赤字経営だった

 

HISTORY OF THE REPUBLIC OF THE PHILIPPINES

WRITTEN BY GREGORIO F. ZAIDE

フィリピンで極一般的に使われている歴史教科書を 元大学教授で

歴史の教鞭をとっていたRolando氏に教えていただきながら、雑談をして

います・・

 

 

6 MEXICAN RELATIONS  第六章 メキシコとの関係 

p93

初期の3世紀の間(1527-1821年)、フィリピンとメキシコの

間には深い関係がありました.

Saavedra(1527), Villalobos(1543) そして Legazpi(1564)の遠征は、

メキシコで装備の調達をし、メキシコで資金の調達をし、メキシコ人

で人員を整えたのです. これらの2か国をもっと親密にしたのは、

マニラとアカプルコの間でのガレオン船貿易でした.

フィリピン人とメキシコ人が 現在でも過去の歴史に郷愁を覚える

のは不思議でもなんでもありません.

 

=== メキシコとフィリピンの両国を旅して廻った人に

    聞いたことがあります・・・よく似た国であると・・・

 

 

メキシコの下にあったフィリピン

レガスピの時代から1821年まで、フィリピンはメキシコの

総督府の一部となっていました.  メキシコの総督がスペイン国王の

名の下にこの国を治めていたのです.

毎年、メキシコ総督は、役人、宣教師、そして軍の増援部隊などの

公的な派遣団をマニラに送っていたのです.  マニラのスペイン当局は

フィリピンの状況や必要なものに関して、総督に報告書を提出して

いました.

 

宗教的な事柄に関しても、フィリピンはメキシコの管轄下にありました.

メキシコの宗教裁判所は、マニラの軍の兵站監が代行していました.

全ての白人(スペイン人、フランス人、アイルランド人、イングランド人

など)は、異端であると疑われた者すべてが、マニラで逮捕され、

裁判のためにメキシコへ送還されました.

マニラの司教の職は、1595年に大司教に登る前には、メキシコの

大司教の監督管区でした.

 

=== なるほど・・・キリスト教といっても、いろいろな

    宗派が植民地をターゲットにしていたんですね.

    私が西アフリカのベナン共和国で日本語を教えていた時、

    もう10年ほど前の話ですが、日本領事館はまだ無く、

    日本のJICAなどの日本人も数えるほどの頃でしたが、

    キリスト教系のいくつかの宗派や 日本の某新興宗教の

    人たちがいると聞いて、驚いたことがあります.

    一番驚いたのは、日本に近い国から来た人がいるよと聞いて、

    その方の食堂に行ってみると、統一教会の集団結婚でやって

    来たというフィリピン人の女性でした.

 

 

 

さらに、フィリピンは財政的にもメキシコに頼っていました.

政府は毎年植民地予算が赤字となっていました. スペイン国王の命令に

よって、メキシコ総督は国王の助成金(real situado)を毎年マニラへ

送っていました. この助成金は、年平均25万ペソに上り、メキシコの

国庫から支出されました. それが植民地政府の赤字を補っていたのです.

 

=== 植民地経営にはお金が掛かるってことですね.

    金持ちの国じゃなきゃあ経営なんて無理ってことでしょうか.

    戦前の日本が、庶民が喰うにも困って海外への移民も多かった

    ころに、南方へと植民地経営に出て行こうとしたのは

    所詮むちゃなことだったんでしょうか・・・

 

 

メキシコで印刷された書籍

スペイン時代に、フィリピンの歴史、言語学、経済学、そして

宗教に関する多くの価値のある書籍がメキシコで出版されました.

Antonio de Morga博士の有名な本、Sucesos de las Islas Filipinas、は

1609年にメキシコ市で出版されました.

フィリピン人の学者はこの本を、初期のスペイン時代にフィリピンに

関してスペイン人が書いた本としては一番の歴史的業績であると

考えています.

多くのスペイン人の著者とは異なり、Morgaは偏見無しに書いています.

フィリピンの最大の英雄であり学者であったホセ・リサール博士は、

Morgaの本に感銘を受け、1890年にパリで、彼自身が注釈を

付けて、その本を再出版しているのです.

 

=== おお、素晴らしい. そんな本があったんですね.

    このホセ・リサールによる注釈というのがここにありました:

    「http://joserizal.info/Writings/Other/morga.htm

    その元になった、Morgaの本の英語版はここにありそうです:

    「http://www.gutenberg.org/ebooks/7001?msg=welcome_stranger

    そのうち、私がこれも日本語に翻訳してみましょうかね

    ・・・・なんちゃって!! ムリムリ

 

 

 

p94

 

その他の、植民地時代にメキシコで出版されたフィリピン関係

書籍は以下の通りです:

(詳しい内容は省略します・・・タイトルと著者のみ)

 

. An account of the missionary labors of the Augustinians

  「in Mexico and the Philippines from 1533 to 1592. 

  「 by Fr. Juan de Grijalva

. Story of fifteen Franciscan missionaries from Manila

  「who won martyrdom in Japan from 1613 to 1624.

 

. A memorial addressed to Msgr. Juan de Palafox y Mendoza,

  「Royal Counsellor of the King and Bishop of Puebla, Mexico.

  「by Juan Grau y Monfalcon

. A philological study of the Tagalog language

  「Fr. Melchor Oyanguren de Santa Ynes

 

. Practica de testamentos, en que resuelven los casos ….

  「by Fr. Pedro Murillo Velarde

 

===最後の5番目の本は英語での書名が書いてないので、

   スペイン語の原本しかないってことですね.

   それにしても、自分の国の歴史を紐解くのにスペイン語

   じゃないと勉強も出来ないというのは日本人には

   いささか理解を超えるものがありますね.

   と言いながら、日本の古代史なんかは、中国の歴史書に

   頼らないといけないわけですけど・・・

   卑弥呼さんの時代とかね・・・

 

   しかし、しかし、2番目の本は興味をそそりますね・・

   「1613年から1624年に日本において殉教を

 

    勝ち取ったマニラからの15人のフランシスコ会

    宣教師の物語」

   というタイトルですもんねえ・・

 

   こちらのサイトに書いてあるのは、1596年の話ですけど・・

   秀吉の時代ですね・・・ フランシスコ会の布教の仕方が

   それまでのイエズス会とは違っていたことが迫害の始まり・・??

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%8C%E5%8D%81%E5%85%AD%E8%81%96%E4%BA%BA

 

   こちらに1613年以降のことが書いてありました・・・

   この時は 家康の時代になっていますね・・・

   「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E6%95%99%E5%8F%B2

   「しかし1612年に岡本大八事件(有馬晴信がからんだ疑獄事件)

    が起こると、関係者がどちらもキリシタンであったことから、

    家康は諸大名と幕臣へのキリスト教の禁止を通達、原主水など

    キリシタンであった旗本が改易された。翌年になると側近崇伝

    の手による「排吉支丹文」によってキリスト教信仰の禁止が明文化

    され、全国で迫害が行われるようになった。

 1619年に京都で52名が殉教し、1622年に長崎で55名が殉教

   (元和の大殉教)、1623年江戸でも55名が殉教した。」

 

 

    これらのフランシスコ会の宣教師たちは、マニラから日本へ入った

    ということになりますかね・・・

    上記のサイトの日本26聖人の中にスペイン人4名

    ポルトガル人1名、メキシコ人1名が入っていますしね・・・

 

 

=== シリーズ37へ続きます===

 

 

 

 

|

« バギオの歯医者 日本語もOK 平日は5pm、土曜日は1pmから、日曜日は予約のみ | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 37  教科書の..年号の間違い めっけ!!  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バギオの歯医者 日本語もOK 平日は5pm、土曜日は1pmから、日曜日は予約のみ | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 37  教科書の..年号の間違い めっけ!!  »