« 「日本人の脳」 角田忠信著- 12 西欧人にとっては邦楽は難解で異質  | トップページ | 「日本人の脳」 角田忠信著- 14 日本語の脳は「物」と「心」に分かれる »

2014年6月25日 (水)

「日本人の脳」角田忠信著- 13  韓国語・朝鮮語は西欧語型である

角田忠信著「日本人の脳」を読みながら、自分の脳の中を整理しています・・

 

「朝鮮語と日本語」

p124

被験者は母国語によって二群に分けられる. すなわち、韓国、北朝鮮

で生まれ韓国語、朝鮮語(以後、朝鮮語とする)を母国語とする

一世グループ11名、 日本語を母国語とした二世グループ4名である.

 

朝鮮一世グループでは日本語/あ/、同国人によって発声された

母音/あ/の優位性は全例右半球優位で、純音Pと同側にあった.

自然音についてもハミング、泣き声、嘆声、こおろぎ、牛の鳴き声は

劣位半球優位の西欧語型を示した.

雅楽、篠笛の優位性も劣位半球優位であった.

 

一方二世グループでは純音の優位性は右半球優位であるが 母音/aA

泣き声、嘆声、こおろぎ、牛、猫の鳴き声、篠笛などは左半球優位で

あった. この型は典型的な日本語型パターンである.

==== 日本語に一番似ているのは韓国語だと常々聞いていたん

     ですけど、意外や意外という実験結果ですよね・・・

     私は長崎県生まれですから、韓国には近いわけですけど、

     18歳で関東に出てから、九州弁を遠くで聴いていると

     なんだか韓国語を聴いているような気持ちになったもん

     なんです・・・

 

p196

金田一春彦氏によると「一般に、一つの言語が時代とともに変化する

ときに・・・音韻の面が一番変わりにくく、文法の面がこれに次いで

変わりにくい・・・長く祖語のおもかげを伝えるのは、当然、第一に

音韻の部面であり、第二に文法の部面である」

母音を音源として脳の処理機構を調べ、これによって日本語の祖語を

求める可能性は充分に残されている・・・・

=== 是非 フィリピンの人たちや 台湾の人たちも

    研究に含めて欲しいなあ・・・

    最新の研究結果が知りたい・・・ 

一世グループはすでに日本生まれの二世の性格に対する漠然とした 

異質性を感じているようである. 

表現法はいろいろであるが、「情緒的、ソフトで周囲の人々の意見を

うかがい、自分の意見を強烈に出さない」、「悪くいえば、腑抜けに

なっている」、「けんかをしない」などであった. 

・・・・これは丁度われわれが、かつて、米国、南米の日系二世に

抱いていた、異質の感じと丁度逆の関係になってはいないだろうか. 

=== なるほど、日本人からみると韓国人は「激しい」感が

    ありますけど、韓国人の一世から二世をみると

    「腑抜け」って雰囲気になっちゃうわけですね・・・ 

p127

文部省の統計数理研究所で過去20年間にわたって行われてきた、

日本人、ハワイの日系人を対象とした、「日本人の国民性」調査の

データが最も科学的に、この問題に答えている・・・・ 

いくつかの質問に対する回答の中心となる、もっとも優位な

考えの筋が、義理人情的発想にもとづくものであることが

明らかになったという.

そして次に強いのが、現実的実利を重視した義理人情、すなわち、

ドライさに裏打ちされた義理人情ということになるらしい・・・ 

ハワイの日系人の調査では、・・・重点の置き方が逆になり、

日本のような義理人情が二番に現れるという.

=== 義理人情ってのはよく日本人の性格を表すものだと

    言われますが、客観的データでもそうなんですね・・

    日本以外の国の人たちの国民性は この文部省のデータでは

    こんな分け方をしているんでしょうかねえ・・

    ちなみに、私自身はかなり「ドライな義理人情」グループ

    に入るんじゃないかなあ・・・

 

p128

「日本人とユダヤ人」という本の中で、・・・・

彼によれば、日本人とはまず日本教であり、その中にキリスト派、

創価学会派、マルクス派、進歩的文化派などの分派がある・・・

ロゴスとパトス的な脳が同居するという、日本語を母国語とする

われわれに宿命的な共通の基盤をさしているのではなかろうか・・・ 

日本語の持つ魔力は、日本に永住する外国人を二代目からはほぼ 

確実に日本教徒に改宗させてしまう.

そしてこのことが、元来異質な民族の混合といわれる日本人に

精神構造の画一性をもたらしたのではなかろうか・・・ 

=== なるほど 日本教ですか・・それよりも「日本語教」と

    ここでは呼ぶのがより根源的かもしれませんね・・・

    日本の文化自体が日本語の母音で規定されてしまって

    いるというわけだから・・・

    「元来異質な民族の混合」というのは確かにそうなん

    でしょうね・・・「日本民族」などといっても

    渡来人の寄せ集めなんでしょうから・・・

    今からは「日本語族」ってことにしますか・・・ 

p129

大野晋氏の縄文人の南方系言語と、弥生人のアルタイ系言語と江南系

言語の同化したものが混淆して、日本語を作ったという混成語説に

強くひかれる・・・・

=== この辺りの最新事情も知りたいなあ・・・ 

p130

我々は左右に同重量の脳をもちながら、余りにも言語脳に 

傾いた使い方をしているから、西洋の器楽曲は疲れやすい言語脳

を開放するという大きなメリットを持っていることを忘れては

なるまい・・・

=== 皆さん、最近 自然の音を癒しの音楽なんてのが

    ありますけど、それは脳を休めることにはならないですよ.

    日本人は 自然の音を言語脳で聴くんだから・・

    歌が入っているのもダメなんですからね・・・

    西欧音楽の器楽曲じゃないと無駄ですよ・・・

    では、ゆっくりと左脳・言語脳を休ませてください.

=== その14に続きます ===

 

 

 

 

|

« 「日本人の脳」 角田忠信著- 12 西欧人にとっては邦楽は難解で異質  | トップページ | 「日本人の脳」 角田忠信著- 14 日本語の脳は「物」と「心」に分かれる »

コメント


はい、どんどん西洋の器楽曲を聞いてください・・
オペラもミュージカルもダメです・・・・
和楽器が入っていてもだめです・・・・

子供の脳を欧米語型にしたければ、4~5際までに
どんどん欧米語の歌が入った曲を聴かせるといいのかな?


   

投稿: sase tamotsu | 2014年6月27日 (金) 02時07分

一番最後の西洋の器楽曲で癒やされる、はいいね。最近聴いてないから久しぶりに聴いてみることにするか。

投稿: かおり@中野 | 2014年6月26日 (木) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「日本人の脳」 角田忠信著- 12 西欧人にとっては邦楽は難解で異質  | トップページ | 「日本人の脳」 角田忠信著- 14 日本語の脳は「物」と「心」に分かれる »