« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月9日 - 2014年2月15日 »

2014年2月 5日 (水)

トラブル、紛争を解決するのに 日本語は向いていない・・??

ちょっと前なんですけど、「日本語の論理」って本を読んで以来、ずっと気になって
いることがあるんです・・・

「日本語の論理ー不同調の美学」を読む : その2 日本語は芸術には向いて
いるが 政治・外交には・・・」

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/09/post-59f3.html

ここで、私の感想として、次のように書いたんです・・・

「今の日本の外交、お隣の国との外交が 日本語の特質によって
「一貫性ははじめから眼中にない」ってこと、「受け手の主体的
解釈の幅を拡大する」というような、すれ違い外交にならない
ことを切に望みたい
ところです。」

それに、いつ読んだかも忘れたんですが、
日本語と英語の発想の視点の違いはおおよそ次のようなものだと書いてある
本もあったんです:

英語はその表現が、地上を空から俯瞰するような言い方である.
一方、日本語は、地上で二人あるいは複数の人間が主観的な言葉を
投げ合っている・・・

つまり、上のリンクで書いてある日本人の「連句」のような言葉のやり取りの
ことを言いあらわしているのでしょう・・・

探してみたら ありました:

「視点固定型の言語と視点移動型の言語」

「古来、日本人は話者自身を指す「私」の視点で周りや事象や人物をとらえる」

「英語話者は、自分を包んでいた自然から自己を引き離し、もはや自分自身すらも
対象化して、出来事の外部の上空から客観的に眺める・・・」

http://cjtl.doshisha.ac.jp/data1/12_hokoriku.pdf
この論文は中国語と日本語を比較しているので、中国語の部分は理解できませんけど・・・

上の論文では、日本語と英語の そのような視点の違いの源を
自然崇拝などの多神教と キリスト教などの一神教の違いに求めているようです.

日本語話者の「今=ここ」へのこだわりは、正に日本語の視点が固定している
ことを物語っているのではないかと思われる」

・・・実際、日本語学者の中には、日本語には時制がないと言っている人も
いますしね.

例えば:  食べました - 食べます - 食べています - 食べましょう

などと言いますが、過去形 - 現在形 - 現在進行形 - 未来形
と簡単に言えますかってことですね.

「これ、まだ食べてないの? 腐っちゃうよ」
「はい、明日食べますから・・・」

日本語では、文は一人称文になるのが基本的なパターンになっている.
したがって、一人称代名詞をいちいち使わなくても自ずと意味が判明されるわけである.
ところが、一人称文でなくなると、・・・一人称文でないことを表すためには
一人称文と異なる文法的な形を取ったり同じ文法的な形が異なる文法的な
意味を表したりする必要が出てくる.」

具体的には、
「悲しい」と言えば 話し手の一人称であって、
「悲しがっている」ならば 彼あるいは彼女、あの人などになるわけですね.

形容詞だけじゃなくて 動詞にもあるよと書いてありまして、

「私は その意見は 正しいと思います」
「山田さんも、その意見は 正しいと思っています

ちなみに、しつこく書けば、
「私は、山田さんも その意見は 正しいと思っていると 思います」

さて、日本語は 紛争解決に向いていないのか、って話なんです.

少なくとも、ここまで書いてきた流れで言えば、自己中心的な視点から
みている日本語は、客観的に空の上から俯瞰している英語などに
比べれば トラブルを解決する言語としては 難しそうな気がするわけです・・・

客観的で冷静な描写が、トラブルを解決することができる、と考えればの話です.

そこで、次にこれを読んでみたんです・・・・

紛争解決の日本語教育
-「文化」を通じての外国語教育と国際関係論の「連携」-」

http://www.princeton.edu/pjpf/2008proPDF/17%20horiuchi_pjpf08.pdf

これは上記の視点論とは全く別なんですが、日本語であっても
紛争解決のツールとして日本語が使えるんじゃないかという希望を
もってもいいかなと思うわけです.

「紛争解決の日本語教育・・・・

東西冷戦の緊張緩和を目的とした1975年のヘルシンキ協定において、米国及び
他の調印国が「外国語及び外国文明の研究を奨励する」ことに合意し、その後
大統領諮問委員会が結成され、間接的にACTFLの到達度ガイドライン(ACTFL
Proficiency Guidelines)の開発や、カリキュラムを越えた外国語教育(Language
Across the Curriculum)の実験的導入(Earlham College 1980-1984; St. Olaf
College 1989)を促したことなどが述べられている。」

「「国家安全保障言語構想(National Security Language Initiative: NSLI)」を発表し、
重点言語として、アラビア語、中国語、ロシア語、日本語、韓国語と、ヒンズー語を
含むインド系言語とペルシャ語を含むイラン系言語を指定した」

「、国境を越える主体が増える今日の国際関係においては、益々異文化理解の
重要性が求められる
ということになる。とりわけ、後で論じるように、「紛争解決」と
いう観点から異文化理解が重要であると言えるのではないだろうか。」

「現実のコミュニケーションを反映しなければならないとの認識が高まっており、
その意味で外国語教育に「紛争」概念をも取り込む必要があるだろう。というより、
むしろ、理想的・友好的かつ円滑なコミュニケーションに近づくためにも、現実に
起こる「紛争」を回避したり、解決したりする能力の養成が外国語教育には求められ
ているのではないだろうか。」

ここに書かれていることは、上記の日本語の視点など、言語そのものに関わる
ことではないので、日本語の性質が外交に向いている、向いていないの
議論はないわけですが、少なくとも、こういうアプローチをとることで
お互いの言語の発想が異なることや、外国人に対して何らかの意思表示を
する場合に、特に外交などでは、注意すべきところが理解できるということ
なのでしょう.

日本語教育の中で、「紛争解決」ということを真正面から 日本語のテキストに
盛り込んでいるものは あったとしても少ないですから、
例えば会社の中などで労働紛争みたいなことが発生した場合にどのような
表現があるのかを知ることは重要かとおもいます.

外交においては、なにをかいわんや・・・ですね.

日本語であっても、世界を俯瞰した表現が必要だということでしょう.

 

 

 

 

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

フィリピンPRA SRRVビザの解約手続き : バギオの場合

フィリピンには永住できるビザである PRA(フィリピン退職庁)が発行するSRRVビザというものがありますが、 その解約をする場合の手続き方法が分かりましたので、皆様の参考までにお知らせします.

ただし、これは、PRAのバギオ事務所のケースであって、SRRVビザの種類によっても異なるかもしれませんので、あくまでも ひとつの事例だということでご理解ください.

1.  SRRVビザを解約する旨のレターを作る

Pra_srrv_002_hp_2 .

上のレターは、PRAバギオ事務所のマネジャーを経由して、マニラ本局のジェネラル・マネジャー宛に書かれるケースの1例です

ー SRRVをキャンセルすること

ー その理由

ー フィリピンPRAに預けてあるデポジットの銀行名とその金額

ー 解約後に振り込むべき日本国内の銀行口座の詳細

などの内容が記載されています.

2.  SRRVが記載されているパスポート と PRA IDカードの 返却.

3.  EXIT INTERVIEW と書かれている 解約時のアンケート書類

Pra_srrv_004

4.  イミグレーションでの手続き料   500ペソ

5.  PRAでの サービス料       10米ドル

もっと詳しい手続きに関する解説などが、以下のサイトにもありますので、合わせて参考としてください.

PRAビザの解約について

http://blog.goo.ne.jp/yukkun03/e/bfc6111b587adb874759137bc0584f90

これを読むと、日本に居て解約する場合と、フィリピンで解約する場合とでは、若干異なっています・・・

又、契約者本人が死亡した場合の解約については、こちらのサイトに詳しく説明があります・・・

退職者が死んでしまったらPRA定期預金はどうなる」

http://www.pasco-ph.com/main/index.php?pid=483

退職者ビザ取り消しのための委任状の作成」

http://www.pasco-ph.com/main/index.php?pid=516

ただし、上記のサイトも、情報が古い場合がありますので、実際の手続きの場合には、PRA事務所で確認されるのが良いと思います.

上記サイトによれば、手続き終了後は、以下のようになっています:

ビザのキャンセル完了後、定期預金の引出し許可証がPRAより発行されます。この受取は、退職者本人ないし委任状による代理人でなければなりません。それを持って銀行でドル定期を解約し、日本ないしフィリピンの退職者本人の口座に振り込みます。」

・・・なお、PRAバギオ事務所の話によれば、上記1のレターに基づいて、日本国内の本人名義の預金口座に振り込むことも可能との話です.

個人の事情によって、一部の手続きが異なっているようですので、ご注意ください.

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

バギオで死んだら どうする!?  葬式の費用は? 「極楽往生研究会」 

「死んだらどうする?」 なんて言ったって、もう自分はいないわけだから、心配するにも 死んでからじゃあ できないわけでして・・・

随分前に、こんなことを書きました:

「フィリピンのお葬式  バギオで死んだらどうしよう?」

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2013/06/post-477d.html

そして、さらに古い情報で・・・

「バギオで死んだら・・・・いくらかかる? 葬儀の費用」

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2008/11/post-78a0.html

上記の情報は 少々古いかな、と言うことで、こちらの斎場の営業の人に聞いてみました.

たまたまお付き合いのある方が亡くなられたので、この斎場に行ってきたんですが・・・

http://www.paz-inc.com/branches.php

La Funeraria Paz - Baguio City
# 79 Naguilian Road
Baguio City
Tel  Nos. (074) 443-3337
Tel/Fax No. (074) 442-3117
Email: customercare@paz-inc.com

この斎場は、マニラなどにも展開している 一応全国ネットのようです.

011

 このようなチャペルがありまして・・・

014

 このような棺を使いまして・・・

015

 このような案内板もあって、いつ教会でのミサやら、埋葬が実施されるのか、などが表示してありました・・・

 この斎場PAZで いくらの予算があれば 平均的な葬儀ができるのか、を聞いてみたわけです:

1.  上記のようなチャペルを5日間使って、平均的な棺を使い、死亡した病院から この斎場に電話をして、ひととおりのサービスを受ける場合の、パッケージ料金.

          およそ 50,000ペソ (約112,000円)

2.  火葬にする場合   およそ 20,000ペソ (約44,800円)

3.  骨壺の購入      およそ 10,000ペソ (約22,400円)

合計・・・・・ およそ 80,000ペソ  (約 180,000円)

 

もちろん、これは斎場へ支払うべき金額ですから、その他もろもろの細かいものがあるかとは思います・・・

ざっくりと言えば、上にリンクした 2008年の時の金額と大きくは違ってはいないようです・・・・

骨壺に遺骨を入れて 日本へ持って帰ると言うことであれば、

おおよそ 20万円もあれば よさそうですね.

ただし、棺の値段が結構ピンきりだそうですので、そこで調整できるようです・・・

周りの日頃お世話になっている皆さんには 出来るだけご迷惑を掛けないように・・・・ってことになりますか??

こちらに非常に興味深いサイトがありました:

「フィリピンで日本人の葬儀は?」

http://hosigo.com/kiji/writer-jack/cebu-funeral10.html

「外国人がフィリピンで亡くなった場合は、2通リのケースがあります。自宅で亡くなった場合は、病院での司法解剖と死亡診断書が必要になります。病院で亡くなった場合は、司法解剖の必要がありません。息をひき取るなら、病院がベストになります。病院の死亡診断書をもって警察に行き遺体の焼却・埋葬許可を申請します。許可が無いと焼却も埋葬もできません。 」

・・・蛇足ですが、こんな看板が斎場の前にありましたんで、ご注意を・・・・

Sendong_038

 斎場では、酒も博打もご法度という話・・・・・

 フィリピンの田舎では、あるいは貧しい地区では、葬式の時にギャンブルをして、葬式代を賄うって話を聞いたことがありますので・・・・・

バギオ市のマルコス・ハイウエイ沿いにある 別の斎場で、下のパンフレットをゲットしました・・・

002_2

これは、葬儀保険という形にしているようです.

003_2 いy

中クラスの斎場費用一式が 一括払いで 5万ペソとなっています.

ただし、これには 火葬費用と骨壺の代金は含まれていませんので、合計すれば およそ8万ペソになりそうです.

006

これが契約の内容です・・・・

 

===========

ところで、日本での葬式の相場はどうかっていいますと・・・

http://news.mynavi.jp/articles/2012/06/29/funeral/

以下、引用:

これらの葬儀以外で必要になる費用と、葬儀自体の費用の合計金額を計算してみましょう。

  • 葬儀……514,000円

  • 飲食費……454,716円

  • 寺院費用……430,000円

  • 香典返し……250,000円(ひとり5,000円で50人と計算)

  • 心づけ……10,000円

これらを合計すると、1,658,716円となります。

==============

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3)

« 2014年1月19日 - 2014年1月25日 | トップページ | 2014年2月9日 - 2014年2月15日 »