« フィリピンの格言、 ルソン島北部バギオ周辺の格言 - カンカナイ語なら・・ | トップページ | 公私混同 ?   フィリピン人と日本人の常識?  職場は聖域か? »

2015年1月22日 (木)

「何時のに乗るん?」 ・・・・・日本語教師症候群 「ん」 をどう教える?

時々 発作的に 「どう教えたらいいんだ?」ってことに気が付いて、
日本語教師たるもの 少しは頭を使わなくっちゃ・・って思うわけなんですがね・・

今回は 「何時に乗るん?」 の 「ん」 で 症候群にかかったんです・・

日本語の辞典をひもときますと・・・「ん」にはいろいろ説明がありまして・・・

「んじゃ」
「んじゃない」
「動詞ーるんじゃない」
「んじゃないか」
「んだ」
「んだって」
「んだろう」
「んで」
・・・などについての文型の説明があるんですけどね・・

基本的には、
「んじゃ」 = 「(の)では」の話し言葉的表現
「んじゃないか」 = 「(の)ではないか」の話し言葉的表現
「んだ」 = 「(の)だ」の話し言葉的表現
「んで」 = 「(の)で」の くだけた言い方. かなりぞんさいに響く.

・・・などと書いてありまして、要するに 「ん」=「の」なんですね・・

それで、 「の」 のページを見ますと・・・

「の」には、いろいろと機能がありまして・・・

ー 所属の「の」
ー 性質の「の」
ー 同格の「の」
ー 質問の「の」
ー 確認の「の」
ー 軽い断定の「の」
ー 軽い命令の「の」
ー 「のだった」 後悔 感慨
ー 「のだろう」 推量 確認
ー 「ので」 因果関係 
ー 「のです」 説明 主張
・・・などなど、限りなくあるわけで、症候群にもなろうってもんです・・・

そして、ここには、名詞化の「の」というのも出てくるんです・・・

さて、 ここでは、 「何時のに乗るん?」 が気になっているんですが、
これを段階的に どう教えるかなんです、問題は・・・・

私の日本語教育における バイブル は、専門学校で日本語教育と
教授法の勉強をしていたころに 参考書とされた本なんですが・・

森田良行著 「日本語学と日本語教育」
http://www.bonjinsha.com/product/?item_id=18

・・・この本に、はっきりとは覚えていないんですが、
「日本語というのは いろいろな教え方があっていい.
 外国人の学習者が 納得しながら理解して、上手に使えるように
 になればいいのだ・・・」

なんてことを書いてあったんです・・

ただし、「日本語の文法が どうのこうのと根掘り葉掘り質問するような
学習者は放っておけ・・・」
みたいなことも書いてあって、ほっとしたんです・・・

要するに、つまらぬ文法論議に時間を浪費する暇があったら、
効果的に教えて、学習者が早く上手になる道を いろいろ考えてみろ
という意味にとったわけです・・・

それで、「屁理屈」が大好きな私としては、 「何時のに乗るん?」を
次のように段階を踏んで教えたらどうだんべ・・・と思いついたんです・・・

1) 「~~ は ~~ です」

    Aさんは 人です.

・・・・ AはBですの 初歩の初歩の文型ですね・・・

2) 「~~は ~~ですか」

    Aさんは 人ですか.

・・・・ これは 1)の疑問形.

3) 「~~は どんな~~ですか」

    Aさんは どんな人ですか.

・・・・ 人の形容詞、形容句を尋ねる・・・

4) 「~~は ~~する~~です」

    Aさんは (バスに乗る)人です.

・・・・ 動詞文が文中に入ってきます・・・・

5) 「~~は  何時の~~に~~する~~ですか」

    Aさんは (何時のバスに乗る)人ですか.

・・・・ 何時か・・を追加・・・・

6) 「Aさんは 何時のバスに乗る人 ですか」

   「Aさんは 何時のバスに乗るの ですか」
   
   「ーーー  何時のバスに乗るの ですか」

   「---  何時のに乗るん ですか」

   「---  何時のに乗るん ?」
 
 

要するに、 「Aは Bです」 の基本的な文型から発展させて
 「人」-「の」-「ん」 と変化させることで、「なるほど・・」 と思わせる
という戦略です・・・けど・・・

・・・どんなもんでしょ?

 

 

|

« フィリピンの格言、 ルソン島北部バギオ周辺の格言 - カンカナイ語なら・・ | トップページ | 公私混同 ?   フィリピン人と日本人の常識?  職場は聖域か? »

コメント

どうも、いらっしゃいませ・・・

そうですか、免許というか資格ですね・・
頑張ってください・・・

試験合格だけをめざすのなら大体どこでも同じかもしれませんが、実際の教え方の場合だと 学校によってユニークなところもあるかもしれないですから、自分に合ったところを選ぶのがいいんじゃないかと思います・・・


  

投稿: させ たもつ | 2015年1月30日 (金) 01時05分

度々すみません。

ブログを拝見してとても面白みがあって食いついちゃい
ついついコメントしちゃいました(笑)

私はこれから日本語教師免許を取得したいと考えており、
実際に働いている方のブログを探していたとこに発見しました☺
これからちょこちょこやって来ますがどうぞよろしくお願い致します☺

投稿: 愛美 | 2015年1月29日 (木) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/61014680

この記事へのトラックバック一覧です: 「何時のに乗るん?」 ・・・・・日本語教師症候群 「ん」 をどう教える?:

« フィリピンの格言、 ルソン島北部バギオ周辺の格言 - カンカナイ語なら・・ | トップページ | 公私混同 ?   フィリピン人と日本人の常識?  職場は聖域か? »