« 東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城 | トップページ | 東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城 »

2015年5月 4日 (月)

東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城

== 第二日目 ==

Cimg_8422

さて、二日目は、一路 雫石の小岩井農場へ・・・

Cimg_8427

これは、確か 岩手山でしたかね・・・
小岩井農場は 岩手山の麓にあるそうな・・・

Cimg_8429

観光バスの前に こんなトラックが走っていました・・・
興味のある方は 電話してみてください・・笑

Cimg_8439

おおお~~、桜がきれいに咲いていますねえ~~
小岩井農場に入ってくると、岩手山が迫って来ました・・

Cimg_8453


さて、さて、お立会い・・・
これが噂の 「一本桜」 です・・・

Cimg_8455

これを見て、私はつい
「ええ~~、一本だけなの~~」
などと 口走ってしまったんですねえ・・・あははは
これはこれで素晴らしいんですけどね、つい言っちゃった・・・

Cimg_8462

看板は、英語、中国語、韓国語でも書かれていまして、
確かに 写真撮影をしている人たちの中にも
中国語が飛び交っていました・・・

小岩井農場の「一本桜」情報はこちらで、詳しく:
http://www.koiwai.co.jp/makiba/sakura/

Cimg_8494

そして、お次は 盛岡城・・・

Cimg_8473

ありました、ありました、ここには まだ桜がしっかり
咲いていました・・・

宮城県から岩手県に来ると、随分違うもんなんですね・・・

Cimg_8480

文化会館みたいなところで、子供たちが太鼓を叩いて
遊んでいました・・・

Cimg_8482

盛岡は 「さんさ踊り」ってのがあるんですね・・・
太鼓が売りになっているみたいです・・

Cimg_8497

盛岡南部家は 南部光行が 800年以上まえに興したとあります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E9%83%A8%E5%85%89%E8%A1%8C
「文治5年(1189年)、奥州合戦で戦功を挙げ陸奥国糠部五郡を与えられ・・」

この南部家の前は どういう状態だったんだろうなあ~~と
気になって 検索したらこんなことが書いてありました:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9D%A6%E5%A4%B7

「『日本書紀』斉明天皇元年(655年)7月11日条には、難波朝
(難波京の朝廷)で北蝦夷99人と東蝦夷95人を饗応したとある。
そこでは「北」と「東」にぞれぞれ「北越」「東陸奥」と注があり、
北は越の方面、東は陸奥の方面と解せる。このうち越国は陸奥国の
西に位置するが、越(高志)は都からみて北に位置するので
北蝦夷としている[29]。これらの語は当時の蝦夷が二大集団に分かれて
いたという意ではなく、応対する国(令制国)の管轄によって朝廷が
用いた分類であると考えられている。この区別は後に出羽国と陸奥国
の管轄になって平安時代まで踏襲されたが、・・・」

ついでに、一日目に見学した「多賀城跡」に関しては、
こんな記述が:
「大和政権が支配領域を北に拡大するにつれて、しばしば防衛の
ために戦い、反乱を起こし、また和人の築いた柵を越えて襲撃を行った。
最大の戦いは胆沢とその周辺の蝦夷との戦いで、宝亀11年(780年)
に多賀城を一時陥落させた宝亀の乱の伊治呰麻呂、延暦8年(789年)
に巣伏の戦いで遠征軍を壊滅させた阿弖流為(アテルイ)らの名が
その指導者として伝わる。」

私は九州出身なんで、この「蝦夷」に相当する「熊襲」なるものにも
ちょっと興味があるんですが、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%8A%E8%A5%B2
「熊襲(くまそ)とは、日本の記紀神話に登場する、九州南部に本拠地を構え
ヤマト王権に抵抗したとされる人々で、また地域名を意味するとされる語である。
古事記には熊曾と表記され、日本書紀には熊襲、筑前国風土記では
球磨囎唹と表記される。」

「大和王権は武力では押さえられないので、イサオの娘に多くの
贈り物をして手なずけ、その娘に、父に酒を飲ませて酔わせ、
弓の弦を切り、殺害した(ヤマトタケルが弟彦(オトヒコ)という
武人を美濃国に求めた神話においても、敵を酔わせて殺害する
戦法を取っている)。」

・・・ ああ~~、大和王権ってずるいなあ~~~笑。

Cimg_8513

さて、現実に戻りまして・・・
桜が ほとんど終わりながら、少しばかり残っていました・・・
石垣に桜は いいっすよねえ・・・

Cimg_8517a

こういう情景もなかなかのもんですが・・・

Cimg_8532

これは どうも ももの花みたいです・・・

Cimg_8525

これが ちょっと可愛いなって感じですね・・

「すみませ~~、ちょっと遅れちゃいました~~」って感じで・・・

 

お次は 「いわて銀河鉄道」・・・です;

Cimg_8548

「銀河鉄道」って言うから、かなり期待しちゃったんです・・

Cimg_8549

そしたら、こんな路線図と「おしながき」がありまして、

Cimg_8550


こんな電車の箱に、

Cimg_8551

こんな可愛らしいお昼ご飯が入っていたりして・・
この電車のお弁当が3個出てくるんですけどね・・・
この沿線の駅でひとつ、またひとつ、と積みこんで
つまりは 「駅弁の梯子」みたいなことでした・・・

Cimg_8559

で、結局、団体さんを普通の車両に向かい合わせに座らせ、
通路に折りたたみ式のテーブルを置いて、
その3つのお弁当を食べながら、
沿線の情報などを銀河鉄道の担当者の人がしゃべるのを
聞くという趣向だったんですけど・・・

「えっ? これが銀河鉄道 ? 」って感じでした・・笑

銀河鉄道だったら、もうちょっとなんか銀河鉄道らしい
趣向があってもいいんじゃなかべかなあ~~~
まあ、たとえば 文学的に 宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」
をモチーフにして、お座敷列車みたいに徹底するとかさ・・・
せっかくの名前がもったいないよねえ~~

あるいは、「駅弁・梯子で食べ比べ~~」ってしちゃうとか・・

「銀河鉄道」を前に出すと、期待値が大きくて がっくり・・

Cimg_8562


そして、電車から観光バスへの乗り換え中に発見・・
「なぎなた」大会・・・カッコいいっすよねえ・・・
弓道もいいけどねえ・・・

 

Cimg_8566


さて、今、どのあたりかっていうと、地図の赤いところの
九戸ってとこに行くんです・・・

Cimg_8565


九戸政美さんがこんなにカッコ良かったかどうかしりませんが・・・
九戸城跡に行くんです・・・

Cimg_8571


これが概観図です・・・

 

Cimg_8573


特に何か建物があるわけでもなく、まさに「跡」なんですけど、

Cimg_8570


「政実無残」ってんで、豊臣秀吉に騙されたっちゅう話です・・
これが秀吉による全国統一の本当の最後だよ・・らしい。

Cimg_8612

観光協会か何かの方でしょう・・
鎧兜はプラスチックで出来ているそうですが、
試着ができるみたいですよ・・

こういうのをバギオでも作りたいんですよねえ・・展示用を・・

伊達政宗のを真似て・・・

Cimg_8618


さてさて、お次は 八戸市の 根城 です.
上の写真の赤い表示の八戸ですね・・

詳しい情報はこちらで 見ていただきたいんですが、
このお城、普通のお城のイメージとはかなり違うんですが、
今回のお城ツアーの中では、一番 印象に残ったんです:
http://www.hachinohe.ed.jp/haku/hiroba.html

Cimg_8676



何が 違うイメージかっていうと、天守閣や
石垣がなく、建物の中に縄文時代風の作業場みたいなものが
あるってことです・・・

Cimg_8678

中に入ると こういう作業場なんです。

Cimg_8634

これを見ると、佐賀県の吉野ケ里遺跡を思い出します・・
http://www.yoshinogari.jp/contents3/?categoryId=15

Cimg_8643

これが中心の館なんですけど、
この中の展示が なかなか楽しめます・・・

Cimg_8648

ここは食堂ですね・・・

Cimg_8653


控えの間・・の展示

Cimg_8657

何の会議中でしょうか・・・
子供でも楽しめる、実感できる雰囲気ですね・・・

Cimg_8661

祈祷の間・・やっぱ、戦いともなれば祈るしかないか・・

Cimg_8636

石垣や塀の代わりが こういう柵になっていて、
鎧かぶとの武者は入れない狭い隙間になっているそうな・・
そして、その隙間から鉄砲で撃つとか言うことらしい・・

Cimg_8690


しだれ桜も ちょっと残っていました・・・

・・・・

この後は、青森で晩御飯ってことなんですけどね・・

Cimg_8694


道すがら 「中古ガラス」って看板があったんです・・
「ありゃあ なんだ?」
って声を出したら、観光バスの運転手さんが、
車のガラスは 種類も色々で、めちゃくちゃ高額な
ものもあるんで、中古ガラスってのが商売になるそうな・・

Cimg_8699

そして、トンネルを抜けると

Cimg_8703


青森は 夜だった・・・・

Cimg_8706

そして、晩飯の会場へ ちょっと遅めに到着・・

Cimg_8708


そして、テーブルに出てきた食事がこれ・・・
まあ、一見 まあまあなんですけどね・・・
問題はすっかり冷めて・・・
なんと会場は 「会議室」・・だったんです・・

Cimg_8710

建物は物産館みたいなところなんですけどね、
時間がちょっと遅かったもんだから、

Cimg_8712

お店も事務所も全部閉まっていて、食事の後は
何もすることがない・・
海のすぐ横の建物なんだけど、外は真っ暗で
なにも見えない・・・

Cimg_8711

まあ、このツアーは、普通の観光ツアーとはちょっと
違っていて、「歴史への旅」で、「みちのく城めぐり」
ってことなんで、いわば「オタク」が参加するような
ものらしいんです・・

Cimg_8713

だからっていっても、
ビジネス・ホテルでの宿泊はいいにしても、
温泉がないのはいいにしても、
会議室で 冷めた料理 は ねえ~~・・

 

== では、3日目へ どうぞ ==

 

|

« 東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城 | トップページ | 東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/61538600

この記事へのトラックバック一覧です: 東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城:

« 東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城 | トップページ | 東北へ、桜前線に遅れて・・・仙台青葉城、多賀城、盛岡城、九戸城、根城、弘前城、久保田城 »