« バギオで ミスター&ミス・コンテスト 「これが日本だ!」??? | トップページ | この変な カップ ・・・・ なんという名前?  こんなのあり?? »

2015年10月25日 (日)

Sayonara Lando & More Power to us Tanabata Friends ハロウィン・BBQパーティー

台風LANDOが去って、やっと停電から解放されたバギオ市で、一週間遅れの バーベキュー・パーティを開きました。

Img_5737

これは、毎年恒例でやっているHALOWEENパーティー 兼 北ルソン日本人会のいろんなイベントに協力してもらっている皆さんへの感謝祭  兼  誕生祝いなんですけど、台風一過ということでもあり 能書きを

SAYONARA  LANDO  &   MORE  POWER  TO  TANABATA  FRIENDS

ってことにしました。

Img_5735

LANDOというのは台風24号のフィリピン名でして、

後半部分は もっと力を (もっと電気を)って意味なんです。

4日間ほど停電があったもんですから・・・・

05img_5741

こちらの3人さんが、うちの下宿のヘルパーさんたち・・・

飾り付けから、会場づくり、料理、サービス、後片付けまで、毎年お世話になっています。

05img_5789

友人、知人からのいただき物が こういう時の切り札になりますねえ・・ありがたい。

05img_5792

こちらは 一時帰国の時に買ってきたものなど・・・

地元の若者たちに結構 受けてます。

05img_5796

メインは、 豚、鶏、イカ、野菜の バーベキューなんです。

05img_5807

日本のカレーライスも 一応メインなんです。

05img_5798

こちらの3人は わざわざマニラから駆けつけてくれた 居合グループ。

バーベキューの焼き物やら、ビールや氷の買い物などをやってもらいまして・・・

05img_5811

日本人のんべ~~グループは こちらのお席・・・・

下戸の人もいますけど・・・

05img_5819

コスプレ・グループの面々・・・頼もしい仲間です。

05img_5876

この右の女性と 左の男性が コスプレ団体の創設者、いわば元社長と元副社長。

05img_5895

右の二人は コスプレ団体のメンバー。 それなりの衣装で参加。

左側の女性たちは AKB48の 恋するフォーチュンクッキーを踊って がんばってくれた 隣の州の大学生。

05img_5835

このグループは フィリピン大学バギオ校の アニメHQ のメンバー。

日本で言うなら 東京大学の漫画研究会 ってとこでしょうかね。

05img_5846

肉のバーベキューは 地元の若者に頼んだんですけど、

餅、磯辺焼きは やっぱり 日本人じゃないと・・・ってことで、英語学校の日本人マネジャーと日本人留学生にやってもらいました。

でも、私の時代の、火鉢で餅を焼いていた世代と違って、若い人にはなかなか難しいみたいですね・・・・

05img_5921

しかし、餅があると、急に 日本らしくなりますねえ・・・旨いっす・・・

05img_5861

環境NGOと ゲスト・ハウスの皆さん・・・

05img_5886

バギオ博物館の関係者。

キドラット・タヒミックという有名な映像作家・監督の デ・ギア家一族の皆さん。

私の下宿の大家さんとも 昔からの家族友達だとか・・・・

03_photo_by_chi_macarino_yamada_san

こちらは 北ルソン日本人会の「長老」・・・昔は赤旗、今はかなり右寄り、頑固な正義漢。

05img_5823

ラ・ウニオン州でビーチ・リゾートを経営する勇敢な、のびのび親子。

05img_5833

(中央) 北ルソン日本人会(JANL)の会計世話人・役員と 英語教師養成・日本語学校を経営する敏腕な女性。。。 いつもお世話になっております。

(右) 日本の某大手企業の 往年のラガーマン。

05img_5857

(右二人目) JANL子供会の教育熱心な世話役。 SPA経営。

右のお婆ちゃんは、我が下宿のお婆ちゃん。 もうすぐ95歳。

第二次大戦中、このお婆ちゃんの父上はターラック州の田舎町で 日本軍から指名され町長となったそうで、抗日ゲリラに襲われ生死も不明となったそうだ。

(右から三人目) 2軒のレストランを経営。 プロのクラシックの音楽家。

(右から四人目) ベンゲット州に日本の桜を咲かせることができないか研究中。

(左から2人目) 世界を歩き回った博学な酒飲み。

(一番左) 電気自動車に命を賭ける熱血漢。

05img_5912

JANLメンバーのお嬢さんと そのコスプレ仲間・・・

05img_5882

娘たちは あっという間に 親としたら 心配なお年頃になっちゃいますねえ・・・

05img_5826

男の子たちも、 いつの間にか 大人になってしまうんですねえ・・・・早い!

05img_5942

バギオ博物館と環境NGOの皆さんは お友達・・・・

05img_5951

うちのお婆ちゃんと 日本料理店の女将も お友達・・・

05img_5874

お赤飯・・・・いつも有難うございます。

05img_5870

クッキーと ケーキ・・・・ いただきました! thanks a lot !!

05img_5865

毎度、毎度、お世話になり  ほんと~~~に 有難いことです。

05img_5764

それも、これも、JANLを支えてくださる皆さんあってのことです・・・ありがたや。

05img_5782

どさくさ紛れに 誕生日のお祝い やっちゃいました。

ところで、この GUNI GUNI の意味なんですけどね、

私が小学校に入る前からの幼馴染が 私のことを 「グニちゃん」と呼んでいたんです。

それで、自分で自分のニックネームを グニグニ と決めたんですが、

これがなんと、タガログ語で「幻覚」とか「幻想」というような意味があるらしいんです。

それで、いいんじゃね? と思ったんです。

まあ、人生自体が いわば幻覚みたいなもんだしね。

・・・・

で、この GUNIGUNI(guniだけでいいんですけど) という言葉を初めて 公に使ったのが 台風の前に スービックに避難していた時なんです。

(ただ、台風で バギオに戻るに戻れなかっただけですけど・・・・)

と言うのは、スービックにある 千人ぐらい収容できるライブ・ハウス「ピア・ワン」で、素晴らしいバンドに日本語の曲をリクエストした折に 名前はなんだと聞かれたもので、本名を言わずに GUNIGUNIだ って言ったんです。

そうしたら、会場のフィリピン人の観衆が大笑いしたんですねえ。

「あれれ、guniguniっていう言葉は何か 変な意味でもあるんかいな?」

って思ったわけ。

それで、このBBQパーティーで 地元の若者たちにニュアンスを聞いてみたところ、

「超自然なものを信じること、例えば、お化けを見たと信じて、それを周りの人たちに真顔で言うようなこと、あるいはその人のこと。」

「幻覚を現実のものと思っているような 変な人のこと・・・・」

ってなことらしいんです。

まあ、そういう意味でも まあいいかってことで、

今後も 私のニックネームは 「グニグニ」ってことにします。

フィリピンでの話ね。

03_photo_by_chi_macarino_iai_group

以上、 大いに盛り上がった パーティーでした。

 

|

« バギオで ミスター&ミス・コンテスト 「これが日本だ!」??? | トップページ | この変な カップ ・・・・ なんという名前?  こんなのあり?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Sayonara Lando & More Power to us Tanabata Friends ハロウィン・BBQパーティー:

« バギオで ミスター&ミス・コンテスト 「これが日本だ!」??? | トップページ | この変な カップ ・・・・ なんという名前?  こんなのあり?? »