« visit Temples and Matsusaka Beef in Mie Pref. 三重県のお寺巡りと松坂牛 | トップページ | スービックの仇を 名古屋でとる : 生牡蠣はやっぱ日本だなあ »

2015年12月11日 (金)

visit Temples in Mie pref.... 2.... 三重県のお寺巡り その2 撮影禁止の理由 

三重県のお寺巡り、その2(続き)です・・・・

05_478_2

忍者ハットリ君の里?   伊賀で昼ごはん・・・

05_488

Lunch time  in  Iga where Ninja of Iga group was born in  samurai period...

Iga Ninja group was employed by  Ieyasu Tokugawa  under  Hanzo Hattori.

05_490

Japanese Tea cup....  in the restaurant...

05_492

日本料理店にあった 屏風の絵・・・・

05_494

farming  in  ancient time in Japan....

05_506

Joufukuji temple....  江寄山常福寺

05_511

もっと詳しい解説は こちらで・・・

http://www.ict.ne.jp/~jofukuji/

05_514

05_530

確か、このお寺さんだったと思うんですが・・・・

堂内での写真撮影は禁止だと言われたんです。

05_516

もちろん文化財保護の為に、そういうのは極普通なんですが、ここの住職は

何故写真撮影は禁止なのかということを説明してくれました・・

曰く 「過去に写真撮影を許していた時期があるのですが、御利益が損なわれたとの信徒の人たちの声があった」 そうです。

なので、今は、「堂内の結界を張っているところでは写真撮影は禁止にした」とのことでした。

従って、その「結界」の敷居の外からであれば撮影しても良いとの 指示でした。

・・・・なるほどねえ~~、となんとなく納得してしまいました。

05_536

05_548

05_549

・・・・・さてさて、 2日目の ふたつ目のお寺へ移動しましょう・・・・

05_558

日朝山弥勒寺・・・・

詳しくはこちらの解説で・・・

http://www.e-net.or.jp/user/n-kankou/mirokuji/

05_559

05_563

05_568

05_571

・・・・こちらのお寺さんは うって変わって、

「写真撮影自由」・・・でした。

ストロボはダメだったかな・・・・?

で、上の写真の仏像については、薬師の壺に 菊の御紋があるので 天皇家との関連があるものではないかと 専門家の先生から言われたんだそうです。

言われるまでは、お寺の関係者は まったくそういう事には気が付かなかったそうな。

05_588

檀家さんから奉納されたもののようですね・・・絵柄が面白い・・・

05_589

仏像に関する解説は ビデオの画面で お勉強・・・

05_599

空海さんの旅の様子のようです・・・・

05_607

お寺巡りは終了・・・・関宿で休憩

05_609

Seki Juku....

05_610

Seki Juku  along the Tokaido road...

05_611

有名な式年遷宮・・・ 伊勢神社がある三重県です・・・・

05_612

今でも、多くの一般の人たちが 伊勢神宮を支えているということだそうです。

05_613

この白い石も 一般の人たちが お伊勢さんに奉納するそうです。

神社の敷地内に敷き詰められる玉砂利ということでしょうか・・

ここで、私たちは 三重県に分かれを告げました。。。。

 

 

|

« visit Temples and Matsusaka Beef in Mie Pref. 三重県のお寺巡りと松坂牛 | トップページ | スービックの仇を 名古屋でとる : 生牡蠣はやっぱ日本だなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/62847952

この記事へのトラックバック一覧です: visit Temples in Mie pref.... 2.... 三重県のお寺巡り その2 撮影禁止の理由 :

« visit Temples and Matsusaka Beef in Mie Pref. 三重県のお寺巡りと松坂牛 | トップページ | スービックの仇を 名古屋でとる : 生牡蠣はやっぱ日本だなあ »