« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »

2015年1月 1日 (木)

フィリピン・バギオの 新年を迎える花火と 初日の出 2015

毎年、大晦日には下宿にいて、大家さんの一族郎党と新年を迎えるのが私の行事みたいになっていたんですが・・・

今回はちょっと冒険をしまして・・

Cc201_002


高台の展望の良いコンドミニアムに住む知人の方にお誘いを受けまして、新年を迎えることになりました・・・

Cc201_012

男5人とこの家の奥様の6名での大晦日・・・

「やっぱ、蕎麦がないことにゃ 年は越せんでしょう」 ってことで、

我がままを言い、ご主人に急遽作っていただいた「年越し蕎麦」.

Cc201_042

ベランダと屋上からの展望は 大パノラマ・・・

バギオ市街のほとんどの花火が見渡せる絶好の場所.

Cc201_043

写真の中央あたりにSMのモール、左側にジョンヘイがあります・・・

Cc201_049

Cc201_053

Cc201_054

Cc201_072

Cc201_085

Cc201_118

そして、ひとしきりの花火が終わり・・・・

Cc201_125

年が明けた1時ごろに 近くのゲスト・ハウスへ・・

コーヒーをいただき 朝に備えて寝たのが1時半過ぎ・・・

5時に起きることに・・・・

Cc201_126

6時前に マインズ・ビュー・パークの展望台に到着・・・

Cc201_131

展望台には すでに先客が・・・

およそ半分ぐらいが韓国人のようでした・・・

Cc201_143

こちらは、付き合いのあるアーティストが率いて来ていた数か国の若者たち.

いろいろなプロジェクトの企画や進め方などの研修を受けに来ているとのこと・・

Cc201_152

正式な バギオ市での日の出の時刻は 6時25分だとありましたが、

今か今かと みんなが待ちました・・・

Cc201_156

鶏の朝の声だけが 山々に響いていました・・・

Cc201_176

そして・・・・雲が輝き始めました・・・

Cc201_181a

Cc201_201

Cc201_202

Cc201_206

Cc201_207

眩しい ご来光を 拝ませていただきました・・・・

Cc201_214

みんな 満足したように そして ちょっと眠たそうに・・・

明けまして おめでとうございます・・・

 

 


 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月31日 (水)

HAPPY NEW YEAR に 違和感・・・日本人的発想が・・・・・・ シスター海野の25回忌

12月31日に毎年 フィリピンのルソン島はバギオ周辺山岳地帯で戦後の迫害に耐えていた日系人を助けた シスター・テレジア海野の 記念日をお祝いするんです・・・

036

今年2014年は 二十五回忌と言う事でした・・・

076
1989年にお亡くなりになったんですね・・・

私は1992年に初めてバギオに出張してきたので、ご本人には残念ながらお会いすることはできませんでした・・・

001

シスター海野のことは この本に詳しく書いてあります・・・

021

バギオにある 北ルソン比日基金と北ルソン比日友交協会という団体を

創設したのも このシスター海野で、 通称アボンと呼ばれるこの会館が

ルソン島の北部山岳地帯一帯の日系人の拠り所となってきたわけです・・

022

・・・それで、私も 一応 ここのメンバーになっていまして、

毎年 このミサにも 参加させてもらっているわけです・・・

073

それで、大晦日に 日系人の皆さんにお会いするわけなんです・・・

098

シスター海野は カトリックの尼さんですから・・・

・・・線香ってどうなんだろうなあ~~、なんて思うわけですが、

日系人の皆さんが そうやっているんだから いいんでしょうね・・・

・・・で、表題の話に やっと入るんですがね・・・・

大晦日、12月31日、まだ2014年なのに・・・

皆さんが・・・

Happy  New  Year  ハッピー・ニュー・イヤー って口々に言い合うんですねえ・・

日本人的にはですよ・・・

これって 「明けましておめでとう」 って感じに聞こえるわけですよね・・

だから、

まだ 年は明けていないのになあ~~

なんてことを、違和感を覚えるわけですよ・・・・

「良いお年を・・(お迎えください)」

・・・って言うべきなんじゃないか・・・ってね・・

・・で、気になっちゃったんです・・・・

これって どういえばいいんだろう・・・ってね・・・

それで、 このWEB辞書で 調べることにしたんです:

http://translate.weblio.jp/

まず、「良いお年を」を 英訳してみることに・・・

すると出たのが:

良いお年を」の英語での表現 Have a good New Year

機械翻訳の結果 Have a happy New Year

な~~んか、違うって感じなんですね・・・

そこで、今度は 英語から日本語を試してみますと:

happy new year」の英語での表現

  • 良い年をお迎えください
  • 良い年を
  • 良いお年をお迎えください
  • ハッピーニューイヤー

・・・じぇじぇじぇじぇ~~~~

何と、 Happy New Year  は 「良いお年をお迎えください」 じゃないですか・・

そこで、じゃあ、 A をつけてみたらどうなんだ・・と思ったわけ・・

A Happy New Year です・・・

I wish you a Merry Christmas なんて歌がありますからね・・・

そうすると、出たのが:

a happy new year」の英語での表現

 

  • 新年あけましておめでとうございます

でたあ~~~~!!

A を付けると 年明けからの 言葉になってる・・・

・・・・で、さらに 中を見ていくと:

I wish you a happy New Year

恭賀新年 - 斎藤和英大辞典

・・ I wish you と一緒に使うと・・恭賀新年・・・

ちょっと待て・・

じゃあ、 I wish you a Merry Christmas は何なんだ?

もう、クリスマスになりました・・ってこと?  何か変だな・・・

・・で、しつこく調べると:

Merry Christmas」の英語での表現

 

  • 素敵なクリスマスを
  •  

  • 良いクリスマスを

a merry Christmas

 

楽しいクリスマス - 斎藤和英大辞典

A merry Christmas (to you)!

 

クリスマスおめでとう!. - 研究社 新英和中辞典

A merry Christmas to you!

クリスマスおめでとう. - 研究社 新和英中辞典

=== なるほど、これで言えることは、結論

A があれば、既にクリスマスになった・・・ 

A が無い場合は もうすぐクリスマス ってことなんですね・・・

=== でも、I wish you xxx っていうと、あらかじめ クリスマスよりも前に 使うフレーズのような感じが 日本人的には するんですけどねえ・・・・

辞書によれば:

I wish you a merry Christmas.=(A) Merry Christmas to you!=Merry Christmas!

クリスマスおめでとう. - 研究社 新英和中辞典

I wish you a Merry Christmas.

クリスマスおめでとうございます。 - Tanaka Corpus

A merry Christmas (to you)!

クリスマスおめでとう!. - 研究社 新英和中辞典

A merry Christmas to you!

クリスマスおめでとう. - 研究社 新和英中辞典

・・・これを見ると、クリスマスになってからの言葉なんですねえ・・

=== なんとなく、納得がいかず、インターネットで検索すると・・・

こちらにこんなサイトが:

http://www.kunishiro.sakura.ne.jp/column/20/c25.shtml

コラム25: 「A Happy New Year」は年賀状で使うと変な英語

ほとんどの人が、「A Happy New Year」と書かれた年賀状を送ったり、受け取ったりしたことがあると思います。私たち日本人は、「あけましておめでとう」に相当する英語は「A happy new year」であると疑わずに使っています。普段冠詞に無頓着なのに、不定冠詞の「a」まで付けて、これを決まり文句として覚えています。

ところが、この「A happy new year」というフレーズ、年賀状で使うと変な英語になってしまいます。不定冠詞の「a」を付けずに「Happy new year」と言うのが正しい表現です。Happy birthdayGood morning に「a」が付かないのと同様、挨拶で使う場合は Happy new year にも不定冠詞の「a」は付けません。

年賀状の場合には、

「不定冠詞の「a」を付けずに「Happy new year」と言うのが正しい表現です」

と、書いてあるじゃあないですか・・・

げげげげっ!!!

上記の辞書では、

年が明けたら A を付ける・・・って結論だったんですがね・・・

益々混乱状態・・・

・・・・さらに 追い打ちをかけるように・・・・

上述の「a happy new year」は、年が明ける前に使われるフレーズ「I wish you a happy new year(= 「あなたにとってよい年になりますように」)を短くしたものです。

短く「A happy new year to you」と言うことも可能です。日本語の「よいお年を」に相当する表現です

(ただし、単独で「A happy new year」という言い方はしないようです)。

Happy new year にかぎらず、挨拶ではない場合は happy birthdaygood morning にも不定冠詞「a」が付くことがあります。

  • I wish you a happy birthday. (楽しいお誕生日を)
  • Have a good morning. (すてきな朝を過ごしてください)

===== どっちが 本当なんだよ !!!

ベルリッツさんは こう言っています:

http://www.berlitz.co.jp/wm/05/1206.htm

注意: 挨拶として単独で使う場合には “A” happy New Year! という言い方はしません。

けれども、もっと長いフレーズの中では a をつける場合があります。例えば、Have a happy New Year!Merry Christmas and a happy New Year! のように言うことがあります。来年の年賀状を書くときには気をつけてください!

=== この説明には 不満だなあ・・・

挨拶としては A は付けない」

「長いフレーズの中では Aをつける 場合 がある

・・・益々分からん!!!

・・・このまま 年越しか・・・笑

こちらのサイトで 研究しないといけないな:

What to write in a New Year card (フィリピンのサイト)

http://www.greeting-card-messages.com/what-to-write-in-a-new-year-card.php

Happy New Year's Cards(英国のサイト)

http://www.snapfish.co.uk/snapfishuk/fe/photo-cards/new-years-cards

New Year Greetings (英国のサイト)

http://www.verses4cards.co.uk/new-year-greetings.html

New Year Wishes (アメリカ?のサイト)

http://www.123newyear.com/newyear-wishes/

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

フィリピン: バギオ・ミッドランド新聞がノミネートした 2014年のニュース

フィリピンのルソン島北部で最大の部数を誇ると言われているバギオ・ミッドランド新聞は、毎年年末に 一年間のニュースを振り返って様々な視点から メジャー、マイナーなニュースを拾い上げるのですが、今年も NOMINATION 2014 発表されました・・・

Midland_nomination_2014_002a

http://www.baguiomidlandcourier.com.ph/nominations2014.asp

その中から、バギオ市在住の日本人として気になったものをご紹介します:

Midland_nomination_2014_003a

左側に書いてあるのが ノミネートされた「タイトル(称号)」で、右側がその対象となった個人名、団体名、組織名などです・・・

Midland_nomination_2014_008_baguio_

「今年の飲み屋・・・・・バギオ(地ビール)醸造所」

マルコス・ハイウェイ沿いの PURE GOLDスーパーの隣に開店.

私も早速飲みに行きました・・地ビールのテイスティング・ルームもあって、なかなかいい感じの飲み屋です・・・

それに、景色がいい・・・バギオの夜景を見ながら飲むのもいいですね・・

・・ですが、夜しか営業していないので、冬場は着込んでいないと屋上ビヤホールは寒いですよ・・・

Midland_nomination_2014_008_bagui_2

「今年の映画イベント・・・・シネマテックのシネマラヤとシネ・ヨーロッパ」

SMバギオのすぐ横、CASA ALLEJOホテルと同じ建物の中にある フィリピン政府直轄のバギオ・シネマテックでの映画祭・・・

通常は無料で フィリピンの映画や世界の名作を上映しています・・

私もちょくちょく映画を観に行っていますが、毎年8月ごろに開催されている日本映画祭がノミネートされるといいなと思っています・・・

Midland_nomination_2014_008_china_e

「今年の侵入者・・・・・中国」

まあ、これは外交問題に発展している重大ニュースですね・・・

「今年の環境破壊・・・・サント・トーマス山の森林破壊」

これは地元のニュースですが、国会議員が批判の矢面に立たされています・・

最近 急にこの山が観光地化して来ていることにも、懸念が語られています・・

Midland_nomination_2014_008_hiro_ok

何年連続か知りませんが・・・ここに日本人の名前が挙げられています・・・

"Contractor" と 括弧付きで 称号が与えられているのが「ミソ」だと 地元の人から聞きました・・・

市長室周辺で 私は日本人だと言うと、「お前もあいつの仲間か?」 とからかわれたことがあります・・・

Midland_nomination_2014_008_ilocano

「今年のデザイン・・・・・コーディリエラ織物」

これは、北部ルソン島の山岳民族の伝統的な織物のデザインの関連のようです・・

「今年の辞書・・・・・イロカノ語・英語辞書、ハワイ大学出版」

イロカノ語は、ルソン島北部の共通語となっている地方言語ですが、その辞書が出版されたというニュースです・・

バギオ市周辺には イバロイ語やカンカナイ語などのたくさんの地元の言語がありますが、そのような人たちの間で 共通語の役割をはたしているのが イロカノ語だそうです・・

もちろん、タガログ語も国語として全国共通に学校で教えられるのですが、この地方ではイロカノ語が多く使われています・・・

地元の人に聞くと、特に山岳地帯では、公用語であるタガログ語ベースのフィリピン語よりも英語の方が より多く使われる傾向があるそうです・・・アメリカの植民地だった時代の名残りでしょう・・・

Midland_nomination_2014_008_vince_c

「今年のコーヒー・アーティスト・・・・・ビンス・ナバロ」

コーヒー・アーティストというのは、コーヒー豆の出し殻を利用して絵画を制作している美術家のことで、 ビンス・ナバロさんは フィリピン大学バギオ校美術学部卒の新進芸術家です・・・

北ルソン日本人会が毎年実施している「七夕祭り」の展示にも関わっています・・

Midland_nomination_2014_009_cafe_in

「今年の一番高いカフェ・・・・・・カフェ・イン・ザ・スカイ」

この「高いカフェ」というのは コーヒー代がめちゃ高いという意味じゃありません・・

サント・トーマス山が 標高2千メートルぐらいなんですが、その山の上に 最近開店したカフェなのです・・・・

以前は、道が悪く、山頂に行く人も少なかったのですが、道路が整備されたそうで、バギオ市の中心街から車で30分程度ということもあり、急速に観光地化されてきているようです・・・

今までは、日本人や韓国人が 「初日の出」を拝むメッカになっていましたが、今後はフィリピンの人たち、特に観光客で ドット・コム ことになりそうです・・・・

Midland_nomination_2014_009_nose_sa

「今年の掃除・管理人・・・・・マザカサ・ノセ」

日本人の名前の表記が実に怪しいのですが、間違いなく日本人の方です・・

バギオ市のマハリカ・ビルとベニス・ホテルの間に架かっている歩道橋周辺のゴミを、毎朝拾って清掃しているというボランティア活動が、新聞、ラジオ、テレビ、FACEBOOKなどを賑わせまして、私の携帯電話にも マニラのテレビ局から ノセ氏の居場所について問い合わせがありました・・・

聞くところによれば、バギオ・センター・モールの中で たこ焼き屋さんをやっているそうです・・・

Midland_nomination_2014_013_black_h

「今年の借金踏み倒し・・・・・・・・・・・・・・ブラック・ホールのローン」

ブラック・ホールと言うのは、ごみ処理装置の名称のことでして、なんと この いかがわしい名前の装置は日本製で日本人が絡んでいるって話なんですねえ・・

日本人が買い手だったら、この名称からして「怪しい」と思うところなんでしょうが、ラ・トリニダッド町の元町長が導入したのはいいが、結局装置が動かず、支払が宙ぶらりんになっているという話のようです・・・

私に一言聞いてくれたら 「怪しいからやめておけ」 とアドバイスしたのになあ~~

こういう話で、日本と日本人の評判が下がることが 在留邦人としては 一番困るんですよねえ~~~

皆様、そこんとこ 宜しくお願いします・・・

では、来年のノミネーションに 日本と日本人の 良いニュースが 掲載されますように・・・・

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月21日 - 2014年12月27日 | トップページ | 2015年1月4日 - 2015年1月10日 »