« なぜか 晦日に 「広島スタイルお好み焼き」 作り方教室 | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 67 スペイン時代の音楽・ダンス »

2016年1月 1日 (金)

2015-2016年 「ゆく年・くる年」 in Baguio City, Philippines

フィリピン・バギオ市に永住を始めて11回目の大晦日と元旦。

・・・まあ、相変わらずということなんですけど・・・・

Img_2957
我が下宿の 大家さん一族が集まりまして・・・

Img_2950

こんな感じの 大晦日大宴会になるんです・・・

Img_2975

そして 何をやるかっていうと・・・

左側の暗がりで 腰をかがめている男の人がいますね・・・

Img_2976

・・・はい。 花火です。

まあ、耳の鼓膜が破れそうな音がします・・・・

Img_2977

焦点が合わない写真ってのも たまには いい感じ・・・

Img_2980

・・・真ん中で椅子に座っているのが この一族のお婆ちゃん。

足腰は少し弱ってきているものの、一日中動き回り、口も一日中回転しているお婆ちゃん。

Img_3000a

はい、これは 爆竹です。

これが さらに 鼓膜破りの大音響。 時間も長いんです。

Img_3004

耳をふさいでいるのが 分かりますか?

Img_3085

・・・こんなところで こんなにデカイ花火をぶっぱなしていいのか?

って言うぐらいの花火の打ち上げ・・・・

Img_3086

・・・日本だったら、まず普通には売ってもいないでしょうけど、 警察や消防が駆けつけてくるでしょうね。

5img_2965

種類もいろいろやっていましたけど・・・これは小さい方ですね。

5img_2966

この一族は、名門のお金持ちなんで、こういう派手なこともできるんですね。

Img_3057


大きな花火になると、火の粉がばらばら落ちて来て 危ないったらないんです。

Img_3092

そんなことは ま~~ったく 「ノー・プロブレム」 ってのが やっぱ フィリピンです。

Img_3122

そして、年が明けて、それぞれにご挨拶をしたら・・・これ・・・

Img_3124

深夜のお夜食・・・

まあ、日本で言うならば、「年越し蕎麦」みたいな感じなんでしょうかね?

Img_3125


いただきま~~~す !!

・・・・

さて、一方。

私は もちろん 紅白歌合戦を テレビで見ていたんですけど、

大晦日の11pmごろから 上のような 花火大会になったわけなんです。

そして、

年が明けても、大家族の歓談は続いて、

私が3時間ばかり寝て、起きてきた時までやっていました。

・・・・・・

元旦の5AM、私は 初日の出を拝みに行くことに。

Img_3126

本当は サント・トーマス山(2000メートル級)に行きたかったんですが、環境保護の問題が年末に大きくなってしまい、山に登る道路が閉鎖されてしまったんです。

それで、観光スポットとして有名な マインズ・ビュー・パークへ行くことに。

そこに、いつの間にか出来ていたのが、このセブンイレブン。

「おでん」の鍋があったんですけどねえ・・・

残念ながら、早過ぎちゃって、準備の前でした。

食べたかったなあ・・・・

Img_3128

5:45amぐらいの Mines View Park 前の道路。

公式の日の出は 6:25amとなっていたんです。

Img_3129

・・・ですが、展望台に行くと、空はかなり明るくなりつつありまして・・・・

Img_3133

・・・しかし、山々には ごらんの通りの 雲がかかり・・・・・

Img_3151

なんだか、だんだん 嫌な雲行きに・・・・

Img_3190

カメラマンも心配そう・・・

日本人の声も 数名聞こえていました・・・・

Img_3228

雲の切れ目に 明るい窓が 開きはじめ・・・・

Img_3243

やっと お日様の光が 漏れ始めました・・・・

Img_3247

待ちかねた人たちから 「おお~~~」との声が湧き上がり・・・・・

Img_3248

連写で バチバチとったら この1枚だけに 真ん丸な太陽が映ってくれていました。

ほんの1秒くらいの瞬間の出来事。

Img_3249

・・・そして、その後は、もう一度 雲の中にお隠れになり・・・

Img_3252

その後、しばらくして、すっかり雲の上にお日様が上りました。

Img_3254

7AMちょっと前の お土産商店街。

Img_3255

セブンイレブンのおでんに未練を残しながら、家路につきました。

・・・・

おっとっと・・・・

写真をとることばかりを気にしていたんで、

お日様が出た時に 手を合わせるのを うっかり忘れてしまった・・・

なんてこった・・・

でも、1秒だったから 無理だったかなあ・・・・

・・・と自己弁護。

明けましておめでとうございます。

今年も このブログを 宜しくお願い申し上げます。

させ・たもつ @ バギオ

 

 






|

« なぜか 晦日に 「広島スタイルお好み焼き」 作り方教室 | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 67 スペイン時代の音楽・ダンス »

コメント

古江さん、明けましておめでとう御座います。
大変御無沙汰しております。
本当に異常気象のようで、どうなるんでしょうか。
バギオにお越しの際は、是非お知らせください。

  

投稿: sase tamotsu | 2016年1月11日 (月) 01時23分

先生、あけましておめでとうございます。こちらは、見事に雪なしの正月を迎えました。そして、今日まで全く雪がありません。雪を迎える準備をしていたのですが、空振り状態です。しかし、油断禁物。確か1月の終わりごろから大雪になった年もありましたので、今日も天気予報とにらめっこです。今年は、バギオにおじゃましたいと思っています。今年もよろしくお願いいたします。

投稿: 古江孝治 | 2016年1月11日 (月) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/62983485

この記事へのトラックバック一覧です: 2015-2016年 「ゆく年・くる年」 in Baguio City, Philippines:

« なぜか 晦日に 「広島スタイルお好み焼き」 作り方教室 | トップページ | フィリピンの歴史教科書から学ぶ 67 スペイン時代の音楽・ダンス »