« PANAGBENGA 2016 バギオ フラワー・フェスティバル : Cosplay Parade | トップページ | フィリピンの ミス・コンテスト - なんでこんなに盛り上がるのか »

2016年3月 3日 (木)

フィリピン・バギオ・フラワー・フェスティバルの時期の攻略法

フィリピンのバギオ市は、PANAGBENGAと呼ばれるフラワー・フェスティバルで有名なんですが、この時期、特に目玉のパレードを見るための攻略法を考えてみました。

http://panagbengaflowerfestival.com/

上のリンクが、PANAGBENGA 2016 フラワー・フェスティバルの公式のサイトです。

Img_5501
このパレードは 2日間に渡って実施されていまして、

Grand Dancing Parade ダンシング・パレードが 毎年2月の最終土曜日

2016年の日程表はこちらが見やすいです:

http://baguiocity.co/blog/

・・・・・・・・・・・・・・

このリンクは 地元のABS・CBNテレビのニュース。

https://www.youtube.com/watch?v=DRXkeRUyhPE

ダンシング・パレードの映像が入っています。

暗いうちから席を確保している人たちの映像もありますね。

5img_5572

Grand Float Parade 花車パレードは 翌日 2月の最終日曜日に実施されます。

この花車のパレードが 最大の人気イベントになっています。

5img_5575

このフロート(花車)は、3つの部門でコンテストがありまして、

大型、小型、オープンのそれぞれで審査がされています。

ちなみに、大型は、数百万円ものお金がかかっているそうです。

花を準備するために、1年前から、花の栽培業者と契約をするとの話です。

======

さて、このフラワー・フェスティバルは、実は2月1日にオープニングの式典があって、3月の第一週ぐらいまで続くのですが、この期間中に 観光客が100万人から200万人にも上ると言われています。

・・・・つまり、狭いバギオ市は、特に週末になると、大渋滞を起こし、ホテルなどの宿泊施設も 満員御礼となるわけです。

地元の人たちは、通勤にも影響が出ると、いささか迷惑顔になります。

====

3img_5756

フロート・パレードは こんな感じで 大混雑になるんですが、これを見るためには どういう攻略法があるのか・・・

・・・・・・

1. ホテルを予約するなら、前年の12月までに。

もし、しっかり このパレードを見たいということであれば、ホテルの予約は欠かせません。

それも、前年12月中じゃないと 希望のホテルはとれなくなります。

それも、パレードが通過する、目抜き通りであるセッション通りやハリソン通りに面したホテルが一番ですから、早いに越したことはありません。

部屋が通りに面しているのが 殿様気分でパレードが見られる 特等席ということになります。

・・・・・・

 

2. ホテルは、歩ける距離で予約する。

パレードが通る道から離れたホテルに宿泊すると、大渋滞の中を歩くはめになります。

・・・・・・・

3. 通りに面した レストランやカフェを予約する。

ホテルの部屋からの見物が出来ない場合、レストランやカフェの席を予約するという手もあります。

特に2階席の窓際が狙い目ですが、地元の人たちが先に予約してしまうので、なかなか難しいのも事実です。

ちなみに、ある外国人がとった席は 800ペソ(約2000円)ぐらいだったそうです。

・・・・・・

4. 特等席がとれない場合、 歩道の席取り

ホテルも、レストランもとれなかった場合は、道路わきの歩道で席を確保するしかありません。

この場合は、まだ薄暗い早朝5時ごろから、数名で座り込むしかありません。

パレードの開始は 8AMごろですから、かなりの辛抱が必要です。

特に セッション通りの上の方から歩道が埋まって行きます。

バーンハム・パーク横のハリソン通りであれば、少々遅くても大丈夫。

・・・・・・

5. 最後の切り札、「パレードに参加しちゃう」。

・・・パレードの全体を高みの見物できれば一番ですが、それが無理なら、

パレードに参加しちゃうという 最後の手もあります。

「コスプレ・パレード」に参加してしまおう・・・という 逆転の技。

3img_5777

・・・まあ、こういうことをしよう・・ってわけです。

詳しいことは、こちらのページで どうぞ:

http://janl.exblog.jp/22543208/

・・・・・・・・・

6. この時期に「英語留学」して、英語とパレードを楽しむ。

上記の5の さらに隠し技なんですけど、

ホテルを予約するのも大変な時期なので、この時期に合わせて

英語留学しちゃうという奥の手です。

英語留学だと、英語学校の宿舎に泊まり込みになるので宿泊費も

安上がりだし、パレード参加の為の情報も得やすくなります。

地元の若いコスプレーヤー、大学生、ハイスクール生などとの

英語交流もできますしね。

・・・・・・・・・・・

7. フィリピン国内からバギオにやって来るのであれば キャンプも可。

バギオ市内には、いくつかキャンプ・サイトもあります。

自家用車とテントがあれば、バーンハム・パーク、キャンプ・ジョンヘイなどの

キャンプサイトで、家族や友達と一緒に楽しむという手もあります。

http://baguioguide.com/safe-overnight-camping-site-baguio/

上記のリンクは キャンプサイトの情報です。

バーンハム・パークは「良いキャンプサイトだが、人が多過ぎる」と書いてあります。

ご参考まで。

・・・・・・・・・

8. パレードが終わった後、ジプニーもタクシーも捕まらない!!

パレード見物には数十万人が集まるとも言われています。

なので、お昼前にパレードが終わって、すぐに家やホテルに帰ることは大渋滞の為、かなり困難な状態になります。

地元民である私も、これが一番の悩み。

毎年、パレードに参加した後、ぐったり疲れた上に、下宿まで1時間以上掛って歩いて帰宅という目にあっています。

・・・・ しか~~し、今年は 大発見がありました。

穴場が見つかったんです。

なんと、マニラ行きのビクトリー・ライナーのターミナルです。

・・・・

どういうことかと言いますと、

ビクトリーライナーのターミナルを見降ろす スペイン料理レストランで

昼ごはんを食べていたところ・・・

もちろん、ターミナルには、マニラ方面へ帰る観光客で溢れかえって

いるわけなんですが、タクシーが次から次に来るのを発見したんです。

・・・

つまり、パレード見物を終えて、ホテルなどからバスターミナルへ

押し寄せる人たちが タクシーに乗ってやってくるわけです。

こんな日に マニラあたりからバギオへ上ってくる観光客も そうそういないでしょうからね。

このターミナルから タクシーに乗る観光客もいないってことですよ。

・・・・

だから、タクシーを捕まえるんなら、ここってことです。

パレードに出て、へとへとだったんで、このままどこかのホテルにでも一泊したいくらいだったんですが、

お陰さまで、らく~~にタクシーに乗れました。

これで、フラワー・フェスティバルの日の 頭の痛い問題が みごと解決です。

・・・・・

9. マニラへ帰る道路も 大渋滞。

花車のパレードが終わるのは、日曜日のお昼ごろ。

そうすると、観光客の心理としては、日曜日の深夜までには、マニラに到着したい。

ってことは、バギオを4pmごろには出発した方がよい・・・と思うらしい。

・・・ので、4pm前後には、バギオから下りて行く道路は 大渋滞になっているという地元観察者の話がありました。

・・・・・・・・・・・

皆さんも、怒涛のバギオへ遊びに来てみませんか?

3img_5647

(コスプレ・パレードの先頭 横断幕)

3_photo_by_mike_zarate_01

(photo by : Mike Zarate)

 

 

 

|

« PANAGBENGA 2016 バギオ フラワー・フェスティバル : Cosplay Parade | トップページ | フィリピンの ミス・コンテスト - なんでこんなに盛り上がるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/63293262

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピン・バギオ・フラワー・フェスティバルの時期の攻略法:

« PANAGBENGA 2016 バギオ フラワー・フェスティバル : Cosplay Parade | トップページ | フィリピンの ミス・コンテスト - なんでこんなに盛り上がるのか »