« 日本語「直接教授法」と 英語教育・・・英語の教え方ってまだ今からなの? | トップページ | 子猫ちゃんの 冷蔵庫上デビュー。 下界はワンちゃんたちのテリトリー »

2016年3月22日 (火)

ややこしい日本語 - 10 「後で」と「後に」、どうすんだよ! 

「後で」 と 「後に」 が尾を引いているんです。

先日 日本語の 「後で」 と 「後に」は どう違うのか・・
ってのを色々考えたんですけど
、まだまだ尾を引いていまして・・

Img_5980

今日、授業を始めようとした時に ふっと言葉が浮かんだんです。

「後で、日本に出す書類の話をしますからね・・・」

・・・おっと~~。
ここで 「後で」って言葉が出たぞ。

で、「後に」と比べるとどうなのかって一瞬考えたわけ。

「後に、日本に出す書類の話をしますからね・・」とは言わないな。

・・・・

普通に、自然に、考えてみると:

「後で、OOの話をやります。」(A)

 

「OOの話は、後にします。」(B)

って語順になるみたいですね。

(A)の場合は、OOの話は、ここで初めて言う話。(未知)
(B)の場合は、OOの話は、既に相手にとっても知っている話。(既知)

・・ってニュアンスになりませんか?

そして、(A)は、敢えて 動詞を「やります」と書いたんです。
これは、「やる」というニュアンスが なんらかの「行為」をする
という意味、重点があるんじゃないかと思ったから・・・

一方 (B)は、「後にします」がひとつの一連の言葉ですよね。
後回しにすることに重点がある。

前回 いろいろ学んだ中にあったように:

(A)は、「ある行為」の順番を、今じゃなくて、「後でやる」ってことで、
(B)は、既に分かっている事柄を、「後に廻す」こと自体に重点が
   ありそうな感じです。

====

上まで書いた、その翌日(今日のこと)・・・

またまた頭に浮かんだ言葉:

(A) 「そんな話、後でやればいいんじゃないの?」
(B) 「そんな話、後にしようよ。」

これを念頭に 文型を考えてみたら:

(C) 「後で 話をしましょう」O
    「後に 話をしましょう」X

    「~~した後で 話をしましょう」O
    「~~した後に 話をしましょう」O

    「前で 話をしましょう」X
    「前に 話をしましょう」X

    「~~する前で 話をしましょう」X
    「~~する前に 話をしましょう」O

    語順によって微妙に違う。
    「前」というのは制約が多いみたい。

・・・・・・・・・

上のようなことを頭に浮かべながら、日本語の授業に突入。

作文の宿題にタイミング良く出てきた生徒の間違い・・・
助詞の間違いがいろいろありまして、説明したのが、これ

(A) OOは OOを OOで OOする。
    「私は そのニュースを 社員食堂 見た。」

(B) OOは OO ある/いる/乗る/行く/来る。
    「私は クジラの背中に 乗った。」

(A)は、いわば 一般の動詞と一緒に使われる 場所を表す助詞「で」。
(B)は、いわゆる 存在や往来を表す動詞と対で使われる場所を表す助詞「に」。
 「私は 小包を 郵便局に 持って行った。」にしても、
  何かを ある地点から別の地点に移動するという意味では往来ですかね
  (とりあえず、ここで これは「オーライ」ってことにして・・・)

====

まあ、こんなことを ごちゃごちゃ、ぐちゃぐちゃと考えているんですけど、
要するに 何を模索しているかって言うと、
完全な直接教授法」で、この「ニュアンス」を、解説文みたいな
理屈で教えるんじゃなくて、自然に授業の中で、段階を追って
学習者が使えるように教えていくには どうやったら良いかって
話なんです。

だから、料理する手順と、文型ってのが大事なわけですな。

1. OOは OOに ある/いる。(存在の動詞)
2. OOは OOで OOする。(一般的な動詞)
3. OOは OOに 乗る/行く/来る/送る・・・(例外的な往来動詞)
・・・ここまでは、場所を表す「に」と「で」。

・・・この後に、時間を表す「に」と「で」を出す?

4. OOは OOに OOで OOする。
   (私は 3時 カフェで お茶する。」
・・・ここで 時間の「に」が出てくる。
(まあ、実際は、2と3の間でしょうかね?)

5. OOは OOの後 OOで OOする。
   (私は 仕事の後に カフェで お茶する。」

6. OOは OOの後 する。
   (お茶の時間は 仕事の後にする。)
・・・・ ここで なにげに 「後にする」を展開。

7. いくつかの「やるべきこと」のカードを作り、
   その優先順位をつける作業を学習者にやらせる。
   文型は、「OOは OOの後/前にする。」

8. 7の「後に」が定着してから、「後で」を導入

   「テレビを見るのは 食事の後です。」1)
   「テレビを見る時間は 食事の後です。」2)

   「食事の後で(時間を気にせず)テレビを見ます。」3)

   「食事の、(すぐ)、テレビを見ます。」4)

    2)から3)への展開は、かなり強引ですけどね・・・
    ここで学習者の質問などは 受け付けない・・・笑
    (日本人だってそんな質問はしないでしょ。)

・・どうですかね? この教える流れ・・・

前回 検討した例文の中に こんなのがありました:

「主人は私が寝たあとで帰ってきました」A)
「主人は私が寝たあとに帰ってきました」B)

この二つの例文に 上記3)と4)を当てはめてみると:

「私が寝た後で (時間を気にせず)主人は帰ってきました。」A)
「私が寝た後、(すぐ)に、主人は帰ってきました。」B)

・・・あはははは・・・なんだか、変なことになっちまいましたね。

前回検討した時に書いた展開の文は:

「主人は 私が寝た後の時間を使って、いつでも(時間を気にせず) 帰ってきた。」A)

「主人は 帰ってくる順番を 私が寝た後に持っていって、すぐに帰ってきた。」B)

・・だったんですけどね。
かなり無理やりですが、まあまあって感じかな・・・

====

そこで、今日の最初に戻って。

「後で、日本に出す書類の話をしますからね・・・」

がどういうニュアンスかって言うと・・・・

今日の授業を予定通りやった後で、書類の話を(時間を気にせず)やりますよ。」

って感じですかね。
まあまあ、ニュアンスどおりになってるみたい。

ジャン、ジャン!!

======

|

« 日本語「直接教授法」と 英語教育・・・英語の教え方ってまだ今からなの? | トップページ | 子猫ちゃんの 冷蔵庫上デビュー。 下界はワンちゃんたちのテリトリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/63382112

この記事へのトラックバック一覧です: ややこしい日本語 - 10 「後で」と「後に」、どうすんだよ! :

« 日本語「直接教授法」と 英語教育・・・英語の教え方ってまだ今からなの? | トップページ | 子猫ちゃんの 冷蔵庫上デビュー。 下界はワンちゃんたちのテリトリー »