« 戦争体験者には正視できない映画なんじゃないか:: 戦後間もなく制作された「ひろしま」 | トップページ | ややこしい日本語 14 -「なに?」か、「なん?」か・・・ »

2016年7月28日 (木)

ややこしい日本語 13 - 「ゴルフは好きなんだけど、ゴルフは嫌いなんだよなあ」 文脈って どう教える・・?

「ゴルフは好きなんだけど、ゴルフは嫌いなんだよなあ・・・・」

って、この意味分かりますか?

実は、この台詞・・・私自身が

「ゴルフを一緒にやりませんか?」

って訊かれた時に 決まって応える台詞なんです。

・・・こういう一見意味不明の文を 日本語教室でどう教えたらよいか、
ってのが 今日の「お題」なんです。

ものの本によれば、「日本語は文脈だ」って言われている言語なんです。

要するに、全体の文章の流れが分からないと、一部の ひとつの文を
読んだだけでは その文意が分からない場合があるってことです。

「ゴルフは好きなんだけど、ゴルフは嫌いなんだよなあ・・・・」

という文だけを見ても、意味が分からない。

じゃあ、これを 「日本語は文脈だ」 ということを説明する
サンプルとして その文脈を付け加えていくと どうなるか・・・

その前に、「日本語に主語はない」 っていう話もあって、
この文も 主語が分からない文になっているので、それを補足してみましょうか。

「(私は)ゴルフは好きなんだけど、ゴルフは(私が)嫌いなんだよなあ・・・・」

分かりますか?

つまり、
「私自身は ゴルフは面白いと思っているんだけれど、
 そのゴルフは 私のことが嫌いなんです・・・要するに私はゴルフが下手なんです。」

・・という意味なんです。

一つの文で 意味が分かるようにしようと思ったら、こういう長い文にしなくちゃ
いけないわけです。

じゃあ、普通の会話の中で、「日本語は文脈だ」 というのを説明しようとしたら
どんな感じの文脈がありえるか・・・という 「お題」ですね。

・・・・・・・・・・・

「たもつさんは ゴルフはされるんですか ?」

「いいえ、今はやっていないんですよ。」

「・・と言うことは、以前はやっていたんですね。」

「はい、昔は お客さんの接待で やったことがあるんですよ。
 駐在員時代に、日本からのお客さんを相手に・・」

「ほお、そうだったんですか。 じゃあ、なぜ今はやっていないんですか?」

「いやいや、めちゃくちゃ下手なんですよ。
 お客さんの3倍も叩きますからねえ。
 おなじ料金でゆっくり時間をかけて・・あははは」

「おや、そういう話ですか、それは大変なお仕事でしたね。」

「はい、ゴルフは好きなんですが、ゴルフは嫌いなんですよ。 あっはっは・・」

・・・どうでしょうね。 分かりますか、文脈。

===================

<< おまけ >>

サッカーの澤選手・・・サンフランシスコで・・・・
 
「私は だんなが 二匹います。」
 
と、「鶴瓶の家族に乾杯」で発言。
こりゃあ難しい日本語だ・・・笑。
 
やっぱ、日本語は文脈が分からんと 理解不能な言語だな。
・・・・テレビをご覧になった方は 御承知のとおりなんですが・・・・
鶴瓶さんと澤選手との間で 犬の話題になった時に、
犬は可愛いという話になって、
鶴瓶が 「澤さんは犬を飼っているんですか?」
というような質問をしたんです。
それに対する返事が 
私は だんなが 二匹います。」
だったんです。
これを素直に 英語にしたら
I have two husbands (who are animals).
ですもんねえ・・・
 
日本人なら理解できますね。
私に関して言えば、だんなが 犬を二匹飼っています。」
As to myself,  my husband has  two dogs.
という意味なんですねえ・・・・
難しいですねえ・・面白いですねえ・・・
日本語って、本当に めちゃくちゃですねえ・・・
日本語を教えている日本語教師の身にもなってみてくださいよ。
 
 
 

 

|

« 戦争体験者には正視できない映画なんじゃないか:: 戦後間もなく制作された「ひろしま」 | トップページ | ややこしい日本語 14 -「なに?」か、「なん?」か・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/63977774

この記事へのトラックバック一覧です: ややこしい日本語 13 - 「ゴルフは好きなんだけど、ゴルフは嫌いなんだよなあ」 文脈って どう教える・・?:

« 戦争体験者には正視できない映画なんじゃないか:: 戦後間もなく制作された「ひろしま」 | トップページ | ややこしい日本語 14 -「なに?」か、「なん?」か・・・ »