« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »

2016年4月 2日 (土)

ややこしい日本語 - 11 日本語に時制はない・・って? どう教えるの?

先日 私の日本語のクラスで 日本語能力試験対応の為に
模擬試験の練習をやったんです。

5img_0036

それで、その問題のひとつがこれ・・・
23番の答えなんですけどね。
正解はどれだと思いますか?

「はい。 もう読んでしまいますから、よかったら どうぞ。」
「はい。 もう読んでしまいましたから、よかったら どうぞ。」

あなたは、どっちがいいですか?

これは、試験問題なんで、どっちかに決めなくちゃいけないんです。
一応 解答例は 2 が正しいってことになっているんです。

だけど、1 だって正しいですよね。

Img_6690

そこで、これをどう生徒達に教えるかが大変なんです。

つまり、いわゆる「時制」ってのを踏まえなくちゃいけない。
過去・現在・未来・・・ってことですね。

ところがどっこい。
日本語には 時制はない」っていう学者もいるわけです。

こちらをご覧ください。

http://plaza.rakuten.co.jp/samito07/diary/200803070000/

「日本語には英語の時制に相当するものがない!
という事実です。つまり、我々が使っている日本語には英語のような
時制という概念がないのです。しかし、残念ながら日本の英語教育では
英文を訳すという作業をさせることから、中学の頃に日本語にも英語の
ような時制があるかのような錯覚を覚えてしまう
学習者が多いのです」

・・・・・

・・で、いろいろ検索をしてみまして、みつけました。

日本語の時制表現と事態認知視点」という論文です:

https://ds.lib.kyutech.ac.jp/dspace/retrieve/2496/higuchi14.pdf

これは、なかなか示唆に富む論文でしたので、私の授業に
どう反映するかを試行錯誤しているところなんです。

Img_0006

この論文の最初のところで、
いきなり 「時制とは何かということについての言語一般
当てはまる定義の様なものが存在する訳でもない。」
って書いてあるんですねえ。
面白いですねえ。

ここで、日本語と英語を比較してあるんですけど、
明らかな違いが この文例で分かります。

Img_0010

例として書かれているのが、
本を買った学生が来た」というひとつの日本語の文に
対して、上のように 3つの英文があるってことですね。

日本語が「曖昧だ」って言われる所以ですね。

ここにも、
「日本語の時制研究の多くは、その時々の英語の時制の意
記述を土台としている」
とあります。

文明開化のころに、日本語は駄目な言語だから、
日本人の言語を英語にしようって文部大臣もいたそうですから、
日本語研究も英語研究に依っていたってことですね。

Img_0014

じゃあ、日本語ってどんな言語なの? ってことになると、
ここに 
コンテクストによる解釈にかなりの部分を委ねることができる日本語」
「コンテクストによって解釈するようにできている」
などと書かれているんです。

英語と違って、日本語は、
「何故語り手から作中人物へと 何の断りもなく 視点が移動できるのか」

なんてことが書いてあります。

日本の国語の先生に、
「国語の指導というのは、どのように文章を解釈するかを教えるものだ」
と聞いたことがあります。

要するに、日本語の文脈をどのように理解するかという話なんですね。

・・・

Img_0019

論文のここには、英語の時制のことが書いてあります。
英語の場合には、
「何の断りもなく飛ぶことは殆どない。 
基本的には時制が一定でないと理解できないからである。」
「話者の位置や主語を抜きにしてはものが語れない」

一方で、日本語の方はと言えば、
「日本語で自由に混交できるのは、日本語の時制にはその様な
制約がないからだと言えよう。 事態だけを描くことができる。」

・・・さらに、一番下の欄外に:
Where am I? ・・・日本語では見える状況だけを言語化する」

・・などと書かれているんです。

日本語に主語はいらない」なんて本も読んだことがあるんですが。
確かに、日本語では、主語がどこにあるのかが分からない。
少なくとも表現には明示されないことが多い。
しかし、文脈で日本人同士は理解している・・みたい。

これを読んでいると、日本語って本当に 主体が不在の言語のように
思えてきますね。

コトが中心の日本語」っていうのは そういうことを
言っているように思います。

一方で、他の本で随分前に読んだんですけど、
英語の場合は、上空から「神の視点」で地上のことなどを
描写する言語だって話らしいんです。

だから、上空から地上を俯瞰しながら、主語が誰かを
明示しながら、時制もはっきりさせながら、しゃべる。

「コトが中心」の日本語ってことは、
地上にへばりついた視点しかなくて、
要するに、出来事の中に日本人が溶け込んでいて
その中で 描写の視点が あっち飛び、こっち飛びしている
ってことになるんでしょうかねえ。

これって、なんだか、自然の中で、八百万の神々と一体に
なって、自然災害の中でも 人が中心ではなく
自然に起こることどもに身を任せている日本人をイメージさせますね。

・・・・・

そんな議論をいくらしたところで、さて、授業の中で
どう教えるんだってことが残るんですけど・・・・

Img_0024

この絵は 使えそうかな・・って思うんです。

この結論のところに書いてある抽象的なものを
どんな例文を使いながら、上の絵のイメージと結びつけるか。

それが私の仕事・・・ですかね?

Img_0030

論文の最後に、「認知文法」って言葉が出てきたんですけど。

十数年前、まだ日本語教師養成学校で勉強をしていたころ、
こんな本を買ったんです。

Img_0033



私の本棚で ぐっすり寝ていた本です・・・
今頃になって、「起こされちゃいました・・・」って感じです。

・・・・・ むむむ・・・・

「今頃になって 起こされちゃいました・・って感じです。」

主語は何だ? 時制は?  英語でどう言ったらいいんだ・・・???

Img_0039

とりあえず、教案を作ってみた。

あとは、生徒の反応をみるのみ・・・・

分かってくれるかなあ~~~~~

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月27日 (日)

イライラ、はらはら、びっくり、ドッキリの フィリピン交通?自動車事情

もう、10年以上もフィリピンに住んでいると、感受性も枯れ果てて、慣れっこになっちゃうんですけど・・・

今でも、時々、「ああ、これ、あるある・・・」 みたいな軽い驚きはあるわけで・・・

Img_5956

フィリピンの庶民の足である ジプニーの後とか、屋根の上に乗客を乗せるってのは、極々フツーの話じゃあるんですけどね・・・

Img_5960

こりゃあ、ちょっと やり過ぎなんじゃね~~の?

そもそも、どこに捕まって後ろにぶらさがってんだか・・・

振り落とされたら、後続車に轢かれて、終わりでしょ。

 

Img_6409

一見 なんの変哲もないトラックなんです。

でも、これ、日本からやってきた中古車みたいなんです。

まあ、そんなことフツーでしょ、って言われたらそれまでなんすけどね。

以前 「廃車復活シリーズ」ってんで、いろいろと日本の企業名とか宣伝文句をそのまんま残して 走っている日本の中古車を写真に撮ったりしたんですけど・・・

これは、その点は、ちゃんとこのフィリピンの会社の名前に塗り替えてあるんです。

しか~~し、「痕跡」を見つけたんです。

Img_6408a

・・・なんだか、タモリの「ぶらタモリ」で、「痕跡を見つける」みたいな興奮を覚えたわけですよ。

もうちょっと拡大しましょうかね・・・

Img_6407

「築地市場」のステッカーなんですねえ・・・

これはちょっと 「レアもの」 じゃないっすか?

気になって、調べてみると・・・

「場内への車両の進入は登録制となっており、非登録車は終日入場禁止。関係者でなければ登録資格が無い。」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%89%E5%9C%B0%E5%B8%82%E5%A0%B4

・・・

ってことは、もしかして、このステッカーは、築地市場の入場許可証???

Img_6438

・・・これ、可愛くないですか?

なんか、こういう可愛い忘れ物があると、ほんわかしますね。

それはともあれ、フィリピンのタクシー事情なんですけど・・・

Img_6442

バギオ市内を走っているタクシー。

メーターの上に べったりと 「5ペソ引き」って貼ってあるんです。

これは何かって言うと、原油が安くなっちゃったんで、いわゆる陸運局みたいな役所からの指示で、「メーターに表示された料金から5ペソ引いた金額が 正規のタクシー料金ですよ」、って話なんです。

日本だったら、絶対にこんなことしないですよね。

ちゃんと メーターを調整して、常に正規料金が表示されると思うんですけど。

しかし、もう既に、かな~~り長い間、これが続いています。

バギオのタクシーの運ちゃんは、マニラなんかの「ぼったくり」運ちゃんとは違って、ちゃんとお釣りまでくれるという正直者がほとんどなんですけど、

この「5ペソ引き」が始まってから、この辺りの実際の扱い方が 運ちゃんによって微妙に違うんですねえ・・

仮に、料金が73ペソだったとすると、正規料金は68ペソってことなんですけど、

100ペソ札を出すと、お釣りが30ペソだったり、

「5ペソ引き」を知らないふりして、73ペソ渡すと、そのまんまだったり。

でも、たまに、「いや、5ペソ引きだから」と 正直な運ちゃんもいたりしてね。

まあ、バギオ市は、まだまだ大丈夫です。

Img_6445

このタクシーには、右上に ちゃんと「5ペソ引き」の立派なプラカードが掲げてありますね。

・・・で、左のは なんだか分かりますか?

OFF DUTY って書いてあります。

Img_6446

「営業していません」

「家族で使っています。 只今 自家用です。」

って表示ですね。

・・・日本じゃあ、こんなの見たことないですけど、あるんですかね?

フィリピンでびっくりしたのは、

高いお金を払って、バンみたいな自動車を運転手つきでレンタルしたんです。

まあ、運転手とガイドみたいな人が助手席にいるのは許せるとして、

バギオからマニラに行く途中で、知らない人たちが乗りこんできて・・

「えっ? 誰、この人たち?」

ってこともありますからねえ・・・

まあ、大手のレンタカー会社じゃ、こんなことはないでしょうけど。

・・・・

バギオ市内のタクシーなんかは、時々、似たようなことがあって、

タクシーを拾って 後部座席に座ったら、

なんだか助手席にだれか座ってるなあ・・・

よくよく見たら、小さい子供が ちょこんと座っていたり・・・

お父ちゃんが運転して、子供の世話をしているらしい。

あるいは、どこかに送り届けるところだったり・・・

・・・・・

まあ、こういうのは、日本とフィリピンの文化の違いですからね。

びっくりして、驚いて、へえ~~、って言っていればいいんですけど。

・・・・

今でも腹が立つのは、交通ルールが どうなってんだ、って時ですね。

交差点の角に車を停めていたり、駐車していたり・・・・

「じゃまじゃないか~~!!」

って叫びたくなるんですねえ。

・・・・

たまに、タクシーの運ちゃんの中にも、そういう他の車のルール違反に怒って、ぶつぶつ言っているのがいるんですけどね。

日本人の運転手なら、当然怒るよね・・・って感じの交通・運転マナーのことなんですけど。

・・・しかし、不思議なことに、フィリピンに慣れちゃうと、今度は、このぶつぶつ文句を言っている運ちゃんの方が 逆に「危ない」んじゃね~~の、って思っちゃうんです。

変なもんですねえ・・・・

 

 














| | コメント (0) | トラックバック (0)

古い バギオの地図  Old Map of Baguio

このページは、 古いhomepageのサービスが終了するということで、こちらに引っ越しして掲載しています。

(地図の上でクリックすれば、拡大してご覧になれます。)

Baguio Map バギオの地図

バギオ大聖堂は 地図の中央上部です。

This map is very old map and no longer being sold now.
I bought this probably in 1992.

この地図は かなり古いので 今は売っていませんが、バギオ全体を概観するのに最適です。

おそらく1992年ごろに買ったものです。

右下が南で バギオの空港(ロアカン空港)があります。
マニラ方面からは 右下のケノン道路、あるいは、地図中央下部のマルコス・ハイウエイから登って来ることになります。

地図の中央にバーンハム公園があり、左下に ラ・ウニオン州に下る ナギリアン道路があります。
左の上部には マグサイサイ道路があって、ベンゲット州の州都である ラ・トリニダッド方面に向かいます。

0001baguiomap

(上の写真) 全体の写真。

(下の写真) 左上=北部の拡大

0001baguiomap1

右上=東部の拡大

0001baguiomap2

左下=西部の拡大

0001baguiomap3

右下=南部の拡大

0001baguiomap4

バギオ市 中心部の拡大地図

0001baguiomap5

バギオ中心部 拡大

バギオの中心部の拡大図です。

中心に バーンハム・パークがあり、その北側にハリソン通り、さらに 北側に
一番賑やかな通りである セッション通りが東西方向に走っています。

バギオ大聖堂は、そのセッション通りの北にある 大きな建物です。

======== 

 

 

    








| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゾマホン氏との出会い & ゾマホンの国 ベナン共和国へ来てしまった。

このページは、2003年に掲載した記事が、homepageサービス終了となるため、こちらに引っ越ししたものです。

ゾマホン氏との出会い

アフリカ ベナン共和国へ 日本語教師を

2003年の2月だった。 私が勤める某日本語教師
養成学校で、ゾマホン氏と友人だという同僚から 
国際部の担当である私に話が来た。
あの「ここが変だよ日本人」の番組で 一躍有名人に
なってしまった上智大学院生のゾマホン氏が、 彼の
母国である 西アフリカのベナン共和国に 彼が建設
した 「たけし日本語学校」があるのだが、
肝心の日本語教師が居ない。 
なんとか協力してもらえないか。

ゾマホン氏は 「明治の男」である

私は ゾマホンという有名タレントが居ることすら知ら
なかった。
初めてゾマホン氏に会った時の 同氏の印象は、
この人は「明治の男」ではないのか・・。
私自身は 50歳を越えているのだが、 ゾマホン氏
が話すその言葉使いに、 私の父親よりも古いしゃ
べりを感じて、その礼儀正しさに こちらが背筋を正
される思いであった。

ゾマホン氏は ベナンの 吉田松陰である

ゾマホン氏は 切々と彼の考えを 私に語ってくれた。
独立国とは言え、フランスの植民地だったベナンは
未だに ベナン独自の教育すら満足に出来ない。
政治家・役人達は ほとんどが フランスしか見ていない。
ベナンの将来は、自分で働き、自分で考え、
自分で国を造り上げていくベナン人が必要なのだ。
日本の幕末に そんな人物が居たではないか。
ゾマホン氏は ベナン共和国の 吉田松陰にならんと
している・・・。

日本語教師が 本当に ゾマホン氏の国づくりに
貢献出来るのだろうか。
その重みにいささか震えながら なんとかプロの教師
を送り込んで協力したい と話をすすめている。


2003年 5月 4日 記

ゾマホンの国 ベナン共和国へ来てしまった。

ミイラとりがミイラになって・・・

2003年8月まで 某日本語教師養成学校に勤務し、ゾマホン氏のベナン共和国での最初の日本語学校に 日本語教師を送り出すことを 仕事としていたのだが。  事の成り行きで 私自身が その西アフリカにあるベナン共和国に行くことになってしまった。
 
8月末で その学校を退職し、 フィリピンへ移住するための準備などを進めることとしていたが、 8月に最初の日本人日本語教師として送り出した女性が 健康上の理由で 9月末に急遽 帰国してしまった。

ゾマホン氏の 母国を日本との交流の中で発展させたいとの思い、 特に農村部での初等教育の展開、 井戸掘りによる健康の確保、 日本語教育を端緒とする技術教育の導入などに 共感を覚え、 フィリピンへの移住を1年間延期することを決めてしまった。

2003年10月26日 成田から ベナンへ

10月26日に成田空港を飛び立ち、 香港経由、パリ経由の ベナンはコトヌー空港へ 丸24時間以上の飛行となった。

初めてのヨーロッパは パリ・シャルルドゴール空港でのトランジット数時間のみ。
真南に北緯5度あたりまで 南下するものの、アフリカの大地は 雲か霞に閉ざされていた。

コトヌー空港では、 ゾマホン氏の手配で 国賓級のVIP扱いとなり、 通常の入国・税関のゲートをくぐることなく、 貴賓室を通っての楽々入国であった。

日本語教育を開始

11月5日、 ベナン入りしてほぼ1週間。  これまでに 3泊4日で ベナン北部を車で駆けずり回り、 ゾマホン氏が建設した たけし小学校、江戸小学校、明治小学校と 井戸を掘った農村集落などを訪問した。

現地の様子などは ゾマホン氏のオフィシャル・ホームページでご覧いただるよう 写真も日本へ送りました。

本日5日は 初めての日本語教育。  ひらがな文字が書かれた絵カードを使った カルタ取りに 異常なまでの熱気で競争心丸出し。 特に女性同士のカードの取り合いで カードはふにゃふにゃになる始末。
学習者は ベナン政府外務省の役人から 運転手や農民まで様々。
日曜日のクラスには 大統領の令嬢までが参加すると言う。
しかし、堅苦しいこともなく、 やんややんやの大騒ぎで 授業は進むのだ。

・・・・ そして、その後のことは、こちらです:

http://npo-ife.jp/teacher/

「アフリカは遠い国。皆さんはそう思うかもしれない。
でも一度教壇に立ってみて欲しい。
授業をすると「笑顔ってこぼれるもんだ。」そういうことを気付かせてくれる。「笑顔がこぼれる学校」たけし日本語学校。」

amazon

ゾマホンも知らないゾマホンの国―ベナン共和国イフェ日本語学校のの今」

明窓出版

「ゾマホンも知らないゾマホンの国 ベナン共和国イフェ日本語学校の今」

http://www.meisou.com/item_detail/itemId,41/

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月20日 - 2016年3月26日 | トップページ | 2016年4月3日 - 2016年4月9日 »