« 2016年7月24日 - 2016年7月30日 | トップページ | 2016年8月7日 - 2016年8月13日 »

2016年7月31日 (日)

ややこしい日本語 15 - 「川に」なのか 「川で」なのか・・・

こんなニュースがありまして。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160730/k10010615051000.html?utm_int=all_side_ranking-access_002

引用:
女の子が川に流され意識不明の重体 山梨
7月30日 18時04分
30日午後、山梨県大月市の川で遊んでいた7歳の女の子が流され、
消防によりますと、意識不明の重体だということです。

・・・

これで気になってしまったのが

A)「女の子が川に流され」 と B)「女の子が川で流され」 は どう違うか・・

私の感覚では:

A)の場合だと、

女の子が川に流され行方不明となった

B)の場合なら、

女の子が川で流され重体となっている

・・・という使い分けかなあと思ったんです。

つまり、その後に来る文がちょっと違ってくるような気がしたんです。

・・・・・・・・・・・

こちらのサイトにこんな区別が書いてありました:
http://leaders-action.com/manabi/9928/

「これらは、「に/で」に続く語が、「静態」か「動態」かの違いになります。
簡単に言えば、いつもそうか、そうではないか、の違いということなんです。」

・・しかし、なんか変なんですね。

「川に流され」ってのは 場所のことじゃなくて、受身での「に」ですもんね。

つまり、こちらのサイトの 「受身文の動作主の助詞」ってことですね。
http://www.tomojuku.com/blog/passive/passive-10/

「1、私は 先生 (○に/○から) ほめられた。」

(先生が 私を 褒めた。)

この例文と同じですね。

だから、「女の子が川に流され」 の動作主は「川」ってことですね。
(川が 女の子を流した)

それで、
A)に戻って考えると、

川が 女の子を流し、女の子は行方不明になっている
(主語が前文と後文で違ってくる。)

B)の場合は、受身形の「に」じゃなく、場所の「で」なので、

女の子が 川で流され、(女の子は)重体となっている。」

   
・・・つまり 言いたいことは、

A)は 「川が 女の子を流した」んだから、やっぱり「行方不明」の方が
しっくりくるんじゃないかということなんです。

・・・まあ、屁理屈なんですけどね。

私の日本語感覚・・・変ですかね ??

日本語教師をやっていると、自分の日本語感覚に自信が持てなくなるんですよねえ・・

日本語教師症候群です。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月24日 - 2016年7月30日 | トップページ | 2016年8月7日 - 2016年8月13日 »