« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »

2016年1月25日 (月)

バギオのタクシーの運ちゃんが 「美しい日本人」と無線で話している・・

昨日、書き初め大会がありまして、朝いつもより早起きして、午前中と午後の二回書き初めのワークショップをやり、その後ボランティアの人たちとの打ち上げ会、さらに外食で晩御飯を食べ、下宿に辿りついたら バタン・キュウ・・・

Img_3605


夕方、「真田丸」を見逃し、ソファで、ごろごろ、うとうと・・・

やっと夜中に起き上がり、大河ドラマの再放送を見て、寝た。

今日も、身体がぼんやり、気合いが入らず、書き初めの写真の整理やブログへのアップをやっていたんですけど・・・・

明後日、マニラに行かなくてはならず、バスのチケットを買っておかなければ・・・ってことで、気合いが入らないまま、しょうがなくタクシーに乗り、バスターミナルへ・・・

じぇじぇじぇ・・・・

チケット売り場には 70人ぐらいの列・・・

あちゃちゃ・・・こりゃあ明後日の切符も危ないな。

ここで、使わなくて どこで使う、ってなもんで、天下の宝刀「シニア」の特権を行使。

70人の列をかいくぐり、シニアの列へ。

2人のシニアのお姉さまが待っていたんで、私は3人目。

70人の若者たちの顔は見られず・・・寝たふり。

まあ、元気で、気合いが入っている時だったら、70人の後に並んでもいいんだけど、今日はご勘弁・・・

こういう時に役に立つのが、PRA退職者ビザのIDカードなんですねえ。

生年月日を書いてあるんで、シニアを確認、そして、2割引き。

750ペソのファースト・クラス料金が600ペソ

いいねえ、フィリピンは。

・・・・・

ちなみに、二日後のファースト・クラスの席は、希望の席がもう満席で、

しょうがなく、2時間ほど遅い時刻の席を予約。

それも2~3席しか残っていなかった。

最近のバギオは バスも超混雑状態のようです。

 

・・・・・

さて、首尾よくチケットをゲットして、さっさとタクシーで下宿へ。

そのタクシーの運ちゃん、地元の地理を良くしっている。

そりゃあもちろんだけど、さらに、渋滞の場所のくぐり抜け方も良く分かっている。

ロータリー交差点の糞づまり状態を見てとった運ちゃんは、

その真っ只中にに突っ込むのじゃなく、ちょっと迂回して、外回りでスイスイと

渋滞を抜けた。

あっぱれじゃ!!

・・・・・

その運ちゃんが 地元の言葉、多分イロカノ語、あるいは、カンカナイ語かイバロイ語か?

・・・で、無線でおしゃべりをしている。

そのおしゃべりの中で Magandang Japanese マガンダン・ジャパニーズという言葉が耳に入ってきた。

マガンダン・ジャパニーズと言えば、日本語では 「美しい日本人」あるいは「美しい日本語」という意味である。 良いという意味もある。

・・・・

なんか、美人の日本人のことでも話しているんだろうか

まさか、オレのことじゃないよな?

第一、オレが日本人だって知らないんだし。

・・・・

タクシーが 下宿に到着。

「あなたは スマートな運転手だねえ、あのロータリーの抜け方は凄いよ。」

・・・と 運転を褒めた。

「ああ、ありがとうございます。」

「ところで、マガンダン・ジャパニーズって 誰のこと?」

「いやいや、誰でもないですよ。 挨拶の言葉なんです。」

「挨拶? どういうこと?」

「普通の挨拶は Magandang Hapon マガンダン・ハポン なんですよ。」

「ああ、今日はっていう挨拶ね」

「はい、でも、 Hapon っていうのは 「午後」っていう意味と、「日本人」っていう意味の二つがあるんですよ。」

「ああ、だから、 日本人という意味で置き換えて マガンダン・ジャパニーズなのか」

「はい、そうなんですよ。 挨拶です。」

・・・・・・・

つまりは、「マガンダン・ジャパニーズ」 は 「今日は」 って意味なんですねえ。

・・・・・

しかし、辞書で Hapon を調べてみると・・・・・

hapon  :  n.  afternoon

Hapon :  n.  Japanese

となっていて、 日本人の意味の方の Hapon は o にアクセントのマークが付いている。

まあ、極端に書いてみると、

マガンダン・ハーポン は 「こんにちは」 で、

マガンダン・ハポーン は 「美しい日本人」あるいは「美しい日本語」

の意味となるわけですねえ。

・・・・・・

こちらで タガログ語の練習・・・

http://www.premium-philippines.com/info/language.html

こちらのサイトには、「変な愛国者の日本人」と勘違いされないように、って記事がありました:

http://heartyp.web.fc2.com/tagalog.html

「朝:マガンダン ウマガ
昼:マガンダン ハーポン
夜:マガンダン ガビ」

・・・・・

ってことで、バギオのタクシーの運ちゃんの間では、

「マガンダン・ジャパニーズ」が 「今日は」と同じ意味になっているということでんなあ。

なんか、笑えるジョークで、嬉しいでんなあ・・・・

======

・・・・と、上まで書いたところで、 FACEBOOKで このような挨拶の言葉を 知っているか、あるいは、使ったことがあるかを 不特定多数に聞いてみたところ、

Beatiful Japanese (美しい日本人)という言葉を 「こんにちは」という意味で昔っから使っているよ、という人が現れた・・・・

ってことは、下のような流れで、昔からジョークとして使っている人たちがいるってことになりそうですね:

1. 元々、タガログ語では 「マガンダン ハーポン」(美しい午後)は「こんにちは」である。

2. この ハーポン(午後)とハポーン(日本人)は スペリングが同じ Haponである。

3. よって、「マガンダン ハーポン」を冗談で「マガンダン ハポーン」と言う者が現れ。

4. ハポーンを英語にして 「マガンダン ジャパニーズ」という

   タクシーの運ちゃんみたいな人も出て来た。

5. 別の人たちは、さらに マガンダン も英語にしてしまって、

   「ビューティフル ジャパニーズ」を 「今日は」の意味でジョークとして使いだした。

・・・・ってなストーリーでいかがでしょうか??

なので、「ビューティフル ジャパニーズ」と仮に言われたとしても、

フィリピン人の人たちは もしかしたら あたなの美しさを表現しているんじゃなくて、

単なる挨拶をしているのかもしれませんよ。。。

面白いですねえ~~~。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »