« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »

2016年12月23日 (金)

クリスマス・カンタータで実感した 日本とフィリピンの違い

12月はフィリピン中がクリスマス一色。
もっとも、フィリピンでは BERの付く月、9月から12月まではクリスマス・シーズンだともいわれているんですけどね。

Img_6000

(レオナード・ウッド通りのイルミネーション)

12月22日、毎年お世話になっているバギオ博物館からのご招待。

Img_6003

クリスマス・カンタータ」 ってのがあると言うんで、初体験をすることに。

そもそも、カンタータってなんじゃろ?

https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF-49204

独唱重唱合唱などに器楽管弦楽伴奏がついた大規模な声楽曲。もとはソナタ(器楽曲)に対する声楽曲一般を意味した。教会用のものと演奏会用のものとがある。交声曲。 」

まあ、よく分からないので、とりあえず聴いてみたわけです。

Img_6004

そもそもこの会は、「第二回・バギオ博物館 アート・フェスティバル」 展示期間中のイベントのひとつのようでして・・・

Img_6007

フィリピン大学バギオ校芸術学部の学生や卒業生の作品の展示の場となっているわけです。

Img_6008

ちなみに、左側の2作品は、日比友好月間イベントのアート制作を昨年からやってくれている現役学生の作品。

Img_6010

真ん中の作品は、7年前に現役女子大生で、その時から日比友好月間・七夕祭や「浮世絵塗り絵」イベント、さらには、「1930年代のバギオ歴史探訪マップ」制作に中心になって関わってくれている卒業生の作品。

Img_6013

バギオ博物館には、文化的イベントを支えている「コア・メンバー」という人たちが数名いまして、立って話をしているうのが その内のお二人。

フランス人と中国系フィリピン人で、 この他に、インド人のメンバーなどがいるんです。

ちなみに、フランス人は元大学教授で、中国人は某大ホテルの経営者。

ついでに、私は、「責任が重いからメンバーにはならないよ」と断ったのに、いつの間にか日本代表のコア・メンバーにされちまいました。

Img_6017


開会の辞は、元市議会議員の方。

司会役は、バギオ博物館の理事のお一人。 この方もバギオでは著名な家の方なんです。

真に恐れ多いことでござりまする。

Img_6027

・・・さて、「クリスマス・カンタータ」が 始まりました。

Img_6069

このグループは、バギオ市にある セントルイス大学、フィリピン大学、さらには ベンゲット州国立大学などの出身者で構成されている合唱団で、CORO d'llera Music Ministry というグループなんでそうです。

Img_6077

この合唱団のメンバーの内の二人は、フィリピン代表チームに選抜されているのだとか。

・・・・

このクリスマス・カンタータを聴いていて思ったんですけどね、

やっぱりフィリピンっていう国は 根っからのキリスト教国なんだなあと言う事でした。

Img_6129

まあ、当たり前のことではあるんですが、この時に初めて それが実感されたということなんです。

例えば、日本でこういう声楽曲を聴くという機会は そう言う事が趣味でもない限り ほとんど聴く機会もないわけだし、 それに、そういう機会というのは なんとなく敷居の高いもののように思うわけです。

もちろん、私もクラシック音楽を聴くのは好きですし、コンサートなんかにも行くことはあるんですけどね。

それにしても、声楽曲というのはあまり縁がないので、どうしてもよそ行きな感じになっちゃうんですねえ。

Img_6113

それに比べて、この1時間の間に聴いた 讃美歌やクリスマス関連の歌というのは、彼らにとっては宗教というのか、生活というのか、そういうものにしっかり根付いたものだというのが この時に分かったんです。

Img_6115

まあ、そういうフィリピンと日本でのクリスマスというのを 比較すること自体が 「トンデモナイ」話じゃああるんですけど、 FACEBOOKでこんな記事が廻っていたんです。

日本人のクリスマス - 変なものトップ5 」 ってタイトルなんです。

http://en.rocketnews24.com/2016/12/22/w-t-f-japan-top-5-strange-things-japanese-people-do-for-christmas%e3%80%90weird-top-five%e3%80%91/

第5位: ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の夕食

 

第4位: クリスマス・ケーキ

 

第3位: 小さなクリスマス・ツリー

 

第2位: クリスマスは 恋人たちのイベント

 

第1位: クリスマスにも お仕事

・・・ってな具合です。

KFCってのは、フライド・チキンなんだけど、フィリピンの人たちはほとんど毎日 フライド・チキンを食べてますからねえ。

小学生から、お弁当は フライド・チキンとご飯ってのが 毎日だったりして。

フィリピンだと 七面鳥までは手が届かない感じなんですけど、なぜか大きなハムを丸ごとプレゼントするのが ひとつの慣習になっているみたいです。

・・・・

クリスマス・ケーキは、明らかに誕生パーティーの定番でして、
ことさらクリスマス用ということではなさそう。

・・・・

クリスマス・ツリーは、日本の場合は 家が狭いですから、まあ、しょうが無いっすね。

・・・・

恋人たちのイベントってのが、クリスチャンの国では 信じられないところでしょうか。

フィリピンでは 明らかに宗教的であり、また家族的と言えるでしょうね。

日本で言うならば、お正月みたいなものですかね。

・・・・・

クリスマスにお仕事??

まあ、フィリピンでは論外ですね。

クリスマスの前後は、祭日だし、田舎に帰って家族や親せきと過ごし、教会のミサに行くという一年で一番大切な時期なんですね。

海外出稼ぎしている人たちも、世界中からフィリピンに帰国する季節ですから。

・・・・・・・

話は飛びますけど、

私は長崎県佐世保市の出身なんですね。 だから隠れキリシタンの人たちも近場に居れば、子供のころに家の近所にあったカトリック教会の庭で遊んだこともあるんです。

おまけに、米海軍の基地でもあったもんで、隣近所に 米軍の水兵が住んでいたり、米軍の将校の家族の家に遊びにいって、そこの子供たちとかくれんぼなんかをやったりもしていたんです。

だから、日本全体の中で考えれば、キリスト教というものに 大きな違和感は感じていない筈なんですね。

・・・ところが、です。

私の母は結婚前は キリスト教の洗礼を受けたという話を聞いたこともあって、そして、大学受験の準備もあったもんで、聖書の英語をしばらく勉強していたことがあるんです。

和英対訳の聖書ってのがありますよね。 あれです。

その時につくづく思ったんですけどね、なんで聖書の日本語訳って こんなにバタ臭いんだろうって思ったわけ。

これじゃあ、信者は増えないなってね。

書いたものを読むってことは、そして、それに感動したりするってことは、やはり書いてある内容は勿論だけど、その文体なんかにしても、琴線に触れる表現っていうのか、こなれた日本語になっているかってことが大きいんじゃないかと思ったんです。

仏教の中でも、親鸞の浄土真宗なんてのは、昔々のカトリックの神父たちが日本で布教しようとした時に、日本人にキリスト教というのはこんな教えなんだよと説明したところ、日本人は 「ああ、そんな宗教だったら もう日本にあるよ」 ってなことを言ったそうですしねえ。

学者によっては、浄土真宗は 一神教だという話もあるみたいですよ。
まあ、それだけ キリスト教っぽいってことですけど。

・・・・・

最後に、クリスマス・ソングを比べてみましょうか?

日本の最近のクリスマス・ソングって こんなものらしいですね。

日本のクリスマス・パーティーに必須のクリスマス・ソング 10曲

https://blog.gaijinpot.com/ten-essential-songs-japanese-christmas-party/

すんません、私が知っている曲は ひとつもありません・・・涙。

・・・で、こちらは 英語のクリスマス・ソングですが、

メリー・クリスマス ベスト 30曲

https://www.youtube.com/watch?v=bzsVxXAOtEk

曲名を見てみると、日本のクリスマス・ソングは 恋の歌という雰囲気であるのに対して、英語の曲は クリスマスの季節をお祝いするような感じの曲が多いように思います。

Img_6050

・・・・・・

まあ、結局、何が言いたいかっていうと、

日本のクリスマスは 浮かれ踊るイベントで、フィリピンの場合は 荘厳さと家族の温かさを確認するイベントなのかな~~、とつくづく感じちゃったわけです。

クリスマス・カンタータ、有難うございました。

 

========

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月21日 (水)

山下財宝がバギオ・コンベンション・センターに?? フィリピンの人たちは今でもマジです。

戦争中に日本軍の山下奉文大将が隠したといわれている
いわゆる「山下財宝」の話。

以前から、財宝を探すために、あちこち掘り起こすには
一定の法律があって、それに従わなくてはいけないって噂は
聞いていたんですが、それがなんとバギオでこんな新聞報道
になりました。

コンベンション・センターでの金財宝探しを承認
Gold hunting approved at convention center

http://www.sunstar.com.ph/baguio/local-news/2016/12/14/gold-hunting-approved-convention-center-515022

「山下財宝の誘惑が今日でも続いている。
 Eliseo Cabusao Jr.氏は、第二次世界大戦中に日本兵によって
 残された戦利品の一部であると信じられている金の延べ棒トラック
 数台分を大量に集めるために、バギオ・コンベンション・センターで
 発掘することを許可するようバギオ市に申請している。」

「70年以上になる今でも、トレジャー・ハンターは、掴まえどころの
 ない山下財宝を探し続けている。」

「Cabusao氏は埋蔵された金塊の情報はバギオ出身の90歳の日系
 から教えられたものだと述べている。 彼は、70年代半ばから
 アメリカ在住であるが、Cabusao氏に対して、その財宝の
 噂の場所を示したと言う。
 それは、”バギオ市の彼の家で、それぞれの家族がいる前で
 なされたものだと。 -- そしてそこは、彼と日本人兵士たちが
 まだ十代の時に、現在のバギオ・コンベンション・センターの
 近くのどこかのトンネルの中に、トラック何台分かの金塊を
 隠した場所” だと言うのである。

日本語版のサイトはこちらです:
http://philippinearekore.blog.fc2.com/

・・・そして、関連記事を探していたところで発見したのが
このサイトです。
ここに面白いことが書いてあったんです。

マルコス大統領と山下財宝
http://www.filipiknow.net/facts-about-ferdinand-marcos/

このサイトの 12番目に Marcos and the Yamashita treasure
という記事があるんです。

そして、そこにいきなり、次のようなことが書かれているんですねえ。

「まず第一に、山下奉文陸軍大将は、かの悪名高い財宝とは
 実際のところ何の関係もなかった
。」

「”Golden Lily(黄金のユリ)"作戦を率いてアジアの領土を
 収奪したのは、裕仁天皇の弟である秩父宮親王だったのだ。」

「秩父宮の従兄である竹田宮恒徳王が、フィリピンの数百の
 秘密の地下壕に戦利品を隠すよう指示された。
 また、竹田宮は、その地図の写しを、フィリピン人の使用人に
 保管させていた。」

=== この「黄金の百合作戦」ってのは初耳なので、
    こちらでチェック:
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/0c8bf2736c793069a8568eabb8bcf113

「日本のアジアからの略奪は、天皇裕仁の魅力的で教養のある弟、
秩父宮によって監督されていた。彼の組織は天皇のある歌に因んで
「黄金の百合」(ゴールデン・リリー)と暗号で呼ばれた。
より下位の皇子たちは占領地域を横切る「黄金の百合」の各地の
支部の長であった。日本からの情報によって、現在の時点で、
ベンの戦時中の主人は竹田宮恒徳(つねよし)皇子であったことが
確認された。」

「海上輸送ができなくなった。そこで、財宝を隠すことが決定的に重要
になった。財宝を隠すことができたら、日本が戦争で負けても、
金融的には負けることにはならないのだ。この戦争がどのように
解決されようとも、日本はフィリピンを維持することをずっと期待
していた。皇子たちによって監督されて、百七十五の「皇室」の
財宝を隠す地下室がこの島々の中に建設された。」

「別の訴訟が「黄金の百合」の略奪品が実際にフィリピンに隠されて
いたことを証明している。ロゲリオ・ローハースはフィリピンの
錠前師で、山下の司令部が置かれていたバギオの山のリゾート地の
病院
の裏にあるトンネルの中に隠されていた、一トンの重さの黄金
でできた仏像一体と数千の小さな金塊を見つけた。ローハースが
見つけたことを聞いて、すぐにマルコス大統領は黄金の仏像を押収
するために暴漢を送りつけた。ローハースが抵抗すると、彼は逮捕
され、拷問を受け、最後には毒殺された。一九九六年に、ハワイ州
の合衆国法廷は、マルコスの財産に対して四百三十億ドルの支払い
を相続者に対して言い渡した。これは歴史上最高額の市民に対する
罰金である。」

=== まあ、これの真偽は私には分かるわけもありませんが
    少なくともこのような情報を信じて、70年以上
    経った今日でも 宝探しを真面目にやっているフィリピンの
    人たちが結構たくさんいるってことです。

    このいわゆる 「ヤマシタ・トレジャー・ハンティング」財宝さがし
    にハマってしまった人たちは哀れな末路・・・という話も
    ありますんで、 良い子は真似をしないようにお願いします。

=== 2017年1月1日に こんな情報を発見しました。

      まともな情報です。

「山下財宝について近年の研究では「膨大な隠匿物資、金銀宝石という意味での『財宝』は風聞の域を出ない」というのが定説になっている。しかし、日本軍のマニラ撤退時に、ニッケルなどの貴金属、フィリピン人捕虜から接収した宝飾品や時計類、紙幣などが個人レベルや各部隊レベルで持ち去られたことは否定できないという。」

http://news.livedoor.com/article/detail/12487709/

ちなみに、我が下宿の大家さんの亡くなった父上は、バギオ市警察署の副所長だった時代に、市役所で上記の「黄金のブッダ」の警備をしたんだそうです。

===========

・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

===========

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

新海誠 「君の名は」(Your Name): 三葉はどうやって町長である父親を納得させたのか

日本国内および海外にまで、爆発的に人気を得ているという
新海誠のアニメ映画「君の名は」。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E3%80%82

日本のアニメを、バギオ市からパンガシナン州まで見に行った。

https://www.clickthecity.com/movies/theaters/robinsons-place-pangasinan

 

19日の夕刻6:40pmから「君の名は」が上映されると言うので、
バギオ市から車に乗せてもらって、バギオ市からラ・ウニオン州を越えて
もうひとつ向こう側のパンガシナン州まではるばる行ってきました。

Img_5784a

(「君の名は」は 夕刻のみの上映)

結論的に言えば、「ストーリー展開がやっと納得できた。」です。

実は、私は、日本に一時帰国していた10月に日本の映画館で一度観たんです。
しかし、ストーリーの展開が速過ぎて、いま一つしっかり理解できて
いなかったんですねえ。

フィリピンで
「12月14日から上映されるぞ」・・って記事をみたもんで、
さあ、バギオ市の映画館で観られるな・・と楽しみに待っていたんです。
http://www.animenewsnetwork.com/news/2016-11-14/pioneer-films-to-open-shinkai-your-name-film-in-philippines-in-december/.108790

ところがどっこい、いざ14日になっても、SMバギオ・シネマ
インターネット・サイトには、それらしきスケジュールが掲載されていない。

FACEBOOKを通じて、バギオの映画館に問い合わせたところ、
上映予定に入っておりません。」とのつれない返事。
(その理由を推測したんですが、おそらく、先の台風で
 SMの天井が吹き飛ばされ、4つの映画館のうち2つが閉鎖
 された状態なんで、上映できる映画が制限されたってこと
 じゃないかと思うんです。)

そこで、インターネットで検索しまくったところ、
一番バギオ市に近そうな映画館で、「君の名は」を上映しているところは
パンガシナン州にあるロビンソンズ・デパートの中にあるシネマで
あることを発見。

Img_5784

バギオ市の2名で出かけ、パンガシナン州に国際交流基金から派遣されて
いる女性が加わり、計3名で観ることになった次第です。

フィリピンの映画館の上映予定というのは、当日の朝にならないと
発表されないという面倒なシステムなので、毎朝サイトで上映予定が
あるかどうかを確認しなくちゃいけません。

19日の朝にやっていることを確認して、2時間強を掛けて
行ってきました。

ところで、私は、その前夜18日の夜に 「君の名は」の2回目
観たんです。

・・・・と言うのは、昔の私の日本語の生徒が、その友人から
映画の「コピー」を手に入れたと言うことで、それをプレセントされたんです。

「ええ~~、世界のあちこちでまだ上映している最中に
 そんなのが出回ってるの? 違法コピーなんじゃないの?」

「大丈夫、大丈夫、なんでもダウンロードできるから・・・」

「有料なの?」

「無料です。 ITの仕事をしている友達が無料でダウンロードしてくれた。」

「そりゃあ、絶対違法だよ・・・」

・・という怪しげなコピーをもらいました。

で、そのコピーで 18日の夜に 「予習」をしたってわけ。

さて、その怪しいコピーなんですが、

勿論 「このDVDは上映目的の為に配布されるものです・・・云々」
と書いてありまして、WATERMARK(透かしみたいなもの)も入れてある
と注意書きがあります。

映像の左上には、Property of Toho Co., Ltd. が表示され、
右上には YN-009 という番号が 常時表示されている。

そして、これはおそらく正式の英語字幕と思われるものが
画面の下に表示される。

さらに、その英語字幕の下に、中国語の字幕が入っている。

そして、テーマ音楽が流れると、英語字幕の下には
日本語で歌詞が表示される。
そして、同時に、画面の一番上に、歌詞の中国語訳が流れる。

そして、そして、その「透かし」が、時々 画面の真ん中
右から左へと 英語で流れる。
「このDVDは上映目的の為に配布されるものです・・・云々」

いたれり尽くせりの「海賊版」、これが自由に、無料でダウンロード
出来るサイトがあるらしい。
(私は、そんなものを知りたいとも思いませんが・・・)

・・・まあ、いずれにせよ、その「海賊版」による「復習」と
「予習」で、19日の「本番」に備えたわけです。

この2回目で、全体のストーリーがほぼ確認できたわけですが・・・

やっぱり、映画は、大きいスクリーンで、素晴らしい音響設備で、
その雰囲気に埋没するに限る。

・・・ってことで、パンガシナン州のロビンソンズにある映画館へ。

Img_5790

もちろん、素晴らしい作品だと思ったから3回目を観に行った
わけですが、今回は、ストーリーを完全に理解すること、
映像と音声、音楽をしっかり楽しむこと、それに、フィリピン人の
観客の反応がどんなもんかを感じること・・・だったんです。

で、映画館には、6:40pmスタートの直前に入ったんです。

我々3名が 一番乗り。 貸切です。

ど真ん中の席に ゆったりと座って いろんな映画の予告編を
観ている間に、ちらほらと観客が入ってきて、結局最終的には
15名~17名ぐらいだったかと思います。

要するに「ガラガラ」の見本でした。

チケットは170ペソ。
いくら若い人に人気があると言っても、まあ、この値段は
普通の若者には無理ですねえ。

昼飯代が 30ペソとか50ペソくらいの田舎だし。
それに、夕方6:40pmと9:00pmの上映だし。
まあ、ハードル高いです。

バギオ市の映画館だったら、割と日本文化大好きの若者も
多いんで、ここよりはお客は入っただろうと思うんですが・・・・

土日の週末にどんだけ入ったか気になるなあ・・・

・・・・・・

さて、3回目をしっかり集中して観てどうだったかっていうと・・・

最後の最後で、三葉本人が 町長である父親を どのように説得した
のかってことが気にかかりました。

まあ、その前に、三葉の身体に入った瀧が、町長の首根っこを
つかまえるシーンが伏線としてはあるんですが、二回目は
三葉本人が決死の表情で父親に迫ったということなのでしょう。
結末では、町長の強引な「避難訓練」で町民が助かったという
話になっていました。

もし私が監督だったら、流星の一部が分裂して枝分かれする
ところを町長に予告して見せて納得させるというシナリオに
したかもしれません。(ちょっと月並みかな・・・)

=== 同じような疑問を抱いた人がいないかと思って検索したら・・・

=== こんな「ネタばれ」サイトが見つかりました。

http://ikeparatengoku.seesaa.net/article/442665115.html

=== いやあ~、めちゃくちゃ深いですねえ。

 

この映画は、日本では、若者たちから始まり、次第に中高年にも
その客層が拡大して、中高年が涙を流すというNHKの分析も
ニュースで報道されました。

私自身は、一番最後のシーンで3回ほど、泣きそうになりましたけど・・

時空を超えた壮大なシナリオといい、美しい映像といい、
日本のあちこちで起こっている災害を思い起こさせる内容といい、
日本人の琴線に触れるアニメ映画が 世界を魅了すると
素晴らしいなあと思います。

 

ところで、映画の最中のフィリピン人観客の反応ですが・・・

我々の後ろに座った男たちが、終始ペチャクチャとしゃべっていました。

どうも、シーンのひとつひとつを一人が解説?していたみたいです。

まあ、それも、フィリピン流の楽しみ方なんでしょうね。

しかし、ひとつ許せなかったことは、映画館のやり方でした。

一番最後に音楽とエンド・ロール(スタッフ・ロール又はエンド・クレジット)が流れるわけですが、これを映画館が途中で切っちゃったんです。

エンド・ロールが始まると、フィリピンの観客は席を立ってしまい、映画館側も場内を明るくしちゃうんですねえ。 挙句の果てに切っちゃうんだから・・・もう~~~~。

Img_5794

このモールでは、映画が終わった9pmごろに 大勢の人たちが集まって、特別なミサが行われていました。

 

 

===========

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月11日 - 2016年12月17日 | トップページ | 2016年12月25日 - 2016年12月31日 »