« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »

2016年2月19日 (金)

フィリピン・バギオ市のコスプレ・ショップ: Pandra's Box in Baguio Center Mall

バギオ市は フラワー・フェスティバルでも有名ですが、中でも目玉となっているのは、2月最終土曜日の「ダンシング・パレード」と 最終日曜日の「フロート(花車)パレード」です。

Flower_festial_2015_and_sakura_terr

この花車パレードの一番最後に、ここ3~4年で俄然ブームとなっている日本のコスプレが参加しているんです。

Flower_festial_2015_and_sakura_te_3

そのコスプレ・パレードは こんな感じなんです。

Flower_festial_2015_and_sakura_te_4

こんなんだったり、するんです・・・

もちろん、こういうのは、基本的にコスプレ・ファンが、自作しているんですけど・・・

Img_5219

大学生時代の コスプレ趣味が高じて、こんなコスプレ・レンタル・ショップを作っちゃった若者がいるんですねえ・・・

Img_5220

コスプレ・サークルの若者に聞いてみたところ、バギオ市周辺には、ほとんどの大学にコスプレ・サークルがあって、活動しているのは300人以上じゃないかって言うんです。

Img_5222

店内は、こんな感じ。

ハンガーにぶら下げてあるコスチュームは、ほとんど女の子用という感じです。

Img_5226

そこで、男用のカタログを見せてもらいました・・・・

Img_5224

私はほとんど漫画は読んでいないんで、なんだか分からないんですけどね・・・

上のは「ナルト」のやつみたいですね。

Img_5225

「アイアンマン」なんかもあります。

その下は なんと「伊達政宗」です。

・・・パラパラとカタログを眺めたところ、男用は20着くらいありました。

 

3日間のレンタルで、安いのは200ペソ、手の込んだ材料費の高そうなものは

1,500ペソと いろいろあります。

Img_5227

ここは、アーチェリーがやれるようになっていまして、看板にも書いてありますが、もうひとつの名目が IMAGINARIUM (敢えて訳せば 空想館とか想像館?)となっています。

Img_5228

こういう空間に身を置いて、自分のコスプレ姿を撮影したり、空想の世界に入ってみるのも、たまにはいいかもしれませんね。

Img_5229

日本では、コスプレをやるのは、ちょっとねえ~~と言う方。

国内ではなかなか踏み切れないことでも、海外でなら 思い切ってやれるかもしれませんよ。

Img_5218

バギオ市のどこにあるかと言いますと・・・

バギオ・センター・モールの5階。

ビンゴ・ゲームのお店とボーリング場の間にあります。

バギオの想い出をひとつ増やしてみませんか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

Condolences on Artist Vincent F. Navarro : passed away at his 23 years age

23歳という若さで亡くなった 将来を嘱望されたアーティスト ビンス君に 心からの哀悼の意を表します。 

Very young artist  Mr. Vincent F. Navarro passed away in the night of February 16, 2016 after two weeks confinement in a hospital, Baguio city.

3img_5164

he is sleeping very blissfully at Baguio Memorial Chapel.

00_vince_2010_a0109542_22142155
when i met him for the first time in 2010,  he was a member of Society of Visual Arts, University of the Philippines, Baguio.

00_vince_img_0900

since then,  he has been a leader to install art works in Baguio Museum for our Tanabata Festival , a part of Philippine-Japan Friendship month activities.

01_vince_img_1024

he spent a lot of time  to prepare and install several art works to entertain the people in Baguio city and many visitors.

01_vince_img_1017

even when  i gave him a basic concept and a few words on the art works inspired by Sendai Tanabata festival,  he made something beyond my expectation always.

01_vince_02img_0933

he worked very hard and took the responsibility without any complaint, and he kept smiling.

01_vince_img_0920

he did any kind of work even when it is troubllesome for other persons.

Art_of_vince_00

he was very much reliable, trustworthy, humble, kind, cheerful  and nice guy.

5img_5163

Sayonara  Vince san,   and  let us work together even in the heaven in future..

Let us work for greater  Tanabata Festival and enjoy much more over the Milky way....

ビンス君は、大変貧しい家庭に育ち、少年時代には、バギオ市営マーケットで袋売りもやっていたと聞きました。

ハイスクール時代には普通のクラスの生徒だった彼は、絵画などで才能を表し、フィリピン大学バギオ校の芸術学部に進学。

Art_of_vince_03

そして、SVA(美術サークル)のメンバーだった2010年に、日比友好月間イベントのひとつである「七夕祭り」の竹を中心とした バギオ博物館での展示制作をお願いしました。

それ以来 2015年の七夕祭りまで、実に信頼できる若い相棒でした。

Art_of_vince_01

その彼が、2016年2月16日の深夜に、二週間入院した後 亡くなりました。

実は、彼は、アメリカのロックフェラー財団からその才能を認められ、6ヶ月間 ニューヨークでの アーティストとしての修行の機会を約束されていたのです。

00_vince

今から いよいよ世界に飛び立とうとしていた矢先の 急逝でした。

Art_of_vince_04

どんな仕事でも いやな顔をせずに やってくれた、実に頼りになる 若い相棒でした。

5img_5158

彼には、お母様と弟さんが 病院で付き添っていたそうです。

5img_5156

母上と弟君に 私の感謝の気持ちを伝えようと思いましたが、

しゃべろうとすると 涙が溢れそうで、声が出ませんでした。

23歳という若い息子さんを亡くされた 母上に 掛ける言葉も見つかりません。

5img_5161

これは フィリピン大学バギオ校の皆さんからのお花。

5img_5207

その友人たちが作った 「ビンス君の想い出」が映し出されました。

5img_5199

元気だったころのビンス君。

5img_5209

作品制作中のビンス君。

5img_5181

たくさんの仲間たちが最後のお別れに来ていました。

私は、彼の同年輩の 友人たちの中に紛れて、最後のお別れをするのみです・・・・

5img_5187_2

入り口の左の供花は 北ルソン日本人会、一番右側のは バギオ博物館。

Img_5169

そして、私も個人的に 「七夕祭りファミリー」ということで・・・・

天国で また一緒に 盛大な七夕祭りが出来たらいいな・・・・

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月7日 - 2016年2月13日 | トップページ | 2016年2月21日 - 2016年2月27日 »