« フィリピンの犯罪率、治安は アメリカなど欧米と比べてどうなのか・・・バギオ良いとこ一度はおいで | トップページ | フィリピンの大学の観光学部って何だ? 研究論文発表全国大会の(中身)   »

2017年2月 5日 (日)

フィリピンの大学の観光学部って何だ? 研究論文発表全国大会

先日、こんなイベントがあって、中身もよく分からないまま
行ってみました。

3img_8498

International Tourism and Hospitality Students Convention

日本語教育の関連で数年来の知人である大学教授から
2日前に突然に依頼があって、「日本のことを話してください
という漠然とした話だったんです。

で、Eメールで詳しいことを教えてくれと頼んだら、
立派な依頼文が届きました。

内容を読んでみると、ツーリズム、観光に関する大学生の
イベントで、「日本の観光に関するスピーチをして欲しい
と言うことが判明。

「そんなこと、私は門外漢だから無理ですよ~~」

「日本人の人で誰かいませんか?」

いろいろ考えていたら、たまたま 昔 観光関係の経験者
が居ることを思い出し、その年配の方にお願いしたら
「いいよ」という答が返ってきて、安堵したんです。

その方も、依頼状をみてびっくり。

「大学っていうから、大学の教室でせいぜい何十人かを
前にしゃべればいいかと思っていたら、こりゃあ大変だ・・・」

ってことで、丸一日を掛けて、スピーチ原稿を考えて
もらったんです。

さて、当日。

3img_8355

お昼前に落ち合って、バギオの名門老舗カントリークラブ
多目的ホールに到着。

担当の人に聞いたところ、フィリピン各地の大学から
700名ぐらいの 学生と教授、観光関係者が参加している
とのこと。

スピーチを受けてしまった方も、
「こんなに大勢の人を前に話したことなんかないよ・・・・」

4img_8482

・・

・・

(中間部は 後日 書き込みします)  ・・・ここをクリックしてください・・・

さて、フィリピン・バギオ市には、大小数えると10校ぐらいの
大学があるんですけど、その多くには 数年前までは
Hotel and Restaurant Management (ホテル・レストラン経営)
学部なるものがあったんですが、最近はなぜか、どちらの
大学も International Hospitality and Tourism Management
(国際ホスピタリティ・ツーリズム経営)学部と名称が変わって
いるんです。ちょっとお洒落な感じですかね?

その例として、バギオ大学の その学部の内容をこちらの
サイトでご覧いただきましょうか:
http://www.ubaguio.edu/index.php/school-of/intl-hospitality-and-tourism-mgmt.html

このバギオ大学は、たまたま、今回のイベントの幹事大学ですが、
他の大学でも 将来は観光、旅行、ホテル、リゾート、レストラン、
あるいは外洋航路の大型客船などでも、世界中で活躍する
フィリピン人の供給拠点となっていて、地元でも海外に於いても
提携するホテル、レストラン、旅行会社などでの実務経験も
やっているようです。

そこで、ふっと頭に浮かんだんですが、
日本には こういう学部を抱えている大学たあったかな、
ってことで検索してみたんですが、国際観光学部系の
学部は数えるほどしかないみたいですね。

たまたま見つけた大学はこちらにありました:
文教大学 国際学部 国際観光学科のサイトです。
http://www.bunkyo.ac.jp/department/inter03.htm

これをフィリピンの学部と比べてみると、日本ではレストラン経営
というのは入っていないようです。

多分、レストラン系は、調理師学校などの専門学校が
扱っているんでしょう。
フィリピンの大学では、レストラン学科で調理などもやっている
ようです。 かなり実務的です。

・・・・

海外にいると、時々 日本人というだけで、大学などから
講演、スピーチをやってくれという依頼が来ることが
あるんですが、今回は 観光というトピックだったので
最新の情報を1日で準備するのは無理だったんです。

終わった後で、今後の為に何か情報を仕入れておかなくては
いけないってことで、某所より情報をいただきました。

日本の観光について、日本政府観光局のサイト。
http://www.jnto.go.jp/jpn/index.html

フィリピンを管轄しているのはバンコク事務所だそうです。
http://www.jnto.go.jp/jpn/about_us/overseas_network/bangkok/index.html

訪日観光客向けのサイト。
http://www.jnto.go.jp/

ビジネスオペレーター等が動画をダウンロードできるサイト。
http://www.visitjapan.jp/en/

これらのサイトの情報は、海外で生活している皆さんに
とっては、事情通の日本人を気取るにも いいかもしれないですね。

私自身は今回はただ観るだけでしたんで、
次回からは気取ってみます。

=============

 

|

« フィリピンの犯罪率、治安は アメリカなど欧米と比べてどうなのか・・・バギオ良いとこ一度はおいで | トップページ | フィリピンの大学の観光学部って何だ? 研究論文発表全国大会の(中身)   »

コメント

たけじーぷさん、
いろいろとお詳しいですね。

コールセンターの指導的立場のアメリカ人や、フィリピン人の
管理職の人も知っていますが、現場のフィリピン人は
やはりかなりストレスがあるという話は聞いています。
24時間営業のカフェは、昼間っからビールを飲んでいる
社員でにぎわっています。

確かに、一般的なフィリピン人の仕事の仕方からすれば、
かなりのストレスにはなるでしょうね。

看護師については、フィリピンの教育制度が他とは
2年間短かったわけなので、レベル的な違いは当然でて
いたんでしょうね。
だから、医者がアメリカで看護師の免許をとったり
して来たのかもしれないですね。


ほお~~、自学だけで、それも十数年も頑張ってきたと
言うのは凄いですね。 実に忍耐力があると思います。

このサイトのメルアドに連絡をいただければ、
お会いしてもいいですよ。

投稿: sase tamotsu | 2017年2月 6日 (月) 00時04分

コールセンター勤務はなかなか給料いいですからねえ。

現場のいわゆるエージェントと呼ばれる一般職はもちろん、外国人マネージャ連中(ただし日本人は除く)の中には15~20万ペソ(月収)以上もらうのも少なくないとか。私がやりたいですわ(笑)

ただしコールセンター勤務は多くのフィリピン人らにとっては過大なストレス(勤務中はおしゃべりできない、携帯電話が使えない、遅刻欠勤は許されないなどなど、言ってしまえば至極当たり前のことばかりのようですが)を伴うようで、色々とコールセンター内での様々な問題、too muchなcasual hook ups、drug abuseなども伝えられ始めてけっこうな年数が経ちます。

米国ではこれまでフィリピン人看護師は少なくありませんでしたが、減少傾向にあります。ひとつには他の途上国からの人間との雇用契約の奪い合い、競争の激化、そして残念ながら米国医療機関の現場でのフィリピン人看護師の評価が相対的には芳しくなく、病院などの経営側は頭数さえ揃えてればいいだろと思っているらしいのと違い、一緒に働く現場の人間たちからはあまり好まれていない、などなど。

今もそうなのかは知りませんが、少なくとも以前はフィリピン人看護師たちは国際赤十字では働けませんでした。赤十字が要求する知識と技術を満たしていないから、と。

そのイロカーノ君とは知り合って10数年経ち、昨年やっとマニラで実際に会うことができましたが、知り合ったころ彼は既に日本語学習を始めていました。実際会ったときも会話はすべて英語(私はフィリピン滞在中は日本語は話したくないもので)でしたけど。日本語単語帳も作ってたりと、まあ努力家で熱心であることは間違いないです。

彼はずっとself studyのみで、一度も日本語学校の類は行ったことありません。次はもちろんN2だと思います。バギオにいらっしゃるさせさんのことを話したら、ぜひ一度お会いしたいですと言ってました。

投稿: たけじーぷ | 2017年2月 5日 (日) 18時47分

たけじーぷさん、お早うございます。
はい、就職はいずれの学部でも なかなか大変みたいです。
HRMで勉強していた コスプレ・サークルの部長さんは、毎回コスプレ・イベントで頑張っていましたが、彼女も調理やケーキづくりを大学で学んでいたようです。
しかし、結局卒業後には コールセンターで働いています。

私の大家さんの親戚の子は、大学の医学部を出たんですが、アメリカに仕事先を探そうとして、ビザが下りずにがっかりしているそうです。
その両親も医者なんですが、アメリカへ行って看護師の仕事をしたいと 何度もチャレンジしていましたが、結局うまくいっていないと聞きました。


ITについては、大昔の話ですが、JICAから専門家としてバギオに派遣されていた 日本人システム・エンジニアと話す機会があって、その時に彼女は、「フィリピンでシステム・エンジニアと呼ばれている人たちは、日本では プログラマー・レベルでしかない」と言っていました。

ただ一方では、 日本のIT企業が バギオでフィリピン人を使って フィリピンや日本の顧客を相手に仕事をしていますから、おそらく大学の中には それなりのレベルで教えている大学もあるのかもしれません。

N3合格ですか。
どこかの日本語学校で勉強しているんでしょうか?
自学だったらすごいですね。


  

投稿: sase tamotsu | 2017年2月 5日 (日) 10時31分

H & R Managementはかつてとても人気がありました。しかし実際卒業後就職先を探すのはやはり簡単ではなかったそうです。

知り合いの子弟たち(今はまだ高校生)の中には将来 culinary コースを志望している子たちがいますが、実習の教材費(=食材や調味料代)でけっこうお金が掛かるコースということで、知り合いの親達は頭を抱えてたりも…

つい数日前、バギオにいるイロカーノの友人からあるニュースへのリンクが送られてきて、彼は溜息ですよ、と。

なになに?とその現地のニュースサイトの記事を読むと、ITコースに通う現地学生の半分はプログラミングをまったく学習したり経験しないんだとか。ITコースみたいな名称の学科でも、実際はMS Word、Excel、PowerPointなどの「使い方」を教えるだけのところが多いのは昔から知っていましたが…

溜息をつくその彼はCPA(フィリピンでは税理士の意味?)で大学もそのコースでしたが、プロのプログラマーではないものの、彼自身仕事上でも趣味でもコーディングはします。

IT業界で働く人間全員がプログラミングができなくてはいけないとは私自身は思いませんが、少なくともコンピュータの基礎はしっかり知っていないと、とも思ったりします。大手IT企業では、System Engineerという肩書とその名刺を持って、しかして実際の毎日の仕事はすべて外注管理、なんてのはザラですしね。

「我が国のIT立国はまだまだ遠いですよ…」とまた溜息をつく彼でした。

ちなみに彼、先日のJLPTの結果をうけとりましたが、N3をパスしたそうで喜んでました。

投稿: たけじーぷ | 2017年2月 5日 (日) 10時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/64852144

この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンの大学の観光学部って何だ? 研究論文発表全国大会:

« フィリピンの犯罪率、治安は アメリカなど欧米と比べてどうなのか・・・バギオ良いとこ一度はおいで | トップページ | フィリピンの大学の観光学部って何だ? 研究論文発表全国大会の(中身)   »