« バギオ市 セッション通りからレガルダ通りへ: タクシーの車窓から | トップページ | バギオ市ケノン・ロード散歩: 1904年の沖縄移民慰霊碑を探して Camp7からCamp6へ »

2017年3月13日 (月)

from Trancoville to Lower Brookside : Walking & Photo taking in Baguio city

普段はめったに行かない、バギオ市のトランコビルとブルックサイド。

Img_1257

トランコビルに チャイニーズ・ホスピタルという中国医療の病院があって、その院長さんが チャールズ・チェン医師だったんですが、2013年9月に亡くなられまして。

http://www.baguiomidlandcourier.com.ph/front.asp?mode=archives/2013/october/10-6-2013/front3.txt

Dr. Cheng was known as the doctor for the poor who offered fruits or whatever produce they had as gratitude for the free treatment the doctor offered them. They will miss him after he succumbed to complications at a Baguio hospital on Sept. 26. He was 81.

Born in Baguio on May 7, 1932 of parents from mainland China, Dr. Cheng will be mostly remembered for his extensive practice and expertise in acupuncture and traditional Chinese healing methods.

バギオ市の中国系フィリピン人のコミュニティーを代表する人でもありました。

バギオ博物館での日比友好イベントなどにも参列していただいたものです。

Img_1289

その院長ご夫妻が出版された 中国系フィリピン人の北部ルソン島に関する歴史本。

資料として使わせていただいたお礼に行ったんです。

このドクター・チェンは、毎年12月に開催されている 平和慰霊祭の時にスピーチをされまして、「日本の戦前のスローガンは良かった。しかし、そのやり方がまずかった」とおっしゃっていました。

 

Img_7130

要するに、この1930年代のバギオ地図の完成のお礼に行ったんです。

でも、残念なことに、チャイニーズ・ホスピタルは、スーパーみたいなお店に改装中でした。

院長の奥さまの秘書なる人が後で来るってことで、完成品の地図をお渡しして・・・

Img_1263

しみじみしながら、ちょっと散歩しました。

Img_1265


名も知らぬ花々。。。。

うちの下宿のお婆ちゃんの庭にもあるんですけど。

Img_1267

「ここで洗車をするな!」

Img_1268

なるほど・・・・井戸水かなにかがいつも使えるわけですな・・・

Img_1270

これって、紫陽花の一種なんでしょうか?

Img_1272


この周りは、傾斜地に民家がびっしり。

まあ、私の田舎の長崎あたりも似たようなもんですけどね。

Img_1273

道路が狭いんで、歩行者は歩きにくい。

Img_1275

PUROKと言うのは、街区ぐらいの意味でしょうか。

Img_1274

Green House for Transient の看板。

トランジエントと言うのは、短期滞在の旅行者という意味でして、バギオにはたくさんあります。

まあ、一言でいえば安宿みたいなものです。

Img_1277

こういう石積みは何と呼ぶんでしょうね。

バギオ市のいたるところで見られる崖の石の積み方です。

なかなか風情があります。

Img_1279

JPComCares ジャパン・フィリピン・コミュニティー・アンド・コミニケーションと書いてあります。

ここは、随分前に一度見学したことがあるんですが、障害児のケア・ホームのような施設です。 どちらかと言えば、障害児の親に対する教育をしているようです。

Img_1281

これは何と言う花でしょう。

日本でも鉢植えのものを見たことがあるような・・・・

Img_1282

こちらでは、道路脇に たくさん植えてありました。

棘がたくさんあるから、もしかして泥棒よけの意味もあるのかな??

Img_1283

時々思うのは、バギオ市では ここに見える5階建ての民家が結構見られることです。

日本では、普通の民家で3階建てとか5階建てとかはあまり見ないですよね。

建築基準はどうなってんの? と不思議に思うことも多いです。

Img_1284

この急な、無理やりな坂。

こんな坂を見ると、我が故郷の長崎・佐世保を想いだすんです。

Img_1286

石垣、このいい加減に見える石積み。 いいなあ~~~。

Img_1290

これ、調べてみたんですけどね。

黄色いコスモスみたいに見えます。

日本では、ピンクや白が多いように思いますけど、黄色もあるんですね。

http://ameblo.jp/hitotarou0818/entry-12199736075.html

「キバナ・コスモス」というのがあるみたいです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%90%E3%83%8A%E3%82%B3%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%82%B9

「原産地はメキシコで、標高1600m以下の地域に自生する。18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、ヨーロッパに渡来した。日本には大正時代の初めに輸入された記録が残っている。」

・・・ メキシコとフィリピンは、スペインの植民地で昔から強いつながりがありますから、フィリピンにこのコスモスがあっても不思議じゃないわけだ。

Img_1291

この配色、なかなかいい感じじゃないですか?

Img_1295

この花が一輪だけ ひっそりと開こうとしていたんですけど、満開になるとどんな花になるんだろうなあ・・・・

Img_1296

下の看板。

「清潔さ。 規律正しさのシンボル」

まあ、言いかえれば、「散らかすな」ってことだと思います。

フィリピンの人たちは、このディシプリンという言葉が好きなようなんですけどね。

よく、「日本人はディシプリンがある」と言われます。

Img_1299

「清潔好き」で思い出したんですけど、

最初に書いた 中国系フィリピン人のお医者さんが言っていました。

100年前にバギオに通じるケノン・ロード建設に携わった日本人は、建設工事中の飯場の近くにある自然の温泉によく入っていた。

あまりに綺麗好き、清潔好きだったんで、病気に弱くて、たくさん死んでしまった。

人間は、そこそこ汚い所で免疫をつけないとダメなんだよ。

まあ、「水清ければ、魚棲まず」・・・なんていいますもんね。

意味が違うかな???

Img_1301

ここも、マニラから253キロの地点でした。

この前行った TIPTOPも同じ距離でしたね。

さて、お散歩はここまで・・・・・・

Img_1302

穴倉に潜り込んで・・・・・

Img_1304

ジョニー・ウォーカー・ブラックのコーラ割り。

Img_1311

昼の盛りから 酒盛りです。

Img_1321

なんでかって言うと・・・・

下宿が9AMから5PMまで停電だったもんで、パソコンも使えず、

ここで映画監督としみじみやったわけです。

フラワー・フェスティバルのパレードで、ビデオ撮りをお願いしたもんで。

Img_1315

このバーは、バギオ市の中でも一番雰囲気のあるバーなんですよ。

昨年のミッドランド新聞の年末のノミネーションにも入っていました。

http://www.baguiomidlandcourier.com.ph/nominations2016.asp

ご覧のとおり、 Bar of the Year -  Rumours と掲載されています。

ちなみに、 インデックスの I のところを見ますと・・・

Institutionalized  Japanese Community Festival of the Year

7th Tanabata Festival

とあります・・・・

これは、バギオ市の年中行事としての年間賞ノミネート:

「制度化された日本人コミュニティーの祭り - 第七回七夕祭り」

・・・ってことなんですねえ。

嬉しいです。

しみじみ お酒も美味しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« バギオ市 セッション通りからレガルダ通りへ: タクシーの車窓から | トップページ | バギオ市ケノン・ロード散歩: 1904年の沖縄移民慰霊碑を探して Camp7からCamp6へ »

コメント

先生、ご無沙汰しています。雰囲気のあるBarですね。それにコーラ割ですか。(ゴクン)と喉がなります!
妻が3月28日から20日間近く、学校の春休みを利用してバギオに帰ります。会われた時には、よろしくお願いいたします。

投稿: 古江孝治 | 2017年3月21日 (火) 11時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/65007689

この記事へのトラックバック一覧です: from Trancoville to Lower Brookside : Walking & Photo taking in Baguio city:

« バギオ市 セッション通りからレガルダ通りへ: タクシーの車窓から | トップページ | バギオ市ケノン・ロード散歩: 1904年の沖縄移民慰霊碑を探して Camp7からCamp6へ »