« 日本の少子化対策はあるのか・・・フィリピンの田舎でふと思う | トップページ | AI人工知能が占い師にとって代わる? 平和な世界もロボット政治家にお任せ?? »

2017年6月30日 (金)

「勇気」や「元気」を貰ったり、「感動」を与えたりの日本語

随分前から気になっていたんですけどね・・・・
まあ、言語は生きているんだから いいじゃないかって言えば
それはそうなんですけど。

日本語教師としてはやっぱりいろいろ悩むわけですよ。

Img_6486

・・・・

なんで、今書く気になったかっていうと、
さっき NHKのニュース・チェック11を音だけ聞きながら
パソコンを使っていたら、私の耳にこんな音声が突然入って
来たんです・・・

「~~~ 下げれるか~~~」

この下げれるかだけがポ~~ンと入ってきたわけ。
前後の文脈も、なんのニュースかも知りません。

で、ニュース番組の男性担当者は 何者かと思って調べたら
青井というアナウンサーなんですね。

NHKのアナウンサーだけど、「下げれるか」と言うんですね。

「下げる」は、文法的には 下一段活用なんですね。
下一段活用は、こちらに解説があるとおりで:
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/101096/meaning/m0u/

「動詞の活用形式の一。語形が五十音図の「エ」段の音(
または、それに「る」「れ」「よ」「ろ」のついた形)だけで
語形変化するもの。」

国語の文法と外国人に教える際の日本語の文法は動詞の分類が
違うのでこちらのサイトで日本語の文法での「可能形」を見て
みましょうか。

http://www.coelang.tufs.ac.jp/mt/ja/gmod/contents/explanation/074.html

グループ2の動詞は辞書形からruをとって-rareruをつけます。

例:たべる(taberu)
 tabe- + -rareru → taberareru たべられる

「下げる」は、ここでは「グループ2」の動詞ですから・・・

その可能形は 「下げられる」になるんです。

・・・・だから、青井アナウンサーの 「下げれるか」は
文法的には違うよなあ~~~と 向こうから耳に入ってきた
ってわけです。

日本語教師の職業病ですね。

Img_6521

さて、ここで、本題に戻りましょうか・・・・

今朝の朝ドラ「ひよっこ」で 
「宗男おじさんが 元気をくれて・・・・」とかなんとか
主人公の独白があったんですけど、ビートルズの時代
そんな言い方したっけなあ~~~と思ったわけ。

NHK「素人のど自慢」なんかでも、一般の人の口から
次から次に出てきますしねえ。

最近はNHKニュースでも やたらに 「元気をもらう
勇気をもらう」 「感動を与える」・・・なんて言い方が
流行っているんですけど、これっていつから流行りだしたん
でしょうかねえ。

要するに、「元気」「勇気」「感動」などという抽象的な
個人的な感情を表す言葉が 「やる」とか「もらう」ものに
なっちまってるわけですねえ。

確か昔は・・・・
元気づける」とか、「勇気づける」とか、「感動する」とか
・・・まあ、そんな言い方だったと思うんですよ。

だから、
「元気をもらう」 は 受身で「元気づけられる」で、
「勇気をもらう」 は 受身で「勇気づけられる」だったし、
「感動を与える」になると、もうこれは「感動させる」なんだけど、
そもそも「感動する」ってのは受け取る側の気持ちなんだから
「与える」とか「させる」もんじゃあね~~だろ~
ってな感覚があるわけですよ。

だから、ふる~~い人間だとお思いでしょうが、
許せんわけですよ。

日本語教師としての立場ってのもあるしねえ・・・

Img_6435

で、NHKの「ことばおじさん」はどんなことを言っているかって
言うと・・・見つけました・・・

「勇気をもらいました」「感動を与えたい」コメントに感じる違和感
https://www.dailyshincho.jp/article/2016/05270554/?all=1

「NHKの「ことばおじさん」として知られる梅津正樹アナウンサーは、
「本来『元気にさせてもらう、感動させてもらう』と言うべきだが、
それを省略、強調した」表現なのかもしれないが、「気になる人も
多いようだから、気をつけたほうが良いかもしれない」と同局の
サイトで述べています。

 さらに国立国語研究所に問い合わせたところ、同趣旨の質問を
受けることがある、との話でした。答えてくださった先生によれば、
スポーツメディアの影響が大ではないか、とのことでした。
「勝ちに行く」「結果を出す」も同種の言葉ではないかという
指摘もなさっていました。」

・・・と、なかなか大人の対応をされているんですけどね。

生きている言葉を教える日本語教師としては、
ここはひとつ、ぐっと堪えて、

最近の日本では、勇気や元気や感動を
あげたり、もらったり、やったり、くれたり、与えたり、
いろいろと ギブ・アンド・テーク しているらしい
ってな具合で教えるしかね~~のかね~~~。

あ~~あ、早く人口知能にとって代わられたいよ・・・・
コンピューターなら ビッグデータを処理するわけだから
悩むこともね~んだろうなあ~~~。

 

===

|

« 日本の少子化対策はあるのか・・・フィリピンの田舎でふと思う | トップページ | AI人工知能が占い師にとって代わる? 平和な世界もロボット政治家にお任せ?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/65474024

この記事へのトラックバック一覧です: 「勇気」や「元気」を貰ったり、「感動」を与えたりの日本語:

« 日本の少子化対策はあるのか・・・フィリピンの田舎でふと思う | トップページ | AI人工知能が占い師にとって代わる? 平和な世界もロボット政治家にお任せ?? »