« 「人生ってそんなもの・・・」 のどかで、そして無常な日々、三毛2世の子猫ちゃん | トップページ | 人工知能AIを使う 日本語の翻訳・通訳ってどこまで出来るんだろ »

2017年6月19日 (月)

ある女の子の「父の日」

小学校6年生だという女の子がスマート・フォンの動画を
楽しそうに見せてくれる。

お父さんへ送られてきた「父の日」のお祝いの言葉を
笑顔で伝える人たち。

それはスペインからであったり、イタリアからであったり。

女の子のお父さんはスペイン人。

お母さんはフィリピン人。

そして、その女の子の国籍はアメリカであるそうだ。

お父さんとお母さんがアメリカで結婚し、女の子は生まれた。

Img_5710

そして、両親は離婚。

フィリピン人のお母さんは、アメリカで再婚し家庭がある。

スペイン人のお父さんと女の子はマニラに住んでいた。

昨年の12月、この旧家族の3人は お婆ちゃんの記念日を
祝う為に、数年振りに お母さんの実家があるバギオ市へ
やってきた。

そして、ひとつの家族として3人で記念写真に収まった。

今年の3月だった。

スペイン人のお父さんが病気で突然亡くなった。

女の子は一人取り残された。

Img_5711

女の子は お母さんの実家に引き取られた。

アメリカ生まれのマニラ育ち。

スペイン語と英語はできるが、フィリピン語はあまり出来ない。

マニラでは、国籍の問題などもあり、小学校で普通には
勉学が出来ていなかったらしい。

女の子は、バギオ市の小学校に入る為に、フィリピン語の
家庭教師についている。

女の子が 近くの親戚から借りてきたギターをポロロンと
弾いて見せる。

Img_5749

そして、「お父さんにたくさんメッセージが来ているのよ。」
・・と、スマート・フォンの動画を見せてくれる。

そこには生前のお父さんの姿もあった。
女の子は楽しそうだ。

私は 掛ける言葉を 見つけることが出来なかった。

Img_5738

   
   

|

« 「人生ってそんなもの・・・」 のどかで、そして無常な日々、三毛2世の子猫ちゃん | トップページ | 人工知能AIを使う 日本語の翻訳・通訳ってどこまで出来るんだろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/65433235

この記事へのトラックバック一覧です: ある女の子の「父の日」:

« 「人生ってそんなもの・・・」 のどかで、そして無常な日々、三毛2世の子猫ちゃん | トップページ | 人工知能AIを使う 日本語の翻訳・通訳ってどこまで出来るんだろ »