« 2017年4月2日 - 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月30日 - 2017年5月6日 »

2017年4月13日 (木)

バギオの神社? 戦時中の神明神社の痕跡を探して - PAGASA周辺を歩く

前回は、こんなことを書いたんですが、今ひとつすっきりしないままでした。http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2017/04/post-05b1.html

前回は、二つ目の予定があったんで、気象観測所の周辺をじっくり見て廻る時間がなかったんで、今日は 2回目の探索をやったんです。

2img_0002_2

昭和19年3月8日に造営されたという「神明神社」です。

まさに戦時中にバギオ市の今のバギオ・コンベンション・センターの裏山に造られたという神社なんですね。

昭和20年の1月から3月ぐらいの間には、米軍による絨毯爆撃があったそうですので、その間に破壊されたものと思いますから、およそ1年間ぐらいしかなかった幻の神社と言えるかもしれません。

2img_edited213

神明神社の写真は、この本「第七十四平坦病院」の中にあるとの情報をいただきました。

この本は非売品だそうですが、この本の編集をされた宍倉公郎氏が 「イフガオの墓標」という本の著者でして、その本の中の 「神山信雄著「病院の自活態勢と患者の練成」の章より」 というところに神明神社のことが書かれています。

Img_2147

これが 「イフガオの墓標」 なんですが、この本には戦時中のバギオ市周辺の出来ごとがかなり詳しく書いてあります。

Img_2143


・・・そして、この本のこの写真に、

裏山から望む分院全景」というのがあるんですねえ。

「中央松林の向こうの凹地にバギオ市街が展望された」 とあります。

・・・この裏山に 「神明神社」があったんですが、その場所を探しているわけ。

5img_2048

さて、そこで、まずは前回 確認できなかった、バギオ・コンベンション・センターの裏側あたりからつぶさに見ながら歩いてみます。

5img_2050

これはコンベンションの裏通り

左側に松林があって、右側には手前が最高裁判所、その向こう側からPAGASA(気象観測所)の入口の長い坂道、さらにその先に最高裁関係の住宅地があります。

その又先には、右側にビクトリー・ライナーのバス・ターミナルが続いています。

5img_2052

・・で、これは右側にある 最高裁の敷地の中にある立派な屋敷。

この家の裏側には、山と言えるほどのものはなさそうなんですよねえ・・・

5img_2055

・・・で、この最高裁の屋敷の右側に廻ってみます

ちょっと丘みたいに見えるんですが・・・・

5img_2056

ちょっと不法占拠しました・・・みたいな建物があって、この上に登ってみたいんですが、他人の家に侵入しなくちゃいけない感じなんで・・・・

5img_2057

裏山の右側をぐるりと廻って、登る道がないかを探します・・・

5img_2059

・・・で、左方向に登る階段があったんで、登ってみたんですが、こちらも民家でどんずまり。 そこのお兄さんに山に登る道がどこかにないか・・って聞いたら、「PAGASAの方からしか入れないよ。 グリーン・ゲートから入るしかないよ。」 ってことでした。

5img_2060

・・・で、前回と同じ PAGASAの入口から 長い坂を登ります。

5img_2063

そして、前回はこの道の左の測候所の建物の方はみたので、今回は右に最高裁の建物を見ながら真っすぐ進んでみることにしまして・・・・

5img_2065

こちらも 測候所の建物なんですが・・・

5img_2070

これは 仕事の場じゃなくて ゲスト・ハウスみたいな感じでした。

5img_2067

ここで「裏山」が終わっています。 この写真の右側に 最高裁やコンベンション・センターがあるんです。

5img_2068

左側を見まわしても 裏山はここで終わり・・・・

・・・ってことは、裏山というのは 今は気象観測所の敷地だけ・・ということになりそうです。

5img_2072

そこで、前回にも見て廻った 測候所の建物の周囲で この山っていうか丘を下る道があるかどうかをチェック

5img_2073

測候所の建物の正面に こんな階段があるんです・・・・が・・・

5img_2074


この階段の下の道は、民家の敷地で どんずまり・・・・

5img_2080

・・・もうひとつの階段を辿ると・・・・

5img_2082

こちらも この先は 民家の敷地で どんずまり・・・・

・・・つまり、測候所の敷地に出入りする道は、最高裁の並びの長い坂道しかないってことになりました・・・・

イフガオの墓標」の中には、この神明神社の参道について、以下のような記述が残っています:

p339

「一方では、室井隊より山頂に至る、表参道、裏参道も、軽症患者の手に依って併行して建設が進められた。

・・・社殿、石垣、柵、表参道、裏参道、一の鳥居から三の鳥居まで建設され・・・」

・・・・ってことは、つまり、少なくとも二本の道があったわけです。

その表参道かあるいは裏参道が、今のPAGASAの正門からの道だとすれば、少なくともその反対側にもう一本の参道がある筈なんですがねえ・・・

 

5img_2084


・・・で、今度は、PAGASAの入口を出て、右側。

つまり、裏山に向かって 左側から廻ってみることに・・・・

5img_2087

するとすぐ右の角に 「最高裁判所」の表示のゲートが・・・

5img_2088

・・・これがゲートで、この中にたくさんのコテージが並んでいます。

おそらく最高裁関係者の住宅になっているのではないかと思います。

・・・昔、戦時中には、ここに一時期住んでいた日本人もいたと聞いた記憶があります。

5img_2090

その角を右に廻ると 左がビクトリー・ライナーとガソリン・スタンド。

右側は 最高裁の住宅地です。

5img_2094

ジプニーのたまり場にもなっています。

5img_2097


・・・さて、裏山を左側から廻るんでした。

最高裁の住宅がしばらく続きます。

5img_2099

この写真の右上に 最高裁住宅の敷地の塀があって、ここで終わり。

5img_2107

お隣は 小学校が続いています。

裏山に登る道は 左側にもありませんでした。

5img_2102

・・・つまり、結論的には、神明神社があった裏山というのは、今は気象観測所PAGASAの敷地になっていると考えてよさそうです。

5img_2106

・・・で、ひとつだけ 気になるのは、その位置関係なんですねえ。

Img_1899

裏山から撮ったとされる この写真。

この写真のどの位置に 今のコンベンション・センターがあるのか・・ってこと。

もし、今のコンベンション・センターが、この写真の中の 左側の方にある 空き地みたいなところに建てられたのであれば、イメージは合うような気がします。

つまり、写真手前の立派な建物は 今は最高裁の敷地なんじゃないか

ってことは、この写真の中心部の庭園みたいになっているところは、今は フィリピン大学バギオ校の入口の正面にある松林のところであれば、裏山との位置関係が納得できそうな感じです。

5img_2109


そんなことを考えながら、小学校の前の車寄せを通り過ぎ・・・・・

5img_2112

汗を拭きふき こちらの有名店へ・・・・

5img_2115

ここには たま~~にしか来ないんですが、

ワインとスパゲティーを食べに来るんです。

5img_2123a

スパゲティーのイメージとはちょっと違う海鮮パスタ。。。

このちょっと平たい麺は なんて言うんですかね?

きし麺じゃないことだけは確かだけど・・・・

こちらのサイトでチェックすると、

https://matome.naver.jp/odai/2139648914408533601

”切るという意味のtagliareをその名の由来とする幅が5mmから10mm前後の平麺タイプのパスタ。

・・これに一番近いかな?

メニューに書いてあった名前を忘れた。

私はこの麺よりも、丸棒タイプのスパゲッティが好きなんで、

そのつもりで 「スパゲッティにしてね」 と頼んだつもりだったんだけど・・・・・

やっぱりね。

次回、またチャレンジしてみっかな?

5img_2128

ワインの酔いを グリーン・マンゴ・シェークで醒まして・・・・

5img_2126

バタンガスの地震の記事をちょっと読み。

しかし、最近、フィリピンも地震が多くなったよなあ・・・・

マニラから南が多いようですね。

5img_2130

ガードのお兄ちゃんは 真面目に仕事をしてんのかな?

一所懸命 携帯をいじっていたけど・・・・

5img_2131


・・と思っていたら・・・・

マネジャーみたいな人が 水が落ちて来ていたのに気づき、

ガードのお兄ちゃんに、「ここを ちゃんと拭いて・・・・」 などと指示しちゃって・・・

しかし、天気はいいのに、なんで上から水が落ちてくんの??

5img_2135

遅いランチを終わって・・・・

5img_2137

多分、宗教系のバンドだと思うんですが、賑やかな演奏と歌が 近くの体育館みたいなところから流れてくるのを 聞きながら、ふらふらと・・・・

5img_2138

ロアカン・ロードの入口。

ミリタリー・カット・オフ通りと サウス・ドライブが交わるロータリー。

5img_2139

これは インディアンではありません。

イゴロットの雄姿。

5img_2141

・・・・ってことで、一応 「裏山の神明神社」 は一件落着ということにしました。

この記事の最初に掲載した 神社の写真を見ると、今の気象観測所の広さと ほぼ感覚的には一致するので、いいんじゃないかなと思います。

・・・・・

ところで、最近 こんなニュースを見たことはありませんか?

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50609?page=3

「2016年12月19日、フィリピンの地元紙に小さな記事が掲載された。

山下財宝を探しているフィリピン人男性が、バギオ市内にあるトンネルの発掘許可を市当局に申請したというのだ。戦後71年を経てもなお山下財宝は「ニュース」であることを改めて印象付けた。」

実は、このニュースにある現場というのが、バギオ・コンベンション・センターからフィリピン大学バギオ校の辺りだという地元紙の報道があったんです。

・・・で、私が思い出したのが、上記の「イフガオの墓標」にあるこんな文章です。

p339

「分院の裏には五十米足らずの丘があった。 山の頂上から見渡す、バギオの町は美しく、ボルハンパーク、セッション通り、ハリソン通り、市役所が一望に見える。 此の裏山には既に拡大な地下防空壕が構築されていた。」

・・・ なんと、今の気象観測所の山っていうか丘の下に 巨大な防空壕があったっていう話なんです。

上の地元紙の中では、当時の地元の若者が日本軍が何かを運ぶのを手伝わされたというような話が今回の山下財宝の噂になっているようです。

フィルスター新聞:

http://www.philstar.com/nation/2016/12/18/1654658/treasure-hunter-asks-govt-permission-search-yamashita-gold

Treasure hunter asks gov't permission to search for Yamashita gold

BAGUIO CITY — A treasure hunter asked the local government to allow him to dig up alleged truckloads of gold believed to be part of the World War II loot supposedly left by Japanese forces in a tunnel between the Baguio Convention Center and the University of the Philippines-Baguio residence hall for girls.

But Cabusao argued that a 90-year old Baguio-born half Japanese man who has been a US resident since the mid 70’s had pointed to him the alleged location of the treasure. 

“We have explored and detected around the convention center using different detecting tools and equipment and all converged on a small grassy area five meters from the concrete sidewalk toward the UP ladies dormitory,” Cabusao claimed.
 
 
インクワイアラー新聞:

http://newsinfo.inquirer.net/881131/hunt-for-yamashita-treasure-in-baguio-on  

Hunt for Yamashita treasure in Baguio on

The permit would allow Cabusao to first drill 10-centimeter wide holes in six key areas near the Baguio Convention Center (BCC) in front of the University of the Philippines Baguio campus.

The man of Japanese descent, who was born in Baguio, was in his teens when he and several others were ordered to hide the treasure, Cabusao said.


この新聞記事では、バギオ生まれの日系人、当時十代が、財宝を隠すのを手伝わされたという話になっているようですが・・・・・

・・・・・・

どこの範囲まで 裏山の防空壕が広がっていたのか知りませんが、フィリピン大学の近くまで地下通路が延びていても不思議ではない距離かと思います。

・・・ 断っておきますが、山下財宝を探しなさいって言っているわけじゃないっすよ。

あはははは

 

 

 





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 9日 (日)

バギオの神社?散歩: 気象観測所、最高裁、コンベンション・センター、フィリピン大学、公園、博物館

最近かなり運動不足なんで、以前から噂に聞いていた 第二次世界大戦中にバギオ市に日本の神社があったって場所を探しに、散歩に行きまして。

5img_1961

PAGASAというのは Philippine Atmospheric, Geophysical and Astronomical Services Administration の略号で、日本で言うなら気象庁なんです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%83%94%E3%83%B3%E5%A4%A7%E6%B0%97%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%89%A9%E7%90%86%E5%A4%A9%E6%96%87%E5%B1%80

設立年月日は 1972年だそうです。

・・・

・・・で、なんでここに来たかって言うと、実は バギオ・コンベンション・センターの裏山にこんな話があるんです。

http://janl.exblog.jp/10965319/

p339
分院の裏には五〇米足らずの丘があった。 山の頂上から見渡す、バギオの町は美しく、ボルハンパーク(注:バーンハムパーク)、セッション通り、ハリソン通り、市役所が一望に見える。 この裏山には既に拡大な地下防空壕が構築されていた。

此の山上に神社の建設が開始されていた。 ・・・軽症患者の中より、大工、宮大工、製材者が選び出された。 
(略)
社殿、石垣、柵、表参道、裏参道、一の鳥居から三の鳥居まで建設され、流石の難工事も、昭和十九年三月八日完成した。 同日未明バギオ地区司令官荒木少将列席のもとに鎮座祭が施行された。

当時の模様をマニラ日系新聞は・・・・(略)
バギオ陸軍病院(注勿論兵站病院のこと)の白衣の勇士たちが勤労奉仕によって造営した「神明神社」は・・・・(略)・・・
バギオ市内の邦人も参詣し、勇士達の相撲や演芸なども奉納された。

p340
当時バギオ市及びその周辺には多数の邦人が居った。 市内では大商店を経営し、 トリヌダッドには多数の農業経営者が住んでいた。 日本人学校、日本人墓地はあっても、神社はなかった。

=== 上の記事の中で、「分院」というのは、今のバギオ・コンベンション・センターの場所には、戦前に ガバメント・センターと呼ばれたフィリピン政府機関の建物が集まっていて、戦時中には 日本軍の病院がそこを接収していたんです。 それで「分院」と呼ばれたわけです。

Img_1899

これは、1910年に撮影された ガバメント・センターなんですが、

向こう側にバーンハム公園やバギオ市役所があって、写真の手前側が

「裏山」という方角になるんです。

で、現在のPAGASAは、この写真でいうと、手前の右の方向にあります。

5img_1962

・・・で、そのPAGASAの入口に戻りますと、ご覧のように長い坂道が続いています。

8img_1949

まっすぐ登った頂上に 気象観測の測候所の建物がありました。

8img_1945

いくつかの機器類が設置されています。

8img_1942

周りを眺めてみると、こちらの方角は、上記のガバメント・センターが前方右側にあったことになります。

8img_1947

こちら側は、裏山のさらに裏側方向の眺め。

ここから下には民家があって、階段もあるようでした。

ここに神明神社があったとすると、こちら側が参道で、今の測候所の建物あたりに本殿があったのかもしれません。

8img_1950

足元には かなり年代を感じさせるコンクリートが・・・・・

9img_1965

では、PAGASAのゲートに戻り、昔のガバメント・センターの方角へ歩いてみましょう。

9img_1967

道路の左側に、立派な建物があるんですが、ゲートの外側には何の表示もありません。

9img_1970

ゲートから離れた建物の壁にある表示板を望遠で撮影すると、

1964年に建設が始まった最高裁判所の建物だと書いてあります。

9img_1972

左に最高裁判所を見ながらまっすぐに進むと、右前方にバギオ・コンベンション・センターが見えてきます。

9img_1976

コンベンション・センターの横には、大型バスが駐車していましたが、これは私が昔働いていた会社の シャトル・バスですね。

9img_1977

振り返って最高裁の並びを見ると、立派なお屋敷みたいなのがあるんですが、その後ろには裏山と言えるほどの小山は見えません。

ってことは、やっぱり「別院の裏山」と書かれていた場所は、PAGASAの測候所がある場所じゃないかなと思うわけ。

9img_1979

・・・さて、コンベンション・センターを抜けて、フィリピン大学バギオ校の方へ進みましょう。

9img_1981


これがフィリピン大学のシンボルの像です。

9img_1984

大学の入口を見ながら前進。

この辺りは、松林が多く残っています。

9img_1987

フィリピン大学の正門に向かって右隣りにあるのが、この公園。

サンシャイン・パークと呼ばれています。

9img_1988

ひまわりは、バギオのシンボルみたいな花になっているようです。

9img_2004


おそらく、フィリピンの中でも、こういう温帯系の花が見られるのは、標高1500メートル前後のバギオ市ならではなんでしょうね。

それを代表するのが 2月のフラワー・フェスティバルです。

9img_1991

モンシロチョウみたいなのもよく見かけるんで、松林と相まって、日本にいるような気持ちにさえなる町ですね。

9img_2014

・・・かと思うと、南国らしく、こんな花もあります。

9img_2009

この公園には、こんなステージもありまして、ここでは、よく近くの大学生と思しき若者たちがダンスの練習をしています。

9img_2017


公園のステージの横を出ると、こんな看板がありまして。

右前方に見える建物は、 コーディリエラ大学の校舎です。

9img_2019

左角を廻ると、バギオ博物館

9img_2020

実は、今日の散歩のふたつめの目的は、この絵画展だったんです。

この写真のアーティストは、日比友好月間イベントの美術制作を過去6年間に渡って担ってくれた Vince Nabarro君

ビンス君はフィリピン大学在住時代から、七夕祭なんかを手伝ってくれたんですが、昨年2016年に、アメリカの財団から招聘され、武者修行を目前にして、突然の病に倒れてしまったんです。

その彼の作品を、大学時代の仲間たちが、追悼展として開催しているわけ。

9img_2022

バギオ博物館の4階。 8月一杯開催中みたいです。

9img_2023

RETROSPECTIVEってのは 回顧展という意味のようです。

ビンス君への追悼文・・・ですね。

9img_2026

フィリピン大学の美術学部の教授らしき人が 何やら解説をしていました。

9img_2028

彼が最後にやっていた作品は、コーヒー豆を煮出した後のガラを使ったユニークなものでしたが、どうも売れてしまったようで、ここには展示されていませんでした。

Baguio Beans という回顧展のタイトルは、コーヒー豆のことを言っているのかも。

個人のコレクションとなっている作品もいくつか展示されていました。

9img_2030

バギオ博物館の1階では、別の若いアーティスト達のグループ展がほぼ同時にオープンしていました。

ちょっと覗いてみましょう。

9img_2032

私は、美術が分かるというレベルの人間じゃないんですが、観るのは割と好きな方で、特に若いアーティストの面白い作品に出会うのがいいですね。

9img_2037

多くの若いアーティスト達が 成功してくれるといいなあ~~と思いつつ、お金はありません。 悪しからず。

9img_2040

仮に買ったとしても、飾る部屋もありません。

重ねがさね悪しからず・・・・

・・・・・

なんで、最近 「散歩」をことさらやっているかって言うと

最近とみに体力の低下をひしひしと感じておりまして、

4月17日から日本語教室が始まるもんで、

ヤバイなって思ってんです。

「散歩」はタダだしね。

写真を撮って歩いていれば、苦痛にはならないし・・・・・

昔っから、身体の為だけ、健康の為だけにことさら運動をするってのが嫌いなタチで、

なんか理由がないと身体を動かさないという意固地な、天邪鬼なんです。

・・・ああ、厄介だな。

 

 

 

    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月2日 - 2017年4月8日 | トップページ | 2017年4月30日 - 2017年5月6日 »