« 子猫ちゃんを抱いた女の子に 涙ぼろぼろ - 日本語教師の連想ゲーム | トップページ | イスラム教ってどんなん?  日本人に一番ぴったりする? »

2018年2月23日 (金)

こりゃあ面白い 「チンギスの陵墓」、最先端量子論がてんこ盛り!!

 

こりゃあ面白い 「チンギスの陵墓」、最先端量子論がてんこ盛り!!

 

 

シグマフォース・シリーズ8

ジェームズ・ロリンズ著 桑田健 訳

「チンギスの陵墓」 上・下

・・を読みました。

 

009

私は小説はあまり読まない方なんですけどね、

この小説、昨年11月に一時帰国した折に、本屋の店頭に

並んでいたものを、何気なく買っていたんです。

そして、バギオに戻り、そのまま3か月ほど「積んどく」状態。

 

たまたま、ちょっと暇になった時に、目に入ってきたので

読み始めたら、面白いのなんのって・・・・

 

なにが凄いって、この物語は、アメリカ、マカオ、香港、イタリア、

カザフスタン、アラル海、北朝鮮、韓国、モンゴル・ウランバートル、

バイカル湖・・・とあっちこっちに転戦して、活劇が繰り広げられ、

おまけに、最近私がもやもやと考えてきた、最先端量子論

の時間と次元を超えた話が絡まっているんです。

006a

私がどんなことを考えてきたかについては、

こちらでどうぞ:

「意識、心、色即是空、釈迦、臨死体験、脳科学、

そして 宇宙、物質、素粒子・量子論 -その1」

http://baguio.cocolog-nifty.com/nihongo/2018/01/post-a067.html

 

上下二巻の大作なのに、あれよあれよと読んでしまいました。

 

014a

3つばかり、印象に残ったところをご紹介しましょう。

 

p110

「我々の脳という膨大なニューラルネットワークによって

生成される量子場の内側に存在しているということよ」

「つまり、意識は量子効果というわけか」

 

p344

「複数の運命がもつれ合っている中で、死というのは

この時間軸における命のポテンシャルが崩壊したにすぎず、

ほかの扉が開くことで意識が新しい方向へと流れていく

可能性があるということあった。」

 

p357

「未来に通じる道は無数にあって、分かれ道の先には

また分かれ道があるといった具合に続いている。 一本の道が

閉ざされたとしても、別の道が別の宇宙に出現するかもしれない

・・・そうすれば、我々の魂は、あるいは我々の意識は、別の

宇宙に飛び移り、いつも正しい道を見つけながら、未来への

旅路を継続することができる」

 

 

この小説の素晴らしさは、最先端量子論の具体的なひとつの

あり方を分かりやすく示してくれていることじゃないかと

感じたんです。

 

018a

そして、読者が途中で気が付くように。

私も気が付いたように。 期待通りのことが最後に起こるん

ですねえ。

いいですねえ。

 

それでは、またお会いしましょうね。

さいなら、さいなら、さいなら・・・・

 

 

 

 

========

|

« 子猫ちゃんを抱いた女の子に 涙ぼろぼろ - 日本語教師の連想ゲーム | トップページ | イスラム教ってどんなん?  日本人に一番ぴったりする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134315/66424502

この記事へのトラックバック一覧です: こりゃあ面白い 「チンギスの陵墓」、最先端量子論がてんこ盛り!! :

« 子猫ちゃんを抱いた女の子に 涙ぼろぼろ - 日本語教師の連想ゲーム | トップページ | イスラム教ってどんなん?  日本人に一番ぴったりする? »