« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年5月22日 (火)

日本語で作文 その3: フィリピンの昔話 ー 初級最後の授業

日本語初級の最後の授業は、作文のプレゼンテーションの続きです。
001
二人の作文が残っていたので、今回は4コマ漫画風に描いてもらいました。
日本語で作文を書いた学習者とは別のクラスメートが協力。
009
・・・・
・・・・
一人目は、「アポ・アンノの伝説」

08_scan_img_20180509_00170_nida


これは、ベンゲット州の伝説で、大雑把に言うと、狩の上手い勇者が
白鹿を何日も追いかけて、山奥で追い詰めたところ、
そこに妖精が現れて、恋に落ち、結婚して男の子をもうける。
その男の子が、ベンゲット州、イフガオ州、そしてビスカヤ州の
先祖であるというお話。
その話の中には、この地方で有名なミイラ作りの伝統についても
語ってあります。
011
プレゼンテーションをする学習者。
この伝説は貴重なので、後日 きちんと作文を解読して
ご紹介したいと思います。
010
・・・・
二人目の作文は、「ハイディの物語」なんですが・・・・・・
日本語で書かれた長文の作文を読むと、人物が大勢出てきて
複雑過ぎて、登場人物の関係性がよく理解できず、
初級には難しすぎる内容でした。
09_scan_img_20180509_00220
・・・・
これはフィリピンのどこの州の昔話ですか・・・と訊ねたところ、
「スイスの物語です」・・・という返事。
・・・
あらら・・・
つまりは 「みなしごハイジ」の話を 日本語の作文にしたらしい。
014
・・・
と言うことで、人物の名前や関係性を描いて、説明してもらいました。
・・・
005
・・・・
最後の授業は、和気あいあいの中で 終わることができました。
・・・・
さて、あとは 修了試験を待つばかり・・・・
・・・・・
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月11日 (金)

日本語で作文 その2: フィリピンの昔話 ベンゲット州の二つの話

日本語の入門90時間、初級90時間を終わるところで、
フィリピンの昔話などを課題にして 作文を書いてもらいました。
008
やや読みづらいのですが、若干の解説を加えてご紹介します。
一つ目は 「カパンガンの名前の起源」
これはベンゲット州にある地名の由来について紹介しています。
021
・・・・・
04a_scan_img_20180509_00070
・・・
(画像をクリックすれば 拡大できます。)
04b_scan_img_20180509_00080
・・・
この作文の要旨を述べてみますと、
ベンゲット州のある村に アメリカの軍人たちがやって来て
その場所の名称を尋ねたそうなんですが、
その時に 村人たちが お客さんであるアメリカ人たちを歓迎する
ために食事会に誘ったんですね。
 
そこで「カヨパンガン、カヨパンガン!」と口々に言ったので、
アメリカ人たちは それが村の名前だと思ってしまい
紙に「カパンガン」と記録したということで、
今現在の地名になってしまったというお話です。
元々の村の名前は、「タクガン」とか「アンブラヤン」と呼ばれていたそうです。
ちなみに、村人が言った 「カヨパンガン」は 「食べるよ~~」という
意味だそうです。 
 
・・・・・
・・・・・
二つ目は ベンゲット州の昔話 「ドゥリゲン岩」・・・・
・・・・
016
・・・・
05a_scan_img_20180509_00090
・・・・・・
05b_scan_img_20180509_00100
・・・・
この作文の中に 「るいじつ」とか「じょてん」とか「しょしました」という語彙が出てくるんですが、普通の日本人だと どういう意味かな・・と思ってしまう言葉がでてきたんです。
・・・
るいじつ=累日・・・ってことで、毎日毎日とか長い間ということです。
(累日という言葉は 日常的にはまず使いませんね。)
じょてんというのは「じょうてん」でして、漢字では「上天」でした。
神様のことですね。
しょしました=処しました・・・で、罰を与えられたということですね。
・・・
日本語で作文を書く時に一番大変なのは、どういう言葉を選んで書くかということですね。
翻訳をする場合も同じ苦労があります。
英語で考えて日本語を探すとこういうことになります。
さらに問題は、スマホなどに無料でダウンロードできる辞書には
結構怪しいものがあって、日本語的にはあまり使わないような
語彙が表示されるアプリもあるようです。
 
・・・・
さて、話の要旨ですが・・・
ドゥリゲンさんという人が 長い旅をして疲れてしまい、
山岳地帯に入るんですが、そこには イゴロットと呼ばれる山岳民族の
神様カブニアンが住んでいたんです。
カブニアンは歓迎の食事を食べさせてあげるわけです。
ところが、その神様の好意に反して、ドゥリゲンさんは
盗みを働くわけですね。
そこで神様は罰を与え、ドゥリゲンさんを岩に変えてしまうというお話。
 
・・・
 
011
・・・
024_2
・・・
日本語を教えていて 楽しいのは、 学習者からこういう地元の話を
聞かせてもらえることですね。
日本人が外国に行って、日本や自分の故郷のことを話す機会も
あるわけですけど、自分の地元のことを外国語で伝えられるという
ことも大切ですからね。
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本語で作文: フィリピンの昔話や伝統的な遊びやスポーツ

2017年4月に始まった入門日本語に続き、初級クラスをやってきたんです。
週に2回、一日2時間の授業なので、通算で180時間をやるのに2018年の
5月まで掛かってしまいましたが、やっと修了式を迎えます。
それで、修了式を前に、いっちょう作文でも書いてもらおうかってことで、
題材を フィリピンの昔話・民話とか、フィリピンの伝統的な子供の遊び、
スポーツなどについて書いてもらうことにしたんです。
・・・・
 
005
・・・・
そして、本人が日本語で書いた作文の内容を英語で簡単に解説してもらうことにしまして。
作文の内容を漫画にして書いてもらいました。
ここで、そのいくつかをご紹介します。
・・・
 
015
・・・
フィリピンの昔話・・・「太陽と月」
・・・
01scan_img_20180509_00010
・・・・
どうでしょうか?
読めますかね?
一部 分からないところがありますが、
「月が出た時に、星たちにさわることを禁止されました。」
と読んでください。
・・・
 
さて、二つ目の作文は フィリピンの子供達の伝統的な遊び 「シパ」に
ついての作文です:
・・・
017
・・・・
輪ゴムなどを束ねたものを 足で蹴って 地面に落とさないように
蹴り続けるという遊びだそうです。
・・・・
02_scan_img_20180509_00040
・・・・
さて、三つ目の作文です。
これは、「フィリピンのスポーツ」という題で、伝統的なスポーツについて書いてもらいました。
020
・・・・
フィリピンの国技が 以前と今では 変更になったことも紹介してあります。
・・・・
03a_scan_img_20180509_00110
・・・・
03b_scan_img_20180509_00120
・・・・・
03c_scan_img_20180509_00130
・・・・・
(鉛筆が薄いので読みにくいと思います。
 画像をクリックすれば拡大ができます。9
・・・・
上の三つ目の作文は、ご覧のとおり 添削する必要のない作文になっていて驚きました。
180時間しか学んでいない学習者なんですが、ここまで書けるとは凄いもんです。
・・・・
ちなみに、この学習者は、英語学校で教えている英語教師です。
語学の才能があるんでしょうねえ。
・・・
038
・・・・
本人が書いた作文の内容についてプレゼンをする学習者です・・・
・・・・
 
046
・・・
024
みんな頑張って作文に取り組んでくれたんですが、
中には解読するのが大変な作文もありました。
しかし、このような形で 自分の国の昔話や伝統的なことなどを
考える機会になり、そして、それを読ませてもらえる者にとっても
なかなか面白いものだと思います。
生徒の皆さん、お疲れ様でした。
解読が終わったら、もしかして、他の作文もアップしてご紹介するかも
しれません・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 5日 (土)

バギオ市にもオーケストラの時代が・・?  日本のアニメ・ソング コンサート

10年前にはオーケストラなんてバギオ市には一切関係ないという雰囲気でした。
年に一回ぐらいはクリスマスの時期に バギオ大聖堂で マニラのフィリピン大学のオーケストラなんかが演奏会をやるのがせいぜいという感じで。
201852_slu
それが、このポスターですよ。
2018年5月2日に 日本のアニメ・ソングなどを演奏するコンサートをやるって言うじゃないですか。
セントルイス大学なんですけどね。
ポスターがちょっと可愛いですね。
五月二日と書きたかったんでしょうけど、五月2 になっちゃってます。
018
ここは、セントルイス大学のCCAという劇場です。
CCA= 文化及びアート・センターの略です。
021
実は、このコンサート。 
FACEBOOKで宣伝の情報が廻ってきた時に読んだら、
コスプレの衣装で来て下さい。
コスプレじゃなくてもいいですけど・・・・と書いてあったんです。
もっとコスプレーヤーがたくさん来ているのかなと思ったら、
見渡したところ 二名だけでした。
白い頭の子と その隣の セーラー服の子 です。
 
022
最初に 国歌斉唱なんですけど、この大学はカトリック系の大学なんで、
国歌の前に キリストのお話がアニメと歌で出て来ました。
今どきなんですねえ。
031
・・・・ さて、 いよいよ開演です。
最初の曲は、 フィリピンでは もう伝説ともなった名曲。
「ボルテス V」 でした。
凄い人気だったんですねえ。
・・・・
なにせ、マルコス大統領の時代に放送禁止になったそうですからね。
・・・・
国民が団結して大統領に対して反乱を起こすことを恐れた・・・という話らしい。
・・・・
036
・・・・
知らない曲の方が多かったんですけど、 アニメやゲームなどの曲が 10曲ぐらい演奏されました。
・・・
040
・・・・
中には アメリカのアニメの曲もありましたが、ほとんどが日本の曲です。
・・・
ステージの飾りつけも かなり日本を意識した 折り鶴の飾りつけ。
・・・
037
・・・・
そして、 この先生の机。
・・・・
言葉が分からないんで、はっきりとは分からないんですけど、
幕が開いたときに、この演奏者の学生たちが、日本の学校の教室の光景をイメージした演出を披露したんです。
・・・・
要するに、学校の休み時間に 学生たちが自由気ままに 紙ひこうきを飛ばしたりして遊んでいるような光景ですね。
・・・・・
そして、授業時間が始まって、背広を着て、バッグも抱えた先生が 教室に入って来る・・・というような雰囲気でした。
・・・
058
・・・
これは、ナルト・メドレー です。
・・・
 
060
・・・
これは ATTACK ON TITAN 。。。。
「進撃の巨人」 ですね。
・・・・
バギオの映画館で観ましたからねえ。
・・・・
オーケストラの演奏ですか?
・・・・
クオリティーは まだまだ という感じですかね。
・・・
091
 
 
・・・
これは なんだか分からなかったんですけど・・・
・・・・
092
・・・
こんな お嬢さんたちのコーラスもありました。
・・・・
本当は ステージの左側に ソロのお嬢さんが歌っていたんですけど、
写真が手振れで 没になりました。
・・・・
099
・・・・
演奏の方は、この子だけが ソロを披露しました。
・・・
 
顔が随分 大人びた顔。
・・・
このオーケストラの中には 何人か高校生が混ざっているという紹介がありました。
・・・
数年後のオーケストラが どれほど上手になっているか、楽しみです。
・・・
102
・・・
最後に近くなったところで、やっと出てきました。
・・・
「ドラえもん」
・・・
会場からは 演奏に合わせて 歌う声が広がりました。
・・・・
112
・・・
白状しますとね、 バッグの中に ピカチューの着ぐるみを入れて、持って行ったんです。
・・・
コスプレ歓迎という触れ込みだったんで、コスプレの連中がたくさん来ているかなと思って・・・それに、防寒着も兼ねて・・・・
・・・
でも、二人しか居ませんでしたからねえ。
流石に いくら羞恥心のない爺さんと言っても・・・
・・・
できれば、ここに動画をアップしたかったんですが、
このココログには、残念ながら その機能がなさそうなんで・・・
・・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年8月 »