« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »

2018年3月 7日 (水)

ミツカン酢、減塩醤油、そしてインスタント味噌汁チェック 在庫管理がなあ~~

フィリピンのお店って

なんでこんなに商品在庫の管理ができないんだろうなあ・・・

今朝 珍しく買い物に行ったんです。

「ミツカン酢」を買いに。

 

いつも置いてあるお店っていうか・・

基本的には置いてある筈のお店に行ったんですけどね

二回に一回ぐらいは在庫がない。

今日は連続二回目で在庫なし。

 

たまたま、バギオ地元の若い人から

味噌のペーストか粉末を買えるところはないか

って質問があったんで

ついでにそれも確認してきたんですがね・・・・

いつもなら置いてある 同じお店に在庫がない。

 

しょうがないんで、SMのスーパーに行ったら

インスタントみそ汁は売ってあった。

 

酢の方も しょうがないんで

アメリカさんのリンゴ酢を買ってきた・・・

030

 

しかし、不運とは連続するものでして・・・

SMのスーパーのレジ

私の前にはお兄ちゃんが一人だけだったんで

すぐに順番が来ると思ったら・・・・

 

レジのお姉ちゃんがハズレでした。

なんだか、顔の表情にやる気が感じられない女性。

となりのレジの女性が理知的にみえました・・・

 

でも、ひとつだけ良いことが。

私の前のお兄ちゃんが

私に「このカゴに入れていいよ・・・・」

と気を使ってくれた。

 

私はカゴを使わず

両手に持てるだけの商品を抱えていたんです。

 

フィリピンの男たちは優しいねえ。

そんな気遣いができるんだから

お店は在庫管理ぐらい しっかりやれよ・・・と言いたい。

 

 

 

 

 

====

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月 5日 (月)

夢を見まして・・・・意味が先か言葉が先か、それとも映像か?

 

 

最近 夢をふたつ見たんですけど・・・

 

その1:

 

5~6人だったと思う。

気が動転していたんではっきりは数えられなかった。

男たちがぞろぞろと私の下宿の部屋に何も言わずに入ってきた。

 

身の危険を感じたんで、後ずさりしながら、部屋を出た。

2~30メートル走りながら

大声で助けを求めた。

「たすけてくれ~~、どろぼ~~だ~~」

二人の男がやってきてくれた。

 

そして、部屋に戻って 見廻すと、

もう男たちはひとりもいなかった。

パソコンが無くなっていた。

 

去年の11月に秋葉原で買ってきたものだったのに。

そして、昨日買い替えたばかりの

NOKIAの携帯電話も・・・・

・・・・あ~~あ、・・・・

 

とがっくりして、目が覚めた。

・・・深夜2時か3時ぐらいだったと思う。

寝なおした。

最近の夢は リアルで 困る・・・・

 

 

その2:

 

私は何故かトイレの中。

洋式トイレに座っている。

座っているってことは「大」ですね。

 

どうも、雰囲気的には45年ぐらい前の新婚時代。

家内が2DKぐらいの綺麗なアパートのベランダで

洗濯物を取り入れている・・・

 

なんで、トイレに入っているのにそんな様子が見えるのかが

考えてみれば不思議・・・

 

そこへ突然来客・・・

玄関から誰かが入ってきて

いきなり開けっ放しのトイレのドアから

シェパード(犬)が顔を出した。

 

そして、トイレに座っている私をじっと見る。

私もじっと見返す。

その来客は高校時代の友人だ。 

シェパードと睨みあったまま

「吠えるんじゃないぞ・・・・」

 

これを「雪隠詰め」と言うのであろう・・・・

にっちもさっちもいかない状態で目が覚めた。

ジャンジャン

臭い話で すんもうはん・・・

 

・・・・・・・

 

かなりリアルな夢だったんで

ふと こんなことを思ったんです。

 

夢というのは、意味が先なんだろうか、

それとも 映像が先なんだろうかと・・・

 

夢の中に出てくる人の顔なんかは

そんなにはっきりと誰かなんて見えちゃいないと思うんです。

でも、それが 誰だというのがはっきりと分かる。

 

上記の夢の場合だと、

泥棒(数名の男)、今のバギオの下宿、パソコン、

新婚時代らしい、2DKのアパート、 家内、

そして高校時代の友達・・・・

 

夢の中の映像がはっきりしているわけでもないのに

泥棒は別として 特定の個人だと思ってみている。

おまけにそこになんらかの意味がある・・ように思ってしまう。

 

だから、意味があって、そこに映像がくっついて

出てくるのかな・・・と思ったわけです。

 

そして、意味が先だとするならば、

そこには言葉というか言語があるんだろうか・・・って。

 

意味あるいは現実の事物があるから

そこに言葉をくっつけたということでいえば

意味が先だってことになるんでしょうが

夢を起動させるものは 意味なのか言葉なのか・・・

 

一方で、こんな考えもあります。

以前 NHKテレビ番組のTEDで見たんですが、

物事を考える時に 言語で考えずに

映像で考えているというアメリカの大学教授の話があったんです。

一般的には言語で物事を考える人が多いと思うのですが

どうもそういう人たちばかりじゃないらしい。

 

「テンプル・グランディン: 世界はあらゆる頭脳を必要としている」

https://www.ted.com/talks/temple_grandin_the_world_needs_all_kinds_of_minds/transcript?language=ja

 

「絵で考えるという事は脳内で 映画を観るようなものです 私の脳はGoogle画像検索に近い 子供の頃 自分の思考法は変わっていると知らず みな絵で考えていると思っていました “Thinking in Pictures”という本を書くために 人々に思考方法を尋ねました そこで 自分の考え方が 人と違うことを知り ショックを受けました 「教会の尖塔について考えよう」と言えば 大半の人は一般的なものを想像します この会場では違うかも知れませんが 他の多くの場所では真実です 私の場合はGoogle画像検索のように 具体的な画像が次々と浮かんでくるんです 映画の中でも上手に描かれていて 「靴」という言葉が発せられると 50年代60年代の 靴がたくさん 私の脳内に浮かぶんです」

 

・・・これはもしかしたら、映像の方が言語よりも先だ

ってことを暗示しているんじゃないか・・・と思ったわけです。

 

私の脳の中に記憶されている映像が

夢の中でストーリーを伴って、あるいは脈絡もなく写し出される。

その映像に繋がりを持った意味が再生される・・・ような。

 

上のリンクの中で、それを「視覚的思考」と呼んでいます。

ってことは、人間の五感を考えると、それぞれに思考と

結びついている五感というのがあるのかもしれない。

 

視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚それぞれの思考。

 

もちろん、この五感がセンサーですから、言語よりも前、

つまり根源的ということになる。

 

ってことは、やっぱり夢は映像が先だって話になるんですかねえ。

さて。、ここで、五感に障害がある人の場合はどうなるのか。

一番有名な耳と目が不自由だったヘレン・ケラーで検索してみると

サリバン先生の教え方が書いてありました。

 

http://www.cocoro-skip.com/fukushi/10148.html

サリバン先生

「障害のない子供はどうやって学ぶのだろうか?そうか!それは、人のまねをして学んでいくのだ。 人間というのは、生まれつき学ぶための本能が宿っており、そこの部分に刺激を与えれば自然と学ぶ生き物ものなのだ。 障害のない赤ちゃんは耳に話しかけている。ならば、わたしは手に話しかけよう」

 

ヘレン・ケラーは気が付くのです。

「そうだったのか!すべてのものには名前があったんだ。この指文字で、知りたいことを知る事ができるのね」

 

「ヘレン・ケラーの左手は、サリバン先生の口のあたりに触れており、「鼻」・「唇」・「喉」の動きで、話の内容をとらえています。」

 

「先生の顔に手を触れて、発音時の舌と唇の動きを真似る事で、しゃべれる努力をしたのです。 そして、自分の意志で初めて発した言葉が、「It is warm」(暖かい日)でした。」

 

・・・ここでは、指と唇などの触覚ですね。

触覚で言葉を覚え、言葉で考えていることになります。

 

もしかしたら、上の話が視覚的思考であれば、

ヘレン・ケラーの場合は触覚的思考ということに

なるのかもしれません。

(ただし、視覚的思考が、視覚で直接的に思考するのに

 くらべ、この触覚的思考が直接的なものかどうかは

 疑問が残りますが・・・)

 

しかし、触覚というセンサーの刺激が脳に記憶され

その刺激が言語に変換されているとすれば、

夢の中では その原始的触覚の刺激が 視覚の刺激と

同様に働くことがあっても不思議ではないかもしれません。

 

つまり何がいいたいかと言えば、

五感の根源的刺激が夢を作っているんじゃないかって話です。

 

その根源的刺激が脳の中で再生されて

その再生されたものに意味つまり言語が後付けされてんじゃないか・・・

 

・・・脳科学者の皆さん・・・どんなもんじゃろか?

 

 

ここまで書いたところで、

脳科学者の研究がどんな分析をしているのかを検索した方が

早いなってことで・・・・

 

見っけ・・・

「「夢のお告げ」は実在する 脳科学で仕組みを解明 日経サイエンス」

https://www.nikkei.com/article/DGXBZO59902100Z10C13A9000000/

 

「活性化している脳領域は覚醒時とは異なる。夢を見ているときは、

大脳皮質のうち視覚や動きの感知に関わる部分が活発に活動する。

情動に関連した部分の活動も活発だ。」

 

「このひとつの解釈は、思考を論理的で既知の事柄に制限している

「思考の抑制作用」が弱まり、常識にとらわれない思考を

することで、独創的な発想や、問題解決が導かれるというものだ。」

 

・・・「感知に関わる部分」とありますねえ。

 

こちらのサイトでは、

- 脳科学辞典

https://bsd.neuroinf.jp/wiki/

 

「夢とは、ヒトが睡眠中に体験する明瞭な感覚・意識体験であり、

現時点でもっとも妥当と思われる夢の定義は、「ヒトが睡眠中に

受容する、感覚・イメージ・感情そして思考の連続体であり、」

 

・・・ここでも、感覚、イメージ、感情などの言葉が

並んでいますね。

 

なんか、当たらずとも遠からずの線じゃないっすか??

 

 

 

 

 

======

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年4月1日 - 2018年4月7日 »