« 日本人の日本語能力???  RSTってなに?? AIとお付き合い? | トップページ | 若桑みどり著「天正少年使節・・」を読む - その1 アルメイダと織田信長 »

2019年1月17日 (木)

フィリピンで要注意。 「クリスチャン」の意味が違う!?

 

  

 

「私はカトリックです。クリスチャンじゃない!」

・・・・ どういうこと???

 

Wikipediaによれば、フィリピンの宗教は:

「キリスト教徒は、フィリピンの全人口の90%以上を占める。

2000年の国勢調査では、カトリックが82.9%(カトリック教会が80.9%

アグリパヤンが2%)、福音派が2.8%、イグレシア・ニ・クリストが2.3%

その他のキリスト教が4.5%を占める。」

 

「スペイン人到来以前にもたらされたイスラム教が南部ミンダナオ島を

中心に5%、その他が1.8%、不明が0.6%、無宗教が0.1%である。

イスラム教やキリスト教が入ってくる以前は、各島の自然の精霊などを

信じる原始的な宗教(フィリピン神話)があった。」

 

・・・としています。

 

先日、ひょんなことから、長崎の隠れキリシタンの話をしていた時、

フィリピン人の女性が「私はカトリックです、クリスチャンじゃありません。」

と言ったんです。

 

私はキョトンとしてしまいました。


02_384_2

 

彼女は、バギオ市でも優秀と誉れの高い大学のシビル・エンジニア

(土木工学)の大学卒業資格を持っていて、大学院では言語学を

修めた才女と言ってもいいでしょう。

 

さらに質問をしていくと、

「世界の3大宗教は、カトリック、イスラム、仏教だ。」

と言う返事でした。

 

日本人の感覚であれば、ここは十中八九

「キリスト教、イスラム教、仏教」と言うところでしょう。

 

では、日本人がキリスト教と考えている中身の分類はといえば:

Wikipediaによると、

キリスト教全体:約20.4億人

カトリック約10.8億人

プロテスタント諸派計約3.5億人

正教会約2.2億人

その他教派約3.9億人

・・・となっています。

 

つまり、世界全体で言えば、カトリックはキリスト教全体の53%です。

 

彼女の次の言葉は、私には青天の霹靂とも言うべきものでした。

「クリスチャンという言葉は、カトリック以外のキリスト教徒のことです。」

「だから、私は、クリスチャンと言われても、自分とは関係がない

 と思ってしまうんです。」


05_251

 

ってことは、例えば、日本人が彼女と同じ宗教意識を持っている

フィリピン人に、

「あなたはクリスチャンですよね?」と訊いたとしても、

「私はクリスチャンじゃありません。」という返事になるわけです。

 

普通の日本人だったら、その答を聞けば、

ふ~~ん、そうか、彼女はイスラム教なのかな? と思うことでしょう。

しかし彼女はイスラム教徒独特の服装ではない。

じゃあ、なんなのか??

まあ、日本人だったら、無宗教と答えるひとも多いでしょうが、

ここはフィリピンです。

ますます謎が深まるわけです。

 

そこで、彼女にこんな質問をしてみたんです。

 

「学校では宗教のことは教えるの?」

 

「カトリックの学校だったら、カトリックの信仰についての

教育はするけど、宗派などの話はしません。」

 

「歴史の時間には、世界の宗教の歴史は教えないの?」

 

「そういうのは大学でも教えないと思います。」

 

・・・・私は、衝撃を受けながら、どういうことなんだろうと

気になりまして、二回りぐらい上の年齢である我が下宿の

大家さんに聞いてみたところ・・・

 

「私の年代の人の一般的な宗教意識としては、日本人と同じ

だと思うけど、若いフィリピン人の人たちの意識は、

どんな教育を受けてきたかにもよるけど、そういう人が

いるかもしれない・・・

 

という反応でした。


・・・・


さらに、私の日本語の生徒である日系人の若い男性にも

尋ねてみました。


彼も基本的には日本人と同じ「クリスチャンはキリスト教徒全部を指す」

という意味を共有していました。


しかし、フィリピンでは、宗教は個人の信仰、考え方なので

一般的にこうだと言うのは難しいと ちょっと言いよどんだ感じ

でした。


フィリピンは、日本以上に地域性があって、貧富の差も大きいため、

教会との繋がりの強弱や、学校教育の違いなどが、個人の

考え方にかなり影響しているのではないかと感じました。

 

・・・


ここは、想像してみるしかないんですが、

生まれた時からずっと「うちは浄土真宗だ」と育てられていたら、

そして、それが国民の8割ぐらいいたとしたら、

浄土真宗とその他の仏教という意識になるのかもしれません。

 

そこで、ふと隠れキリシタンの人たちの話を思い出したんです。

昨年、長崎の潜伏キリシタン関連世界遺産である長崎県佐世保市の

黒島天主堂を見学に行った時の話です。

 

03_355


関東から移り住んで来たガイドの女性が教えてくれたのですが、

この黒島の人たちと話をしていると、「あなたの宗教はなに?」

「仏教です。」と答えると、「どの宗派?」と訊かれ、

「XX宗です。」と答えると、「どんな宗派?」とどんどん

詳しいことを訊かれるということだそうです。

普通の平均的日本人とは違って、黒島の人たちは宗教意識が高く、

ガイドさんは自分の事をなにも説明できなくて困るという話でした。

 

・・・・

 

話はガラリと変わりますが、

私がニ十歳頃の話です。

東京でまだ学生だったころ、深夜に下宿近くのバーみたいな

ところに行ったんです。

 

すると、そこに欧米人と見える2~3人と日本人女性が

いたんです。

 

その日本人女性が、「私のパンツは・・・・・」

なんてことを英語でしゃべっている。

 

その当時の日本人的「パンツ」は下着のパンツのことでした。

どうも彼女が言っている「パンツ」は、私の頭にある「パンツ」とは

違うな・・と違和感を覚えたわけです。

 

それから、何年経ったでしょうか・・・・

その彼女の「パンツ」は「スラックス」あるいは「ズボン」のことで

あることに思いが至ったわけです。

 

ことほど左様に、ちょっとした単語も

御国によっては意味がころりと変わります。

 

フィリピンではクリスチャンという言葉は、相手によっては通じない

ということを頭の片隅に置いておくのがいいんじゃないかと思います。

 

以上、報告おわり。

 

 

 

 

 

============

|

« 日本人の日本語能力???  RSTってなに?? AIとお付き合い? | トップページ | 若桑みどり著「天正少年使節・・」を読む - その1 アルメイダと織田信長 »

コメント


待ってました佐々木さん。
それを聞いて安心しました。
しかし多分彼女も佐々木さんと同じ大学だったような気がするんです。
もしかしたら、理系と文系などのコースで履修科目が結構違うんですかね?
いずれにせよ、そういう意識の人がいることに驚きました。

・・・・

私の卒業した大学はバギオでもバリバリの"カソリック"の大学でしたが、religionと授業があり世界の宗教を学びましたしキリスト教の事もキリスト教として教科書に書いて有りましたよ。
その中で色々に別れたことも学校で学びました。在学は1991年から96年までです。

投稿: 佐々木 | 2019年1月17日 (木) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィリピンで要注意。 「クリスチャン」の意味が違う!?:

« 日本人の日本語能力???  RSTってなに?? AIとお付き合い? | トップページ | 若桑みどり著「天正少年使節・・」を読む - その1 アルメイダと織田信長 »