« 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その2 上五島 | トップページ | 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その4   佐世保の黒島 »

2019年4月20日 (土)

世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その3 上五島から佐世保へ

 

世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その3 上五島から佐世保へ

World Cultural Heritage : Hidden Christian
Sites in the Nagasaki and Amakusa Region

http://kirishitan.jp/en 

 

2018年から2019年にかけて廻った隠れキリシタン

・潜伏キリシタンゆかりの地を見ていただきましょう。

 

その3はパックツアーで巡った 上五島の3日目。

五島で三つ目の世界遺産である、「奈留島の江上集落」がメインです。

 

では、お付き合いください。

 

05-019

 

お宿の朝の空には、ピーヒョロローと トンビが飛んでいました。

 

05-038

 

そして、船着き場へ向かう車窓からは 柿の木が・・・

今日は11月3日です。

 

05-064

 

今日の我々の船はこれ・・・じゃありません・・・

 

03-257

 

はい、こちらの黄色い船です。

 

05-148

 

向かっているところは、「キリシタン洞窟」です。

 

05-150

 

「若松島・里ノ浦のキリシタンたちは、・・迫害を受けて、

船でしか行けないこの険しい断崖の洞窟に隠れた。」

とあります。

 

05-098

 

その洞窟に近づきましょう。

 

05-134

 

ぐるりと廻って反対側にキリストと十字架が見えます。

この後ろ側に洞窟があるそうです。

もちろん、当時は隠れ住んでいたわけですから

このように目立つものはありませんでした。

1967年にキリスト像が建てられたようです。 

 

05-147

 

 そして、今でも、毎年11月にこのようなお祈りの

集まりがあるそうです。 

 

05-209

 

そして、船が到着したところは・・・・

「奈留島の江上集落」

世界遺産の3つめの集落です。

 

05-225

 

木々に隠されたようなところにひっそりと建っている

江上天主堂です。 

 

05-233

 

この江上地区には 1881年に長崎の外海地区から

4家族が移住した・・とあります。

 

05-230

 

内部撮影は不可なので、窓から内部を撮影 

 

05-161

 

さて、次にどこに行くかといいますと・・・・

五輪真弓さんが関係あるとかないとか言われている場所。 

 

05-316

 

こちらのサイトで五輪真弓さんのルーツをご覧あれ・・・

http://oratio.jp/p_column/itsuwa-roots

 

 

05-280

 

はい、その島にとうちゃこです。 

 

05-307

 

子猫ちゃんがお出迎え・・・

 

05-321

 

これが、旧五輪教会。 

 

05-323

 

県指定の有形文化財になっています。

 

05-338

 

なかなか趣のある教会です。 

 

05-333

 

窓は、天然のステンドグラスのような美しさ。

 

05-277

 

現役の新しい教会も建っていました。 

 

05-373

 

子猫ちゃんのお母さん?にもご挨拶して島を離れます。

 

05-408

 

そして、小舟で向かうところは・・・・

 

 

05-435

 

福江港ターミナル

 

05-463

 

ホテルでランチ。

島ぶり・・・だそうな。

もちろん五島うどんもね。 

 

05-482

 

そして、この高速艇で 長崎の港へ・・・・ 

 

05-500

 

長崎港に到着。

このパッケージツアーの3日間本当にほぼ快晴の天気で

嬉しい限りでした。

 

この長崎港で、私は家内と別れ、パッケージツアーから離脱して

一人旅になります。

長崎市から佐世保市の世界遺産・黒島へ行くためです。

 

05-562

 

長崎―諫早―大村―ハウステンボスー佐世保へと電車は走ります。

 

05-516

 

大村藩はかつてはキリシタン藩主の下で、キリシタン王国でしたが、

その後禁教令で厳しい弾圧へと変わった藩でした。

 

千々石ミゲルは、天正遣欧少年使節の一人でしたが、

棄教して、大村藩に仕えたということになっています。

 

05-637

 

そして、佐世保駅に到着。

右に見える山は 烏帽子岳。

私が小学生の時から遠足などで何度も登った山です。 

 

05-660

 

佐世保は、元々は寒村であった場所に、天然の良港があるという

ことで、鎮守府がおかれ、軍港になりました。

今は、佐世保駅周辺はすっかり模様替えをして

大型客船が入るようになっています。

ここから、ハウステンボスに向かうようです。 

 

05-663

 

佐世保の我が家から真っ直ぐに広く見えていた港や山は、

今は駅前に林立する高層ビルやマンションで

すっかり隠されてしまっています。

昔は、佐世保港の大花火は全部見えていたのですが・・・

 

05-688

 

しかし、駅前から少し歩くと、カトリック三浦町教会が見えてきます。

元々は1897年に別の場所に建てられ、その後1931年に

今の場所で、佐世保港を見下ろしています。

 

05-704

 

この教会は、私が幼かった頃から気になる存在で、

時々遊びに行っては、内部を覗いたものです。

 

ちなみに、私の両親は浄土真宗でしたが、

母は結婚前には 東京で洗礼を受けていたと

言う話でした。

 

それに、母の弟であった私の鹿児島の叔父は、

浄土真宗であったにも拘らず、

キリシタンの歴史に詳しい郷土史家でした。

信徒の人たちが博物館に来たときには

キリシタンの歴史を教えていたそうです。

 

05-725

 

久々の故郷なので、佐世保バーガーとともに有名とされている

「レモン・ステーキ」を食べに行くことに・・・ 

 

05-736_1

 

ひと昔前に一度有名なお店で食べようと行ってみたものの

満員御礼で食べそこなった レモンステーキ。

仇をとりました。 

 

05-746

 

この佐世保の老舗レストランは、カレーライスと

シュークリームで有名な 蜂の家。

勿論 シュークリームは欠かせません。

 

05-751

 

お隣の白ばらも昔からのレストラン。

佐世保名物「レモン・ステーキ」と一緒に

長崎名物「トルコ・ライス」もやっていました。

 

05-755

 

米軍基地もある佐世保には、こんなお店もあります。

 

05-775

 

ホテルの近くには ちょっと気になるバーもあったんですが。

明日は朝が早いので、自粛・・・

 

05-767

 

ツアー3日目はこれで終了。

 

4日目は 世界遺産のひとつ、佐世保市の黒島に

行きます。 

 

― その4 - に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

==============

 

 

|

« 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その2 上五島 | トップページ | 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その4   佐世保の黒島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その2 上五島 | トップページ | 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その4   佐世保の黒島 »