« 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その1 熊本県・天草 | トップページ | 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その3 上五島から佐世保へ »

2019年4月20日 (土)

世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その2 上五島

 

世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その2 上五島

World Cultural Heritage : Hidden Christian
Sites in the Nagasaki and Amakusa Region

http://kirishitan.jp/en

 

2018年から2019年にかけて廻った隠れキリシタン

・潜伏キリシタンゆかりの地を見ていただきましょう。

 

2019年に企画しているバギオ日比友好月間イベントの

メインテーマとして「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を

取り上げ、17世紀における日本とフィリピンの交流史に

焦点を当てた内容にしようという目的で、長崎と天草地方を

パックツアーなどを利用しながら見学し、資料集めなどを

やってきた内容を だらだらと書いてみます。 

 

その2はパックツアーで巡った 上五島の関連遺産の地です。 

 

01-104 

 

私は長崎県の佐世保市出身なんですが、五島列島に行くのは

生まれて初めてのことなんです。

 

05-043

 

まずは、羽田から長崎空港へ飛びまして、長崎の港へ。

 

05-126

 

ジェットフォイルという高速艇で長崎港から奈良尾港へ。 

 

05-149

 

奈良尾港に入ります。

 

 

05-671

 

「祈りの五島列島 教会巡り3日間」です。 

 

01-239

 

五島最初の可愛い教会。

 

05-261

 

最初は 中ノ浦教会。

ここはキリシタンであるこの観光ガイドさんの教会だそうです。

自分の庭なので、内部撮影もOKでした。

 

05-243

 

この説明の中に、

「この地区の信徒の祖先は、寛政年間に外海地方の黒崎から

移住してきたキリシタンだが・・・・」

と書いてあります。

 

外海地方というのは長崎市のちょっと北の方にある

東シナ海に面した地域です。 

 

05-308

 

跡次カトリック教会。これはバスの窓からの写真。

五島にはあちこちに教会が建っています。

 

 

05-322

 

十字架のお墓も目につきます。

 

05-362

 

宿に掲示されていた「日本のカトリック教会 16教区」

長崎地区は 信徒数が 61,262名とあります。

 

05-371

 

お宿の夕食です。

ほとんどが海のものでした。 

 

05-389

 

第一日目の夜が更けていきます。 

 

そして、翌日 第二日目。

 

05-060

 

おはようございます。

 

01-161

 

バスの車内に貼りだされた地図。

一番南の奈良尾港に入って、北の方にある旅の宿に

泊まっているわけです。

 

05-163

 

さて、今日は船で 島に渡ります。

こんなに天気が良くて、海が静かなのは、なかなか

ないことだそうです。

 

05-190

 

小値賀町野崎島にある旧野首教会へいきます。

船からその教会が見えてきました。 

 

05-235

 

打ち捨てられた集落の跡・・・・・ 

 

05-259

 

遠くには銀色の海に小舟の影。 

 

05-309

 

さあ、旧野首教会。

 

「野崎島の集落跡」が世界文化遺産のひとつになっています。

こちらのサイトで 世界文化遺産の12の地区と教会を

ご一覧ください。

http://kirishitan.jp/

 

05-284

 

 

丘の上に凛々しく建っている教会。

今はこの島に住んでいる人はいないそうです。

 

05-369

 

内部は限りなく荘厳でした。 

 

05-358

 

海を見下ろす教会。

清々しい気持ちになれます。 

 

05-411

 

「野崎島の集落跡」を見守ってきた木々たち。 

 

05-423

 

これが私たちの船。

快適でした。

・・波が静かだったので・・・? 

 

05-536

 

ランチは結構お洒落なマルゲリータ・ホテルでの洋食。

でも、ちょっと量が足りなかったなあ・・・

格安パックツアーの泣き所・・かな?

 

05-550

 

お土産はこれ。

絵柄だけで選んだ一品です。 

 

05-591

 

ホテルの近くにあった教会。 

 

05-592

 

曽根カトリック教会。

初代の教会は1889年に建立されたとあります。 

 

05-594

 

現役の教会。

椅子もたくさん並んでいました。 

 

05-650

 

青砂ケ浦天主堂のマリア像。 

 

05-653

 

1910年の建立とあります。

国指定重要文化財になっています。 

 

05-654

 

たまたま、補修工事中でした。 

 

05-722

 

鯨の骨の鳥居のある「海童神社」

車窓からの撮影。

五島は鯨漁も盛んでした。

 

 

05-736

 

五島二つ目の世界遺産 「頭ケ島の集落」 

 

05-743

 

このインフォメーションセンターは 上五島空港の

建物の中にありました。

 

05-754

 

上五島だけで、これだけの教会があるそうな。 

 

05-778

 

 頭ケ島天主堂は、江戸時代末期まで無人島だったところに

1859年に迫害を逃れて住み着いた、とあります。

1867年に仮の聖堂が出来たそうです。 

 

05-781

 

がっちりした石造りの教会。

 

 

05-798

 

1919年に完成したそうですが、

工事着手は1910年だったそうです。 

 

05-770

 

内部の写真撮影は禁止のため、

写真の写真を撮影。

船底のような天井です。 

 

05-793

 

拷問に使われた石。

これを膝に載せられたらしい。 

 

05-809

 

虹が見えますか?

珍しい現象だそうです。 

 

05-837

 

町では 秋祭りが行われていました。

隠れキリシタンの時代には、このような祭りにも

キリシタンの人たちが参加していたのでしょう。

命を守るために・・・ 

 

05-853

 

大曾教会

最初の教会は1879年。

今の煉瓦造りの教会は1916年に竣工とあります。 

 

05-847

 

内部の撮影はできないので、・・・ 

 

05-860

 

外から窓ごしに・・・ 

 

05-874

 

 これが絵葉書の内部写真。 

 

05-897

 

 次は 冷水教会です。

1907年の建立。

純然なる木造建築と書いてあります。

 

05-894

 

他にくらべると庶民的な教会に見えます。

現役の教会なので内部は撮影禁止。

 

05-884

 

礼拝中。

ガイドさんが知人とお話し中を こっそり

外から望遠で撮影。 

 

05-896

 

 なかなか綺麗なマリア様でした。

どこで作られたのかは分かりませんが、

フィリピンのマリア像とはかなり違うように

見受けられます。

日本人好みの顔にしてあるのかな? 

 

05-915

 

その後 土産物センターみたいなところに

掲げてあった 冷水教会の内部の写真。 

 

05-901

 

その土産物センターは こんな塩を作っている工場でも

ありました。

 

05-911

 

これがその天然の塩の工程です。 

 

05-932

 

お土産センターの前は 海。

いい感じです。

ガイドさんは、塩屋の子供達と鬼ごっこをしていました・・・

 

05-925

 

椿油が有名だそうです。

 

これで、二日目終了。

三日目は 五島から佐世保へ向かいます。

 

― その3 - に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その1 熊本県・天草 | トップページ | 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その3 上五島から佐世保へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その1 熊本県・天草 | トップページ | 世界文化遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を巡る旅 - その3 上五島から佐世保へ »