カテゴリー「文化・芸術」の記事

2017年3月 7日 (火)

"The Unseen Beings" (見えざる存在) DIN ADI KAILA アート3人展 と 縄文時代? Baguio Museum

バギオ博物館で、こんなアート展のオープニングがありました。

5img_0855_2

DIN ADI KAILA と言うのは、バギオ市近郊の地方語 カンカナイ語で、
「見えざる存在」とでも言うべき精霊などのことだそうです。

5img_0857

私の日本語の生徒たちに聞いた話の中にも、いろいろな精霊にまつわる
話などがありまして、山岳民族の中には、今でも現実的な話として
伝えられているようです。

日本の精霊信仰にも通じるものがあって、親近感を持ちます。

つまり、八百万の神々ってことです。

5img_0857a

このアート展は、この3人さんが開催しているものですが、
8年ほど前、女性たちがフィリピン大学バギオ校美術学部の現役生
だったころから、日比友好月間イベントでのお付き合いがある
今はフリーランスのアーティストたちです。

5img_0861

Ronaldさんは、昨年の七夕祭りで、伊達政宗のガレオン船を制作
してくれました。

5img_0863

Kizelさんは、いつも独特の楽しい絵を発表しています。

今回は 自然の中に息づく精霊をテーマに描いています。

5img_0866

Rochelleさんは、「バギオ歴史探訪アート・マップ」でも、1930年代の
バギオ市を描くとともに、全体のとりまとめ役もやってくれました。

5img_0885

今回のオープニングでは、こんな踊りが披露されたのですが・・・・

5img_0904

非常に興味深かったのは この「棒」です。

太さや長さに違いがあるのですが、踊りの音楽をこれで奏でたのです。

3img_9021_2

普通は、この若者たちが手に持っている金属製のガンサあるいはゴング
という金属製の鳴り物を使うんですが、その代わりに ここでは「棒」を
使っていると説明があったんです。

ガンサについては、こちら:
https://kotobank.jp/word/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%82%B5-48756

5img_0957


代わりに・・・と言いましたが、歴史的には逆の話でして、
元々山岳民族はこの「棒」を叩いて奏でていたものを、
中国(だったと思います)から渡ってきた青銅製のガンサを使うように
なったのだそうです。

この「棒」の演奏。 なかなか良い音で、素晴らしい演奏でした。

=====

ここで、話は急に飛ぶんですが・・・・

こんな話を聞いたことはありませんか?

フィリピン・ルソン島沖から始まる世界最強の黒潮(日本海流)は、海のベルトコンベアーの役割をはたし、海産植物や陸上生物の拡散分布に役立っただけでなく、「海上の道」となって先史時代以来多くの南方的要素を日本にもたらしたことは確かである。ここで取り上げた特徴的な石斧、貝斧は、琉球列島に定着した先史時代人(サンゴ礁文化)や南九州地域に成立した南の縄文のクニ「もう一つの縄文文化」の原郷を探る意味で重要な石器であり、また黒潮海域を主な活動舞台にした「海人」集団の軌跡を示した資料と言える。 」

http://www.kuniomi.gr.jp/geki/iwai/sekihiro.html

実は、たまたま 数日前にこんなyoutubeを目にしましてね。

「【ドキュメンタリー】 日本人はるかな旅 第2集 「巨大噴火に消えた黒潮の民」   」

https://www.youtube.com/watch?v=YMB3CtKJ6jk

縄文時代初期、9,500年も前の フィリピンから日本への移民?のお話。

http://www.jomon-no-mori.jp/uenointr.htm

鹿児島県・上野原遺跡の紹介

・・・・・

なんで、こんな話をいきなり持ち出したかっていうと、要するに
この「見えざる存在」アート展に戻るんですけどね、
日本に今も何となく存在している「自然崇拝」というのか「精霊信仰」と
いうのか・・・・いずれにしても、そのルーツの一旦はフィリピンの
山岳民族のそれと同じなのではないかって思ったわけです。

5img_0958

その日本の心象風景の底辺に流れているものが・・・

5img_0963

もしかしたら、このアート展の底辺に流れているものと
相通ずるのではないかと・・・・思ったわけです。

5img_0951

もし興味があったら、是非 バギオ博物館に足をお運びください。

2017年3月31日まで開幕中だそうです。

 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

Launching of Baguio Historical Walk Art Map at Mt. Cloud Bookshop

バギオ歴史探訪アートマップ」 販売開始!!

 

We held a gathering for  launching of Baguio Historical Walk Art Map
on February 22, 2017  at  Mt. Cloud Bookshop, Casa Vallejo, Upper Session
Road, Baguio City.

5img_0196

the Art Map is A2 size back-to-back printed map folded into  A5 size.

Img_0200

Mt. Cloud Bookshop is a very unique book store that is handling
various books regarding Cordillera tradition and culture, etc.

5img_0219

the front side is describing Baguio City in 1930's  and
the back side is showing  major Heritage Sites and major sightseeing
spots in 201X.

3_photo_by_mt_cloud_bookshop_2

Welcome remarks by the coordinator of the project.
he told a story that inspired him to have this project from a Baguio Boy
before WWII.

he represented  Cordillera Green Network and Japanese Association
in Northern Luzon.

0img_0242

Inspirational message by a direcctor of Baguio Museum.
she introduced some movement to preserve Heritage sites in
Baguio city, such as Baguio Heritage Mapping Project, etc.

5img_0250

Illustrator of the 1930's Baguio told about the difficulties when she
determined the location and shape of the old buildings at that time.

5img_0309

the artists from University of the Philippines, Baguio, joined this project.

Kyle E. Vizcara,  Rochelle D. Bakisan and Elia Kristine D. Demayo.

5img_0272

coffee / tea time with the informative/supportive persons from  :

Baguio Heritage Foundation
Baguio Museum
Filipino-Japanese Foundation of Northern Luzon
University of the Philippines, Baguio, Fine Arts
Local Resercher and Historian
Japanese Film Maker
Japanese Association in Northern Luzon
Mt. Cloud Bookshop

000_img_photo_by_ricky_san_01a

(photo by  :  Ricky Marcelo/Abong)

these two maps were donated to Filipino-Japanese Foundation of
Northern Luzon, Inc.

 

Img_0022_40s_2

front side of the map.

Img_0020_40s

backside of the map.

Img_2065

Img_2055

in the research, these books, photos, post cards and maps wer referred to.

mainly from :

"Japanese Pioneers in the Northern Philippine Highlands"
by Patricia O. Afable
Filipino-Japanese Foundation of Northern Luzon, Inc.

"The Ethnic Chinese in Baguio and in the Cordillera Philippines"
by Dr. Charles L. Cheng & Ms. Katherine V. Bersamira

"City of Pines:  The Origins of Baguio as a Colonial Hill Station
  and Regional Capital
"
by Robert R. Reed

 

Img_0194a

if you want to buy the Art Map,
please contact  Mt. Cloud Bookshop in Baguio city.

http://mtcloudbookshop.com/

https://www.facebook.com/mtcloud/

the Selling Price is  P120.- at the shop.

3img_0202

 

The video of the Launching of the Art Map at Mt. Cloud Bookshop:

https://www.youtube.com/watch?v=tOwneY-TMjY

thanks for your visits.

==========================

The below News Paper article was found at Baguio Midland Courier website

written by Ms. Stella Maria de Guia  :

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:G5K8VzCzHxcJ:www.baguiomidlandcourier.com.ph/turo.asp+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

Turo-Tour - Baguio Midland Courier Website

www.baguiomidlandcourier.com.ph/turo.asp

1. キャッシュ

2017/02/26 - As mentioned during the launching of Hidenobu Oguni's Baguio Historical Walk Art Map at Mt. Cloud Bookshop, 2016 and 2017 are auspicious years for Baguio. Not only because these years brought and are bringing several ...

 

Reliving heritage


As mentioned during the launching of Hidenobu Oguni’s Baguio Historical Walk Art Map at Mt. Cloud Bookshop, 2016 and 2017 are auspicious years for Baguio. Not only because these years brought and are bringing several projects and programs to the fore, but also because it has signaled the reawakening of public consciousness on Baguio’s culture and heritage.

Heritage is defined as a milestone, a special inheritance which focuses on culture, tradition, buildings, edifices and old practices, which should by any means be preserved, conserved and restored – not destroyed, remodeled and forgotten. What took years to metamorphose cannot be replaced by grandiose ideas of development, whether it is meant to beautify or revitalize. Neither could it be a signature or legacy to one’s development plans. One must have a certain respect for history and culture.

I actually borrowed the title of this article from a recently concluded forum of the Department of Architecture of Saint Louis University convened by architects Joan Colcol and Victor Alinio and endorsed by Engineer Cynthia Posadas and SLU Director Rosario Marfori about “Reliving Heritage” by Dr. Dennis Cremin.

Dr. Cremin is an expert who won the Book of the Year award from the Illinois State Historical Society in 2004 about “Grant Park, Chicago’s Front Yard.” Dr. Cremin starts with the question, “How do we foster architecture and engineering as a way to connect to the past?” He then proceeds to focus on art, culture and heritage of the 21st century, and mentions that “history is a litmus test for the future.”

Architect Cristito Valdivia, the very able and humorous emcee of the affair, also commented on the importance of people in architecture and alluded that. It should be a live experience. This was followed by the reaction of the “Father of Architecture in Baguio,” first City Architect Joseph Alabanza, who mentioned that we must make history live again; that new developments must consider the past and must capture its memories so it comes to us again; that the city must create an urban design committee that would strategically define development in Baguio and seconded the sentiments of Arch. Valdivia. He says that the landscape of Baguio is unique and was made to inspire and to consider the feelings of visitors and residents, seemingly evoking nostalgia of “what do I feel about this particular building?”

These reactions bring me back to the theme of the “2004 First Tourism Summit,” which is, “A review of the past a drive towards our culture and heritage.” In this summit, former Department of Tourism Sec. Gemma Araneta enumerated some of the goals of the Heritage Conservation Society which she headed, which are: 1.) the restoration of heritage is not an obstacle to progress, 2.) an efficient 21st century lifestyle can take place in the same architectural envelope made by earlier generations, 3.) the restored heritage structures are excellent tourism products that can make the Philippines, especially Baguio a unique destination, and 4) heritage conservation can awaken “pride of place.”

From these goals we can say that when making development plans, one must consider heritage buildings already in place and see how they can enhance certain architectural landscapes. Hence, such plans must be integrated into master development plans and should consider the presence of culture bearers and overseers. The bottom line is we must consult first, before any developments are put in place. By and large, I believe the planners of today should get a copy of the outputs of this 1st Tourism Summit to get an inkling of people’s inputs on heritage development.

The Baguio Heritage Mapping and Capability Building on Heritage Conservation of Doctors Rowena Boquiren, June Prill Brett, and Clarita de los Reyes supported by the University of the Philippines College Baguio Educational Foundation, the Pine Cone Movement headed by Mita Dimalanta and the Baguio Heritage Foundation of Laida Lim Perez, is one program worth supporting. I know the City of Baguio is listening. Reliving and revival of heritage is a very welcome development provided it undergoes a process of consultation. That is the culture of Baguio (will expound on this in another article).

The three “beloved witches” or “switches” of Baguio, Virginia “Gene” de Guia, Leonie San Agustin, and Cecile Afable must be dancing up there in the sky as their beloved Baguio is experiencing a reawakening. We must also credit the efforts of the Fernando and Rosa Bautista Foundation and the City of Baguio for creating heritage maps during the 2009 centennial celebrations. Congratulations culture bearers! There are still many of you out there that we have not been mentioned. Hopefully we can come together to further awaken cultural sensitivity.

We invite art and culture lovers to join us in the opening of the “Din Adi Kaila Art Exhibit,” a celebration of Environment Week, by Rochelle Bakisan Kizel Cotiw-an, and Ron Dulay on March 4 at 4 p.m. at the Baguio Museum Gallery at Gov. Pack Road.

Happy Panagbenga!

========================

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

クリスマス・カンタータで実感した 日本とフィリピンの違い

12月はフィリピン中がクリスマス一色。
もっとも、フィリピンでは BERの付く月、9月から12月まではクリスマス・シーズンだともいわれているんですけどね。

Img_6000

(レオナード・ウッド通りのイルミネーション)

12月22日、毎年お世話になっているバギオ博物館からのご招待。

Img_6003

クリスマス・カンタータ」 ってのがあると言うんで、初体験をすることに。

そもそも、カンタータってなんじゃろ?

https://kotobank.jp/word/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BF-49204

独唱重唱合唱などに器楽管弦楽伴奏がついた大規模な声楽曲。もとはソナタ(器楽曲)に対する声楽曲一般を意味した。教会用のものと演奏会用のものとがある。交声曲。 」

まあ、よく分からないので、とりあえず聴いてみたわけです。

Img_6004

そもそもこの会は、「第二回・バギオ博物館 アート・フェスティバル」 展示期間中のイベントのひとつのようでして・・・

Img_6007

フィリピン大学バギオ校芸術学部の学生や卒業生の作品の展示の場となっているわけです。

Img_6008

ちなみに、左側の2作品は、日比友好月間イベントのアート制作を昨年からやってくれている現役学生の作品。

Img_6010

真ん中の作品は、7年前に現役女子大生で、その時から日比友好月間・七夕祭や「浮世絵塗り絵」イベント、さらには、「1930年代のバギオ歴史探訪マップ」制作に中心になって関わってくれている卒業生の作品。

Img_6013

バギオ博物館には、文化的イベントを支えている「コア・メンバー」という人たちが数名いまして、立って話をしているうのが その内のお二人。

フランス人と中国系フィリピン人で、 この他に、インド人のメンバーなどがいるんです。

ちなみに、フランス人は元大学教授で、中国人は某大ホテルの経営者。

ついでに、私は、「責任が重いからメンバーにはならないよ」と断ったのに、いつの間にか日本代表のコア・メンバーにされちまいました。

Img_6017


開会の辞は、元市議会議員の方。

司会役は、バギオ博物館の理事のお一人。 この方もバギオでは著名な家の方なんです。

真に恐れ多いことでござりまする。

Img_6027

・・・さて、「クリスマス・カンタータ」が 始まりました。

Img_6069

このグループは、バギオ市にある セントルイス大学、フィリピン大学、さらには ベンゲット州国立大学などの出身者で構成されている合唱団で、CORO d'llera Music Ministry というグループなんでそうです。

Img_6077

この合唱団のメンバーの内の二人は、フィリピン代表チームに選抜されているのだとか。

・・・・

このクリスマス・カンタータを聴いていて思ったんですけどね、

やっぱりフィリピンっていう国は 根っからのキリスト教国なんだなあと言う事でした。

Img_6129

まあ、当たり前のことではあるんですが、この時に初めて それが実感されたということなんです。

例えば、日本でこういう声楽曲を聴くという機会は そう言う事が趣味でもない限り ほとんど聴く機会もないわけだし、 それに、そういう機会というのは なんとなく敷居の高いもののように思うわけです。

もちろん、私もクラシック音楽を聴くのは好きですし、コンサートなんかにも行くことはあるんですけどね。

それにしても、声楽曲というのはあまり縁がないので、どうしてもよそ行きな感じになっちゃうんですねえ。

Img_6113

それに比べて、この1時間の間に聴いた 讃美歌やクリスマス関連の歌というのは、彼らにとっては宗教というのか、生活というのか、そういうものにしっかり根付いたものだというのが この時に分かったんです。

Img_6115

まあ、そういうフィリピンと日本でのクリスマスというのを 比較すること自体が 「トンデモナイ」話じゃああるんですけど、 FACEBOOKでこんな記事が廻っていたんです。

日本人のクリスマス - 変なものトップ5 」 ってタイトルなんです。

http://en.rocketnews24.com/2016/12/22/w-t-f-japan-top-5-strange-things-japanese-people-do-for-christmas%e3%80%90weird-top-five%e3%80%91/

第5位: ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)の夕食

 

第4位: クリスマス・ケーキ

 

第3位: 小さなクリスマス・ツリー

 

第2位: クリスマスは 恋人たちのイベント

 

第1位: クリスマスにも お仕事

・・・ってな具合です。

KFCってのは、フライド・チキンなんだけど、フィリピンの人たちはほとんど毎日 フライド・チキンを食べてますからねえ。

小学生から、お弁当は フライド・チキンとご飯ってのが 毎日だったりして。

フィリピンだと 七面鳥までは手が届かない感じなんですけど、なぜか大きなハムを丸ごとプレゼントするのが ひとつの慣習になっているみたいです。

・・・・

クリスマス・ケーキは、明らかに誕生パーティーの定番でして、
ことさらクリスマス用ということではなさそう。

・・・・

クリスマス・ツリーは、日本の場合は 家が狭いですから、まあ、しょうが無いっすね。

・・・・

恋人たちのイベントってのが、クリスチャンの国では 信じられないところでしょうか。

フィリピンでは 明らかに宗教的であり、また家族的と言えるでしょうね。

日本で言うならば、お正月みたいなものですかね。

・・・・・

クリスマスにお仕事??

まあ、フィリピンでは論外ですね。

クリスマスの前後は、祭日だし、田舎に帰って家族や親せきと過ごし、教会のミサに行くという一年で一番大切な時期なんですね。

海外出稼ぎしている人たちも、世界中からフィリピンに帰国する季節ですから。

・・・・・・・

話は飛びますけど、

私は長崎県佐世保市の出身なんですね。 だから隠れキリシタンの人たちも近場に居れば、子供のころに家の近所にあったカトリック教会の庭で遊んだこともあるんです。

おまけに、米海軍の基地でもあったもんで、隣近所に 米軍の水兵が住んでいたり、米軍の将校の家族の家に遊びにいって、そこの子供たちとかくれんぼなんかをやったりもしていたんです。

だから、日本全体の中で考えれば、キリスト教というものに 大きな違和感は感じていない筈なんですね。

・・・ところが、です。

私の母は結婚前は キリスト教の洗礼を受けたという話を聞いたこともあって、そして、大学受験の準備もあったもんで、聖書の英語をしばらく勉強していたことがあるんです。

和英対訳の聖書ってのがありますよね。 あれです。

その時につくづく思ったんですけどね、なんで聖書の日本語訳って こんなにバタ臭いんだろうって思ったわけ。

これじゃあ、信者は増えないなってね。

書いたものを読むってことは、そして、それに感動したりするってことは、やはり書いてある内容は勿論だけど、その文体なんかにしても、琴線に触れる表現っていうのか、こなれた日本語になっているかってことが大きいんじゃないかと思ったんです。

仏教の中でも、親鸞の浄土真宗なんてのは、昔々のカトリックの神父たちが日本で布教しようとした時に、日本人にキリスト教というのはこんな教えなんだよと説明したところ、日本人は 「ああ、そんな宗教だったら もう日本にあるよ」 ってなことを言ったそうですしねえ。

学者によっては、浄土真宗は 一神教だという話もあるみたいですよ。
まあ、それだけ キリスト教っぽいってことですけど。

・・・・・

最後に、クリスマス・ソングを比べてみましょうか?

日本の最近のクリスマス・ソングって こんなものらしいですね。

日本のクリスマス・パーティーに必須のクリスマス・ソング 10曲

https://blog.gaijinpot.com/ten-essential-songs-japanese-christmas-party/

すんません、私が知っている曲は ひとつもありません・・・涙。

・・・で、こちらは 英語のクリスマス・ソングですが、

メリー・クリスマス ベスト 30曲

https://www.youtube.com/watch?v=bzsVxXAOtEk

曲名を見てみると、日本のクリスマス・ソングは 恋の歌という雰囲気であるのに対して、英語の曲は クリスマスの季節をお祝いするような感じの曲が多いように思います。

Img_6050

・・・・・・

まあ、結局、何が言いたいかっていうと、

日本のクリスマスは 浮かれ踊るイベントで、フィリピンの場合は 荘厳さと家族の温かさを確認するイベントなのかな~~、とつくづく感じちゃったわけです。

クリスマス・カンタータ、有難うございました。

 

========

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

Opening of Christmas in Baguio : Lantern Parade by Saint Louis University

このページは、毎年12月1日に フィリピン・バギオ市のクリスマス・シーズンの幕開けとして実施されている セントルイス大学による「Lantern Parade」(ランタン・パレード)のスナップ写真を掲載しています。

2img_4314

・・

5img_4033
・・・

5img_4035
・・・

5img_4043

・・・

5img_4066

・・・

5img_4092

・・・・

5img_4107
・・・

5img_4113

・・・・

5img_4133

・・・・

5img_4148

・・・

5img_4164

・・・

5img_4167



・・・

5img_4177

・・・・

5img_4181


・・・・

5img_4187

・・・・・

5img_4205a


・・・・

5img_4209

・・・

5img_4217

・・・・

5img_4219

・・・・

5img_4221

・・・・・

5img_4225

・・・・

5img_4229

・・・・

5img_4238

・・・・

5img_4245

・・・・

5img_4257


・・・・

5img_4269・・・・

・・・・・

5img_4283・・

・・・・

5img_4290

・・・

5img_4292

・・・・

5img_4297

・・・・

5img_4320

・・・・

5img_4321

・・・・

5img_4325

・・・・・

5img_4338

・・・・・

5img_4350

・・・・・

5img_4347


・・・・・

5img_4369


・・・・・

5img_4385

////

5img_4400

////

5img_4406


////

5img_4415a

/////

5img_4426

/////

5img_4440

/////

5img_4446

////

5img_4480

//////

5img_4497

/////

5img_4500

/////

5img_4510

/////

5img_4517

/////

3img_4291
/////

5img_4031

//////////////////

///////////////////

////////////////

/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月13日 (日)

八百万の神々か? 「空気の研究」 山本七平著 を読む - その10

小池東京都知事が NHKのニュースの中で
ちらりと言及した 「空気の研究」を読んでいます・・・
キリスト教や原理主義に関する部分なので、さらに迷路。。。。




Img_3021_3




私には結構難しいので、分かるところだけをピックアップ。
後から反芻するためのメモみたいなもんです。

p186

聖書絶対主義」は当然に親政制を指向する。

=== という文章で始まっているんですが、この後は
    かなりのスペースを割きながら キリスト教の
    宗教改革の歴史と議論の内容を語っています。
    元々 歴史が苦手科目だった私にとっては
    この手の海外の歴史は頭に入ってきません。
    ってことで、ここの部分はほとんどスキップ・・・・

p200

彼らにとって、一つの合理性追求と聖書絶対は一体に
なっているのであって、・・・神学が要請されているわけで
ある。 従って合理性と聖書的神政制とは、宗教と科学という
形で必ずしも対立しているのではなく、一方の追究は究極的
には一方の成就という発想になる。
これは科学者のファンダメンタリストにはほぼ共通しており、
これはピューリタンのものの考え方に起因しているように
思われる。

もちろん「ピルグリム物語」は一つの「神話」にすぎず、
これは「アメリカ建国神話」と見るべきものであろう。
しかし現実に、国民とよばれる者を拘束するのは「神話」で
あって事実ではない。

p201

天孫降臨」の建国神話と「維新神話」が戦前の日本人を
拘束し、それと同系統の「戦後神話」が現代を拘束している
以上、「アメリカへの天孫降臨神話」が彼らを拘束して
当然であろう。

彼らは、「アメリカという地に、ロビンソンの「神勅」を
もって降臨した天孫たち」である。

=== さて、ピルグリム物語ってのは何だろうということで
    検索しますと:
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%BA
「信仰の自由を求めた清教徒を含む102人がメイフラワー号に乗って
アメリカに渡った。メイフラワー号船上での「メイフラワー誓約
(右図)」は社会契約説に基づくものとして知られる。1620年11月
に北アメリカ大陸に到着したピルグリムファーザーズは、キリスト
教徒にとって理想的な社会を建設することをめざした。」

    要するに メイフラワー号の清教徒が「天孫降臨」
    したということですね。

p206

一体全体、われわれの「ファンディ」はどこにあるのか?
戦後か、明治か、否もっと古くか。
「日本人が憲法を扱う態度は、まるで根本主義者が聖書
に対するようだ」という一アメリカ人の批評は、ある意味
であたっているが・・・

p207

伊藤(博文)など足下に及ばぬ天才新井白石が、すでに
同じ考え方をしているのである。
そして白石の生き方こそ伝統であり、かつ、だれ一人
疑わぬ常識であり、・・・

p208

明治憲法は、それが発布された時点においてはそれなりの
合理性と何らかの有用性とを持ちえたかも知れぬ。
しかしそれは、日本的非合理性の上に立ってその”力”を
制御して、改革に転化させるべく構成されたものではない。

その憲法は、制御装置としての力は発揮できず、実質的
には空文と化してしまう。

=== なんだかよく分からないんですが、
    どうも昨今の立憲主義の破壊がすすむ現状を
    みていると、この空文化が起きているようですね。
    この本が書かれた33年前からずっと起きて
    いるのかも・・・

p209

国内の一切の勢力は、本当は「何をしてよいのか一切
わからない」という状態になり、その非合理性は、
制御なきままに、どこかへ走り出す。
このとき、”伊藤博文の路線”はもう無力である。

p210

そして制御し得ていないと感じたとき、まず出てくる
のが、輸入の制御装置を絶対化することにより・・・

p211

われわれは自らの”ファンディ”を再把握する以外にない。

・・・それは「神の前での平等」と対比さるべき「一君万民的
家族的平等」であり、この平等主義に基づく一つの
倫理主義であり、その倫理主義を強行しうる「強権」への
喝采である。

しかしその基盤となっている一つの絶対性は、彼らの如き
教義(ドグマ)の絶対化でなく、むしろ家族的相互主義
に基づく自己および自己所属集団の絶対化とでもいえる
ものであろう。

p212

これが恐らくわれわれのあらゆる体制の背後にある神政制
だが、この神政制の基礎はおそらく汎神論であり、従って
それは汎神論的神制と呼ばれるべきものである。

=== この部分が 日本教原理主義の肝の部分のようです。

    これって、汎神論というのが多神教、神道、
    八百万の神々って話と同じならば、
    結局神道が日本人の原理主義の根元にあるって話
    ですか?
    その上で、いわば自分が属する家族的な集団を
    絶対化して、空気を作り、水を差し、
    熱くなりやすく冷めやすい回心を繰り返して
    いるってことになるのでしょうか。

p213

日本人は「情況を臨在的に把握し、それによってその情況に
逆に支配されることによって動き、これが起こる以前に
その情況の到来を論理的体系的に論証してもそれでは
動かないが、瞬間的に情況に対応できる点では天才的
という意味のことを・・・

=== 確かにそういう意味では天才的なんでしょうが、
    しかし 原発事故にはこれでは対応できなかった
    ように感じます。
    天災に囲まれて生きてきた日本人の特性かも
    しれませんが、原発事故は一時的なことでは
    済みませんからねえ。 理詰めでいかないと。

p216

人は、論理的説得では心的態度を変えない。
特に画像、影像、言葉の映像化による対象の臨在的把握が
絶対化される日本においては、それは不可能と言ってよい。

p217

人は未来に触れられず、未来は言葉でしか構成できない。
しかしわれわれは、この言葉で構成された未来を、
一つの実感をもって把握し、これに現実的に対処すべく
心的転換を行なうことができない。

論争の際でも相手の言葉の内容を批判せずに、相手に対する
ある種の描写の積み重ねで、何らかの印象を読者すなわち
第三者に与え、その印象に相手を対応さすことによって、
その論争に決着をつけてしまおうとする。
この結果生じたのが「世界で最も罵詈讒謗に弱い」という
批判をうける状態であった。
いわばある種の情況を創出されることを極端に恐れ
その情況による人びとの心的転換を恐れるという態度である。

=== ふ~~ん。
    これは何だか、最近の核拡散防止の署名に
    被爆国である日本が参加しなかったという話と
    つながるような気がしますね。
    署名しなかったことによって 日本にとって
    世界からリスペクトされないという情況を
    自ら作ってしまったように思います。
    この本の趣旨とは違うでしょうが・・・
    他からどう思われるかを気にする日本人に
    あるまじき行為 ??

    きっちりと論理で世界の国々と渡り合える
    ようにならないと外交も難しいということに
    なるんでしょうか。

p218

「空気」に基づく行動が、まわりまわっていつしか自分の首を
しめて行き、その判断で動き回っているとどうにもならなくなる
ことを、人は、否応なく実感せざるを得なくなってくる・・・
戦争直後にこのことはいやというほど実感させられた・・・

=== それで、一応 空気、水、日本の原理主義ってものが
    分かったようなつもりにはなったんですが、
    著者は 最後に 以下のように書いています。

p219

自由」はいかなる位置に立ちうるのか
それを探すには、かつての彼らが、黙示録的支配から
何によりいかにして脱出して来たかの歴史が、一つの参考
となるであろう。
だが、その問題については、また別の機会に記したいと
思う。

=== なんてことで締めくくってしまっているんです。
    オー・マイ・ゴッド !!
   
    この本の後に そういう本が出版されたのかどうか
    分かりませんが、まあ、自分で考えろってこと
    なんでしょう。

・・・・・・

次回 その11 では、「あとがき」を読んでみます。

============

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 8日 (月)

Making of Baguio Tanabata Festival 7 - 仙台流・バギオ七夕祭7 の舞台裏

Snap photos :   Making of 2016 Baguio Tanabata Festival 7

日比友好月間イベントの一環として実施している 「仙台流・バギオ七夕祭7」の舞台裏のスナップ写真です。

5img_6361

バギオ博物館での 「工事中」・・・

3img_6187_70_pct

Hasekura Tsunega 支倉常長像

Img_6194

上の二つの 支倉常長像を ・・・・・

2img_6187_50pct_plus_94_dark_haseku


無理やり 合成して・・・・・

5img_6500

こう成りました・・・・・

Img_6298

さて、フィリピン大学バギオ校美術学科の現役生が美術制作担当・・・

Img_6312

フィリピン大学バギオ校美術学部のOGが監督でした。

Img_6325

こちらは Bag-iw Art Society のグループ制作。

毎年 バギオ日比友好月間ポスターの コンテストを仕切っていただいています。

Img_6316

北ルソン日本人会のメンバーも 準備の打合せ。

5img_6368

アボン(北ルソン比日基金)、日系人団体のスタッフの皆さんが 七夕飾りの飾り付けをしてくださいました。

5img_6402

これは、「防水タイプの吹き流し」の屋外での設営。

5img_6474

GLOBEテレコムさんからお借りし、組み立てもしていただいたテントも6つ、設営完了。

5img_6473

最後の仕上げ・・・

5img_6436

一階の展示会場でも準備中・・・・

5img_6468

UP SVA 現役生たちの展示準備・・・・

5img_6470

UP Anime_HQ の作品展示準備中・・・

5img_6437

JICAさんのパネル展示コーナーも・・・・

5img_6438

こちらは 「宮城県観光ポスター展」の会場です。

5img_6463

ご支援をいただいている政府機関、企業、団体などのロゴも整いました。

03_photo_by_abong_1

アボンのスタッフの皆様、お疲れ様でした。

2photo_by_fb_robin_balisi_02

(photo by Ms. Robin Balisi )

コスプレーヤーのグループも 開場を待つばかり・・・・

毎年 お世話になっています。

Img_4745

Img_4747

7月3日に開かれた 最初の関係者会合。

Abong, UP SVA,  UP Anime_HQ,  Bag-iw Art Society, Baguio Museum,

Baguio Cosplay Community.....

そして、8月6日に迎えた バギオ博物館のオープニング式典。

皆々様、大変お疲れ様でした。

  


 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月27日 (水)

フィリピン・バギオ市で 仙台流・七夕 七つ飾り ワークショップ

今年もまた 日比友好月間が参りまして、気ぜわしい毎日なんでありますが・・・

5img_5759

7月23日と24日に 「仙台流七夕飾り」ワークショップが開かれまして。

「仙台の七つ飾り」ってのは何かといいますと、

上の写真の左側に書いてある絵のようなものを紙で作るわけです。

5img_5786

さて、二日間にわたり3回開かれるワークショップの始まりです。

フィリピンでは、このように全員立ちまして、お祈りをするのであります。

「このような素敵な機会を与えてくださり、神に感謝いたします・・・」

ってな具合です。

5img_5795

昨年までは、北ルソン日本人会や英語学校のボランティアの人たちにお願いして、作り方を英語で教えながらやったんですが、今年は、「もう作り方は覚えちゃったから 私たちだけで出来るわよ・・・」 ってなことで、楽になりました。

5img_5811

日系人会の奨学生たちが ファシリテーターになりまして、

来場者に教えるわけです。

壁に貼ってあるのは、本場 仙台市の「たなばた祭り」のポスターなんであります。

仙台七夕まつり協賛会(仙台商工会議所)様からの頂き物です。

5img_5844

正面の舞台の上に 貼ってある大きな絵は、

伊達政宗と 慶長遣欧使節の船「サン・ファン・バウティスタ号」なんであります。

いろいろ調べていたら 400年ほど前に 今のメキシコ、さらにスペイン、ローマへと 法王に謁見に行ったわけです。

そして、その帰りに 支倉常長さんが、マニラに二年ほど住んでいた、そしてなんと このサン・ファン・バウティスタ号が マニラで スペイン政府に売却されていたことが分かったんです・・・

・・・で、無理やりに 仙台七夕 - 伊達政宗 - 慶長遣欧使節 -支倉常長

- フィリピン - という連想ゲームで 結びつけたわけです。

5img_5861

家族連れの人たちもいて、結構 楽しんでもらったみたいです。

5img_5913

これは、フィリピン大学バギオ校美術学部のOGが作ってくれた 七夕セット・・です。

彼女は、数年前から 七夕イベントに関わってくれていて 会った当初は、大学の ソサイアティー・オブ・ビジョアル・アート(SVA)というサークルのメンバーでした。

5img_5919

こちらの一角には、英語留学中の日本人の皆さん。

きっちり仕事をしている姿が印象的。

5img_5924

こちらのテーブルには、国際交流基金の日本語パートナーズとして最近フィリピンに派遣されたばかりのお二人が・・・

「仙台流の七夕飾りは初めて・・・」

ということで、フィリピン人のファシリテーターに教えてもらっていました。

5img_5940


「紙ごろも」 と 「吹き流し」 を作った女の子。

紙ごろもは ちょっと洋風ですな。

5img_5959

やっぱ・・・作った飾りを 笹竹に結ぶのは ちょっとわくわくしますよね。

みんな とても楽しそうでした。

5img_6028

なぜか・・・こんなもんまで置いてありまして・・・

日本人が 記念写真・・・

このアイデア ちょっと頂こうかな・・・と考え中。

7img_6036

こんなんで 遊んでいる女の子もいましたね・・・

7img_6065

「ファッション・デザイナーになりたい!」

という短冊がありました。

実は、このバギオ市に 山岳民族の伝統的織物のデザインを 世界的なブランドにした 山岳民族出身の女性がいましてね、仲良くさせていただいていたんです。

去年の七夕祭りの時には 一緒に AKB48の「恋するフォーチュン・クッキー」を踊ったりして・・・

でも、その著名なデザイナーのおば様は亡くなってしまったんです。

将来を担う デザイナーが出てくれると嬉しいですね。

7img_6068


「両親が フィリピンに帰って来てくれますように・・・」

ああ、このお願いが 天に届くといいですね。

フィリピンの出稼ぎ社会という現実が こんなところにも現れました。

7img_6093

・・・日本では、なかなか こんな雰囲気で七夕を楽しんだこともないんですが、

結構いいもんですね。

7img_6113

これくらい飾ると、結構 いいもんですよね。

7img_6121a

・・・なんで みんなが横を向いているのか・・・ですか?

「みなさ~~ん、七夕飾りの方を向いてくださ~~い」

って注文を付けたんです。

ちょっと失敗だったかな・・・笑

・・・・・・・・・・・

実は、仙台市の本場の七夕祭りには まだ一度も行ったことがないんです。

3年ほど前に 「仙台流の七夕祭り」をバギオ市でやろう、と決めてから、

仙台市の商工会議所や、国際センター、仙台市博物館、石巻市のサンファン館なんかに 情報を仕入れには行ったんですけどね。

やっぱ、本場の七夕祭りを見たいなあ・・・

でも、バギオも 8月にやるんで、かぶっちゃって見に行けないんだなあ・・・

ああ、残念、残念・・・

Img_5078

・・だから、仙台七夕まつり協賛会さんから この大きなポスターもいただいたんです。

Img_5079

そして、これは 宮城県の四季を表すポスター・・・

宮城県観光連盟さんからの いただき物です。

 

Img_5083

さらに、さらに・・・ 石巻市の サン・ファン館さんからも こんなポスターをいただきまして。

バギオ博物館で ポスター展をやることになりました。

嬉しいですねえ。

有難いですねえ・・・

皆さんも 是非 見に来てくださいね。

仙台市と同じ日、8月6日に バギオ博物館での展示がオープンします。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

最悪な午前中と 最高の夕方: クラシック・ギタリスト Sachiko Miyashita コンサート

金曜日のことです。

今は、日本語教師養成講座をやっているんですけど、

それは月・火・水の午後だけなんです。

たまたま、来週は在外投票なんやらで マニラに行くことになったんで、

その振り替え授業を 金曜日の朝にしたんです。

習慣っていうか、慣れは怖いですねえ~~。

日比友好月間の諸々の準備で、頭の中が一杯だったんです。

・・・で、金曜日というのは頭の中にあったのに、すっかり午後だと思い込んでいたんです。

朝10時を過ぎた頃、携帯にメールあり。

ひげも剃らずに 家を飛び出し、1時間遅れでの授業。

幸運にも、午後1時までは 大丈夫ってことで、2時間の授業を無事に終了。

ぐったり疲れて、下宿に戻り、夕方のクラシック・ギター・コンサートに備えて昼寝。

Img_4225

コンサートの会場は コーディリエラ大学の講堂。

一応 日比国交正常化60周年もお祝いしてのイベントということになっていたんですが、たまたまこの大学の創立70周年だってことで、ダブルのお祝いということになっていました。

舞台の設えも いつもとは違って しっかり作ってありました。

メインは、日本人 クラシック・ギタリストの 宮下祥子(さちこ)さん

聞くところによれば、日本の女性クラシック・ギタリストの中ではトップクラスの方だとか。

私は、オーケストラは好きなんですが、ソロの楽器にはほとんど馴染みがなく、あまり期待もしていなかったんです。

Img_4228

大学側が仕切ってオープニングのお祈り、フィリピン国歌、日本の「君が代」と続き、その後に大学の賛歌なるものが 大学のコーラス部を中心に歌われました。

この大学の賛歌が なかなかのもの。 ちょっと宗教音楽みたいで立派だった。

主催者やら共催団体の紹介の後に、支援団体なんかの紹介もあったんですけど、たまたま北ルソン日本人会ってことで最低限の寄付をしていたもんだから、私の名前まで呼ばれてしまって、後ろを振り向いて軽く手を振りました。

(どうも、これは、司会者が 数年前から日本映画祭なんかで知り合いだったもんで、わざわざ名前まで出してくれたんじゃないかと思いますが・・・)

Img_4232

その後、このコーラス部のパフォーマンスがあったんですけど、

これが感動ものでした。

琴線に触れる・・って言うんですかねえ

その素晴らしいハーモニーに 聴き入ってしまって、涙が出そうでした。

私の場合は、オーケストラで バイオリンなどが唸る(表現がいまいち)ようなところで、気持ちが昂ぶって感動することがあるんですけど、 人間の声っていうのは それを上回る素晴らしさがありますね。

Img_4240

コーラス部とのコラボで、マニラからのフィリピン人女性声楽家も歌ったんですが、その高音が透き通っていてなかなかでした。

(ちなみに、後で聞いた話では、この声楽家の女性がバギオ出身だということで、今回のバギオ公演が決まったのだと聞きました。)

でも、やっぱ私の場合は、ソロよりもコーラスですかねえ・・・

言葉は分かりませんからね。

音のハーモニーなんですね。

それでも 感動して涙が出そうになった。

さて、いよいよ メインの登場です。

Img_4243

結論から言うと、「凄かった」 です。

クラシック・ギターが こんなに素晴らしいものだというのは知りませんでした

これも涙が溢れるのを我慢するのが大変でした。

隣に座っていた女性も 目の周りが赤く見えました。

・・・・・・・

バギオ公演でも演奏された「羽衣伝説」 沖縄の昔話が元だそうです:

https://www.youtube.com/watch?v=4Y8KicphEfo

・・・・

何に感動したのか・・・なんとも表現のしようがないんですが・・・

「琴線に触れる」とはよくも言ったもんです。

私の「ギター線」に触れちゃったんですね。

ギターという楽器との 真剣勝負という雰囲気に圧倒されました。

電気を通していないクラシック・ギターで、こんなにも凄い音が出せるものかという感じ。

Img_3425

====

これで、悪夢の午前中から 至福の夕方に 急旋回をしたのでありました。

こんなにハッピーな時間というのは そうそうありませんからね・・・

そのまま下宿に帰るのももったいない・・ってことで、

晩御飯を兼ねて、近くの ライブ・ハウスへ・・・・

Img_4244

8時を過ぎていたんですが、まだライブはやっていなくて、

取りあえずは晩御飯。

9時ちょっと前くらいから 「ベン・ヘー」とか言うグループの演奏がスタート。

Img_4252

結構年配みたいなメンバーも・・・

電気配線の中での ボリュームの大きな演奏です。

最初は ローカル曲・・・そして英語の曲・・・・

クラシックから いきなり5人編成のエレキ・バンドですからねえ・・

この落差・・・

Img_4259

ギターが3本・・・手元が気になって、比べちゃいけないけど、比べちゃった。

まあ、素人の言う事ですから いい加減な話ですけど、

あのクラシックのギタリストは この3本を1本でやっていたな・・

ってな感慨がありました。

ドラムとジョンベ(太鼓)を含めて この5人分を 宮下さんは1人でやっていたんじゃないか・・・ってな感じ。

それに、このエレキ・バンドは、マニラで聞いたバンドなんかよりは、かなり抑えた音量だったんですけど、歌もやっぱり基本は「シャウト」なんですね。

ハーモニーというよりも リズムだなあ・・と感じたんです。

でも、まあ、飲み屋でのバンド演奏ですからね。

お客さんとの言葉のやり取りも仕事の一部。

「じゃあ、もう一曲 練習ね・・・あはは」

と言いながらの演奏でした。

でも、でも、そこで出てきたのが サイモンとガーファンクルの懐かしの一曲

https://www.youtube.com/watch?v=9C1BCAgu2I8

ミセス・ロビンソン

・・・これだけで、すべて水に流しました。

Img_4279

そして、ハッピーな儘で 下宿に帰ることができました。

いや~~、いい一日だったなあ・・・・

=====

CDは amazonでも買えるようです:

https://www.amazon.co.jp/%E5%AE%AE%E4%B8%8B%E7%A5%A5%E5%AD%90%E3%80%88%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%BE%E3%80%89-%E5%AE%AE%E4%B8%8B%E7%A5%A5%E5%AD%90/dp/B00U6VCGO6/ref=sr_1_5?s=music&ie=UTF8&qid=1466934111&sr=1-5

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月14日 (木)

フィリピンの若い女性が書いた 「サガダのハンギング棺(コフィン)」

日本語の授業で、作文の宿題を出しまして、
地元バギオ市の若い女性たち3名が ルソン島北部山岳地帯の山岳民族
の間に残る伝統的な文化について書いてくれました。

Img_0155

非常に興味深い内容なので、皆様にもお裾分け。

まず第一弾は
「サガダのハンギング棺」 です。
このハンギング・コフィンは、観光の目玉として有名です。

以下、本人の作文に添削をした後のバージョンでお届けします。

======

Img_0969

イゴロット(山岳民族)の人たちの信念は、死者の遺体を高く
揚げて、先祖の霊に近くすることです。
しかし、他の理由もあります。 お年寄りの人たちは埋葬される
ことを恐れています。 土は水を吸収して、死体はすぐに腐ります。

Img_0162

彼らは、彼らの死体を安全な場所に置きます。
また、犬が死体を食べるようになることを恐れて、
崖の上に高く置かれています。

そして、もうひとつは、昔 首狩りの期間に、カリンガ州と
ボントク州からの勇猛な男たちが、死体の頭を見つけると、
トロフィーのように家に持って帰るからです。

昔、棺の大半は、長さが1メートルしかありませんでした。
死体は胎児のような姿勢にします。 イゴロットの人たちは
人が世界に入ったのと同じ方法で世界を出ると信じています。

故人は木製のサンガジルに座らせます。 サンガジルは「死の椅子」
という意味です。 死体は藤で締めて、その後、毛布で覆います。
死体は、家の玄関に面して配置します。

Img_0166

死体は、その腐敗臭さを隠すために煙を焚きます。
埋葬する前に、死体は胎児のような姿勢になって、もう一度毛布で
包まれています。 

埋葬の瞬間では、会葬者は死体に触ります。
彼らは、死んだ血液に触れると幸運であると信じています。
死体からの液体は、成功をもたらすと考えられています。
また、死体に触れる人に故人の技能や能力を渡します。

若い男性は崖の側面を登って、その後 棺の内側に死体を配置
します。小さい棺に死体が入らない時は、骨を割って、押入れます。

しかし、今は、その昔からの伝統はすたれてしまいました。

この伝統を守る人びとは 非常に少なくなりました。

(原作: ジェイエル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

フィリピンの ミス・コンテスト - なんでこんなに盛り上がるのか

私がフィリピンに初めてやってきたのは1992年ごろだったんですが、その頃から うすうす感じてはいたんです。

05img_5304


「なんで、フィリピンには こんなに ミス・コンテストが多いんだろう?」

上の写真は、バギオ市で開かれた PAGEANT(パジェントと発音。日本語的にはページェントですかね)。

複数の大学が集まっての ミス・コンテスト & ミスター・コンテストです。

05img_5590

各大学の応援団も大勢集まって、やんややんやの大盛り上がりなんです。

そればかりじゃ ありません・・・・

2016304_01

(photo by : M. Goda)

上の写真は、バギオ市から山を下った ラ・ウニオン州での ミス・コンテスト

フィリピンの村や町で行われる いわゆるフィエスタ、お祭りでの ミスコンは見たことがあるんですが、これほど大規模なのは 見たことがありません。

ちなみに、このイベントには ラ・ウニオン州の20市の市長が列席とか・・・

まあ、露骨な選挙運動でもあるらしいんですけど。

 

2016304_02

・・・現地レポーターによれば、

ミス・ラ・ウニオンの審査員の質問に対して、候補者の女性たちの答えは:

「専業母と働くお母さん、断然働くお母さんがいい。」

「女性の本質は母になって子どもを育てること。」

・・など、日本だったら はっきり言うのも躊躇われるような内容もあったとか。

「フィリピンの女性の活躍ぶりは凄まじくて、トップが女性というのも

士業の女性も 何もかも当たり前で、

その女性たちに子どもが沢山いるのも当たり前だし、

専業主夫もざらなら、兄弟姉妹も助け合えるし、

いとこくらい同居が当然で、職場に子どもがついてきたり…

だから女性が働くことと子どもを育てることが全然矛盾を生まないというか、

無理がないんだなぁ、と。

だからあんな若い子がこんなこと言っても全然批判の対象にならない。

ここではこれは普通の意見なのね、と 何か社会の違いを思い知った昨晩でした。」

・・・・という感慨深い印象も抱いたそうです。

・・・・・・

それで、この フィリピンの隅々まで行きわたっている ミスコンってのは、いったいぜんたい いつからの伝統行事なのか? って思ったわけです。

で、たまたま 我が下宿の お婆ちゃん、95歳、なら知っているだろうと、尋ねてみたんです。

お婆ちゃんは、ターラック州の田舎町の村長さんの娘だったそうで、

それも、日本軍政時代に日本軍から指名された村長さんの娘。

お婆ちゃんいわく:

「私も 戦前に プリンセスになったわよ。」

16~17歳で候補者になれたらしい。

ただし、お金を集めて 主催者に支払ったのだとか。

運営費に使われるのだそうで。

・・・ってことは、1930年代には もう これは伝統行事になっていたってことか。

現在でも、 

それも、小学校でも 似たようなイベントがあるそうで。

参加料というのか、寄付金というのか、お金を集めるそうな。

・・・・・・・・

私の関心は、アメリカ時代からあるのか、スペイン時代からあるのか・・です。

お婆ちゃん曰く: 「スペイン時代からだと思うわよ。 そう聞いてる。」

インタネットで検索しました。

http://moco-choco.com/2014/09/22/worlds-first-ever-beauty-contests/

The first modern Europen pageant was held in 1839 in Scotland. The title of  “Queen of Beauty” was awarded  to the 30 year old Jane Georgiana Sheridan (5 November 1809 – 14 December 1884),  wife of Edward Seymour, 12th Duke of Somerset and sister of noted author Caroline Norton .

・・・つまり、 近代のヨーロッパにおける ミスコンは 1839年に実施されているんです。

しかし、ここには、フィリピンの宗主国であったスペインのことは書いてない。

・・・・さらに 探してみると・・・・

http://www.elanecdotario.com/2005/feb05/14/feb14ai.html

Alicia Navarro the first crown for Spain

これによれば、ミス・スペインが 1935年に ミス・ヨーロッパになっているんですね。

これは、遅くとも 1935年に スペインでもミスコンはあったと言う事ですから、

お婆ちゃんが1930年代に  田舎のミスコンに出たことと繋がりますね。

ただし、この年代は すでにアメリカの植民地になっていたわけなので、アメリカからやってきたのかもしれません。

生き証人は お婆ちゃんだけなので、お婆ちゃんの言葉 「スペイン時代からあるらしい」 を根拠にするしかないですね。

その傍証になるかどうかは 分かりませんが・・・

http://www.ccel.org/node/20428

The Fiesta in the Philippines  フィリピンのフィエスタ(祭り)

What actually are fiestas and why do these celebrations occur? The fiesta is of Spanish origin (the reason for the Spanish term). Spain, being a Roman Catholic country, set aside certain days to remember particular saints with processions and celebrations. When Spanish missionaries entered the Philippines during the mid-1500s, they found that the fiesta was a convenient tool to help teach Filipinos the  Roman Catholic faith.

・・・・ つまり、スペインがフィエスタを利用して、ローマ・カトリックをフィリピンに定着させるためのイベントにした、ってことみたいです。

それが、16世紀だったわけですね。

Town fiestas have many faces. They usually feature a mass and a procession. Long after the religious ritual is completed, people eat, drink, and enjoy the rest of the day. Unfortunately, all too often excessive drinking mars the festivities.

いろいろと宗教的な儀式があった後には、ドンチャン騒ぎもあったようです。

伝統的 村や町でのお祭り フィエスタがあって、その中で ミスコンみたいなものがあったのじゃないかと考えることに無理はないんじゃないでしょうか。

・・・・・・

ところで、一方のアメリカですけど・・・

The first modern American pageant, involving the display of women’s faces and figures before judges, was staged by Phineas Taylor Barnum  in 1854, but his beauty contest was closed down by public protest.

http://moco-choco.com/2014/09/22/worlds-first-ever-beauty-contests/

近代アメリカでの最初のミスコンは 1854年にあったようですが、反対運動でつぶれちゃったみたいです。

It was in the 1880s that beauty pageants became more popular and the first “Bathing Beauty Pageant” took place as part of a summer festival to promote business in Rehoboth Beach, Delaware

そして、1880年代に 復活したってわけですね。

・・・・・・・

ところで、日本は どうなんでしょうね?

http://www.sponichi.co.jp/miss_nippon/what/

ミス日本コンテストの歴史は戦後の1950年にさかのぼります。アメリカの救援活動に感謝して日本とアメリカの友好親善を図る女性親善大使を選ぶことを目的に行われたのがミス日本コンテストの始まりです。

=== 日本では 戦後に始まったんですね。

しかし、日本では さっぱり ミスコンは盛り上がりませんよね。

私の記憶にあるのは、山本富士子さんだけですね。

(私だけの感覚でしょうか?)

http://www.huffingtonpost.jp/2015/12/20/miyamoto-ariana_n_8851332.html

宮本エリアナさん、トップ10に。惜しくも入賞逃す【ミス・ユニバース2015】

・・・・たまたま 2015年は、 ハーフの宮本エリアナさんが日本代表になって、別の意味で盛り上がったようですけど。

日本人って 物事を難しく考えたがるんですねえ。

(ちなみに、私は 彼女と同じ佐世保市の出身なので、応援隊ですけど・・)

・・・・・

フィリピン人なんて、中国人、スペイン人、メキシコ人、アメリカ人、日本人、そして今や韓国人と いろんな血が混ざっていますからねえ。

ハーフぐらいで ガタガタ言うなって感じですけど。

・・・・・

それで、難しいことを言う日本人、ミスコンに否定的な雰囲気の日本人の女性の社会進出が 凄いのかっていうと・・・・

アジアでも最悪のレベルですもんねえ。

ミスコンに大騒ぎで盛り上がるフィリピンは 女性の社会進出が 世界でもトップクラス。

それに比べて ミスコンを否定する日本が 社会進出 まったくダメ。

「【女性管理職ランキング】日本は中国以下の96位 フィリピンはトップ10入り」

http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/20/japan-woman_n_6719344.html

これって どういうことなんですかねえ・・・

おまけに、国連から女性差別国家と認定されている日本だしなあ・・笑

「日本は国連の女性差別撤廃委員会から繰り返し法改正を勧告されている。」

http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/23/dual-surnames_n_8186538.html

まさに、国家の統制が個人の自由・民主よりも大事だってことですね。

ちなみに、フィリピンの場合は、夫婦別姓もありだそうですよ。

例えば、山田花子さんが 鈴木さんと結婚したら、

鈴木・山田花子ってな具合にできるそうです。

・・・

一億総活躍社会」になるそうですから、

まずは 手近なところで ミスコンを派手にやって 盛り上がってみちゃどうっすかねえ。

フィリピンを見習って・・・

爪の垢でも煎じて飲め・・・って感じかな?

・・・・・

ところで、日本のミスコンの戦前の歴史って どんなの?

って気になりまして・・・

http://bakumatsu.org/blog/2014/04/meiji_bijin_ranking.html

明治時代に行なわれた、素人さん参加のミスコンで堂々一位になったのがこのヒロコさんだ。時代性を感じる大きなリボンと、あどけなさを残す可憐な表情がいいね。

=== 上のリンクの 16位の女性について、明治時代のミスコンって書いてあります。

明治41年、雑誌『文芸倶楽部』が主催した美人コンテスト(全国百美人)で読者投票1位を獲得し、「日本一の美人」といわれた芸妓さんだ。

=== 14位の女性は 芸妓さんですね。 13位・12位も明治のミスコン。

ついでに、江戸時代に遡ると::::

http://yumenavi.info/lecture.aspx?GNKCD=g005787&OraSeq=75&ProId=WNA002&SerKbn=Z&SearchMod=2&Page=1&KeyWord=%E6%B5%AE%E4%B8%96%E7%B5%B5

浮世絵はファッショングラビア?  

江戸時代は「女性の暗黒時代」と呼ばれることもありますが、史料をひもとくと必ずしもそうではありません。当時の女性の生活ぶりは、幕府の通達から推測できます。

そんな女性たちのファッション情報の発信源は浮世絵でした。美人画のモデルは吉原などの遊女です。彼女たちの華やかな装いは女性たちの憧れで、髪型や飾りなどを競って真似したようです。逆にいくら美人でも町娘を浮世絵に描く、現代の読者モデルのようなことは幕府が風俗の乱れを気にして禁止していました。

==== なるほど。 江戸時代から かなり統制されていたわけですね。

最近 時々思うんですけどね。

日本のお祭りって 伝統に根ざしていて、繊細で、凄いんですけど、明るさが 最近足りなくないですか?

おそらく 少子高齢化で 担い手が少なくなっているのも大きい要因なんでしょうけど、お祭りが 元々 神社やお寺を中心にした儀式から来ているからでしょうか。

なんか、真面目過ぎてませんかね。

町おこしっていうお役所的な発想だからかな?

もっと お祭りをお祭りとして 明るく、エネルギーを爆発させられる機会にできるといいですね。

それに、フィリピンなら少子化対策の 目からうろこの材料が ごろごろしていると思いますけどねえ~~~。

少子化対策やら 一億総活躍やらの 企画立案をやっている

日本の頭脳になっている皆さんには、是非 フィリピンから学んで欲しいもんです。

・・・もっとも、学んだからって 明日からやれるようなもんじゃないっすけどねえ。

やっぱ、国民性っていうのか、明るさとか楽天的なものが底辺にないとね。

気難しい日本人にゃあ 無理かな?

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧